カテゴリー別アーカイブ: AKB48紅白対抗歌合戦

きくち伸プロデューサーの力作となった、第8回AKB48紅白対抗歌合戦を観ていてやっと気づいたこと。

標準

AKBGを見下したようなスタダフォーマットを移植しただけの第7回紅白対抗歌合戦が総スカンを食らって、、

チームリーダーとしてあれはあれでよかったという精一杯の威厳を保つための返し

しかできなかった菊池さん。

私の発言等が刺さったからなのかはわかりませんが、AKBGグループ総出で挑んだ今回の紅白対抗歌合戦。

内容はまあ素晴らしいといいますか、まあ原点に戻ったということで、

多分菊池さんは失敗と成功を経験したことで、AKBG紅白対抗の基本精神というものが心に

芽生えたような気がしたので、これからもし担当するようなことが

あれば、これを出発点にオリジナリティを出してより楽しいものを

AKBGメンバーの力を借りて創意工夫で未来を切り開いて欲しいと切に思います。

さて、

 

今回初めて気づいたというか、そんな出演者とスタッフが気づかせてくれたもの。

それは、

 

なぜ堺正章さんがMCなのかというところ。

 

かくし芸大会=堺正章=AKB48紅白対抗歌合戦

 

ていうことだったということですね。

 

菊池さんとAKBGの皆様、ありがとうございました!!

豆腐プロレスのシーズン1のDVDとブルーレイBOXの発売日が延期したことから推察できることw

標準

【発売日変更】豆腐プロレスDVD&Blu-ray 11月15日→2018年2月7日

シーズン2が2018年初から開幕する気がしますね。

で多分、このボックスセットにシーズン2の大会の
先行予約券が入っているんじゃないかと思います。
AKSがニヤ付いてるのが手に取るようにわかって
笑っちゃいますw

発表は多分2017年AKB紅白の最後でしょう。

島田が卒業するので多分過去の伝説の
レスラー的な扱いになって新たに工事現場同盟
のトップ争いが始まるか、それとも、
全日本女子プロレスの後期のように
工事現場同盟が解散してヒール内で
新たに闘争が始まってヒール全盛時代
が始まるのか。

よって国内に居場所がなくなるので
珠理奈や咲良のフィールドは海外になるのか。

また既に海外に行っている兒玉はどういう
キャラクターチェンジをして日本に舞い戻ってくるのか。

また指原氏はどういう形でかかわってくるのか。

私は悪徳マネージャー的な役での参戦を
お願いしておいたんですが、秋元さんは
指原でどういう驚きを与えてくれるのか。

ちなみにまた最後にはリアルな大会が
開催されると思いますが、後楽園ホールより
大きな会場が予想されるのでそれだったら
行かないだろうな。

絶対にAKB48グループとスタダの企画イベントは初回、多くても2回目までに参加しておくべき理由。

標準

先日のユニットじゃんけん大会2017は名古屋のガイシホールで
行われました。

第1回から5回は日本武道館
6回は横浜アリーナ
AKB48グループ ユニットシングル争奪じゃんけん大会in神戸ワールド記念ホール2016

ということで、2015年あたりから地方でやるようになりました。

ちなみに、これ、なんでも先行していると思われている
AKSですが、やはり秋元康以下バラエティスタッフで
運営されているところから、内容的に先行しているのは
確実なんですが、イベントを開催する場所については、
AKSはももクロさんの流れに追従している感が最近
強くなってきたんですよね。

ももクロはももクノという、いまハロプロが
ぱくっている小さい会場で地方を回る
企画を2011年からやっていて、
それで全国行脚しようとがんばっている
んです。

そしてももクロさんが国立競技場でやったのは2014年。

このあたりからももクノで得た
地方のファンのレスポンスから、
地方でも十分採算がとれることがわかってきて、
ももクロはこのあたりから地方開催を増やしていきます。

2014年はAKBグループはフォーチュンクッキーの波に乗って
関東のアリーナクラスで日夜稼ぎまくってました。

しかし総選挙は禁断の果実だった指原が1位に
なるという事態が実現してしまったために
これ以降はなにをやっても驚きはなくなり、
衰退していきます。

しかし、ビジネス的には絡みたがる企業が
未だ多かったことから辞めるにやめられず
まだ飽きられていない地方で開催することにします。

そして関東の会場が少なくなってきていること、
地方で開催すれば行政と一体になって
少ない予算で開催できることから、
2015年あたりから、ももクロもAKBも
枯れたコンテンツは地方を主戦場にしていきます。

都市で尖った企画を実験して成長させ、
枯れてきたら地方に。

また第3回AKB48グループドラフト会議
が2018年に開催されることが
発表されました。

1回目は品川プリンスホテル、2回目は有明コロシアム、
ということから、アリーナクラスになることは
明らかでしょう。

そうですよね。
1回目の参戦者が勝ち組ですよね。

追記:結果第3回は3000人のTDCホールでした。
まあでも有明は10000人なので、品プリ組が勝ち組なのは明らかです。
あとファン投票制で他人が選んだ人なので、当然誰に対しても
愛情を抱いていない現場が育てるという改悪を行ったのと、
MCのトップリードの逮捕からお蔵入り濃厚になった、
それ以外を加味しても第3回は負け組でした。

運動会も、祭りも、第1回目が勝ち組。

たぶんWIP CLIMAXも規模が大きくなるので1回が勝ち組。

ももクロさんについてもももクノは初回と2回目が勝ち組。

春の一大事、夏のバカ騒ぎ、ももクリについても初回と
2回目あたりまでがギリ勝ち組。

ただ、ももクロとAKSについて今も勝ち組になれるイベントはあります。

AKSはAKB紅白と秋祭りと新企画もの(今年だとWIP)ですね。

ももクロは夏のフジテレビ主催のもの、ホールツアー、新企画ものですね。

あとはほとんど旧来のコピペで単に惰性で回数を重ねているだけです。

おい藤下、川上、古屋、

悔しかったらきくち伸と佐々木敦規を一度外してみろ。

より面白いものができるか、より寒いものができるか、
挑戦こそがももクロじゃないのか?え?川上よ。
やってみろよ。

私みたいな離れたファンをうらやましがらせる
ようなイベントをゼロから書き起こしてみろよ。

できるのか?できないのか?

おいどうなんだ??w