カテゴリー別アーカイブ: 2018.01.19-20 AKB48グループリクエストアワー2018

リクアワの現状を時系列で解説。そして「皆さんにお伝えしたいことがございます泣w」 2018.01.19-20 AKB48グループリクエストアワー2018 100位から1位発表

標準

1位:世界はどこまで青空なのか?
2位:47の素敵な街へ
3位:下の名で呼べたのは…
4位:花占い
5位:Maxとき315号
6位:ロマンティック病
7位:みどりと森の運動公園
8位:月と水鏡
9位:青春時計
10位:Get you!
11位:ナニカガイル
12位:ここで一発
13位:ぎこちない通学電車
14位:抱きつこうか?
15位:コイントス
16位:僕の涙は流れない
17位:恋するRibbon!
18位:野蛮な求愛
19位:Choose me !
20位:冬将軍のリグレット
21位:アイスのくちづけ
22位:大人になる前に
23位:だらしない愛し方
24位:秘密のダイアリー
25位:微笑みの瞬間

26位:純情よろしく
27位:夢の階段を上れ!
28位:抑えきれない衝動
29位:11月のアンクレット
30位:太陽が坂道を昇る頃
31位:瀬戸内の声
32位:抱いてやっちゃ桜木町
33位:下衆な夢
34位:プライベートサマー
35位:大人列車
36位:彼女
37位:赤いピンヒールとプロフェッサー
38位:さくらんぼを結べるか?
39位:月の仮面
40位:マドンナの選択
41位:夜風の仕業
42位:奇跡の流星群
43位:戸惑ってためらって
44位:Show fight !
45位:白線の内側で
46位:暗闇求む
47位:出陣
48位:空き缶パンク
49位:窓際LOVER
50位:君はどこにいる?

51位:NGT48
52位:いじわるチュー
53位:隣の彼はカッコよく見える
54位:虹の作り方
55位:ここがロドスだ、ここで跳べ!
56位:意外にマンゴー
57位:恋の指先
58位:Buddy
59位:最初の愛の物語
60位:ラスベガスで結婚しよう
61位:お願いヴァレンティヌ
62位:誇りの丘
63位:思い出せてよかった
64位:話し相手は冷蔵庫
65位:左の腕で連れ去って…
66位:残酷な雨
66位:制服を脱ぎたくなって来た
68位:あなたの代わりはいない
69位:やさしさに甘えられない
70位:祈りはどんな未来もしあわせに変える
70位:君のニュース
72位:僕は愛されてはいない
73位:制服を着た名探偵
74位:Chain of love
75位:#好きなんだ

76位:女の子だもん、走らなきゃ!
77位:ロマンスかくれんぼ
78位:最高かよ
79位:ぐにゃっと曲がった
80位:清純フィロソフィー
81位:サヨナラで終わるわけじゃない
82位:メロンジュース
83位:365日の紙飛行機
84位:法定速度と優越感
85位:LOVE修行
86位:overture (NGT48 ver.)
87位:自分たちの恋に限って
88位:もう裸足にはなれない
89位:クロス
90位:HKT城、今、動く
91位:お手上げララバイ
92位:君の瞳はプラネタリウム
93位:永遠のレガシー
94位:初日
94位:サササ サイコー!
96位:いい人いい人詐欺
97位:おNEWの上履き
98位:ジッパー
99位:キスは待つしかないのでしょうか?
100位:思い出以上

初期からご覧になられてる方はお分かりですが、
私はアンチAKBの指原コアヲタの進化系です。

劇場デビューは2014年で、当時はアリーナで
コンサートばかりやっていたので、
一気に楽曲を聴きまくって
コンサートに行きました。

HKTの見逃した君たちへに当選して初めて
AKBのコンサートを体験しました。

このコンサートは劇場公演をまんま
広い場所に持ち込んでやる内容で、
これには感動した覚えがあります。

ここからAKBの劇場公演に行くようになり、
初めて通常のコンサートに参加したのは
指原氏が1位になった日産の総選挙でした。

しかし、この1回でコンサートはついていけない
と感じることになります。

ここで私がいつも言う劇場公演は最高だが
メジャーリリース楽曲は最低という評価を
することになります。

ここからコンサートはかろうじて笑いに貪欲な
指原氏とメンバーの企画が面白いHKTだけに
行くようになります。

しかし、次第にこれも頭悪そうな四つ打ち楽曲ばかりで
より刺激を求めて活動している私にとって、
同じような楽曲ばかりで一向にレベルが向上しないことに業を煮やし、
2017年のNHKホールで離れることになります。

そして数日前の念願の指原単独でしたが、
これはまあ支配人なのでHKTのバカ楽曲
は確かに入っていましたが、
指原が白いシャツが大好きと言ったり
AKBのメンバーとしての本音が聞けたことで
心が救われたコンサートでした。
当初は指原単独もHKTのようにバカ曲ばっかだったら
と恐れていたんですが、ホッとしました。。

でリクエストアワー。

指原が総選挙で1位になった日産のときくらいから、
劇場公演楽曲よりメジャーリリース楽曲が
急激に増える傾向になって行きます。

総選挙でSKEメンバーが上位になる時は
リクアワもSKE楽曲が上位になり、
HKTメンバーが上位になった時は
HKTの楽曲が増えるといった流れで
毎年繰り返されるようになります。

総選挙やジャンケン大会で順位が微妙なメンバーを
どうにか金にできないかということで、
AKSはビジネス向けに様々なユニット
としてグループ化して行きます。

そして、リクエストアワーは
好きな楽曲を選ぶ企画ではなく、
推しが担当している楽曲を選ぶ企画、
もうほとんど総選挙と同じ趣旨に
変化して行きます。

よって昔は劇場公演曲は結構この曲はこの人という
イメージが固定していたんですが、最近は
新しい公演は発表されず、新公演と言いながら
楽曲を下世話に入れ替えただけの偽りの新公演で、
様々なチームが使い回している
劇場公演曲はメンバーのイメージが気薄なので、
前記のような状況と合わせると、
当然メジャーリリース楽曲しか投票されない
という時代に突入します。

またHKTは結構楽曲が溜まった段階で総選挙で
組織票が入ったので結構多く楽曲が上位に入った
んですが、次のチーム8、NGTやSTUは楽曲が少ないため
HKTの時のような盛り上がりにはならず、
昨年あたりからは混沌とした時代に突入します。

2018年はさらにAKBは愚か、HKTのアルバムでも
ユニットの嵐になり、じゃんけん大会、総選挙、
と推しのメンバーを引きづり出すために、楽曲を
投票するような時代になりました。

もう私から言わせると昨年あたりから
リクアワも総選挙と同じになってきましたね。

総選挙は1人だけだがリクアワは人数制限なしの
総選挙ですねw

私は総選挙大嫌いの楽曲派です。

なぜリクアワに興味が急激になくなってきたのか、
今回ではっきり原因が判明しました。

しばらくリクアワから卒業しようと思います。

ちなみに指原氏は単独でget youより白いシャツの方が好きだと
言ったのにリクアワでGet youが選ばれる所に、
リクアワはいかに指原のにわかしか投票してないかって
いうのがわかって面白いです。

指原はget youやらせとけば喜ぶと単純に思っているあなた。
踊らされてますねw 私は深いレベルで理解してるので、
仕方ない、やってやるかっていう感じで裏で鼻で笑われるような
そんな行為は絶対出来ません。

白いシャツはレベルが高すぎるとしても最低でも
それでも好きだよかフォーチュンクッキーを
入れて欲しかったなあ。。

そしたら「私のファンは頭がいい人ばかりで最高!」って
心の底から喜ばせることができたのに。