カテゴリー別アーカイブ: 2015.03.04 Green Flash (Type A H N S)

2015.03.04 Green Flash (Type A H N S) 収録曲の率直な感想と評価

標準

Green Flash (Type A)

01 Green Flash
02 マジすかFight
03 春の光 近づいた夏

Green Flash (Type H)

02 挨拶から始めよう(チーム8)
03 大人列車

Green Flash (Type N)

02 履物と傘の物語
03 パンキッシュ

Green Flash (Type S)

02 ヤンキーロック
03 世界が泣いてるなら


・Green Flash

歌詞が秋元康には珍しく主張が強いものになっていますが、
例えば冒頭の「隠れて泣くな。目立つところで泣け」
という歌詞で私は萎えてしまいましたというように、
ついてこれる人を選ぶ曲になっています。

楽曲自体はなんの特長もない記憶に残らない歌謡曲です。

・マジすかFight

普通の横浜銀蠅系、宇崎竜童系の不良イメージ曲ですね。
現代風にユーロビート系に軽めにききながせるように
仕上げてあります。

・春の光 近づいた夏

単なる二束三文のユーロビートですね。
こんな曲今どき誰でも作れますw
だから恥ずかしくて誰も作らないのに
新しい曲だと思って作ったとしたら大笑いですねw

・挨拶から始めよう(チーム8)

これもどこにでもある曲ですね。
劇場公演曲の一部としてなら使えますけど
シングルに入れるほどのものじゃないでしょうw
何考えてんだかAKSは。

・大人列車

何曲同じようなユーロビート曲作れば気が済むんでしょうかHKTは。
ライブの終わりにぶちこまれる軽薄ユーロビートがまた
増えてしまいましたw

ユーロビートが大人列車ですかw子供列車でしょうよ。。

・履物と傘の物語

これはアレンジが歌詞をきちんと引き立てていて、
素晴らしい楽曲だと思います。

NHK向けだから手を抜かなかったんでしょうねw

・パンキッシュ

録音方法と声の入れかたをNYパンクをイメージして
パクってそれなりに仕上げてあるんで、
NYパンクは音楽の歴史にしっかり刻まれているほど
聴いてて刺激的な音楽なので、とりあえず聴けるし、
AKBにとっても新鮮ですが、ラモーンズとか原曲を
知っている人にとってはそれ以上でもなく
それ以下でもないどうでもいい曲ですね。。

これももクロチームだとよりブラッシュアップして
原曲を超えてくるのがすごいんですよね。

AKBは良くも悪くもそこまでやらないんですよね。
パクリ止まり。

理由はわかりません。

・ヤンキーロック

これはマジすかFightと同じ番組で使用されている曲です。
どっちがどっちだかわからないくらい同じです。。
これ楽曲管理してるのは湯浅っていう人なんですが、
ほんと楽な仕事してんなあって思います。

・世界が泣いてるなら

これもいつものAKB節ですね。
軽いユーロビートに軽い歌詞。
泣くっていうテーマなんで、Green Flash
とダブったような感じがします。
泣くというテーマでシングルを作り始めて
2曲出来て、こちらだと流石のどんなに音楽知識
が無い適当なやっつけ仕事ばかりしている
湯浅チームが聴いてもあまりにも特長が
なさすぎだってことでw
表題曲はGreen Flashになったんだと思います。

 

 

という訳で、結局私の予想通り、オリジナリティがあって、
繰り返し聴ける感じがするのは1曲程度でしたね。

あといつも言っているんですけどAKBの楽曲の歌声が
特長がなさすぎで誰が歌っているのかわからないんですよね。
ももクロさんとかハロプロなんかははっきりだれが
歌っているのかわかって聴いてて楽しいんですけど
AKBはみんな同じ声なんで聴いてて退屈でしょうがないんだよね。
音楽のクオリティは低くても構わないから、
せめて歌声だけは楽しみたいもんです。

広告