カテゴリー別アーカイブ: 2014.02.24 AKB48グループ 大組閣祭り ~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~

AKBG組閣祭りの真実、核心について、真実はスタッフ陣による熱いAKBG愛に基づく素晴らしい企画なのに、スタッフ以外の人間全てがバカな為に額面通り理解されなかったのが残念で可哀想だった。

標準

組閣で一番大変なのはスタッフたちだと思う。

移籍したら出演料の権利変更、印刷物やグッズの刷新、
学生の場合は転校についてのサポート、
住居の確保、公的な書類の変更と届出、

他にメンバーに対するメンタル面のサポート。

現状維持ならほとんどやらなくても良い、運営に関係ない
猥雑なこれらの雑用をやらないといけないわけですよ。

そこまでして決定したわけだから、
生半可な決定ではなかったわけですよ。

メンバーを思っての決定だった訳ですよ。

自分から決めた人、
以前から移籍したいと言っていた人、
突然言われた人。

いろんな状態の組閣対象メンバーがいました。

組閣祭りの現場で、
AKBのため全力で寝る暇を考えずに仕事をこなし、
土日には12時間以上握手会を行い、
AKB人生を駆け抜けてきた大島優子が、
おもしろい、チャンスだからなんでもやろうと
言っていた。

普段はめったにかみつかないが、スタッフ陣が
あまりにも目に余る行動をした時にだけかみつく
仏のような大島優子が

メンバーを不安がらせないようにきを配り
必死に全てをポジティブにとらえ、
あかるくふるまって笑顔で言葉を投げかけていた。

大島優子だけがスタッフもメンバーも全員大変
だということを理解していたように思われる。

他のメンバーはスタッフは悪で、メンバーは被害者
と捉え、怪獣ショーで応援している子供のように
幼稚な洞察力で組閣祭りを批判していた。

なにもやらなかったら結局露頭に迷うのはAKBGのメンバーですよ。

スタッフクラスには他の仕事があるからAKBGが潰れても
メンバーほど被害にあわないんですよね。

AKBGのメンバーもヲタ達もいい加減にしろよ。

この辺ももクロさんたちは教育が良いから絶対文句言わない
で従うからすごいよな。

AKBGはまだまだ自分たちがどういう状況で仕事を
させてもらっているのか全然わかってない。

これからさらに厳しい場面に出くわします。

組閣祭りでいちいち文句言っていたら、そんな状況を
乗り越えることが出来ず、AKBGの船はきっと沈んで
しまうでしょう。

このままではメンバーが気の毒なので消える前に
メンバーに対する社会教育を徹底する必要が
あると思いますね。

AKBGの中では比較的業界を把握している
と見られていた指原氏まで組閣祭りにクレームを入れていたようなので、
この教育の問題は思っているより深刻だと感じます。

秋元さん以下、幹部スタッフの皆様、
早急に業界の基礎教育の対処
よろしくお願いします。

広告

2014.02.24 AKBGの組閣祭りの目的と効果について簡潔にまとめてみます。

標準

品川プリンスシアターでLV観戦しました。

今回は会場もLVもあまり感じる興奮度は
変わらなかった気がするので2200円
のLV組が勝ち組でしたね。

秋元康は昔からスタッフいじりが好きなのをからだで
覚えているwため、
スタッフによるバンドの結成は予測していましたので
発表されたときひとりニヤついてしまいました。

結果は公式サイトをみていただくことにして。

簡潔にやったことをまとめます。

まず、各メンバーの構成要素をリストアップ。
笑い、トーク、ダンス、リーダーシップ、知名度。。

で、チーム内、グループ内でダブっていて力が発揮できていない
と感じられるメンバーをいじってより才能を
開花させる。

それが顕著に現れたのはHKTのバラエティ班のAKB
兼任や移籍の部分でしょうね。

中西、村重、谷、この辺はキャラがだぶっていて
しかも人が良いので、他人をかばいあって
なかなか個性が発揮できず、伸び悩んでいました。

兼任が多い中、唯一中西が移籍したのは、
握手会でHKTのトップと肩を並べる程の人気があるのと、
HKTでのリーダー力、劇場公演での企画演出力、
そして個人でも芸人として生きていけるほどの笑いの実力
を買われてだろうと思います。
なぜ移籍かというとそれが仇となって笑い以外の部分
の個性や魅力がないと言うこと。
チームAに無いものがあってあるものがないから
ほんとに素晴らしい組閣だったと思います。

村重は道に迷っていて、笑いもまだ中途半端でしたので
組閣スタッフがNMBに入れることでお笑いをがんばれよという、
また、彩姉政権下で小さくまとまってるイメージがあるので
その空気をグイグイ力で打破させて欲しいという
メッセージなんだろうと思います。

そして谷はSKEですが、3人の中で一番握手会でも
わかりますが元気がよく動きも俊敏でSKE向きだから
じゃないかと思います。
でSKEはW松井も言っていますが言われたことは出来るが
それ以外が出来ないSKEといっているので谷はHKTという
若い集団でより目立ちたい一心で鍛え上げたグイグイ力
でそれを壊すことを託されたんだと思います。

また乃木坂の生駒さん。
私は乃木坂の楽曲やライブにはまったく興味がない
んですが、乃木坂発足当初から生駒さんファンです。
高城れに、指原氏、生駒さん、なんか同じラインですよねw
ヲタクぽくて人が良い、自分より他人を引き立たせる
謙虚さがあるが、光を当てるとすごいパワーを発揮する。
いつもはオーラを消しているがよーくみるとものすごい美人。。

私もAKS組閣スタッフ同様生駒さんが最近乃木坂
で伸び悩んでいると感じていました。

生駒さんがあまりにも他人を思いやるあまり、その優しさに
おんぶに抱っこで若いメンバーと入れ替えに
スタッフがどんどんセンターから遠くへ配置するのです。

だからこの組閣はスタッフが深く研究した
結果なんだとすぐわかりましたね。

ということで、ここらへんでだいたい想像がつきますが、
落ち着いて考えてみると各メンバーの能力を
さらに伸ばす目的でスキル表をよく照らし合わせながら
練りに練って決断した組閣だったんではないかと
感じました。

でもほとんどのメンバーは現状維持だったので、
そこで最後にふと思うわけです。

いじられたメンバーは光りつつある人材で、
そうでないメンバーはいじるまでもない
特に光っていない人材なんだと。
個性がない人材なんだと。

HKTなんかほとんど現状維持でしたが、
それは逆に言えば個性がないのでスタッフには
全員同じに見えているということ。
なにか光っていればそこをより伸ばしてあげたいが、
その光が無いということ。

自分が吸収しないといけないものはあるが
他に与えられるような秀でたものは持ってないということ。

いじられてないメンバーこそ危機感を感じないと
いけないと思いますね。

いじられたメンバーはおかれた環境でがんばれば
失敗に終わる人もいるかもしれないが、
ほとんどの人はより才能が開花するであろうと思います。

早期にオニャン子を潰した秋元康がその影を二度と踏むまいと
もがき苦しみながら必死に自分のやりかたを総動員させて
がんばっております。

AKBGの方々、どうか付いていってあげて下さい。

秋元康は悪い奴じゃないですから。

よろしくお願いします。