カテゴリー別アーカイブ: AKBINGO

マスカットナイトフィーバー わだかまりデュエットのバックストーリー

標準

まず、アイドルの番組で出演者の口喧嘩対決といえば、AKBINGOの
ショージキ将棋が有名ですが、

マッコイさんやオークラさんという、AKBINGOの毛利さん
と同世代のスタッフの番組だということを考えると、
そこからは持ってきてないと思います。

逆に両雄とも同じソースから持ってきていると思います。

となるとどこから来てるのか。

そうです。

夕焼けニャンニャンのタイマンテレフォンですね。

石橋貴明さんが視聴者からのハガキを選び
ランダムに電話して口喧嘩するというもの。

これ最初は普通にファンと話す企画だったんですが
けんかに発展する回があってそれが跳ねたので
そこからタイマンになった経緯があるんですよね。

そしてマスカッツ。

初代マスカッツの時「スカットテレフォン」ていう企画が
ありました。

ゲリラ的に番組に関わっている芸能人に電話して
悪口を言う企画でした。

だからタイマンテレフォンから来てる確率の方が
高いですね。

主旨は面白いからデザインだけ変えてまたやろう
ってことで決まった気がします。

企画タイトルについて。

これはわだかまりデュエットのBGMがわがままジュリエット
なんでどちらかが先だと思うんですが、
マスカッツの企画で以前最後に歌う企画があったんで
それを生かす形にして喧嘩した後デュエット
するっていう内容が決まって、

デュエット
ジュリエット
わがまま
わだかまりデュエット

って感じで決まったんじゃないかと思います。

まあ、そんなこと、、どーだっていいんですけどね。

みつま

co.みつまJAPAN

広告

2017.06.20 AKBINGOに見た、島田に対する日テレAKBG班の毛利チームのやさしさ。

標準

今回のAKBINGOは島田特番で、

演出内容は、シーソーで体重が一番重いメンバーを
あぶりだす企画でした。

島田の話を聞いていると、スタッフと一緒に企画を
決めたようで、7年の間の成長と、業界内での信頼度の向上も
確認できて嬉しくなったんですが、

私にとってそんなことはどうでも良かったんです。

今回、最も感動的だったこと、

それは、

ひな壇の島田の席がど真ん中、
上下左右のど真ん中に確保されていたことなんですね。

2017-06-20島田AKBINGO

これは嬉しかった。

島田自身も座席に座るとき、端に座ろうとしたら
スタッフに中央に座れと指示されて、これに感動して
今回本当に最後なんだなと感じながら、
逆の悲しさを感じて収録に臨んだんじゃないかと思いますね。

島田、7年間お疲れ様でした!

立派な旅館の経営者になって旅人のアイドルになって下さいね。

私も近くに行くときはお世話になろうと思いますので
よろしくお願いします。

2014.05.27 AKBINGO 自分以外の時に油断しすぎな島田晴香氏でした。。

標準

前回とうって変わって発言が全くなかったか
カットされていた島田氏。

自分以外の時も油断せず自分の思い浮かんだ方法、
ネタ、突っ込み、いじりで笑いがとれると感じたら
すかさず牙を剥かないといけませんね。

前回満足しちゃって疲れていましたよね。

そんなんじゃAKB辞めたら芸人さんたちと
はりあえませんし、一目おかれませんし、
業界からも評価されないでしょうね。

厳しいようですが常に虎視眈々とスキマを狙うように
してくださいね島田氏。あなたなら出来ます!!!

2014.05.20 AKBINGO 島田晴香氏のトーク能力をこれでもかと見せつけられた回でした。

標準

島田氏が小嶋真子と写メが似ていると炊きつけたりw

そもそもバラエティ班て何だというバッドボーイズの振りに対し、
西野が田野ちゃんはバラエティ班だと言ったあと、田野ちゃんが
嫌がると、島田氏がすかさず
「じゃー田野ちゃんはこっちに入るんだねwww」
と小ばかにしたりw

縦横無尽に大活躍の島田と、それを楽しそうに
笑って眺めているバッドボーイズでした。

最後に印象的なシーンをひとつ。

番組が閉めに入るとき。

 

司会者
「バラエティとはなんですか????」

高橋
「可能性ですっ!!!!」

バッドボーイズ
「かっこいいですね。」

島田
「総監督、、

私、バラエティもっとがんばりますよ!!!!」

高橋
「、、、、、

お前はほどほどになw」

島田
「わたし、NGなものはなにもないんで!!!!」

島田氏かっこよすぎです。。

 

今まで目標を見失っていましたが、ようやく明確な目標がみつかったようですね!!!

 

これからもライブで絶対たったひとりでも誇りを持って全力でコールしますからね。
是非受け取って下さい。

2014.04.09 AKBINGO 高島祐利奈を斬る!

標準

デデデデデデデデ デデデデデ

わたし、たーかしーまーゆーりーなー。

おもしろい、、、はなしをするのに
必要な、、、時間は5分て、、、、、、、、、

ゆーじゃなーい、、、、

 

デーン、、、、、

 

でもーーーー

 

あんたなんかに5分あげちゃったら、、

番組、、

 

終わっちゃいますからーーーーーーーーー!!!

ざんねーーーーーーーーん!!!!!!!!

 

デーーーン。

 

祐利奈 高島の、、、

スベる 長い話 斬りっ!!!!!!!!!!!!!

2014.03.18 AKBINGOで指原氏のしたり顔wが想像できる名言を決めていました。

標準

西野がお化け屋敷に行けるかどうかでへたれ検証する企画で、
あまりに嫌がるので先輩から生電話が繋がった。

高橋みなみが最初においしいやんと
スタッフが期待している通りのコメントで
決めたあと、ほとんど総監督がコメント
してしまったので指原氏は自分の特別な
ネタで笑いにもっていく役割になった。

先日、HKT研究生の山本茉央が
指原を超えろという企画で
指原が頓挫したバンジージャンプ
を日本国内最高峰の高さの場所で
見事に
「指原をこえるぞ~~~~!」
という叫びとともに見事完遂させたんですが、
その後山本が指原へ

「指原!!!
悔しかったら飛んでみろ!ばーか!」

という見事なコメントを決めて見せ、
それを見た指原が

「悔しくないからやりません。」

とクソ面白くない悔し紛れのコメントで見事
内容とコメント全てにおいても山本ちゃんに
惨敗した経緯があったんですが、

そのネタを今回も流用してきました。

でも今回はある程度視聴率があるテレビ向け
に隠しておいたバンジー関連のネタでやはり
隠しておいただけあって面白かったです。

「バンジージャンプ飛ぶ怖さよりも、
飛ばなくて企画を潰してしまった後
のスタッフさんとの関係のほうが怖いよwwww」

決まりましたねw
これは山本ちゃんには言えないですね。
さすがでした。