カテゴリー別アーカイブ: パジャマドライブ

当選までの経緯と現場詳細の報告 2016.11.12AKB48チーム8「会いたかった」中野郁海下青木香鈴生誕祭

標準

DMMの配信ではわからない、映像に入っていなかった
情報を書こうと思います。

当選までの経緯

二本柱A
2016年07月22日(金) 14:30~ 「僕の太陽」公演(キャンセル)
2016年10月17日(月) 19:00~ 「最終ベルが鳴る」公演(キャンセル)
2016年11月12日(土) 18:30~ 「会いたかった」公演 中野郁海・下青木香鈴 生誕祭(入場)

二本柱B
2016年04月27日(水) 18:30~ 岩本輝雄「青春はまだ終わらない」公演(入場)

まず、今回いろいろな興味深いことがわかった当選でした。
上記を参照下さい。

私の当選ルーチンは約4か月だったんですが、
それは全ての公演にエントリーしていた2015年までのこと。

2016年はまずチームAがコンサート系の公演になったことと、
Bや4のメインがあまりにも劇場に来ないのと、
島田晴香の推しを辞めたこと、そして、
推し設定もチームAやBに当選させるために中西に設定していた
のを茶髪化やその他ギャル化に嫌気がさしたのと、
あまりの当選率の低さに嫌気がさして
本格的にチーム8に絞っていくことにしたことで
エントリーも半分以下になりました。

で、結果チーム8とチーム4に絞ってエントリーすることに
なったんですが、そうなると、
まあチーム8はまだ結成3年で、一押しは島田でしたが、
他は、ゆーりん時代はチーム4でしたし、チーム8発足当時
から推しにしていたこともあるので、その有利性が
出てAやBと違って当選するようになりました。

でも2016年はチーム8はツアーに出てしまって、そして、
推しの中野さんは劇場より舞台やツアー人員として
引っ張り出されていたのでなかなかエントリーできずにいたんですが、
久しぶりに劇場に帰ってくる、また、中野さんの前に
推しだった濱ちゃんも一度も出演頻度が激少だったので
劇場で観れずにいたんですが今回出るってことで、
まあその2人の推し設定がはまったことで今回当選
したんだと思いますね。

またキャンセルした場合当選扱いになるのか
落選扱いになるのかがわからなかったんですが、

今回キャンセル一か月後に当選したことで、
落選扱いになるということがわかって
今後エントリーする際の参考になって
良かったと思います。

本題に入ります。

今回のチケット購入期限は18時なので17時30分くらいに
購入し、170番前後でした。

生誕委員から配られたものがこちら。

%e4%b8%ad%e9%87%8e%e9%83%81%e6%b5%b7%e4%b8%8b%e9%9d%92%e6%9c%a8%e9%a6%99%e9%88%b4%e7%94%9f%e8%aa%95%e5%85%ac%e6%bc%94%ef%bc%91

%e4%b8%ad%e9%87%8e%e9%83%81%e6%b5%b7%e4%b8%8b%e9%9d%92%e6%9c%a8%e9%a6%99%e9%88%b4%e7%94%9f%e8%aa%95%e5%85%ac%e6%bc%942

%e4%b8%ad%e9%87%8e%e9%83%81%e6%b5%b7%e4%b8%8b%e9%9d%92%e6%9c%a8%e9%a6%99%e9%88%b4%e7%94%9f%e8%aa%95%e5%85%ac%e6%bc%943

これとハロプロや数か月前までのAKBでは使い捨てのサイリウムだったんですが最近は電池式のルミカのペンライトにコストダウンしていました。

ちなみに生誕委員は金を払えば入れます。生誕委員の友人から直接教えてもらいました。

で今日入場時のシステムの変化がありました。

整理番号通りに整列してビンゴ抽選をやるまでに
以前はARコードで全員チェックをしていたんですが、
今日はそれがなく、整列してビンゴしていきなり
持ち物チェックと身分証とチケットの参照を
同時にやって入場と簡素化していました。

で私事ですが、ももクロのライブハウス規模ライブが
無くなり、あっても当選しないのがいやになって
AKBに本格的にエントリーし始めて苦節3年、
最初に4列目になった以来の4列目に当選しました。
今回もまあお立ち台覚悟してましたが、センター3列目
の端が空いていて(旧4列目)思わず二度見しちゃいましたw

しかし、、改めて、やはり前列のパワーはすごいですね。

常に視線が合いっぱなしですし、全員の表情が
手に取るように見えますし、
筋肉の動きや、細いのにダンスで鍛えているだけあって
筋肉質で贅肉がない足腰に凄みを感じ、
ヴォーカル以外が後ろでアドリブでじゃれあったり、
いたずらしていたりしてニコニコ遊びあって
同じ公演を退屈にならないようにメンバー自身が
工夫して楽しんでいるのを全て観て楽しんで
メンバーの性格を知ることができるんです。

私が笑ったらそれに反応して笑ってくれたり。

指原がHKTコンサートで削除しやがった未来の扉のAKBオリジナル
もひさしぶりに全身で浴びてチーム8中毒になりかけましたし。

あと、中野さんが全員で写真撮影の時、後ろで笑いが起こっている
のを感じて、

「ま~た濱がなんかやったんだろwww」

って吐き捨てた時なるほど、そういうキャラ
なんだって、私の見る目は間違っていなかった、
指原に影響受けてAKB入ったっていうのを
少し感じて嬉しくなりましたね。

最初は濱ちゃんしか推しがいなかったんだけど
あまり出演しないから我慢できなくなったって
いう経緯があったんだけど濱ちゃんも
これから楽しみにしたいと思います。

いやーそれにしても凄かったです。

最後に、中野さんがコメントで涙ぐみながら、
センターを下ろされたことが悔しかったから、
これから取り返しますと力強く自分に言い聞かせるように
身体にしみ込ませるように言っていました。

だから、お見送りの時、

「いくみん!打倒指原だよ!!!!!」

って投げつけたらこぶしにした両手を顔の脇に持っていき

「はい!!!!!!!!!」

って弾けていたので期待したいと思います。
と同時に、わたしもこれから全力で可能な限り
サポートしていきたいと思います。

しかし、最初の4列目が

2013年の AKB48 研究生公演「パジャマドライブ」

2回目が

2016年の チーム8「会いたかった」

てことで、結果凄い公演を前列で全身に浴びれたんだなって
感慨深くなったひとときでした。

広告

2015.01.18 月刊TAKAHASHI 1月号 もう今のももクロにはももクノvol.1を超えるパフォーマンスは不可能なのか。ももクノ60分+アンコールでしたね。

標準

月刊TAKAHASHI 1月号
2015.01.18
Zepp DiverCity

17:12開始

01.My Dear Fellow 歌舞伎ver x(平均的なAKB)
02.どどんが x(平均的な祭り風歌謡曲)
03.サラバ
04.ムーンプライドx(平均的な少女アニメ曲)
05.猛烈
06 全力少女
07 contradiction
08 ChaiMaxx
09 黒い週末
10 PUSHx(ChaiMaxxやるなら被るから要らない)
11 きみゆき
12 ミライヘススメ

18:24
アンコール
18:26

EN1 ChaiMaxx zero
EN2 走れ Zver
EN3 いつか君が(平均的な歌謡曲)

18:50終了

本編 17:12~18:24 約72分
アンコール 18:26~18:50 約24分
——————————————————————–
独占ももクノ60分 vol.1
2011/10/09 (日) 15:30 開演 16:30 終演
@ベルサール秋葉原 (東京都)

15:30
01 Chai Maxx
02 words of the mind ~brandnew journey~
03 全力少女
04 未来へススメ!
05 キミノアト
06 走れ!
07 行くぜっ! 怪盗少女
08 オレンジノート
09 ピンキージョーンズ
10 ココ☆ナツ
16:30

本編60分
アンコール無し
——————————————————————–

ってことで、
私が参加した天国を感じさせてくれた衝撃の
AKBの峯岸チーム4のパジャマドライブ劇場公演4列目と
同じくらいの熱さを感じた唯一のももクロライブである
ももクノvol.1の4列目と比較してみると、

ももクノ vol.1は

楽曲数が少ないのが幸いしたのか、
セットリストの選曲が完璧。これがももクロだ、
誰にも真似はできないって感じのセトリ。
この時代は金が無いから時間かけて
ももクロらしい楽曲をイメージして
作っていましたからね。。

2015.01.18の月刊TAKAHASHI 1月号は

楽曲数が無駄に増えたのが災いしたのか
流れを無視したなんの工夫もない単発シングル向け歌謡曲
が組み込まれてしまいそこで寸断されてしまう
かたちになってしまいました。

ももクロチームの現在の制作環境とその悪いところと良いところ

少しづつももクロさんも意見を言える立場に
なりつつあると思うんですが、それは良いことばかりじゃなく、
社会経験が浅いももクロに任せることで、
既に世の中で流行している、
他の誰かがやっていることがわかってないために
標準的な楽曲を新しいものだと勘違いして
受け入れてしまう悪い部分も出てくるんですよね。

最近は金をかけられるようになってきたので、
有名な人に任せることが可能になった反面、
上記の理由でオリジナリティが低下、
しかも川上マネのイエスマン的なtwitterでの発言を見れば一目瞭然
なんですが、優しい、優しすぎるももくろチームだからw、
あまり注文を付けずにほぼ額面通りに
作品を受け取ってしまうことでだれが歌っても
構わない平均的な楽曲が増えてしまった。

そういったももクロの昔の良かった面と現在の悪い面
が全て表面化してしまった素晴らしいライブだったと
思いますね。

昔のももクロなら最低でも
いつか君がやムーンプライド、
My Dear Fellow
なんていう標準的な歌謡曲に
ももクロの冠は付けさせなかった
よな。。

まあタイアップだからやるのはいいとしても
ガチガチのライブのセトリに組み込むなんていう
暴挙には出なかったよな。

現在のももクロの価値を分かりやすく比較して表現すると

これ、今の私なら、同じ日時の同じ時間に他所で
nanoCUNEのライブがあったら迷わずそっち
行きますね。

昔はももクロというと面白いことをやるアイドルでしたが、

今のももクロは大衆化と作品にかける情熱の低下という油断により、
ももクロという名前に感じる驚きを昔ほど感じなくなってきた。

しかし、
nanoCUNEは100%、nanoCUNEじゃないと感じることが出来ない
パフォーマンスですからね。
そしてそれは、皮肉にもももクノvol.1の時のももクロなんですよね。。

 

時代は繰り返すんですよね。時代は繰り返すんです。。。

ミイラ取りがミイラになるんです。油断すると誰でもね。。

AKB48 リクエストアワーセットリストベスト200 2014、指原氏の愛するPARTYが始まるよ公演曲のランクインは1曲のみだった。

標準

AKB48 リクエストアワーセットリストベスト200 2014を観てる
んですが、驚きの事実だと思いました。。

昨日チーム8のPARTYが始まるよ公演を観てきて感動
して曲の脳内リピートが止まらない状態で、
思い出せる君たちへ2012の指原氏がPARTYが始まるよ
公演のMCで話したコメント
「毎日のように公演のDVDを観ていた」
というコメントにPARTYの偉大さを再認識した状態なので
なおさらさびしい気持ちになりました。

指原氏の発言を裏付けるものとしてHKTは単独公演では
唯一パジャマドライブとPARTYが始まるよ公演曲を
最も多くセットリストに組み込んでいるグループです。

最近のAKBファンの風潮として、当選率が低いこともあるんでしょうけど
劇場公演よりシングル楽曲のみのコンサートのほうが面白いという
流れになっています。

しかしいつも再三ここで申し上げていますがAKBの魂は
劇場公演で、大島優子も断言しております。

街を歩いていたらうなぎや焼き鳥の匂いのようにいい匂いがしたから曲を
聞いてついでにコンサートに来てみた。
数ヶ月聴き続けて流行り曲はもう聴き飽きたからももクロやハロプロに行く。。

しかしその前に、
AKBの魂でもある劇場公演へどうか足を運んで欲しい。
見限るのはどうかそれからにしてもらえませんか。

そしたらAKBは飽きたと、つまらなかったと公言していただいて
構いませんので、どうかよろしくおねがいします。

追記:

3日目のオープニングにドラフト生によるPARTYが始まるよが
収録されていましたね。

AKBリクエストアワー2014 101位まで終了して「未来の扉」と「ロックだよ、人生は…」未出。ていうか、博多レジェンド楽曲少なすぎ。

標準

HKT48 博多レジェンド

overture(HKT48 ver.)
 HKT48
君のことが好きやけん(「君のことが好きだから」博多弁ver.)
ボーイフレンドの作り方
初恋バタフライ
ガラスのI LOVE YOU
 制服レジスタンス
ハート型ウイルス
てもでもの涙(B3パジャマ)
禁じられた2人
天国野郎
 制服のバンビ
遠距離ポスター
Two years later(B3パジャマ)
回遊魚のキャパシティ
シャムネコ
大声ダイヤモンド
未来の扉

アンコール

会いたかった
お願いヴァレンティヌ
スキ!スキ!スキップ!
白いシャツ(B3パジャマ)


ですが、

200-101までに入ったのは

よっしゃーHKT!   (183位 初)(B3パジャマ)
制服レジスタンス (171位 ↓105位/3回目)
HKT48       (167位 ↓38位/2回目)
制服のバンビ   (122位 HKT48

程度でしたね。

で純粋な(詩を変えていればOKとしますw)HKT曲は

よっしゃーHKT!
HKT48
制服のバンビ。

でHKT48に入れていた人が
HKTひまわり組発足で
よっしゃーHKTに変更した人、

他に、公演みれない福岡以外のファンで
そのままHKT48に入れた人、

最も多いのは他曲に変更した人。

制服レジスタンスは落ちる一方。

制服のバンビと希望の海流はHKTオリジナルでランクイン
しているのでこの曲に変更した人も
多いと思います。確かにこの2曲は素晴らしい出来です。

しかし、東京在住の私が今回一番思っているのが

AKB研究生、峯岸チーム4の大躍進と、
HKTが東京で多数ライブをやる機会があったことで、
AKB2013年研究生公演がパジャマドライブで、
HKTも博多レジェンドやひまわり組のパジャマドライブで
パジャマドライブ楽曲が相乗効果で増えているんじゃないか
ということ。

ちなみにパジャマドライブは以下。


初日
必殺テレポート
ご機嫌ななめなマーメイド
2人乗りの自転車
天使のしっぽ
パジャマドライブ
純情主義
てもでもの涙
鏡の中のジャンヌ・ダルク
Two years later
命の使い道
キスして損しちゃった
僕の桜

アンコール

ワッショイB!
水夫は嵐に夢を見る
白いシャツ


私は2013年4月劇場デビューで研究生のパジャマドライブ
は3回拝見しました。

パジャマドライブは

2人乗りの自転車
天使のしっぽ
Two years later

が独自性と整合性がすばらしく、
出色の出来だと思います。

そして、
HKTの博多レジェンドは指原氏がDJ感覚で提案
してHKTチーム全体で選曲しただけあり
全部良いんですが、
楽曲の完成度の割りに評価が低すぎると感じているのは

・未来の扉
・ボーイフレンドの作り方

同じく評価が低すぎると感じている
HKTのライブ用楽曲では

・ロックだよ、人生は…。

がランクインしているような気がします。
というか、指原氏の魂を読み取り、
これらが選曲された時には、指原氏のリクエストアワー
に対する評価が、所詮世間はミーハーファンだから
世間がなんと言おうと私はやる的な考えから、
世間も捨てたもんじゃないなという考え方に
変わる気がするので、

ファンたちが指原氏に馬鹿にされないように
是非これらを選曲できるような洗練された時代になってほしい
ことを密かに願っている所存でありますが、

どうなるでしょうか。

ももいろクリスマス2013西武ドーム、行くか行かないか、さてどうしようかwwwwww

標準

ももクロさんについては2011年のももクリから
2012年12月まで全イベントに皆勤賞でした。

紅白出場があって、年が明けて1月に新木場でスターダスト
のアイドル組織3BJrの恒例合同イベントがあり、
NHKの福祉大相撲に行きました。

一方、ももクロ以外では、AKB大嫌いの指原推しの状況
は継続されていました。

日ごろからAKB批判をしていたのですが劇場行ってもみないで
批判するのはおかしいということで、2013年1月よりAKB劇場
へのエントリーを基本毎日のペースで開始しました。

ももクロは2013年4月の春の一大事という定期ライブを
西武ドームでやると告知しました。

しかし、私は2012年夏のももクロの西武ドームライブで
帰りがすごく遅くなり帰るにも西武電鉄の電車しかない
ので長蛇の列で、みんな疲れていてギスギスしていて
乗車を急ぐ人がけんか腰にわれ先に急ぐ風景を
目のあたりにして、ももクロのライブで初めて心底
すごく嫌な経験をしたのと、ゲストを多く呼び、
ももクロのライブよりも多く時間を使うといった暴挙
に出て、
それについて、演出の佐々木氏がもっと長くやりたかった
みたいな発言をしていたのを聞いて、
一気に冷めてしまったのです。

AKBの方は、4月の生誕者向け公演に当選し、
ライブに初めて行くことになりました。

現新チーム4、この時点では研究生公演の
パジャマドライブ公演に行き、抽選も絶好調で
前から4列目で観戦し大変な感動を覚えることと
なったのです。

ここからはもう完全にももクロの大会場ライブは
行かないですよね。
自分にとり最悪の内容と環境のライブで
さらに本人たちが修正する気がない
ということなので、当然ですね。

AKBはなにもかも新鮮で、深く入り込んでいくうちに
ももクロていうか、川上氏ってAKBをパクっていたんだなって
ことがわかっていくこととなり、
なんかやはり宗教と同じでひとつに傾倒してたら
いけないなって反省しました。

ここらへんから同じような気概をもった元ももクロ仲間が
増えてきて、私は
春の一大事、夏のバカ騒ぎ、は当然パスします。
でも大方予想通り、ゲスト量も時間も大幅に増えていく
ことになった大会でしたので干して正解だったと思います。

ちなみにAKBはまずHKTの思い出せる公演、
研究生劇場公演の2回目、
日産のフェスティバル、
研究生武道館推しメン早い者勝ち、
ほぼ全部行くことになりました。
あれだけ叩いていた握手会も
まあ3枚程度ですが行くことになりました。

で2013年11月時点では研究生公演3回
チームKが1回行きました。

そして、2013年11月中旬、沈黙を守っていた
山里亮太が新チーム4のすばらしさに
感動してラジオで賞賛する時代になり、
戸賀崎氏も他のチームは新チーム4を見習えと発言、

私の方向性には一寸の曇りもなかった
んだと改めて感じています。

2013年のももいろクリスマス。
いろいろ込みで8500円程度です。
時間も遅くなりそうで、この流れだと
ももクリもゲストが入りそうなので、
やはりパスすることにします。

もし大会場でも、ゲストいなくてももクロメインで
2時間から2時間半程度の内容に修正する日が
訪れた際には、
ふたたび行かせていただくことになる気がします。

ただ、2011年5月から約2年半の間
ももクロを観てきて、2012年のモーレツツアー
や、初期のももクノがベストだと感じている
傾向のファンからしますと、
現状では大会場の内容はももクロが表現できる
最大限の魅力を感じ取れていませんので、
AKB劇場並みとは言わないまでも、
2000人規模の会場でももクロがライブを
出来る環境になるまでは行かないつもりです。

現時点では、
僕にとってのももクロは小さい会場のももクロであって
大会場のももクロではないのです。

ただ、、
一番良いのは場所を選ばず最大限のももクロ
が表現できる状況が到来することなんですがね。

峯岸みなみはAKB劇場がぬるま湯だと言ったが、ぬるま湯がAKB48劇場の良いところなのじゃないだろうか。

標準

10月13日 パジャマドライブ公演

今日の東京・秋葉原はすごしやすいお天気。
ですがAKB48劇場は変わらず熱い空間でした。

そんな本日は“みいちゃん”こと峯岸みなみを切り撮りです。

Q.この夏、初めて経験したAKB48劇場以外での出張公演。どうだった?

A.私にとって初めての出張公演、名古屋のSKE48劇場のステージに
立たせていただきました。
普段立っているAKB48劇場は、AKB48の事が好きで見に来てくれる
ファンの方たちが大半。
それがやっぱりぬるま湯だったのだとすごく感じました。
SKE48のファンの方々の愛と団結力がすごいのは以前から知っていたし、
ドームコンサートでも見せつけられました。
今回の出張公演、AKB48の研究生がどんなものだろうという品定め的な
目で見られる事も想定してい臨みました。
始まる前は自分も含め、みんなガチガチの緊張で、正直すごく怖かったです。
でも公演を終えて、ファンのみなさんからも、見学してくれていた
15期の子たちからも、スタッフさんたちからもとてもよかったと言ってもらえました。
結果的に極限状態から絞り出した120%全力の今までで
最高のパフォーマンスができたのだと思います。
その後、あの公演にはいまだに追いつくことができていないのが悔しいのですが、
自分たちの思っていた以上の限界を知ることができたので、
以前は漠然としていた目標が明確になったので、とても良い経験をさせて
もらったととても感謝しています。

AKBはAKB劇場で毎日公演を行います。

一日だけの仕事ではなく、数ヶ月にわたり
続けていく必要のある仕事です。

作者の秋元康もそういう想定のもと、作品を構成しています。

劇場公演はそういう性質の仕事ですから、100パーセントでやらないと、
それはベストな内容だと言えません。

SKE劇場で行った120パーセントの公演は
AKB劇場で毎日行っている本来のパジャマドライブ
ではないと言えるでしょう。

峯岸さん。

AKB48劇場は紅白歌合戦ではありません。

笑っていいともです。

だからタモリさんと同様、毎日まじめに
なるべく同じクオリティを保ちつつ、
公演を行って下さい。

120パーセントでやると翌日はその影響で80パーセントになります。
必要なのは毎回90パーセント以上を保つこと。

おわかりですか?

90から100パーセントが必要であり、
120パーセントはいらないのです。

2013.11.2 初日はAKB研究生に遥かにおよんでいませんがまだまだこれからです。HKT48ひまわり組パジャマドライブ初日。

標準

指原さんが15歳、多田さんが13歳の時にやっていたパジャマドライブ。

20131102HKThimawarigumi

先日の白黒つけようじゃないかの武道館のHKT公演でもパジャマドライブ
曲が多かったし、なんといっても、博多レジェンド公演は
パジャマドライブを基本に構成されたリミックスバージョンでした。

ここまで書けば、もうおわかりかと思いますが、
指原さんが自分のこれまでのAKBG人生の中で、
非常に思い入れがある公演がパジャマドライブ
で、
白黒のときやTIF2013の時指原さんが言っていたように、
イベントの曲の構成は指原さんを基本にその場にあった
ものをみんなで考えていると言っているので、
たぶん、
今回やることになった経緯も指原支配人が強く関係
しているんだと思いますね。

やりとりの経緯としては
秋元
「HKTも新公演やるぞ!」

「いつも延期になるけどほんとにできるんですか??うぷぷ」
秋元
「まあ、現場からの要望が多いしがんばってみるよ」

「もし無理な場合はAKB研究生のパジャマドライブを
引き続きやらせてほしいんですけどいいですか?」
秋元
「いいよ。指原の好きなのを自由に選んでやってくれよ。」
て感じで決まったんじゃないかと思いますね。

初日

出演:
1期生:穴井千尋、兒玉遥、松岡菜摘、宮脇咲良、村重杏奈、本村碧唯、森保まどか
2期生:秋吉優花、宇井真白、岡本尚子、田島芽瑠、谷真理佳、朝長美桜、渕上舞
移籍組:多田愛佳、指原莉乃
3期生全員:荒巻美咲、栗原紗英、坂本愛玲菜、田中美久、筒井莉子、外薗葉月、矢吹奈子、山内祐奈、山下エミリー

M01 初日
M02 必殺テレポート
M03 ご機嫌ななめなマーメード
M04 2人乗りの自転車
自己紹介(1列目左より)
秋吉優花、多田愛佳、田島芽瑠、朝長美桜、指原莉乃
渕上舞、本村碧唯、宮脇咲良、兒玉遥、穴井千尋、谷真理佳
宇井真白、森保まどか、松岡菜摘、村重杏奈、岡本尚子

M05 天使のしっぽ(秋吉、多田、朝長)
M06 パジャマドライブ(谷、宮脇、本村)
M07 純情主義(渕上、兒玉、穴井)BD:栗原、田中、外薗、矢吹、山内、山下
M08 てもでもの涙(松岡、森保)
M09 鏡の中のジャンヌ・ダルク(指原、田島、村重、宇井、岡本)
—— MC ——
M10 Two years later
M11 命の使い道
M12 キスして損しちゃった
—— MC ——(多田、谷、宇井、本村、兒玉、岡本、村重、秋吉、松岡)
M13 僕の桜
—— アンコール ——
3期生9人がダンスのあと1人ずつ自己紹介
E1 よっしゃーHKT!
E2 水夫は嵐に夢を見る
—— MC ——
E3 白いシャツ

を観た感じでは、先日AKB48研究生(現チーム4)
の千秋楽を観て来た限りでは、2008年のAKBオリジナル
どころか、研究生公演と比較しても雲泥の差があるなと感じました。

具体的には、
メンバー間の心が通じ合っているような感覚と
それがなせるアドリブの場面や複数メンバーで
構成された振り付けや演出の自然な感じとシンクロ感、
そしてだれをみてもなんでこんなにがんばっているんだっていう
がむしゃらさ。。
それらが足りないと思いました。

それは数ヶ月前の研究生公演も同様で、
高島さんがメンバー間で喧嘩やトラブルがあったが乗り越えて
落ち着いたのが千秋楽の数ヶ月前だったと言っていた
ので、HKT48ひまわり組もいろいろ各自意見を出し合いながら
演出を考えて田島さんが言うようにHKTらしいパジャマドライブ
を創り上げていってほしいと思います。

唯一、HKTが一番だと感じたのはMCコーナーでしたw
これはパジャマドライブだからってわけじゃないですがねw

めったに公演に出演できないため
よほどうっぷんがたまっていたのか、
いつも話を転がす役なのに、珍しく今回は
指原氏が自ら指原御殿だからと言ってトークを
仕切っているのを観てこの公演に対するやるきを感じました。

公演ミニ情報:

指原さんの唯一の親友w峯岸さんのポジションに
指原さんがいることにほろっとしました。

指原
「デビューが(鏡の中のジャンヌダルクの)
バックダンサーだったんだ。」

指原
「支配人だからHKTのオンデマンド公演は観てるよ」

あとぐぐたすネタが多かったので、あまり頻繁に投稿
しないけど見る事は見ているみたいですね。

パジャマドライブは名前を叫ぶんですが、今回は
青木さ~んでしたw
このサイト見るくらいの人はご存知ですが光文社の
青木さんですね。
差し入れをたくさんしてくれたからとのことです。

ワッショイBはよっしゃーHKTというタイトルになり、
「HKTレッツゴー」じゃなくて「HKTよっしゃー」
ていうHKTオリジナルです。
案は若田部。
植木案はひゃっほー
村重案はぐいぐいHKT
でしたww

チームAも新しくなったところなので、
児玉は大変だったとのこと。

多田はHKTは
ちょっと自分が所属していた
初期チームBらしいところがあると思った。

今回メンバーは
レッスンの場面を録画した振り付けVTR
というメンバー用のものを観て覚えるんですが
それをyoutubeで限定公開中です。
私は急いで落としました。

あと初日はオリジナル重視でHKTのせり出し
ステージはあまり使わなかったんですが、今後の
発展が楽しみですね。

キャンセル待ち当選しましたがキャンセルしました。2013.10.14 「パジャマドライブ」公演 土保瑞希 生誕祭

標準

≪[AKB48劇場]一般枠当選のお知らせ≫

この度はAKB48劇場公演「一般枠」抽選予約にご応募頂き誠にありがとうございます。

以下の公演の抽選からは残念ながらもれてしまいましたが、「キャンセル待ち」となります。
 2013年10月15日(火) 18:30~ 「パジャマドライブ」公演 土保瑞希 生誕祭

お客様のキャンセル待ち整理番号は67番です。

当日は18:00にAKB48劇場インフォメーション前にお集りください。
18:00になりましたら、チケット当選者がキャンセルした枚数分のチケットを、キャンセル待ち整理番号の若い方から順番に販売致します。番号順に係員がお呼び出しいたします。呼び出した際にいらっしゃらない場合はキャンセルとみなし、次の番号のお客様をお呼び出し致しますのでご了承ください。
チケット発券時にご本人確認をさせて頂きます。「顔写真付き身分証」をご提示願います。ご本人確認がとれない場合はチケットの販売をお断りさせて頂きます。ご了承下さい。
また、入場時におきましてもご本人確認を致します。チケットと「顔写真付き身分証」両方をお持ちでない方の入場はお断りさせて頂きます。

チケットが購入できなかった場合は、ロビーでのモニター観覧を無料にてご案内させていただきます。

【当局の指導により、劇場内への手荷物(鞄・袋等)の持ち込みが出来ませんので、ご協力下さい。】

土保瑞希 生誕祭

【チケット料金】
一般男性 2,000円/一般女性 1,000円/小学生~高校生 1,000円/未就学児無料
※未就学児1名に付き一般の方1名の付き添いが必要となります。
※日本円の現金のみとなります。

【出演メンバー】
相笠萌・岩立沙穂・内山奈月・岡田彩花・岡田奈々・北澤早紀・高島祐利奈・橋本耀・前田美月・村山彩希・茂木忍・市川愛美・込山榛香・土保瑞希・福岡聖菜・湯本亜美


会員枠のキャンセル待ちは1番から割り当てられますが、
一般枠のキャンセル待ちは50番から割り当てられます。
また、
最近2013年8月から10月の数十人しかキャンセルが出ない
平日の研究生の夜公演ということを考えて、あまり悪いデータ
が残らないようにチケットセンターで正式にキャンセル処理
することにしました。

前回2013年初頭にキャンセル待ち当選から数十日後に当選した
ことがあったので、当選する予兆だと前向きに考えることに
します!

ちなみに2013年1月から現在に至っても2日ばかりスルーしましたが
それ以外は毎日エントリーしています。

2013.10.08 指原アーカイブス研究報告 1 [2008.10.13 チームB パジャマドライブ]

標準

2008.10.13 チームB パジャマドライブ

浦野一美,多田愛佳,柏木由紀 片山陽加 佐伯美香 早乙女ミキ
指原莉乃 田名部生来 仲川遥香 仲谷明香仁藤萌乃 野口玲菜
平嶋夏海 松岡由貴 米沢瑠美 渡辺麻友

M01 初日
M02 必殺テレポート
M03 ご機嫌ななめなマーメード
M04 2人乗りの自転車
MC1
M05 天使のしっぽ
M06 パジャマドライブ
M07 純情主義
(BD: Saotome, Ota, Noguchi, Nakaya, Yonezawa)
M08 てもでもの涙
M09 鏡の中のジャンヌ・ダルク
MC2
(指原はDDですから!誰でも大好き!)
M10 Two years later
M11 命の使い道
M12 キスして損しちゃった
MC3
M13 僕の桜
Encore
M14 ワッショイB!
M15 水夫は嵐に夢を見る
MC4
M16 白いシャツ

昨年までAKBなんて大嫌いで、糞だと思っていたので、
今年、AKB研究生パジャマドライブ公演でAKB劇場デビュー
した私とっては、パジャマドライブははじめて体感した
公演で、2回行ったのでもう体で覚えてしまっているんですけど、
その私が、パジャマドライブのオリジナルメンバーの公演を
観て思ったことは、やっぱオリジナル公演はオーラが
違うなって思いました。

当時、渡辺麻友は15歳、柏木由紀17歳、指原15歳、多田は13歳ですよ。
ですが、この4人はボーっとみていると、今とパフォーマンスが変わらないので、
もうこの年齢でほとんど完成されていたんだと思いました。
すごいですね。。

今のAKB新生チーム4になった旧研究生チームのパジャマドライブ
もすごい圧倒されたんですが、これを見ると、
もっと光ってほしいと感じる、ものたりないの感じるので、
なんか運営側から見ると、もっとパフォーマンスを上げるために
原石を見つけるためにドラフトっていうものをやりたくなるのは
わかるなって感じました。

しかし、今回の映像を観て
それは間違っているということがわかりました。

実はタレント側より運営側に、この後
AKBが順調に成功してしまったからこその
問題点が発生してしまったために
後続の高いタレント性を従えた人材が
輩出されなくなってしまったということがね。

最後にきになったとこを。

指原さん
は今とほとんど変わらないですねw
指原さんはしゃべるイメージがあるんですが、
実はほかの人の言葉をきちんと聞いて
しっかりと返すんですよね。
自分勝手な谷や村重とは明らかに違います。
ここ見てたら直したほうが良いよお二人。

多田さん
は童顔なので化粧があまり似合わないんじゃないかと思いました。
もっと光れるはずです、多田さんは。
HKTに飛ばしたのがわかる気がする。
厳しいようですが少し痩せてほんとの多田さんを
もう一度みせて欲しいとおもいます。

トークの雰囲気は多田さんも昔から変わらないですね。
濃い言葉を光のように吐く感じ。だらだらしゃべらない。

HKTと世代的には同じなんですが、

この時代の渡辺、柏木、多田、指原と同じものを感じる
ようなタレントというと、
児玉、宮脇、朝長くらいかなと感じますね。

そしてデビュー当時の指原と現在の指原と、
村重、中西、谷と指原の圧倒的に違うところ、
それは悲壮感とソウルですね。
村重、中西、谷は自分は面白いと思って、
そして素の自分を隠してしゃべったりネタをするが、
指原さんは素を出すから壁ができないので相手と
ダイレクトに繋がるし、そして自分は面白くないと思って、
やっているからそれも壁がなくなり笑いに繋がるんですよね。

面白い話なんだけどといって話すのと、
つまんない話だけど聞く?といって話すのは、
前者は壁ができるが、後者はかべがなくなる
ので後者のほうが正解なんですね。

話がそれましたが、、

この渡辺、柏木、多田、指原のようなタレントを
これからも輩出していくにはどうすればよいか。

昔は資金に乏しかったのでハングリー精神が見て取れたが、
現在は裕福で非常に健康的で余裕が見える。
しかし、結局現状をみると
あまり環境が整いすぎても平均的に成長はするが、
突出したタレントは育たないんじゃないかと感じましたね。
昔は辞める人が多かったが現在は辞める人がいないのも
それが表に顕著に出ているんじゃないかと思いますね。

あと新しい人材は新しい公演と共に成長させる
ことも必要だと感じましたね。
オリジナルは越えられないんですよ、どんなにがんばっても。

遂にAKBGのJKTでももクロのうりゃおいが連呼される時代に突入しました。

標準

JKTがパジャマドライブという初期のAKB
が劇場公演で使っていた舞台の演目をDVD
でリリースしているんですが、まだアイドル自体が
いないインドネシアのヲタはアイドルのヲタク
としての分類しかされておらず、それ以上細分化
するほどヲタ人口もアイドルも少ないので、いろんなアイドル
の応援の方法が混ざってしまっていて、
面白いんですが、

その例として初めて見たのが、
AKBGでの

うりゃおい

です。

それも日本みたくうりゃ側とおい側を分ける
んじゃなくて、一人でうりゃおい
を叫ぶんですねw

ちなみにOvertureのコールはまだ未成熟なのが
功を奏してか、
初期のAKBのもので素晴らしいです。
mixを入れずに、グループ名を煽りコールに
あわせて叫ぶものですね。

話を一人うりゃおいに戻します。

これ実は最近導入されたようなんです。
2月の時点ではふつうにおいおいだったんですね。

これ確実に最近あまり動きがないももクロのファンが
飽きてきてJKTのファンになって持ち込んだんだと思います。

みなさんもいちどご覧になって下さい。

下手したらジャカルタが最先端だったりしてw