カテゴリー別アーカイブ: 2015.1.21-25 AKB48リクエストアワーセットリストベスト1035 2015

リクエストアワー2015 1010位~711位からみる傾向。

標準

落ち目の傾向

チームは
SDNが圧倒的に多く、シングルの表題曲も出てしまっているw

NMBのシングル曲。

SKEのアルバム曲。

AKBの2011、2012のアルバム曲。

AKBの劇場公演曲の落ち目は
A 1st party (中盤曲総崩れは公演曲としては崩落も同然) 4/12
A 2nd 会いたかった(後半曲総崩れは公演曲としては崩落も同然) 4/11
A 3rd 誰かのために(前半曲総崩れは公演曲としては崩落も同然) 8/13
K 2nd 青春ガールズ(後半曲総崩れは公演曲としては崩落も同然) 6/14
K 3rd 脳内パラダイス(後半曲総崩れは公演曲としては崩落も同然) 7/13
K 4th 最終ベルが鳴る(後半も前半も崩落) 8/16
K 5th 逆上がり(後半曲総崩れは公演曲としては崩落も同然) 6/16

ソロは、
板野友美や前田敦子はほとんど、渡辺麻友は後期が多い。

ユニットは
渡り廊下走り隊が多い、
でフレンチ・キス、choko love、Not Yetが多い。
choko loveはもう出尽くしてしまって残る曲は
最近指原氏が未来の扉と置き換えた「明日は~」のみ。

最近のトレンド

HKTはシングルと劇場オリジナル含めて未出。

NMBアルバムは1曲以外未出。

NMB劇場公演も1曲以外未出。

SKEはシングルも劇場公演曲もまだあまり出ていない。

AKBの2010、2014のアルバム曲。
AKBのシングル曲全て。
AKBの劇場公演曲

A 4th ただいま恋愛中 4/15
A 5th 恋愛禁止条例 3/16
A 6th 目撃者 4/17

K 6th RESET 1/17

B 3rd パジャマドライブ 1/16
B 4th アイドルの夜明け 3/16
B 5th シアターの女神(少し危ない)5/17

ひまわり組はなんとか残ってます。
チームサプライズ

柏木由紀のソロ曲。

って感じでしょうかね。

傾向と分析

従来の、
劇場公演や劇場公演曲からシングル・カットされたシングルでファンになった
ので、シングルを聴いていても劇場公演と常に繋がっていたファンから、
劇場公演とは別ラインの別コンセプトのシングルを購入して、
劇場公演より当たる大会場のライブに通い、劇場公演は行ければ行く
という劇場公演とは全く無縁のファンが標準になってきたということが、
今回の傾向に額面通り表面化されてきている。

またチームサプライズ楽曲が残っていることからも、
メディアでの宣伝広告量と楽曲の人気が比例している
ことも見て取れますね。

昨年の流れをさらに加速させた感じですね。
ファンの標準化。
流行っているから聴く、行くという、とくにこだわりがない
簡単に取っ替え引っ替えするファンですね。
アーチストの大衆化には欠かせないですね。

あと劇場公演曲の人気については、
既存の劇場公演曲を予定より長期間リピートを繰り返していることで、
疲弊し、記憶に残るものとそうでないものに二極化されてきた。

そして卒業メンバーについては卒業と同時に急速に人気を失い、
AKB時代のファンを全員引き連れていくことは不可能だということも明らかに。

感想

私はリクエストアワー2015は金銭的にゼロでアイドル文化のキャリア
の蓄積のために楽しむことにしたんですが、私の分析が間違っていなかった
ことに安心と共に物足りなさやAKBヲタ文化の急速な喪失感を
感じてしまって寂しくなってきています。

アイドル、そして、AKB文化の未来に栄光あれ。

広告