カテゴリー別アーカイブ: チーム4

楽曲派向け。指原氏の刺さるイベント公演ランキング(2016年11月現在)

標準

1.

AKB48劇場公演 パジャマドライブ 再演

2.

AKB48劇場公演 アイドルの夜明け 再演

3.

HKT48劇場公演 博多レジェンド 再演

4.

HKT48劇場公演 手をつなぎながら 再演

5.

AKB48秋祭り 夏祭りソロステージ

ランク外

ディナーショーw

(ゆび祭りはスタッフ扱いなので対象外。)

広告

6か月ぶりにAKB48劇場チームK公演に当選しました。

標準

この前チームB公演に当選して以来ですが、
その見送りの時に大島涼花が隣のメンバー
と話しながら私にうるせーなって感じで
斜め目線で見送られたので、それにトラウマ
になったこともありますが、

それよりなにより渡辺麻友が休みがちなこともあり、
最近チームBに推しメンが一人もいなくなったので、
チームAと言いたいところですが、普通のドームコンサート
のような薄っぺらなストーリーもへったくりもない
セットリストのM.T.に捧ぐっていう公演なので興味が湧かず、、

結局西野チーム4と田野チームKと中野チーム8に戻って来た感じの昨今。

今年はチームAとチームBに限定していたんですが、
一回当選して上記のようなことがあり
約1年ぶりに元のチームK、チーム4、チーム8にエントリー
し始めたら数日で当選してしまいました。

これですね、思うところがあるんですよ。

最近チームAとBにしたところで、それまで数年は島田とか
西野とか渡辺麻友とか髙島祐利奈を推しメンにしていたんですよ。

だから、当選する下地はチーム4とかKのほうが
整っている訳ですよ。

だから4やKの当選枠は私の分をあけてくれている
と思うんです。

だから「待ってたよ!!お前が帰ってくるの!」
て感じで当選したと。。

でAとかBはもう長期にわたって推している人が沢山
いるから私みたいな1年程度、少し興味を持ったような
新参者が入れる枠は空いてないっていうね。

TIF2016とAKS、スタダ、ハロプロ、ディアステの関係性について

標準

2016.06.09、指原氏が
HKTはTIF2016からオファーされていない
と言ったコメントがだれかに晒されましたね。

握手会かなんかで言ったんでしょう。

結局、8月6日から7日の空白は前後の過密スケジュールの為の
労働基準法対策の普通の休日だったっていうことが濃厚に。。

まあでも
2014年は8月2日3日開催で7月16日にHKTが決定、
2015年は8月1日2日開催で7月15日にHKTとSKEが発表されたんで
AKSは17日前に決まる感じなので、今年は7月20日あたりに発表
されるんじゃないかと思いますので待ってましょう。

でもやはり納得いかない部分があるんですよ。

AKBチーム8が出る、けやき坂も出る、スタダはたこやきレインボー以下、
ハロはこぶし以下の若手ってことは若手のイベントっていう位置づけなんだ
という気がしますけど、
ならなぜにディアステージの最古参のでんぱ組が出るのかっていうことですが、

まあこちらは単発コント番組、神原氏系統の前衛バラエティ番組に
多数出ていることから、もうアイドリングみたいな、アイドルと
いうよりヲタクとかアイドルとかネットとか、
そういう界隈の数字を持っている専門家的なタレントってことで、
既にアイドルという枠を超えた切っても切れない位置づけ
になっているんだと思いますね。

アイドリングが解散したから余計ですよね。

でまたHKTはでんぱ組みたいなレベルまで濃い繋がりには
なってなかったようですね。HKTは結構熱くTIFに貢献していた
っていう思いがあるのに、それとは裏腹でTIF側は単なる
若手くくりの一部という位置づけだったみたいで。

スマイレージも伸び悩んでいる時だから出たけど、
アンジュルムになってブレイクしてからは出てませんしね。

でも逆にこれに出なくなったら売れたっていうことなんじゃないかと
思います。

ももクロなんて結成2年で2010年のこけら落としに出て、
朝と夜のオープニングという重要なポジションを任されて
それっきり出てないので、理由はギャラが高くなったからだと思いますが、
TIFで最も成功したアイドルなんじゃないかと思います。

あとその2010年の履歴から感じるのはTIF自体がももクロの衝撃を
フジテレビのスタッフが全身で浴びたことで始めることになった
んじゃないだろうかって思う位、2010年のタイムテーブル
のももクロの看板扱いぶりってのがすごいですよね。

2010年のタイムテーブル

だらだら出ているのがいいのか、売れてでなくなるのがいいのか。。

ももクロ、エビ中、しゃち、モーニング娘。、AKBチーム8以外(チームAKB4、選抜)SKE、NMB、HKTね。

でも2015までは地下アイドルの目標だったのに誰でも出れる大会に
なってしまったので、来年からはこれに出ないでも生計がたつように
なったらTIF出演者よりも上のレベルに行けるってことになってしまう
んじゃないかと危惧してしまいます。

HKTみたいにオファーが無いことが売れたという証明になるっていうねw

他の今年のTIFバブル的な時期に出演することになったアイドルの方々も
テレビ屋なんてのはすぐ手のひらを返しますから気を付けたほうがいいですよ。

主戦場は定期ライブや劇場公演に固定して、こういうものはあぶく銭
のようなものとして冷めた感じで考えたほうが良いですよ。

特にスタダの芸能3部の人たちは心のつながりを大事にしているスタッフが多い
ので、TIFは割り切って考えたほうがいいですよ。

また紅白の時のように切れて「もう絶対TIFには出ない!」
なんて言うことの無いようにw

2015.01.18 月刊TAKAHASHI 1月号 もう今のももクロにはももクノvol.1を超えるパフォーマンスは不可能なのか。ももクノ60分+アンコールでしたね。

標準

月刊TAKAHASHI 1月号
2015.01.18
Zepp DiverCity

17:12開始

01.My Dear Fellow 歌舞伎ver x(平均的なAKB)
02.どどんが x(平均的な祭り風歌謡曲)
03.サラバ
04.ムーンプライドx(平均的な少女アニメ曲)
05.猛烈
06 全力少女
07 contradiction
08 ChaiMaxx
09 黒い週末
10 PUSHx(ChaiMaxxやるなら被るから要らない)
11 きみゆき
12 ミライヘススメ

18:24
アンコール
18:26

EN1 ChaiMaxx zero
EN2 走れ Zver
EN3 いつか君が(平均的な歌謡曲)

18:50終了

本編 17:12~18:24 約72分
アンコール 18:26~18:50 約24分
——————————————————————–
独占ももクノ60分 vol.1
2011/10/09 (日) 15:30 開演 16:30 終演
@ベルサール秋葉原 (東京都)

15:30
01 Chai Maxx
02 words of the mind ~brandnew journey~
03 全力少女
04 未来へススメ!
05 キミノアト
06 走れ!
07 行くぜっ! 怪盗少女
08 オレンジノート
09 ピンキージョーンズ
10 ココ☆ナツ
16:30

本編60分
アンコール無し
——————————————————————–

ってことで、
私が参加した天国を感じさせてくれた衝撃の
AKBの峯岸チーム4のパジャマドライブ劇場公演4列目と
同じくらいの熱さを感じた唯一のももクロライブである
ももクノvol.1の4列目と比較してみると、

ももクノ vol.1は

楽曲数が少ないのが幸いしたのか、
セットリストの選曲が完璧。これがももクロだ、
誰にも真似はできないって感じのセトリ。
この時代は金が無いから時間かけて
ももクロらしい楽曲をイメージして
作っていましたからね。。

2015.01.18の月刊TAKAHASHI 1月号は

楽曲数が無駄に増えたのが災いしたのか
流れを無視したなんの工夫もない単発シングル向け歌謡曲
が組み込まれてしまいそこで寸断されてしまう
かたちになってしまいました。

ももクロチームの現在の制作環境とその悪いところと良いところ

少しづつももクロさんも意見を言える立場に
なりつつあると思うんですが、それは良いことばかりじゃなく、
社会経験が浅いももクロに任せることで、
既に世の中で流行している、
他の誰かがやっていることがわかってないために
標準的な楽曲を新しいものだと勘違いして
受け入れてしまう悪い部分も出てくるんですよね。

最近は金をかけられるようになってきたので、
有名な人に任せることが可能になった反面、
上記の理由でオリジナリティが低下、
しかも川上マネのイエスマン的なtwitterでの発言を見れば一目瞭然
なんですが、優しい、優しすぎるももくろチームだからw、
あまり注文を付けずにほぼ額面通りに
作品を受け取ってしまうことでだれが歌っても
構わない平均的な楽曲が増えてしまった。

そういったももクロの昔の良かった面と現在の悪い面
が全て表面化してしまった素晴らしいライブだったと
思いますね。

昔のももクロなら最低でも
いつか君がやムーンプライド、
My Dear Fellow
なんていう標準的な歌謡曲に
ももクロの冠は付けさせなかった
よな。。

まあタイアップだからやるのはいいとしても
ガチガチのライブのセトリに組み込むなんていう
暴挙には出なかったよな。

現在のももクロの価値を分かりやすく比較して表現すると

これ、今の私なら、同じ日時の同じ時間に他所で
nanoCUNEのライブがあったら迷わずそっち
行きますね。

昔はももクロというと面白いことをやるアイドルでしたが、

今のももクロは大衆化と作品にかける情熱の低下という油断により、
ももクロという名前に感じる驚きを昔ほど感じなくなってきた。

しかし、
nanoCUNEは100%、nanoCUNEじゃないと感じることが出来ない
パフォーマンスですからね。
そしてそれは、皮肉にもももクノvol.1の時のももクロなんですよね。。

 

時代は繰り返すんですよね。時代は繰り返すんです。。。

ミイラ取りがミイラになるんです。油断すると誰でもね。。

新旧峯岸チーム4勢揃いの公演でした。2014.12.27 AKB48 チーム4 アイドルの夜明け 高島祐利奈卒業公演

標準

AKB48 チーム4 アイドルの夜明け
高島祐利奈卒業公演 終わりました。

本編終わってゲストが勢揃いで13期から15期が
勢揃いして思い出話をしました。

第十回研究生(13期生)

相笠萌・雨宮舞夏・岩立沙穂・梅田綾乃・大島涼花・岡田彩花・北汐莉・北澤早紀・篠崎彩奈・高島祐利奈・長谷川晴奈・光宗薫・村山彩希・茂木忍・森山さくら・渡邊寧々

第十一回研究生(14期生)オーディション

内山奈月・岡田奈々・小嶋真子・西野未姫・橋本耀・前田美月

第十二回研究生(15期生)オーディション

市川愛美・大和田南那・込山榛香・佐藤妃星・土保瑞希・福岡聖菜・向井地美音・湯本亜美

3年間でした。

今日各メンバーのゆーりんコメントが
きけたんですが、やはり人見知りで
あまりなじめなかったけど、
次第に症状は軽くなってきて、
皆の相談にのったり、悩んでいる人に
自分からサポートに行ったりするように
なってきた矢先だったんですね今回の卒業は。

峯岸さんの一番の思い出はAKBINGOでおもしろいやつがいる
って前振りして振った時にあまりの緊張でテンポがわるくなり
棒読みになってシーンとさせちゃった時だっていってました。
私もこれは覚えてますね。

で同期や後輩が最後に私たちの番組もこれからはチェックしてくださいと
ゆーりんさんにお願いしたら、
「大好きなバラエティ番組が録画できなくなっちゃうからw」
と返したのが感動的でしたねw

で結構久しぶりにチーム4の劇場公演に当選したんですが、約1年ぶりですかね、
ゆーりんはトークがすごく上達していて驚きました。
もう峯岸さんや他の人がいらないくらいになっていました。

指原氏もデビュー当初はこんな感じだったからもう少し
やってみれば成功したんじゃないかと思うんですが、
メンバーが言うにゆーりんさんは行動が早いという
ことなので、今回のような決断になったんだと思います。

峯岸さんはまたこの判断が良いか悪いかは現時点では神のみぞ知るという
ようなことをゆーりんに言っていました。だから良かったと
思えるように精進して欲しいと。

だから今回は峯岸さんも若いこともあるし、ゆーりんの判断を尊重したけど、
我慢することで辞めるより素晴らしい結果が出ることもあるという
ことをこれからは覚えていくといいと思いますよ。。

なんか峯岸さんがゆーりんの思い出を語っているときの顔が
そんなことを言いたげな雰囲気を醸し出していたんですよね。

しかし

やっぱり私の読みに狂いはなかった。
指原氏の後継者っていう読みに狂いは無かったっていうw

ゆーりんのファンは内向的な人が多いと思うんですが、
ここ一番ですごいパワーを発揮するのもそういう人たちで。
常に平均点ではなく、やるときは激しくやる、
やらないときは激しくやらないという。

ゲストの内山奈月さんが自分の卒業時の心配
をするほどすごい盛り上がっていたようでよかったです。

それは私は正に今回の目標は、ゆーりんの卒業公演
を盛り上げて、こんなに人気のある人なんだぞゆーりんは、
バカにすんなよって見返したいのがあって、いろいろ
コールも工夫していつも通りのテンプレな内容ではなく
そこに少しアクセントを入れて人間的なタイミングを
ずらしたコールを入れたことで、チーム4やファンの人たちに
もプラスアルファを入れることができたんじゃないかって
思いました。

しかし、、お陰で

最後に手を振って挨拶して帰るイベントが
あったんですが、全力でコールしたせいで声がかれていて、

「ゆーりん、お笑い好きですか?」

とガッツポーズして質問したら、言葉が上手く伝わらなくて
まいりましたが、
ゆーりん、
あんたに声援を送ったせいなんだよ、声がかれたのは。。
たのむよほんと。・゜゜(ノД`)

お笑い好きならなんでも乗り越えていけるから
ずっと好きでいてね。

お疲れ様でした。

敬愛なるAKB48チーム4高島祐利奈氏の卒業発表に添えて

標準

高島様

私があなたに興味を抱いたのは、
有吉AKBで指原氏
の後ろで小嶋さんより指原さんを推し、
さらには指原系のホラー系の変顔を
ぶちこんだ時でした。

しかし私はまだその時AKBは嫌いで指原氏とAKB関連の
お笑いやバラエティが好きという変態だったので、
そこで時間は止まったままでした。

そして月日は流れ、
2013年に私が追っかけていたももクロのチケットの入手難
がピークを迎え、さらにはライブの内容がゲストだらけの
佐々木敦規地獄と化してしまったのを機に、
嫌いだったAKBだけど実際に体験してからじゃないと
悪口は言えないんじゃないかと自分で感じて
2013年1月より劇場公演のエントリーを開始しました。

そして毎日エントリーしてやっと4月のファンの生誕祭
の公演に当選し、しかも入場順抽選も前から4列目で
最高のデビューとなったんです。

しかしその時高島さんがいることは調べていたんですが、
まだチームとか選抜とかまったく知識が無い
状態なので、なにをやっているかわからないままポカーンと
公演を体中で浴びることになりました。

それはただただすごい熱量とパワーでいままで
体験したことないものでした。

しいてあげるとすれば、ももクロさんのベルサール
秋葉原の最前で観たときの感じに似ていましたが、
それよりもっと熱い、なんていえばよいんだろう、
ロケットの打ち上げの真横で噴射を浴びているような
視界がキラキラして熱くてほんとに天国に
いるような経験をしたんです。

後日、それがチーム4というグループのパジャマドライブ
という内容の公演だったと知りました。

ネットでも検索すると、私が感じたように
現時点で最強のライブだというものでした。

そこに高島さん、あなたがいました。

そしてその日からAKBスキルが日に日に向上して、
数ヵ月後、万全の知識と共にチーム4のパジャマドライブ
の2回目を体験することになりました。

この時はまだゆーりんコールは全く無い時代で、
私1人だけコールしていた感じでしたが、
ゆーりんのすごさを全人類に見せ付けたいので一生懸命
1人でコールしていました。

その間、ぐぐたすで人見知りなのに一生懸命
がんばるゆーりんの状況を応援しながら
見守っていました。
組閣祭りの数ヶ月前、遂にゆーりんが茂木ちゃんと
2人で仲良く写る時がきてそのときは感動しました。

それから次第にゆーりんもすぐ500埋まるようになり
コメントできなくなる人気者になってきて、
それからは安心したからなのか、あまりぐぐたすは
みなくなりました。

でもSKE事件の時や、ゆーりんがマルチタレントに
なるべくバラエティに出演してがんばった時、
そういう時は私が思ったことを素直にコメント
していました。

そして空いている握手会に2回ほど行き、
写真会にも行き、私は接触は卒業しました。

最近は握手会も満員御礼になり、これからだなゆーりんは
って思っていたところでした。

今回の卒業の経緯としては、、

人一倍人見知りの高島氏は、観ている側と観られている側では
まったくアイドル像が違っていたことに違和感を覚え、
でもそれは自分の弱点だから克服しようと
数年挑戦してみたが、結局自分自身と見詰め合って
みると高島氏は観ている側がやはり自分だと確信し、
両方の側の経験者として心理カウンセラー
としてアイドルのみなさんに貢献できると、
まあ大怪我をしたサッカー選手が審判や心理
カウンセラーや、スポーツ工学者や監督業に
すすむようなことと似ている気がしますが、
感じていろいろな感情が交錯している状態
ですがそういう目的に近づくには学業を優先
しないとなにもはじまらないから卒業して
学業に専念するということだと受け取らさせて
いただきました。

人間生きていると様々な場面と遭遇していきます。

そして、人間はローソクの火を分け与えていくように
影響を受け、変化していきます。

変化を楽しんで生きることを楽しんでまいしん
していって下さい。

私にとっては最初から
高島氏>AKBG
指原氏>AKBG
島田氏>AKBG
です。
AKBにいるいないはまったく
関係ございません。

もしどこかでお会いした際にはお手伝いさせて
いただければと思います。

長いようで短くもある人生です。

これからもよろしくお願い致します。

onionixp

AKBリクエストアワー2014 101位まで終了して「未来の扉」と「ロックだよ、人生は…」未出。ていうか、博多レジェンド楽曲少なすぎ。

標準

HKT48 博多レジェンド

overture(HKT48 ver.)
 HKT48
君のことが好きやけん(「君のことが好きだから」博多弁ver.)
ボーイフレンドの作り方
初恋バタフライ
ガラスのI LOVE YOU
 制服レジスタンス
ハート型ウイルス
てもでもの涙(B3パジャマ)
禁じられた2人
天国野郎
 制服のバンビ
遠距離ポスター
Two years later(B3パジャマ)
回遊魚のキャパシティ
シャムネコ
大声ダイヤモンド
未来の扉

アンコール

会いたかった
お願いヴァレンティヌ
スキ!スキ!スキップ!
白いシャツ(B3パジャマ)


ですが、

200-101までに入ったのは

よっしゃーHKT!   (183位 初)(B3パジャマ)
制服レジスタンス (171位 ↓105位/3回目)
HKT48       (167位 ↓38位/2回目)
制服のバンビ   (122位 HKT48

程度でしたね。

で純粋な(詩を変えていればOKとしますw)HKT曲は

よっしゃーHKT!
HKT48
制服のバンビ。

でHKT48に入れていた人が
HKTひまわり組発足で
よっしゃーHKTに変更した人、

他に、公演みれない福岡以外のファンで
そのままHKT48に入れた人、

最も多いのは他曲に変更した人。

制服レジスタンスは落ちる一方。

制服のバンビと希望の海流はHKTオリジナルでランクイン
しているのでこの曲に変更した人も
多いと思います。確かにこの2曲は素晴らしい出来です。

しかし、東京在住の私が今回一番思っているのが

AKB研究生、峯岸チーム4の大躍進と、
HKTが東京で多数ライブをやる機会があったことで、
AKB2013年研究生公演がパジャマドライブで、
HKTも博多レジェンドやひまわり組のパジャマドライブで
パジャマドライブ楽曲が相乗効果で増えているんじゃないか
ということ。

ちなみにパジャマドライブは以下。


初日
必殺テレポート
ご機嫌ななめなマーメイド
2人乗りの自転車
天使のしっぽ
パジャマドライブ
純情主義
てもでもの涙
鏡の中のジャンヌ・ダルク
Two years later
命の使い道
キスして損しちゃった
僕の桜

アンコール

ワッショイB!
水夫は嵐に夢を見る
白いシャツ


私は2013年4月劇場デビューで研究生のパジャマドライブ
は3回拝見しました。

パジャマドライブは

2人乗りの自転車
天使のしっぽ
Two years later

が独自性と整合性がすばらしく、
出色の出来だと思います。

そして、
HKTの博多レジェンドは指原氏がDJ感覚で提案
してHKTチーム全体で選曲しただけあり
全部良いんですが、
楽曲の完成度の割りに評価が低すぎると感じているのは

・未来の扉
・ボーイフレンドの作り方

同じく評価が低すぎると感じている
HKTのライブ用楽曲では

・ロックだよ、人生は…。

がランクインしているような気がします。
というか、指原氏の魂を読み取り、
これらが選曲された時には、指原氏のリクエストアワー
に対する評価が、所詮世間はミーハーファンだから
世間がなんと言おうと私はやる的な考えから、
世間も捨てたもんじゃないなという考え方に
変わる気がするので、

ファンたちが指原氏に馬鹿にされないように
是非これらを選曲できるような洗練された時代になってほしい
ことを密かに願っている所存でありますが、

どうなるでしょうか。

2013.11.16極上空間 田村淳×高橋みなみ初期からのファンが劇場にいると嬉しくなるという発言を聞き悲しくなるのはなぜか。

標準

高橋みなみ監督よ。

今のファン、昔からのファン、
今はもう来ないファン、
ファンじゃなくても意見を言う人、
ライブに来れる人、来れない人、
お金を使える人、使えない人、
ブログを見る人、見ない人、
書き込みする人、しない人、、、、、、、、、

全て、タレントにとっては同じファンなんです。

だから、、、

同じ価値観を持たないと人気商売の人は
失格だと思う。

しかし、よほどできた人間でもない限り、
理想はそうだが、現実は高橋みなみ
の発言のとおりなのだと思います。。

初期からの名前も顔も認識しているファンと
その他のファンという記憶になっていて、
結局中途半端なわれわれは、永久に
その他のファンなんです。

だから、

今からベテランのタレントのファンになっても、
握手のみの握手会だけで、サイン会とかない
ので、自分の名前を伝える機会もあまりないし、
初期からのファンには敵わないので、

認識してもらうには、
なるべくデビューかデビューしたばかりの
タレントのファンになり、サイン会とかの時に
自分の名前を言って、頻繁に顔を出していく
ことが認識される近道だと思います。

ビジネスでも趣味でもなんでも当てはまりますが
隙間をみつけてするっと頂上まで登るのが
近道です。

AKBGの場合、今でしたらぎりでAKB新チーム4、
可能なら 15期研究生、
HKTなら 3期研究生、
そして

ドラフトメンバー

がおすすめですね。

ここで、初期メンは基本情報や見た目以外情報がない
ので推せないというかた、
初期からのファンというのはそういうものなんです。
ファンが少ないからかわいそうでとか、
趣味がとか、なんとなくとか、しゃべりかた、見た目、
そういう理由でいいのです。
いや、そういう理由じゃないと無理ですw

出来上がったものを楽しむんじゃなく、
自分と一緒に成長してく過程を楽しむのです。

指原さんは初期からファンだったけど接触しなかった
からその他大勢になってしまいました。

これからはファンが少ない初期メンバーに積極的に行って、
見かけるだけで嬉しくなってくれるようなファンに
なろうと思います。

もう指原さんとかはファンが大勢いるので握手会は
いいかな。。行っても言葉がスルーされる率高いし、
認識率も低いし、あまり得しないもんね。

初期メンは人数が少ないので、言葉を聞いてくれるし、
コールも目立つし、認識率も高いし、ファンが少ないので
応援自体もすごく嬉しく感じてくれるきがするので。。

だって観ました??
2013ドラフト会議の時、、
ドラフト候補生への客席からのコールに対し
「お!もうコールが!!」
って大島氏が敏感に反応してるのに対し、
自分へのコールはスルーですからね。
ファンからしたら同じ一声ですよ。
なのに無名の人へコールすると反応されて
有名な人へコールすると無反応。

接触は初期メンにシフトして行こうかな。

 

ももいろクリスマス2013西武ドーム、行くか行かないか、さてどうしようかwwwwww

標準

ももクロさんについては2011年のももクリから
2012年12月まで全イベントに皆勤賞でした。

紅白出場があって、年が明けて1月に新木場でスターダスト
のアイドル組織3BJrの恒例合同イベントがあり、
NHKの福祉大相撲に行きました。

一方、ももクロ以外では、AKB大嫌いの指原推しの状況
は継続されていました。

日ごろからAKB批判をしていたのですが劇場行ってもみないで
批判するのはおかしいということで、2013年1月よりAKB劇場
へのエントリーを基本毎日のペースで開始しました。

ももクロは2013年4月の春の一大事という定期ライブを
西武ドームでやると告知しました。

しかし、私は2012年夏のももクロの西武ドームライブで
帰りがすごく遅くなり帰るにも西武電鉄の電車しかない
ので長蛇の列で、みんな疲れていてギスギスしていて
乗車を急ぐ人がけんか腰にわれ先に急ぐ風景を
目のあたりにして、ももクロのライブで初めて心底
すごく嫌な経験をしたのと、ゲストを多く呼び、
ももクロのライブよりも多く時間を使うといった暴挙
に出て、
それについて、演出の佐々木氏がもっと長くやりたかった
みたいな発言をしていたのを聞いて、
一気に冷めてしまったのです。

AKBの方は、4月の生誕者向け公演に当選し、
ライブに初めて行くことになりました。

現新チーム4、この時点では研究生公演の
パジャマドライブ公演に行き、抽選も絶好調で
前から4列目で観戦し大変な感動を覚えることと
なったのです。

ここからはもう完全にももクロの大会場ライブは
行かないですよね。
自分にとり最悪の内容と環境のライブで
さらに本人たちが修正する気がない
ということなので、当然ですね。

AKBはなにもかも新鮮で、深く入り込んでいくうちに
ももクロていうか、川上氏ってAKBをパクっていたんだなって
ことがわかっていくこととなり、
なんかやはり宗教と同じでひとつに傾倒してたら
いけないなって反省しました。

ここらへんから同じような気概をもった元ももクロ仲間が
増えてきて、私は
春の一大事、夏のバカ騒ぎ、は当然パスします。
でも大方予想通り、ゲスト量も時間も大幅に増えていく
ことになった大会でしたので干して正解だったと思います。

ちなみにAKBはまずHKTの思い出せる公演、
研究生劇場公演の2回目、
日産のフェスティバル、
研究生武道館推しメン早い者勝ち、
ほぼ全部行くことになりました。
あれだけ叩いていた握手会も
まあ3枚程度ですが行くことになりました。

で2013年11月時点では研究生公演3回
チームKが1回行きました。

そして、2013年11月中旬、沈黙を守っていた
山里亮太が新チーム4のすばらしさに
感動してラジオで賞賛する時代になり、
戸賀崎氏も他のチームは新チーム4を見習えと発言、

私の方向性には一寸の曇りもなかった
んだと改めて感じています。

2013年のももいろクリスマス。
いろいろ込みで8500円程度です。
時間も遅くなりそうで、この流れだと
ももクリもゲストが入りそうなので、
やはりパスすることにします。

もし大会場でも、ゲストいなくてももクロメインで
2時間から2時間半程度の内容に修正する日が
訪れた際には、
ふたたび行かせていただくことになる気がします。

ただ、2011年5月から約2年半の間
ももクロを観てきて、2012年のモーレツツアー
や、初期のももクノがベストだと感じている
傾向のファンからしますと、
現状では大会場の内容はももクロが表現できる
最大限の魅力を感じ取れていませんので、
AKB劇場並みとは言わないまでも、
2000人規模の会場でももクロがライブを
出来る環境になるまでは行かないつもりです。

現時点では、
僕にとってのももクロは小さい会場のももクロであって
大会場のももクロではないのです。

ただ、、
一番良いのは場所を選ばず最大限のももクロ
が表現できる状況が到来することなんですがね。

立場が似ている指原氏=峯岸氏と仮定すると、HKTはAKB本体の単なるチームなのか?

標準

博多に飛ばされHKTのチームHのリーダーなった指原氏。

事件をおこして研究生チームのリーダーになった峯岸氏。

 

指原氏は最近多忙であえるひとが峯岸氏
のみになってしまっているらしい。

 

立場も似ていて、目標もバラエティ中心のエンターティナーとしていて似ていて、
多忙なのに逢うほどの親友。

 

指原氏はHKT劇場の支配人。

だとすると、
AKBチーム4のリーダー=HKT劇場の支配人となる。

おわかりですね。

HKTはAKBに置き換えると単なるひとつのチームと
同じレベルとなるんですね。

わかりやすく言い換えるとAKBチームHがHKTなんですね。

やはり、AKBはでかいんだなあと考えさせられる
今日この頃でありますw