カテゴリー別アーカイブ: 髙島祐利奈

AKB劇場公演臨時企画「みぃまこのAKBネットニュースを一刀両断!」一般枠で70番台が来たが、中野郁海の生誕の為に迷わずキャンセルしたw

標準

みぃまこのAKBネットニュースを一刀両断!

本命の中野郁海の生誕をエントリーしたので、急いでキャンセルしましたw

これに当選して入場しちゃったら絶対落選しますからね。。

カレンダーを確認せずエントリーしちゃったのでまさか
8月生まれの中野の生誕を10月末にやるとは思ってもみませんでした。

20181027中野郁海生誕祭

まあみぃまこの方はみぃまこ推しの人で枠がいっぱい
なんでしょうね。

私がキャンセル待ちに引っかかったのは、
もしかしたら高島が引退する2年前まで
2人が所属していた峯岸チーム4を推し設定していた
からなのかもしれないですね。

中野は2017年に当選したんですが、身分証明書を
忘れて泣く泣くキャンセルしたんですよね。

楽曲派向け。指原氏の刺さるイベント公演ランキング(2016年11月現在)

標準

1.

AKB48劇場公演 パジャマドライブ 再演

2.

AKB48劇場公演 アイドルの夜明け 再演

3.

HKT48劇場公演 博多レジェンド 再演

4.

HKT48劇場公演 手をつなぎながら 再演

5.

AKB48秋祭り 夏祭りソロステージ

ランク外

ディナーショーw

(ゆび祭りはスタッフ扱いなので対象外。)

6か月ぶりにAKB48劇場チームK公演に当選しました。

標準

この前チームB公演に当選して以来ですが、
その見送りの時に大島涼花が隣のメンバー
と話しながら私にうるせーなって感じで
斜め目線で見送られたので、それにトラウマ
になったこともありますが、

それよりなにより渡辺麻友が休みがちなこともあり、
最近チームBに推しメンが一人もいなくなったので、
チームAと言いたいところですが、普通のドームコンサート
のような薄っぺらなストーリーもへったくりもない
セットリストのM.T.に捧ぐっていう公演なので興味が湧かず、、

結局西野チーム4と田野チームKと中野チーム8に戻って来た感じの昨今。

今年はチームAとチームBに限定していたんですが、
一回当選して上記のようなことがあり
約1年ぶりに元のチームK、チーム4、チーム8にエントリー
し始めたら数日で当選してしまいました。

これですね、思うところがあるんですよ。

最近チームAとBにしたところで、それまで数年は島田とか
西野とか渡辺麻友とか髙島祐利奈を推しメンにしていたんですよ。

だから、当選する下地はチーム4とかKのほうが
整っている訳ですよ。

だから4やKの当選枠は私の分をあけてくれている
と思うんです。

だから「待ってたよ!!お前が帰ってくるの!」
て感じで当選したと。。

でAとかBはもう長期にわたって推している人が沢山
いるから私みたいな1年程度、少し興味を持ったような
新参者が入れる枠は空いてないっていうね。

TIF2016とAKS、スタダ、ハロプロ、ディアステの関係性について

標準

2016.06.09、指原氏が
HKTはTIF2016からオファーされていない
と言ったコメントがだれかに晒されましたね。

握手会かなんかで言ったんでしょう。

結局、8月6日から7日の空白は前後の過密スケジュールの為の
労働基準法対策の普通の休日だったっていうことが濃厚に。。

まあでも
2014年は8月2日3日開催で7月16日にHKTが決定、
2015年は8月1日2日開催で7月15日にHKTとSKEが発表されたんで
AKSは17日前に決まる感じなので、今年は7月20日あたりに発表
されるんじゃないかと思いますので待ってましょう。

でもやはり納得いかない部分があるんですよ。

AKBチーム8が出る、けやき坂も出る、スタダはたこやきレインボー以下、
ハロはこぶし以下の若手ってことは若手のイベントっていう位置づけなんだ
という気がしますけど、
ならなぜにディアステージの最古参のでんぱ組が出るのかっていうことですが、

まあこちらは単発コント番組、神原氏系統の前衛バラエティ番組に
多数出ていることから、もうアイドリングみたいな、アイドルと
いうよりヲタクとかアイドルとかネットとか、
そういう界隈の数字を持っている専門家的なタレントってことで、
既にアイドルという枠を超えた切っても切れない位置づけ
になっているんだと思いますね。

アイドリングが解散したから余計ですよね。

でまたHKTはでんぱ組みたいなレベルまで濃い繋がりには
なってなかったようですね。HKTは結構熱くTIFに貢献していた
っていう思いがあるのに、それとは裏腹でTIF側は単なる
若手くくりの一部という位置づけだったみたいで。

スマイレージも伸び悩んでいる時だから出たけど、
アンジュルムになってブレイクしてからは出てませんしね。

でも逆にこれに出なくなったら売れたっていうことなんじゃないかと
思います。

ももクロなんて結成2年で2010年のこけら落としに出て、
朝と夜のオープニングという重要なポジションを任されて
それっきり出てないので、理由はギャラが高くなったからだと思いますが、
TIFで最も成功したアイドルなんじゃないかと思います。

あとその2010年の履歴から感じるのはTIF自体がももクロの衝撃を
フジテレビのスタッフが全身で浴びたことで始めることになった
んじゃないだろうかって思う位、2010年のタイムテーブル
のももクロの看板扱いぶりってのがすごいですよね。

2010年のタイムテーブル

だらだら出ているのがいいのか、売れてでなくなるのがいいのか。。

ももクロ、エビ中、しゃち、モーニング娘。、AKBチーム8以外(チームAKB4、選抜)SKE、NMB、HKTね。

でも2015までは地下アイドルの目標だったのに誰でも出れる大会に
なってしまったので、来年からはこれに出ないでも生計がたつように
なったらTIF出演者よりも上のレベルに行けるってことになってしまう
んじゃないかと危惧してしまいます。

HKTみたいにオファーが無いことが売れたという証明になるっていうねw

他の今年のTIFバブル的な時期に出演することになったアイドルの方々も
テレビ屋なんてのはすぐ手のひらを返しますから気を付けたほうがいいですよ。

主戦場は定期ライブや劇場公演に固定して、こういうものはあぶく銭
のようなものとして冷めた感じで考えたほうが良いですよ。

特にスタダの芸能3部の人たちは心のつながりを大事にしているスタッフが多い
ので、TIFは割り切って考えたほうがいいですよ。

また紅白の時のように切れて「もう絶対TIFには出ない!」
なんて言うことの無いようにw

2015.01.18 月刊TAKAHASHI 1月号 もう今のももクロにはももクノvol.1を超えるパフォーマンスは不可能なのか。ももクノ60分+アンコールでしたね。

標準

月刊TAKAHASHI 1月号
2015.01.18
Zepp DiverCity

17:12開始

01.My Dear Fellow 歌舞伎ver x(平均的なAKB)
02.どどんが x(平均的な祭り風歌謡曲)
03.サラバ
04.ムーンプライドx(平均的な少女アニメ曲)
05.猛烈
06 全力少女
07 contradiction
08 ChaiMaxx
09 黒い週末
10 PUSHx(ChaiMaxxやるなら被るから要らない)
11 きみゆき
12 ミライヘススメ

18:24
アンコール
18:26

EN1 ChaiMaxx zero
EN2 走れ Zver
EN3 いつか君が(平均的な歌謡曲)

18:50終了

本編 17:12~18:24 約72分
アンコール 18:26~18:50 約24分
——————————————————————–
独占ももクノ60分 vol.1
2011/10/09 (日) 15:30 開演 16:30 終演
@ベルサール秋葉原 (東京都)

15:30
01 Chai Maxx
02 words of the mind ~brandnew journey~
03 全力少女
04 未来へススメ!
05 キミノアト
06 走れ!
07 行くぜっ! 怪盗少女
08 オレンジノート
09 ピンキージョーンズ
10 ココ☆ナツ
16:30

本編60分
アンコール無し
——————————————————————–

ってことで、
私が参加した天国を感じさせてくれた衝撃の
AKBの峯岸チーム4のパジャマドライブ劇場公演4列目と
同じくらいの熱さを感じた唯一のももクロライブである
ももクノvol.1の4列目と比較してみると、

ももクノ vol.1は

楽曲数が少ないのが幸いしたのか、
セットリストの選曲が完璧。これがももクロだ、
誰にも真似はできないって感じのセトリ。
この時代は金が無いから時間かけて
ももクロらしい楽曲をイメージして
作っていましたからね。。

2015.01.18の月刊TAKAHASHI 1月号は

楽曲数が無駄に増えたのが災いしたのか
流れを無視したなんの工夫もない単発シングル向け歌謡曲
が組み込まれてしまいそこで寸断されてしまう
かたちになってしまいました。

ももクロチームの現在の制作環境とその悪いところと良いところ

少しづつももクロさんも意見を言える立場に
なりつつあると思うんですが、それは良いことばかりじゃなく、
社会経験が浅いももクロに任せることで、
既に世の中で流行している、
他の誰かがやっていることがわかってないために
標準的な楽曲を新しいものだと勘違いして
受け入れてしまう悪い部分も出てくるんですよね。

最近は金をかけられるようになってきたので、
有名な人に任せることが可能になった反面、
上記の理由でオリジナリティが低下、
しかも川上マネのイエスマン的なtwitterでの発言を見れば一目瞭然
なんですが、優しい、優しすぎるももくろチームだからw、
あまり注文を付けずにほぼ額面通りに
作品を受け取ってしまうことでだれが歌っても
構わない平均的な楽曲が増えてしまった。

そういったももクロの昔の良かった面と現在の悪い面
が全て表面化してしまった素晴らしいライブだったと
思いますね。

昔のももクロなら最低でも
いつか君がやムーンプライド、
My Dear Fellow
なんていう標準的な歌謡曲に
ももクロの冠は付けさせなかった
よな。。

まあタイアップだからやるのはいいとしても
ガチガチのライブのセトリに組み込むなんていう
暴挙には出なかったよな。

現在のももクロの価値を分かりやすく比較して表現すると

これ、今の私なら、同じ日時の同じ時間に他所で
nanoCUNEのライブがあったら迷わずそっち
行きますね。

昔はももクロというと面白いことをやるアイドルでしたが、

今のももクロは大衆化と作品にかける情熱の低下という油断により、
ももクロという名前に感じる驚きを昔ほど感じなくなってきた。

しかし、
nanoCUNEは100%、nanoCUNEじゃないと感じることが出来ない
パフォーマンスですからね。
そしてそれは、皮肉にもももクノvol.1の時のももクロなんですよね。。

 

時代は繰り返すんですよね。時代は繰り返すんです。。。

ミイラ取りがミイラになるんです。油断すると誰でもね。。

新旧峯岸チーム4勢揃いの公演でした。2014.12.27 AKB48 チーム4 アイドルの夜明け 高島祐利奈卒業公演

標準

AKB48 チーム4 アイドルの夜明け
高島祐利奈卒業公演 終わりました。

本編終わってゲストが勢揃いで13期から15期が
勢揃いして思い出話をしました。

第十回研究生(13期生)

相笠萌・雨宮舞夏・岩立沙穂・梅田綾乃・大島涼花・岡田彩花・北汐莉・北澤早紀・篠崎彩奈・高島祐利奈・長谷川晴奈・光宗薫・村山彩希・茂木忍・森山さくら・渡邊寧々

第十一回研究生(14期生)オーディション

内山奈月・岡田奈々・小嶋真子・西野未姫・橋本耀・前田美月

第十二回研究生(15期生)オーディション

市川愛美・大和田南那・込山榛香・佐藤妃星・土保瑞希・福岡聖菜・向井地美音・湯本亜美

3年間でした。

今日各メンバーのゆーりんコメントが
きけたんですが、やはり人見知りで
あまりなじめなかったけど、
次第に症状は軽くなってきて、
皆の相談にのったり、悩んでいる人に
自分からサポートに行ったりするように
なってきた矢先だったんですね今回の卒業は。

峯岸さんの一番の思い出はAKBINGOでおもしろいやつがいる
って前振りして振った時にあまりの緊張でテンポがわるくなり
棒読みになってシーンとさせちゃった時だっていってました。
私もこれは覚えてますね。

で同期や後輩が最後に私たちの番組もこれからはチェックしてくださいと
ゆーりんさんにお願いしたら、
「大好きなバラエティ番組が録画できなくなっちゃうからw」
と返したのが感動的でしたねw

で結構久しぶりにチーム4の劇場公演に当選したんですが、約1年ぶりですかね、
ゆーりんはトークがすごく上達していて驚きました。
もう峯岸さんや他の人がいらないくらいになっていました。

指原氏もデビュー当初はこんな感じだったからもう少し
やってみれば成功したんじゃないかと思うんですが、
メンバーが言うにゆーりんさんは行動が早いという
ことなので、今回のような決断になったんだと思います。

峯岸さんはまたこの判断が良いか悪いかは現時点では神のみぞ知るという
ようなことをゆーりんに言っていました。だから良かったと
思えるように精進して欲しいと。

だから今回は峯岸さんも若いこともあるし、ゆーりんの判断を尊重したけど、
我慢することで辞めるより素晴らしい結果が出ることもあるという
ことをこれからは覚えていくといいと思いますよ。。

なんか峯岸さんがゆーりんの思い出を語っているときの顔が
そんなことを言いたげな雰囲気を醸し出していたんですよね。

しかし

やっぱり私の読みに狂いはなかった。
指原氏の後継者っていう読みに狂いは無かったっていうw

ゆーりんのファンは内向的な人が多いと思うんですが、
ここ一番ですごいパワーを発揮するのもそういう人たちで。
常に平均点ではなく、やるときは激しくやる、
やらないときは激しくやらないという。

ゲストの内山奈月さんが自分の卒業時の心配
をするほどすごい盛り上がっていたようでよかったです。

それは私は正に今回の目標は、ゆーりんの卒業公演
を盛り上げて、こんなに人気のある人なんだぞゆーりんは、
バカにすんなよって見返したいのがあって、いろいろ
コールも工夫していつも通りのテンプレな内容ではなく
そこに少しアクセントを入れて人間的なタイミングを
ずらしたコールを入れたことで、チーム4やファンの人たちに
もプラスアルファを入れることができたんじゃないかって
思いました。

しかし、、お陰で

最後に手を振って挨拶して帰るイベントが
あったんですが、全力でコールしたせいで声がかれていて、

「ゆーりん、お笑い好きですか?」

とガッツポーズして質問したら、言葉が上手く伝わらなくて
まいりましたが、
ゆーりん、
あんたに声援を送ったせいなんだよ、声がかれたのは。。
たのむよほんと。・゜゜(ノД`)

お笑い好きならなんでも乗り越えていけるから
ずっと好きでいてね。

お疲れ様でした。

2014.12.16 AKB紅白対抗歌合戦2014 AKBのファンなら本家より楽しめる内容でした。

標準

司会はいつもの堺先生と内田恭子。

ゲストは田中まーくんと、小林よしのり率いるAKB評論家軍団。

秋元康もその前に陣取っていました。

内容はまとめると、夏祭りはAKBの枠を取り払って歌に縛られずに
組み立てられる企画の実行場所でしたが、

こちらは歌縛りで、歌の雰囲気に合わせてミニドラマや
ミニコントを展開したり、
オリジナルを無視したダンスで再構築したり、
オリジナルをさらに強靭にしたり、

逆にパフォーマンスはいじらずに卒業メンバーが復活して
名曲をオリジナルメンバーで復活させたり、
オリジナルの歌い手とは180度違うイメージのメンバー
に楽曲を担当させたり、
グループの枠を越えた編成でグループオリジナル楽曲を披露したりという
感じでした。

そして合間の余興としてはお約束の太田プロの大先輩ダチョウ倶楽部さんが
見事なマンネリ芸(褒め言葉です。)を披露。
今年は大島氏がいないので指原氏が先頭に立ちやり取りしていました。
来年あたりからは横山さんもいじりに挑戦して欲しいですね。
これAKBから太田プロメンバーがいなくなるまではダチョウさん
で安定してるんでしょうかね。
私としてはプラス、有吉さんや土田さんにも参加して欲しいところ
なんですけどもね。。

今年気になったところ、今でも思い出す特徴的なところとしては、
指原氏の毒が過去最強レベルの切れ味にセットアップされていたのに、
これからの同氏の活躍を期待せざるを得なくなりましたね。

LVだったんですが、コメントのセンスが猛毒すぎて笑いよりどよめきが
すごかったのが面白かったですね。
上から目線でファンがなんか面白いこと言うんじゃねーかって
期待しているところに、アイドルに期待しているレベル以上の
猛毒がブッ込まれてきたんで、自分たちが逆に
指原氏に見下されたようになって恐れおののいて
しまったことで動揺の声が出たっていうねw

ちなみに私はようやく指原氏に期待しているレベルの
ものが出始めてきてよしって心でハイタッチしましたね。
でも爆笑問題やビートたけしや松本人志や大竹まことや
有吉弘行にずっぽりはまって生活している人間からみると
まだまだあまいですよね。

あと2年で菊池亜美氏に追いつかないといけないですから
もっとペース上げて鍛え上げていかないと追いつかない
と思いますからね。

あと、横山氏の殺陣は時間がないながらも、
技術は置いておいて入り込みが凄くて
可能性を感じさせるものがありましたね。

あとは
谷さんが久本系のキャラを演じて爆笑を
さらっていました。
結構会場が沸いていたんで知名度すごいんだなって
驚きました。

島田氏はデブいじりされていました。
島田氏も明るい笑い声が会場に響き渡っていた
んでファンに愛されているんだなって、総選挙なんか
糞食らえじゃんって嬉しくなりました。

そして最後に高橋みなみさんが横山さんに
締めの挨拶を振って、まじめに丁寧に挨拶しようと
してると長いって言われていたんですが、
私は丁寧で、テンプレ的な高橋みなみさんの
言葉よりも心にしみてきて好きな言い回し
でしたね。
高橋さんはコメントするとき慣れ切っちゃっていて
時と場合にあわせて脳みそにリストアップされている
いろんな定例文の一つに聞こえちゃって
あまり心に響かないんですよね。

あまりスラスラ言えちゃうのもどうかと思うんですよ高橋さん。

私は時間に合わせるよりも、心がこもっていればそれが一番な気がします。

というわけで、結局今思ってみると高島祐利奈氏の卒業に
ひとつも触れなかったですね。

アイドルへの挑戦、そして、自分改革への挑戦、
お疲れ様でした。
でも挑戦したおかげで自分が見つかって良かったですね。

私は以前でんぱ組ならゆーりんは成功していたと言ったんですが、
一度ディアステージやでんぱ組、妄想キャリブレーションのライブに足を
運んでみて下さい。
若いからなにか感じ取って生きる源になるようなものが
あると思いますから。

最後はLV会場の拍手の量をLVのスタッフが聞き取って
LV会場の票として一票入るシステムもありました。

ももクロさんは今年チビッ子祭りというライブで
一つのLV会場だけを特定してですが、
現場と会話できるシステムを構築したんですが、
LVと現場の繋がりを今後より太くしていって
欲しいと思いますね。

嵐のように去った3時間でした。

AKBメンバーへの卒業のすすめ。高橋みなみが卒業したのは希望的リフレインPVのロケの時に卒業したほうが自分のペースで好きな時に参加出来るとわかったから。

標準

AKBGを卒業すると、希望的リフレインまでは
ライブで必要なとき出演したり、ライブに好きな時に
客として観覧できたり、AKB48チームサプライズ
で出演したり、元AKBとしてAKBメンバーとの
橋渡しとして出演したり、とまあ仕事ではなくて
気軽にAKBを楽しむことができることはわかっていた
んですが、あくまでオマケで、本線では出演は無理
だった訳です。

しかし、今回本線のシングル希望的リフレインのPVにて
卒業メンバーが参加した経緯を考えると、
これ卒業したほうが毎日公演でなくて済むし、
握手会もやらなくて済むし、
卒業メンバーとして好きなとき参加できるし、
客として好きな時楽しめるし、
と、
まあAKBの良いところが次第に自分にとって苦痛に
なってきたから卒業したんじゃないかと
思うんですよね。
特に高橋みなみは正直だからそういう気持ちでは
AKBのメンバー、特に総監督は務まらないと。

前田さん、篠田さん、板野さんのような大物が卒業して数年経過し、
卒業メンバーの卒業後のルーティンが少しづつクリアに
なってきている中で、最近まあ前田さんや篠田さんの時は今のように
卒業した方が気軽に参加できる感は少なかったですが、
大島さん以降のAKBGのメンバーの卒業に対して、そういう意味合いが
多大に含まれているのを隠して卒業しているんじゃないか
と懐疑的にならざるを得なくなって来ています。

だから卒業の意味合いがレギュラーからゲスト的扱いに
変わることと同義語のような感じになってくると、
、劇場にあまり出ていない忙しい人は卒業する
方向に流れる速さが強まっていく気がしています。

ちなみに私はAKBの劇場公演というのはだれがやっても同じだと
思っているので、特に卒業してもなにも感じないですね。
やめたらまた新しい人、新しいチームが自分や自分たちの色を出して
がんばれば済むことで、それを楽しんでいけばいいんじゃないかと思います。

ももクロさんやジャニーズはメンバーに全てを任せて、
一生自分たちで背負って生き抜いていくことで、
強靭なオリジナリティと決断力とファンコミュニティと
個性的なパフォーマンス能力が備わっていくシステムですが、

ハロプロ(berryzとCUTE除く)やAKBや劇団四季、宝塚というシステムは出たり入ったりを繰り返し、
運営や管理者のアーチストイメージの維持を優先して
それが維持できればメンバーはだれでも良いという考え方
なので、卒業に特別なものはないんですよね。
部品が一つ抜けたので新しい部品を付け替えるだけです。

まあ厳しいようですがそういうことだと思いますので、
AKBの皆さんも自分の人生を大切に、あまりAKBというものを考えすぎず、
AKBという巨大な組織のために自分の目標を見失わないようにして下さいね。

敬愛なるAKB48チーム4高島祐利奈氏の卒業発表に添えて

標準

高島様

私があなたに興味を抱いたのは、
有吉AKBで指原氏
の後ろで小嶋さんより指原さんを推し、
さらには指原系のホラー系の変顔を
ぶちこんだ時でした。

しかし私はまだその時AKBは嫌いで指原氏とAKB関連の
お笑いやバラエティが好きという変態だったので、
そこで時間は止まったままでした。

そして月日は流れ、
2013年に私が追っかけていたももクロのチケットの入手難
がピークを迎え、さらにはライブの内容がゲストだらけの
佐々木敦規地獄と化してしまったのを機に、
嫌いだったAKBだけど実際に体験してからじゃないと
悪口は言えないんじゃないかと自分で感じて
2013年1月より劇場公演のエントリーを開始しました。

そして毎日エントリーしてやっと4月のファンの生誕祭
の公演に当選し、しかも入場順抽選も前から4列目で
最高のデビューとなったんです。

しかしその時高島さんがいることは調べていたんですが、
まだチームとか選抜とかまったく知識が無い
状態なので、なにをやっているかわからないままポカーンと
公演を体中で浴びることになりました。

それはただただすごい熱量とパワーでいままで
体験したことないものでした。

しいてあげるとすれば、ももクロさんのベルサール
秋葉原の最前で観たときの感じに似ていましたが、
それよりもっと熱い、なんていえばよいんだろう、
ロケットの打ち上げの真横で噴射を浴びているような
視界がキラキラして熱くてほんとに天国に
いるような経験をしたんです。

後日、それがチーム4というグループのパジャマドライブ
という内容の公演だったと知りました。

ネットでも検索すると、私が感じたように
現時点で最強のライブだというものでした。

そこに高島さん、あなたがいました。

そしてその日からAKBスキルが日に日に向上して、
数ヵ月後、万全の知識と共にチーム4のパジャマドライブ
の2回目を体験することになりました。

この時はまだゆーりんコールは全く無い時代で、
私1人だけコールしていた感じでしたが、
ゆーりんのすごさを全人類に見せ付けたいので一生懸命
1人でコールしていました。

その間、ぐぐたすで人見知りなのに一生懸命
がんばるゆーりんの状況を応援しながら
見守っていました。
組閣祭りの数ヶ月前、遂にゆーりんが茂木ちゃんと
2人で仲良く写る時がきてそのときは感動しました。

それから次第にゆーりんもすぐ500埋まるようになり
コメントできなくなる人気者になってきて、
それからは安心したからなのか、あまりぐぐたすは
みなくなりました。

でもSKE事件の時や、ゆーりんがマルチタレントに
なるべくバラエティに出演してがんばった時、
そういう時は私が思ったことを素直にコメント
していました。

そして空いている握手会に2回ほど行き、
写真会にも行き、私は接触は卒業しました。

最近は握手会も満員御礼になり、これからだなゆーりんは
って思っていたところでした。

今回の卒業の経緯としては、、

人一倍人見知りの高島氏は、観ている側と観られている側では
まったくアイドル像が違っていたことに違和感を覚え、
でもそれは自分の弱点だから克服しようと
数年挑戦してみたが、結局自分自身と見詰め合って
みると高島氏は観ている側がやはり自分だと確信し、
両方の側の経験者として心理カウンセラー
としてアイドルのみなさんに貢献できると、
まあ大怪我をしたサッカー選手が審判や心理
カウンセラーや、スポーツ工学者や監督業に
すすむようなことと似ている気がしますが、
感じていろいろな感情が交錯している状態
ですがそういう目的に近づくには学業を優先
しないとなにもはじまらないから卒業して
学業に専念するということだと受け取らさせて
いただきました。

人間生きていると様々な場面と遭遇していきます。

そして、人間はローソクの火を分け与えていくように
影響を受け、変化していきます。

変化を楽しんで生きることを楽しんでまいしん
していって下さい。

私にとっては最初から
高島氏>AKBG
指原氏>AKBG
島田氏>AKBG
です。
AKBにいるいないはまったく
関係ございません。

もしどこかでお会いした際にはお手伝いさせて
いただければと思います。

長いようで短くもある人生です。

これからもよろしくお願い致します。

onionixp

2014.09.12 HKT48のごぼてん 山本茉央「私本読まないんです、、」指原氏「私も本読まないよ。。」

標準

番組内のやべっち寿司のパクリの、
指原氏が屋台のうどんやさんに扮し
客として訪れるメンバーの悩みを解決
していくさしのうどんというコーナーに
指原フォロワー一番手の山本茉央、愛称
まおまおパニックが来店。

まお
「どーすれば話が相手に伝わりますかね?」

指原氏
「そーなんだよね、伝えないんじゃなくて一生懸命
話すのに伝わってないんだよねw」

まお
「勉強はやればできるんです。。国語の成績いいし。
やっぱり本とか読んだほうがいいんですかね??」

指原
「いや、私は読まないよ!」

まお
「じゃあもとが違うんですかねー。。」

指原
「、、、、、、、、、、、、、、、、、

なにこれww

茉央と話してるといっつも茉央独特の空気に
なっちゃうんだよねw

茉央って変わってるよねー。。」

(まーあんたもそうですけどねwww)

ここで解決する回答をうどんと共に返答する大オチ!

「うーん、、、、wwwww

なにも言わないでとにかく食べてwww

20140914_ごぼてん

答えが見つからないわw

こんなの初めてだよw」

なんか数年前の指原氏を彷彿させる感じがしてにやり
ってしちゃいました。

言ってもまだドラフトから1年も経過してないので、慣れてきた
来年あたりからもっと自分の好きなことをやり抜いて主義主張していけば、
AKBGにネオ指原氏のようなセンスの新しい感覚の刺激を
入れていけるんじゃないかなと感じました。

なんか指原フォロワーとしては高島祐利奈と山本茉央の絡みを
是非観たいなあって思いますね。
ゆーりんが一方的にしゃべってまおちゃんがノープランで返す
感じになって面白そうだと思いますw

来年あたりからの爆発期待してますよまおまおパニックちゃん!