カテゴリー別アーカイブ: 野呂佳代

野呂佳代をその他元AKBGメンバーとひとくくりにするのは間違い。

標準

野呂さんは子役時代を含めると2018年現在で
20年近い芸歴があるので、芸歴10年未満の
元AKBGメンバーとは明らかに異なります。

またAKB時代もお笑い好きを公言していて、
今はそうでもないが、AKB発足当初は
女優や歌手の名前を出すメンバーしか
存在しなかった当時、唯一尊敬する人として
芸人さんの名前を出していたほど、
お笑いを真剣に目指していたので、

人気がなくなったからAKBを辞めたわけではなく、
芸人を本気で目指す覚悟をして
AKBを辞めたんだと思います。

だからアイドルを目指す人がほとんどの中、
野呂さんは芸人を目指してAKBに所属した
珍しいタイプのタレントさんです。

思わぬエラー切手を拾ってしまいました。「いま参勤交代中です!お馬さんパカパカ旅」

標準

いま参勤交代中です!お馬さんパカパカ旅

テレビ東京
2018年4月23日 30日

4月23日の放送内容
4月頭、小田原城に共家老、バイきんぐ西村の姿が。
馬に乗って登場した野呂佳代姫。

この「参勤交代」のルールは

①小田原城から江戸、つまり現在の皇居を3日間で目指すべし
②移動手段は、徒歩か馬のみ
③馬のエサは、自分たちで調達すべし

このルールを守りながら馬と一緒に皇居を目指す旅が始まった!!

まず旅の情報収集のため向かったのは小田原駅。
街の人に聞いてルートを確認。
突然現れた馬に街の人もびっくり!

なんとか1号線に出たものの、突然の馬のおしっこで大慌て!
さらに、馬の餌である野菜をもらうため、民家まで押しかけお願いしまくる!
交通量の多い1号線を避け、河川敷を走り、ようやくほっと一息!

しかし、この後陽が落ちるにつれ馬も人間も疲れ果て、、
この日の宿を探すことに。
が、馬も一緒に泊めさせてくれるところはなかなか見つからない!
初日からどうなるのか!?

ってことで、
私はテレビ東京の散歩番組はモヤモヤさまぁ〜ず
が根本にあるので、同じセンスを感じる散歩や
旅番組をテレ東では期待し続けているんですが、
まあ蛭子さんとか出川さんとか色々あったんですが、
結局、いまだに観続けようと思わせてくれる
番組に出会ったことがないんですよね。

そんな空気で何気に今回も期待せずに
観始めたわけですが。。

まず私の推しメンだった野呂ちゃんが
主役で馬に乗ってそれを天然系の芸人さんが
引き連れて小田原から皇居まで旅をする
という企画で、テレ東らしく、何も考えずに
見切り発車で始めたようで。

始めてみると、まずお馬さんが足をぶらつかせて
イラついてるので、理由を調教師さんに聞くと
水を飲みたがっているとのこと。

食べ物や飲み物は自己調達なので、
通りがかりの人や家に伺って色々
すったもんだがあってお馬さんを
満足させて北に向かって歩き出します。

途中お馬さんは道路が緊張するとのことで河川敷に
行くと文字通り道草を食いまくり、
楽しそうに走り出すお馬さんを見て
場が和みます。。

そして歩いてるとフンをしたり尿をしたり
してそれを始末しながら歩きます。

今度はお馬さんが足が汚れてイラついているので、
ガソリンスタンドに訊くと対応しているとのことで
洗ってくれます。

車は1000円くらいですがなんとお馬さんは
7800円だということでびっくりする現場w

ここで私は何かに気づきます。

これどこかで観たことあるなと。。

そうです。

ポンコツさまぁ〜ずの変形ですねw

あれは食用油をガソリンに変える機械が備わった
乗用車で様々な人たちと交流して食用油を調達しながら
旅をするという番組でした。

今回のは馬が走るのに必要なものを様々な
人たちと交流しながら調達して旅をすると。

でまた今回気づいたことがあって。

テレ東の旅番組は基本寝泊まりは用意されるということですね。

だから寝泊まりシーンはカットして歩いている
場面だけ繋いであるんですね。

これらの番組の何が面白いのか考えると、

絶対自己完結不可能な設定での旅と、
結果必ず発生する様々な人との交流ですね。

人の助けを受けないと番組が成り立たない
っていうね。

これ、様々な人との交流って部分は
絶対素人は不可能だと思うんですよね。

タレントだからこそ可能なんだと思います。

で助ける側は一般人なので、視聴者も助けている人に
感情移入して一緒に旅をしている気分に
なってしまうんですよね。

これ、今回は2回限りのパイロット版ですが、
経験が浅いテレ東の若いスタッフたちが
立ち上げた番組なので是非レギュラー化
してほしいと思いますね。

全く期待してなかったんですが、
ほっこりした気持ちになって
気持ちが安らぐ時間を共有させていただいて
感謝いたします。

ちなみに、レギュラー化して姫がこじはる
になってたら寂しいな。。
まさかと思うけど、野呂ちゃんを変えないで
下さいね。芸歴が数十年の苦労人なので
必ず野呂ちゃんは期待に応えてくれますから
信じて使ってやって下さいね。

高橋みなみ激似AV女優。

標準

2006年制作されたAVはモザイクが史上最高に薄いのですが、
それを見返していたら、当時はAKBなんて知らなかったので
気づいていなかったけど誰かに似てると思ったら高橋みなみ
だなと思いました。

吉岡なつみ

デビューは2004年なので、正しくは
高橋みなみが吉岡なつみに似ていることになりますね。

吉岡なつみ

高橋みなみ

ちなみに今吉岡なつみの画像を見ていたら野呂ちゃんにみえる
ときがあるのに笑っちゃいまして。。

てことは、、高橋みなみが太ったら野呂ちゃんになるっていうことに。。

野呂2006

野呂>吉岡>たかみな
の順に目が離れてますね。

たかみなはこうして比較すると整っている
方ですね。
逆の言い方だと面白くない顔。

野呂ちゃんは見事自分を知って使いこなして
武器にしてブレイクしはじめてます。

第6回AKB48紅白対抗歌合戦 マイ分視聴率ベスト5

標準

2016.12.15 18:45
第6回AKB48紅白対抗歌合戦

マイ分視聴率ベスト5

1位

豆腐プロレス予告VTRシーンの島田と松村のアップ抜き部分。

%e8%b1%86%e8%85%90%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%ac%e3%82%b9%e4%ba%88%e5%91%8a

2位

渡辺麻友のソロパート

3位

堺正章の軽妙で絶妙なMC

4位

ステージ上で指原氏が油断して立っているシーン。
ヲタク臭満点の猫背全開でゾンビみたいなので、
松本明子さんに見えてしょうがなかったですw

これは面白い発見でした。

指原氏が将来松本明子さんになっても特に違和感は感じないですよね。

5位

井上ヨシマサのウザさ全開の存在感w

タイムラインに沿って解説

まず2曲目のキャバスカドラマセットで再現
のシーンで島田が金髪に
なっていたので、こいつどうしたんだって
悲しくなっていたんですが、
蓋を開けてみたら豆腐プロレスの役作り
の為だとわかってほっとしました。

思わず静まり返った映画館で

「来たー島田!!!!!」

ってガッツポーズして喜んでしまいました。

最近秋元康は新公演もおもしろくないし、
キャバスカも焼き直しだし、
選挙とかリクアワも新鮮味に欠けてきたんで、
新しい爆発するような企画を
期待していたんですが、豆腐プロレスは
その期待に応えられるようなレベルのインパクト
があるコンテンツになりそうな気がしてます。

今振り返って記憶に残っているものを思い出して
いるんですが、

堺さんのMCやマー君のDDいじりとかは安定で、
今回はヨシマサのつまんないトークが
新風を巻き起こして新鮮味を出していました。

あと横山さんの楽器演奏はいっちゃ悪いけど
ありきたりなので、特にインパクトに欠ける感じでした。

ヨシマサがもっと楽器をやろうとか言ってたけど
ももクロさんが凄いレベルでやってて作曲
とかもやるレベルになっちゃってるんで
新鮮味に欠けるし今更感がある
のでもっと違うことにチャレンジしたほうが
面白いものができるんじゃないかって気がしますね。

どんどん宮脇さんの天然ぷりや、指原の柏木いじりとか、
柏木の天然ボケ、堺さんののらりくらりした
自虐系トークが入りながら時間が進行していきます。

どうしても思い出せないのがあるんですが、
それは多分これまでと同じ演出のものだと思います。

マジックを入れてやったり、
身体に音を鳴らすスイッチを多数仕掛けて
数人のメンバーで違う音色を出しながら演奏したり、
運動装置を身体にセットして舞い踊りながら歌ったり、
衣装に凝ったりして普通に楽曲を披露したり、
そういったものが大体半分程度ありました。

ダチョウさんが折り返し過ぎで登場し、
2015年は舞台上にいなくて絡めずに共演できなかった指原氏が、
今年はしっかり舞台向かって左端手前のバラエティポジション
に構えていたので、ダチョウさんは右端にゆいはん、
左端に指原という太田プロ無双で最初困ってたけど、
空気を読んで指原氏をとりにしようと画策し、

まずはゆいはんにキスのお約束を仕掛けに行ったら
ゆいはんが無抵抗だったんでリーダーが引き離し、

次に逃げる指原を引き留めてキスを迫るも
こちらもやる気満々だったんで、焦ってリーダーが引き離すっていうwww

ちなみに昨年の北原氏、その前の大島さんも同様だったんだけど、
太田プロのメンバーは全員やる気満々でリーダーが
焦って引き留めるって感じで終わるのが面白かったですね。

まあ同じ太田プロ大先輩の島田の先輩で人生の相談相手
でもある辞めた野呂さんは、現在のびのびとバラエティの空気を満喫
していて、早速お笑いへの本気度を証明するかのように
上島さんとキスを軽くぶっこんでいましたけど

%e4%b8%8a%e5%b3%b6%e9%87%8e%e5%91%82%e3%82%ad%e3%82%b9

よく考えたらそんな野呂さんでも現役当時はやらなかったんで、
まあ指原氏だからと言ってAKBGの現役をうちはやらない決まりが
あるんだと思いますね。

卒業したら是非やってアイドルファンのみではなく、
世の中の人を笑いで盛り上げることが出来るような
タレントに成長していって欲しいと期待してます。

話が反れましたが、、、

で、いろいろあって、まゆゆの本気パフォーマンスと、
指原氏のモーニング娘。16に火を付けられて
決行したダンスという下りで終演しました。

という流れだったんですが、インパクト順に並べようとした場合、

指原氏の最後のソロパート、
モーニング娘。のコンサートで自戒の念を感じ
て踏み切った赤いピンヒールとプロフェッサーの
マジなダンスはランク外でした。

あと指原氏は今回も上島さんとキスのチャンス
があったんで実行に踏み切っていれば断トツで1位
でしたが、いつものスルーする感じだったので
なにも記憶に残らなかったですね。

ちなみに指原氏のこれまでの刺さったシーン順に並べてみると、

指原氏に関しては、やはり現時点での最高視聴率
はdear Jで、それを超えるものは未だにないですね。

次にいつか忘れましたが今回より迫ったキスギャグの回、

そして第5回のラストの真面目な365日の紙飛行機の回、

って感じになりますね。

こう考えると指原氏は演目よりMC部分の刺さるコメントやトークのほうが
インパクトを残す役割を果たすことができるんじゃないかと思いますね。

dear Jが当たっただけでそれ以降はあまり跳ねてないですもんね。

最後にこれからについて

とりあえずこれでAKBGの特別行事は終了しましたが、
AKB48紅白は未だにAKBGの年中行事でベスト3に入るコンテンツだということが
改めて確認できたので安心しました。断トツで1位ですね。

あとは夏祭り、秋祭りがベスト2ですかね。あったら思い出せるも2位ですね。

リクアワと運動会が3位ですね。

また今回ふいな出来事から私の発言が間違っていなかったことが判明
したシーンがありました。

堺さんが現場のファンに昨年も来たひとっていらっしゃいますかって
挙手させたらひとりも上げなくて、堺さんが新規の人がほとんど
なんですね。ってまとめていたんです。

だから紅白対抗は連続当選はしないようになっているという仮定事項が
公式に確証されたようなもんじゃないかと思いますね。

来年は当選するといいなあ。

AKBメンバーへの卒業のすすめ。高橋みなみが卒業したのは希望的リフレインPVのロケの時に卒業したほうが自分のペースで好きな時に参加出来るとわかったから。

標準

AKBGを卒業すると、希望的リフレインまでは
ライブで必要なとき出演したり、ライブに好きな時に
客として観覧できたり、AKB48チームサプライズ
で出演したり、元AKBとしてAKBメンバーとの
橋渡しとして出演したり、とまあ仕事ではなくて
気軽にAKBを楽しむことができることはわかっていた
んですが、あくまでオマケで、本線では出演は無理
だった訳です。

しかし、今回本線のシングル希望的リフレインのPVにて
卒業メンバーが参加した経緯を考えると、
これ卒業したほうが毎日公演でなくて済むし、
握手会もやらなくて済むし、
卒業メンバーとして好きなとき参加できるし、
客として好きな時楽しめるし、
と、
まあAKBの良いところが次第に自分にとって苦痛に
なってきたから卒業したんじゃないかと
思うんですよね。
特に高橋みなみは正直だからそういう気持ちでは
AKBのメンバー、特に総監督は務まらないと。

前田さん、篠田さん、板野さんのような大物が卒業して数年経過し、
卒業メンバーの卒業後のルーティンが少しづつクリアに
なってきている中で、最近まあ前田さんや篠田さんの時は今のように
卒業した方が気軽に参加できる感は少なかったですが、
大島さん以降のAKBGのメンバーの卒業に対して、そういう意味合いが
多大に含まれているのを隠して卒業しているんじゃないか
と懐疑的にならざるを得なくなって来ています。

だから卒業の意味合いがレギュラーからゲスト的扱いに
変わることと同義語のような感じになってくると、
、劇場にあまり出ていない忙しい人は卒業する
方向に流れる速さが強まっていく気がしています。

ちなみに私はAKBの劇場公演というのはだれがやっても同じだと
思っているので、特に卒業してもなにも感じないですね。
やめたらまた新しい人、新しいチームが自分や自分たちの色を出して
がんばれば済むことで、それを楽しんでいけばいいんじゃないかと思います。

ももクロさんやジャニーズはメンバーに全てを任せて、
一生自分たちで背負って生き抜いていくことで、
強靭なオリジナリティと決断力とファンコミュニティと
個性的なパフォーマンス能力が備わっていくシステムですが、

ハロプロ(berryzとCUTE除く)やAKBや劇団四季、宝塚というシステムは出たり入ったりを繰り返し、
運営や管理者のアーチストイメージの維持を優先して
それが維持できればメンバーはだれでも良いという考え方
なので、卒業に特別なものはないんですよね。
部品が一つ抜けたので新しい部品を付け替えるだけです。

まあ厳しいようですがそういうことだと思いますので、
AKBの皆さんも自分の人生を大切に、あまりAKBというものを考えすぎず、
AKBという巨大な組織のために自分の目標を見失わないようにして下さいね。

指原推しのAKBファンへの初めてのアイドリング講座。

標準

朝日=峯岸

菊池=指原

伊藤=柏木

佐藤=岡田

橋本瑠果=村重

倉田=島田

ルリカ=渡辺麻友

はまって一ヶ月ですが、
結構置き換えできています。

で基本的に罰ゲームとか嬉しがりますw
気持ち良いくらいです。

ドルエレとNEO期のあっち向いてホイ
でパイ対決でNEO期が5人全員負けてニコニコ
してましたw

やっぱり人気があるグループって
構造が似ていますよね。

あと最後に指原氏よりバラエティ対応力は
菊池さんのほうが上でもうこれは気持ち良いくらい
レベルが高くて、指原氏の目指すところだと思いますね。
指原氏より野呂さんといい勝負っていうくらいのレベルです。

2014.09.09 ロンドンハーツ 『うぬぼれ注意!オンナの自分番付』 遂に保田氏と神推し指原氏と私のセンスに時代が追いつきましたよ。

標準

2014.09.09

『うぬぼれ注意!オンナの自分番付』

<ヒロミの付き合いたいランキング>
1位:熊田曜子
50代くらいにはイケてる存在。バブル時代の雰囲気。
2位:安西ひろこ
派手な感じが好き。もっと派手な格好してたら1位。
3位:ラブリ
憧れの存在。
4位:野呂佳代
イイ感じのぽっちゃり。性格が良いので落ち着く。
5位:磯山さやか
セクシー度は野呂より下。性格が良いので落ち着く。
6位:保田圭
性格の良さを見つけ出したい。性格が良いので落ち着く。
7位:益若つばさ
しっかりしすぎる。カリスマ感が強すぎて苦手。バカみたいなノリが出来なそう。
8位:重盛さと美
おバカで会話が成立しない。
9位:手島優
別れ際が面倒臭そう。
10位:菊地亜美
頑張ってる感がイヤ。

<フルポン村上の付き合いたいランキング>
1位:重盛さと美
ゆるふわ系の顔。顔がダントツで好み。
2位:ラブリ
メンバーの中で一番輝いていた。
3位:保田圭
言うほどブスじゃない。ルックスがキレイ。一緒に甘えてくれそう。
怒ってる所を見たことない。性格が良いので落ち着く。
4位:磯山さやか
性格が良いので落ち着く。
5位:安西ひろこ
6位:野呂佳代
見た目はビリ。見た目以外は悪いところナシ。
性格が良いので落ち着く。覆面してたら上位。
7位:益若つばさ
自分の思い通り進めたい人。男を立ててくれない。
弱い姿を見せなさそう。甘え合いが出来なさそう。
8位:菊地亜美
以前芸人をばかにする発言をした。
めちゃくちゃ嫌い!見た目は何でもない。
9位:手島優
自分まで不幸になる。一人で家で落ちてそう。
10位:熊田曜子
交際相手としてダサイ女。遊園地にも行けない。


 

て感じでした。

もうね以前から野呂さんと保田さんが悪く言われるのに
腹が立って腹が立ってしょーがなかったんですよね。。
でも今回のこの意見を聞くとやはり野呂さんも保田さんも
性格良いんですね。画面を通しても十分伝わってきますもんね。。

で私が今回この企画観ていてずっと感じていたのは指原氏
がここに早く来て笑わせてくれないかなってw

指原氏がたぶんアイドルのうちはここに来れない、評価する男も
怖くて笑いどころじゃなくなるので、3年後AKBを辞めて完全な
芸人と化した指原氏に登場してもらって、加地さんとのコラボを
是非お手並み拝見、どうやっていじっていくのか、ほんとうに
楽しみですね。