カテゴリー別アーカイブ: 松井咲子ドイネ師匠

2015.12.16 FNS歌謡祭LIVE アイドルコラボ部分の解説

標準

当サイトの主張が具現化した形になった
今回のももクロ、エビ中、しゃち、AKBSKENMBHKT乃木坂、モー、CUTE、アンジェルム
がコラボした企画。

最初は一番古いのはハロプロなんですが、現役で考えると
AKBなので10年ガールズアイドルの時代をけん引してきたAKBを
たたえる意味でヘビロテからスタート。

ここで気になったのは鞘師さんのコメディアンも真っ青の
全力の笑顔で唄い踊るはっちゃけぶりw

I want youに入る前の開脚で仁王立ちする
くだりなんか飛び過ぎて笑っちゃいました。

あとたかみなのソロダンスのときなんか
素手でケチャしててノリノリでした。

和田彩花さんは大人な感じで平常心でしたね。

乃木坂はダンスが下手でおとなしいくせに
簡単に自己主張可能なウインクバカ
が多くて目を背けました。

あと終演後歌い終わりのポーズのまま
離れない百田さん。

20151216-3
よほど気持ちよかったんでしょうね。。

ハロプロとAKBGのLOVEマシーン

これは指原氏職権乱用で鞘師とツーショット
ポジション独占には

20151216-0

こいつずるいなーって
思いましたが、途中から何人か入れ替わった
んでとりあえず画面をハンマーでぶん殴るには
至りませんでしたw

でなんだろう、工藤さん(くどぅ)がセンターに
こだわってていうか、

20151216-2

鞘師のコバンザメ
のようにポジショニングしていたのが気になりました。。

20151216-6

でも最近丸くなりw引っ張っていく気持ちが前面に
出てきているのを形で表してくれたので
来年から楽しみになりましたね。

あとはハロ側はラブマに慣れてるので緩急付けて
振りをコントロールしていたんですがAKBG側
は初めてなのでまじめに体の動きを教えられたとおりに
全力で動かしているのが面白かったですね。

あとAKBG側は指原、柏木、峯岸のハロヲタ3バカ大将
が最前列に陣取っていたんで、

20151216-5

AKBGメンバーに振り付けを
指導していたのが観て取れましたね。
最前列にいれば後ろは真似すればいいんですからね。

あと最後の「だーんす」の時の鞘師の足の上げ方
をみて卒業に向けて気合入ってるなってたのもしくなりました。

ChaiMaxx

ももクロ、エビ中、しゃち

これはたかみなも言ってましたが、
ももクロの曲はダンスがハードなものが多い
ので無理だと、、
でこれはその例でAKBとハロはコンプライアンス的にw
無理だったんだろうなって大笑いしちゃいました。

大股開いたり、ドリフダンスしたりするんでね。

後方で踊るAKBメンバーが映ったんで

20151216-4
さらに楽しくなりました。

あと真山や杏果がウインクを急にぶっこんできたり
したのに無理すんなよって笑っちゃいました。
スタダはウインクが似合わないよなあw

あとれにちゃんがダンス余裕すぎてつまんなくなって
アドリブばっかぶち込んで壊していたのにさすが俺の推しだ
と頼もしくなりました。

玉井と高城はあきっぽいんです。

会いたかった
AKBと乃木坂

AKBが乃木坂と言っても乃木坂がAKBといっても
違和感がなく、楽曲も秋元康とAKSが厳重に
コントロールしているのでこれといった
特徴もないので普通のコラボでした。

唯一指原氏が煽りを入れて少し壊していたのが
この企画を特別なものに印象づけた
唯一の救いでしたね。

欅坂46
抱き合わせ出演。
ガンダムプラモ状態。以上


いや、、、まて、、こじはるさん遅れてる???
面白いものが。。

あ!!!!!

こじはるさん振り付けうろおぼえだぞw
意外なとこでサプライズがw
こじはる最高!!!

恋愛レボリューション21
ハロプロxももクロ

wowowのところから。

あーりんと杏果のダンスがハロより切れてる!

イントロ終盤、杏果が後ろに下がりながら
つまんなくなってアレンジ入れたぞw

Aメロ

れにちゃんのコントのくだり。

ははーん、
めちゃイケの岡村先生をイメージして
演出に提案したな野郎たちw

フジテレビもあれは成功した演出なので
嬉しくなっちゃって板谷氏も即OK出したんだろうなw

ははーん、ここで気付いたぞ。

この流れ、ダンスが簡単すぎてももクロが暇を
持て余している感じだな。

であれこれやりまくってるんだなwww

しっかし、、

コラボっていうより尊敬しているハロプロさんを
パフォーマンスだけでは飽き足らず笑わせようと
いうもうお笑い芸人の考え方だよなあw

でもこれがももクロなんだよね川上さん。。

おかげでハロプロのみなさんが笑顔で
リラックスして唄い踊ってくれてるしね。

落ちは生田さんがつきあってくれたよ。。
ありがとう。

ちなみに生田さんならももクロの楽曲全てに

ついてこれると確信してます。

大声ダイヤモンド
AKBxももクロ

珠理奈は夏菜子と仲が良いんで、たぶん仲が良い
れにちゃんがいいこいいこされちゃいましたw

ここで感じるのはやっぱりももクロさんの運動能力の
高さですよね。。悪く言うつもりないですが、
切れが全然違うんですよね。。

怪盗少女
AKBxももクロ

イントロの名前コールの最後のたかみな、
ももクロの悪乗りの空気にのせられてw
コマネチをぶっこみやがったw
まあこのひともこんだけメンバーがそろっているから
笑いで自己主張しないと危機感を感じた
んだろうねw

でも最初の名前コール終わりで思ったのは、
なぜ北原里英と松井咲子を入れてあげなかったんだということ。。
咲子さんは卒業しているから仕方ないとして、

AKBのハロプロは指原、柏木、峯岸だとすれば、
ももクロ企画を引っ張って来たのは間違いなく北原里英
と市川美織。

まあ有名じゃないの一言でかたずけられちゃ
元も子もないんだけど、、
ここら辺、きたりえと親友の指原氏が秋元さんにかけよって
なんとかねじ込んであげて欲しかった気がします。。
北原さんもテレビで観ていて寂しくなったんじゃないか
と思います。。

とまあ冷静に、、、

いただっきますを
いただっきまゆゆ!
に変えた部分はももクロ発信だと思いますね。

まゆゆはそんなずうずうしいこと自分からはしませんからね。

あとしおりんの側転の部分のまゆゆの穴子さんも、
しおりん発信でなにか特技ないですかで出たネタだと思いますね。

あと私が最高潮の時常用している背面ケチャ
は一応高城さんのお約束なのでさやねえのアドリブ
じゃないんで念のため。

あとももクロの背中の文字、、みんな違う内容だったぞw

20151216-8

20151216-7

衣装のロゴはFNS推しでしたね。
NHKって書いた日はどこへやらw
もうあんな衣装は燃やしちゃいましょう川上さんw

フジテレビのスタッフは絶対NHKみたいな扱いしないでね。
スタダ芸能3部は非人道的なことが大嫌いですから気を付けてね。

最後にフォーチュンクッキーで
終演しました。

最後にこれを観てみなさんにわかっていただきたいのは、、

ガールズアイドルのブームはヲタが思い込んでいるほど
大きくなく、安定もしていないので、喧嘩してる場合じゃない
っていうことです。

でも秋元、つんく、川上、
この3人が一致団結した今回の動きにより
少しは未来が切り開けたんじゃないかと思いますね。

男性アイドルはここまでのコラボはまだないと思います。

ジャニーズはジャニーさんがいるからこそ今団結していますが、
いつか逝去したとき、たぶん地盤がぐらつく日が来ると
予想されます。

そのとき、多分今回の企画のような動きが必然となる
時代が来ると予想されます。

その時どういう動きがあってどういう未来がまっているのか、
非常にこわくもあり楽しみでもあります。

ちなみに

今回の唯一の心残りというのは、、

嗣永桃子さんにももクロやらせたかったな~ってとこw
ももちさん丸くなって下さいよお。
私は期待していますからね。

広告

2014.05.08 AKB48のANN 中西氏全部の発言に落ちをつけ中西無双達成させた神回でした。

標準

全部のコメントに独特の中西アクセントで徹底してしゃべり、

中西ここにありという存在感を見せ付けていました。

 

聴いていてちょりがふざけるごとに

「ばっかじゃねーのwwwww」

って自然につっこんでいる自分に気付きますよww

 

中村さんと咲子さんというバラエティ班の両巨頭を相手に

こんだけ渡り合えれば文句無いでしょうw

AKB紅白対抗歌合戦 第1回第2回を観て第3回の見所を考察する。

標準

まず、司会者は堺正章。これは秋元康ライン。

主な審査員には

第1回は野村克也。
第2回は岩下志麻、清原和博。

主なゲストには

第1回、第2回とも、ダチョウ倶楽部の3人。

これがもたらす高揚感がすばらしく、
事務所が同じ大島優子とダチョウ倶楽部
の先輩後輩の立場を押し出した絡みが観れるのは、
紅白対抗歌合戦のみなんですね。
たぶん、とんねるずのみなさんのおかげです
をみていてもわかりますが、秋元康ライン
のスタッフはシツコイのでw
ダチョウ倶楽部の絡みはしばらく続くと思われます。

第3回は、指原を加えた3人で来そうな感じがします。

そして、本編ですが、

第1回の板野友美DearJの指原氏のカバー

を超えるような出し物には未だめぐり合えていません。

これDVD版とオンデマンド版があるんですが、
DVD版は大島さんとかが大爆笑してる
シーンが抜かれていて、
こちらのほうがAKBの魅力が表現されていて濃いですね。

麻里子さんにくちから上、ともちんにくちのメイク
をしてもらって、アヒル口に特化したルージュで
何回もアヒル口の決めポーズで笑いを誘っていた
指原氏。

AKBファンにとっては、ともちんのアンダーだった
ことは有名なので、決して笑いのためのネタ
じゃないことは知っているので密かに感動しました。

第一回は2011年12月

結成したばかりのHKT、
初ステージだった光宗と島崎の共演、
も印象的でした。
そして前田さんの100パーセント生声
にこだわった歌。
あとはリクアワができた今となっては、
いろんな曲をいろんなメンバーでやるという
主旨だけで平凡な感じでした。
ただ、堺正章が客とAKBGをいじり、
繋ぎ役になり、ダチョウ倶楽部が出てきて
一体感演出や中だるみ感の払拭役となる
という形式はこの段階で確立されていた
と思います。

第2回は、2012年12月。

これは打って変わってかくし芸大会
の様相を呈してきた回でした。

大家のボイパは映像センターで有名に
なりましたがここで初出でした。

そして今となってはお約束の咲子氏のピアノ。

大島優子と有名ロックバンドのメンバーで生演奏
したGIME ME FIVE!。

桜の花びらたちを柏木さんと押尾さんのギターで演奏、

また、多分に楽曲で審査員いじりを
展開し始めた回でしたね。
名前叫び系楽曲で清原あ~とか
竹内はまんまですが竹内力が出てきました。

最後の
岩佐美咲の無人駅の歌詞
「私なんかいなくなってもそう誰も気づかない気づかれない
途中下車するのは無人駅」
を着物で篠田さんが歌ったのは今となっては卒業する前兆だったと思います。

第3回ですが、
第1回以来鳴りを潜めている指原氏がなにか
出し物を考えているんじゃないかって思います。

総合して、
指原氏は白組の最前列で演者といっしょにずっと
踊っているのがほほえましいです。
もうアイドルのライブに来ているヲタ感満載で、
私たちに感情が近くて最高です。
今年も踊ってて欲しいなあw

第1回紅白対抗歌合戦
第2回紅白対抗歌合戦

AKB48チームBの中村麻里子氏、ももクロ好きをカミングアウトする。

標準

AKBGのモノノフさんたちが判明。

20131005ぐぐたすさよクロ中村麻里子

(一応フォローしておきますが、
ももクロ側はももクロの5人、そして
川上マネージャーはAKBのファンだと
いうことを名言しておりますし、
川上マネはももクロのマネージングで
AKBをまねさせていただいたとも名言しており、
舞台演出の佐々木さんも格闘技イベント
でAKBをオファーしたり、横浜アリーナ
でももクロのライブに指原さんを招いて
AKBのOvertureをかけてバックスクリーンに
AKBの純正ロゴを掲げてパフォーマンス
させているくらいのAKBファンですので
あしからず。)

赤→松井咲子 A
黄→大家志津香 B
桃→石田晴香 B
紫→野中美郷 B
緑→中村麻里子 B

咲子さんは以前から名言していたんですが、
新たに4人洗い出されましたw

大家さんはノーマークでしたねはい。

咲子さんが少しずつももクロねたを
繰り出していてそれについてのファン
からの返しが結構好評だったので、
少しずつ大きくなってきている感じです。

次は指原さんあたりも引き込まれそうな
感じしますね、大家さんつながりで、はい。