カテゴリー別アーカイブ: HaKaTa百貨店

今Hakata百貨店を観ると当時の数倍楽しめますよ。

標準

最近Hakata百貨店の初回と2をDVDで観てます。

茶髪化した最近は腹が立つので顔を見ないようにしているんですが、
当時は全員黒髪だから安心して顔を見れてw
ピュアな気持ちで楽しめるのが嬉しいですね。

というわけで、当時の数倍という理由ですが、
この番組の放送当時はまだHKTが1周年という時期だったので、
参加メンバーは1期メインで2期が数人混ざった状態で
収録されていました。

一番最初に気付くのは後ろに植木いたんだってことでしたw

私は当時AKBは嫌いで、当然FCにも未入会で、
劇場公演も楽曲も全く興味が無いけど、
指原、村重、中西のお笑い能力に惹かれて
HKTをチェックし始めた感じで、
一期生もまだ十分覚えていない状態でしたので、
本当に新鮮なんですよね。

で当然村重、ちょり、ちょりのコンビ的ポジションで谷、
指原の出演シーンはまあここでこう言ったよねって
覚えているんですが、2期生の発言や行動について
は全くといっていいほど記憶にないけど、
現在は2期生あたりまでは把握してきたので、
私にとってはHKTの1軍が全員出演している状態なので、
全部のシーンが100%楽しめるわけですよね。

逆に当時は70%程度しか楽しめていなかったっていう
ことも分かったっていうね。

まあこういうことはAKB本体でもありまして、
有吉AKBで研究生として高島とか西野とかが出ていて、
それを現在見ると、当時は全く無名のメンバーだったから
表面的な面白さしか理解していなかったけど、
性格や人間性がわかってきた現在、当時のシーンを
観ると、今はこう言っているけど昔は違ったんだなとか、
今はこうだが、それは昔から主張していたんだな
とか、より深いレベルで心に刻み付けることが
できるわけですよね。

ちなみに植木、当時ははきはきとしっかり普通にしゃべっていたんですよね。
それをみて、現在の植木は作ってるなあって気付いたのが面白かったですねw

あと駒田ぴーちゃんもデビュー当時は指原風なキャラで普通に美少女で
面白いです。

指原さん、中西智代梨さん、松本人志、北野武監督からお笑いの無限の可能性を感じとり信じて突っ走って下さい。そして私からのHKTお笑い養成所システムの提案。

標準

松本人志監督の映画「R100」が世界に衝撃を与えている。

北野武監督もしかりだ。

お笑い。
音楽、映像、文字、コミュニケーション、、
あらゆる媒体において
そのセンスを発揮した作品たちは

年齢や性別を問わず、
高い独自性と創造性を評価され、
そしてなによりも、人生における悩みを
吸収し、整理して明日への生
に繋げる大きな活力になっていることを
証明しております。

女優?モデル?経営者?

お笑いは全ての場面において
有効に機能します。

AKBG、そして、悩んでいるHKTのバラエティ班
の面々の皆さん、

将来なにをやるのかはっきりと決まってなくても、
お笑いだけは真剣に取り組んで下さい。

お笑いはアイドル商売とちがい死ぬまでできます。

たけしさんは

「俳優なんて笑わさなくて良いんだからコントより楽だ」

と言いました。

前田敦子は若気の至りでコントの才能があるのにバラエティを拒否しましたが、
この先いきづまり、必ず、必要とする日が来ると思います。

AKBGのバラエティ班の皆さんと、特にダチョウ倶楽部、竜兵会を
自らの志と仰いで止まない指原さん率いるHKTの皆さん。

今よりさらにお笑いの表現の幅を拡げてまい進して下さい。

具体的には、

今日握手会で中西さんにコントグループを作って下さいと言い、
中西さんが吉本新喜劇のようなものですか?と言いましたが、
中西さん、、僕のイメージは全く違います。

作家の手による台本で、舞台監督の演出で、
同じものを繰り返すコントではなくて、

自分たちの台本(作家は入れても良いが共同作業にする)で、
自分たちの演出で、
新作コントを創っていきます。

2人、3人、と人数はあまりこだわらずに、
例えばメンバーは10人でも、コントによって2人とか
5人とか1人とか、自由に設定する感じにして、
発表の場は
HKTMobileの特典動画みたいな隠れた場所から始めて、
小谷里歩さんの独演会のように単独の舞台
(これは絶対小さい場所にする。
お笑いの発生確率は音楽のライブと異なり、
場所の大きさに反比例するから注意する)
での公演を基本線にして、
コンビ誕生、キャラクター誕生、役者誕生、と
各自が個人名で自らの力で
仕事ができるようになることが最終目標です。

その先には明るい未来が待っていると確信しております。

応援しております。

追伸:

お笑いの舞台のルールは絶対、
コールやペンライト、うちわ、横断幕等の応援は一切禁止
して下さい。

だまって観てて面白ければ笑う、拍手するのみにして下さい。
お願いします。

指原さんって次世代エースって言われていたんだよなあ。

標準

HKT百貨店第一回で柏木さんが
「指原も最初は次世代エースっていう
コピー位しかなかったんだから」って
言ってて指原本人も深くうなずいていたんでなるほどなあって。

でも結局その通りになったんだよね。

カッコええとです。

HaKaTa百貨店特典映像 高橋みなみ編。夏まゆみ先生によく怒られていた。。

標準

「PARTYが始まるよの振りは初心者向けで
決して難しいものじゃなかったにも
関わらず、当時はダンスが苦手で、
覚えられなかったので、変えることに
なったんですよね。それが今の振り
です。」

ちなみに有名ですが、夏まゆみ
せんせいは吉本でナイナイがいた
天然素材や、ハロプロの初期から
担当しているダンスの先生です。
その人がAKBを教えていたってことです。

で高橋みなみ監督の名言。

怒られている時が華だよっ!

2012.10.07 HKT指原MC番組始動! HaKaTa百貨店 

標準

AKB時代に前列にしか話を振らないという司会者が多いと感じていた。
「緊張もするし不安だけど精一杯頑張ります。
全体を見まわしてメンバーみんなに話を振ろうと思います」

『HaKaTa百貨店』日本テレビ10月7日(日)毎週日曜深夜1時30分~2時まで全12回放送。
初回は深夜2時スタート。
 

ケンコバが2012年前半の勝ち組女として
指原さんを挙げていました。

で、博多を拠点にしているにも関わらず
地元と東京にレギュラー番組を抱え、
仕事の時だけ東京に上京するスタイルは
もう明らかに勝ち組タレントだと。

それには私も頷くところがありました。

さしこのくせには初期の勢いが低下していき
打ち切り、
有吉AKBはあまりにも強烈な個性のため
他がキャラ立ちしなくなるので、ランダム
投入サブレギュラーに。

待ちに待っていた番組です。

必要なのは笑いと驚きです。

よろしくお願いします指原さん!!!

全12回、1クールですが、どこまで続けられるか、

指原さんのチカラの見せ所です。