カテゴリー別アーカイブ: 2016.02.06-HKT48春のライブツアー〜サシコ・ド・ソレイユ 2016〜

HKT48 2016春ツアーサシコドソレイユ コアヲタ用解説

標準

商品仕様:Blu-ray6枚組
・Disc1 2016.2.24 国立代々木競技場 第一体育館
・Disc2 2016.3.30 マリンメッセ福岡
・Disc3 2016.2.6 日本ガイシホール[昼公演]会場ビジョン出し映像
・Disc4 2016.3.20 ワールド記念ホール[昼公演]会場ビジョン出し映像
・Disc5 特典映像:寸劇「志恵唐鹿女子商業」完全版(2016.2.6 日本ガイシホール / 2016.2.23-24 国立代々木競技場 第一体育館 / 2016.3.20 ワールド記念ホール / 2016.3.29-30 マリンメッセ福岡)
・Disc6 Making of HKT48 春のライブツアー~サシコ・ド・ソレイユ2016~

楽曲部分の構成的にはAパターンとBパターンを使いまわしでした。

セトリについてはHKTのシングル曲をメインに、他グループの曲をはるっぴ
や咲良、他のメンバーと話し合って決めたような感じの内容でした。

マニアックなところは本体のAKBでもやらない曲を入れてくる
感じでそれがより増えています。

構成的にも中盤にコント、そしてメドレーになだれこみ、終了といつもと同じでしたね。

で合間のコントやトークライブ

の充実ぶりは相変わらずで、
こちらはお笑い志向のメンバーが企画構成のアイデアを
出してつくっているのが話を聴いていて伝わってきて
あったかくなりました。

ヤンキーネタのコントは新章に突入していましたが
基本は同じでしたねw

でblu-rayでは全回分のコント部分が収録された
Discが付いているんですが、それだけHKTが
この部分に力を入れているんだということを
再確認させていただいて安心しました。

コントを全8回分観てやはり8回いろいろ違いがあるのが
面白かったです。福岡より東京の方が盛り上がっていたのがw

まず神戸で2回やったんですが、まだ最初の咲良とはるっぴ
の喧嘩部分の指原氏の対応が台本通りでした。

これを観て次の東京代々木を見ると、マイナーチェンジ
して指原氏が台本を自分なりに現場の状況に合わせて
対応を変化させてきました。

まあ指原氏は決まったことや、同じことを繰り返しやることが苦手ですからw
この流れは分かる気がしますし、私もその考え方をするから
こそ指原氏を推しているわけだからねw

初回の神戸はHKTの作った台本通りのコントを
体験できたってことで、あまり笑いもなく
HKTの想像通りのものだったんじゃないかと思います。

その流れで次の東京を観ると、驚きました。
その導入の喧嘩部分で指原氏が最初から2人の
横にいて、台本にないアドリブを追加して
会場が大盛り上がりしていたんですよ。

しかもそのネタがAKBローカルなネタが多く、
客を信じてどんどんぶっこんできて、
その信頼に客が応えて大きな笑いとして
その都度返されていくわけです。

ここでなぜか考えたんですが、
東京の次の名古屋と福岡はそうでもなかった
んで、HKTの代々木単独というのは初挑戦の
大会場でだから当然マスコミとかVIPとかが多く来ているし、
ワイドショーとかに取り上げられるし、
ここで評価されてしまうところもあり、
ラジオの聴取率週間のような感じで
試金石になっているので全力で
笑いをとりにきたんだと思いますね。

でここで面白いことに気付いたんですが、
福岡より東京の方が客のレスポンスが
熱かったことです。

その理由を考えると、まあAKBは秋葉原で誕生しました
ので当然東京の人が一番AKB歴が長い訳です。
軽く10年のキャリアがある人がいます。

福岡や神戸や名古屋は所詮まだ数年ですよ。

だから当然AKBの現場でのコールや対応、レスポンス
は星の数ほどこなしてきている人が多い訳です。

それがお約束通りの楽曲用ならだれでもできるんですが、
コントのようなほとんどアドリブで対応しないと
いけない状況ではその差が歴然となるわけですよね。。

でHKTは人見知り集団で客のレスを結構気にするので、
その客が自分たちを受け入れてくれていると感じると、
調子に乗っていくわけです。

だから今回は相乗効果でその頂点が代々木に
なってしまったんだと思いますよね。

今回はVTRネタが無くなって、田中菜津美と指原の
トークをラストの前の一番客が疲れているところに
もってきて、
もう少し早い時間帯の出し物はHKTバラエティー48の
レギュラー陣が大活躍で

160724 HKTバラエティー48

自作感満載の企画で
劇場公演とかバラエティー48の雰囲気が感じられて
誰も手を加えていない感じでお笑いメンバーヲタ
にとっては充実した内容でした。

出演者について

出演者は日にちによって村重が出たり出なかったり
してます。

前記のお笑いコーナーについてもその影響が
多大に影響していて、
村重が出ているときと出ていないときの盛り上がりの差が
ありすぎて、以前は明太子だけだったんですが、
最近は村重がいるいないで盛り上がりが全然違う
のですごい実力つけてきたなって肌で感じました。

ちなみに今回一度もめんたいこはやりませんでした。
まあトークが面白いから誰も必要としなくなった
というのが真実だと思いますね。

ネタかどうかわかりませんが、、
話の中で、NMBで1年滑り続けたからHKTに復帰
したといじられていましたが、
それももしかしたらお笑いのパワーにつながっている
のかも知れませんね。

あと今は指原氏が中心なので、指原に合うか合わないか
で、村重や田中菜津美が盛り上がってますが、
もし指原氏が辞めて中心が変わった場合は
それが大きく変わりそうなのが怖くもあり
楽しみでもあります。

今のままかも知れないし、今埋もれている逸材が
頭角を現してくるかもしれないし。

物事には陰と陽があります。

モーニング娘。の道重さんを考えるとわかりますが、

現在の指原氏に集中している光が、いなくなると
分散されるので、もしそれが楽しみになるくらいに
後輩の力が伸びてきたと感じた時、
指原氏は卒業するんだと思いますが、、

今回の公演を観ていても頻繁に指原氏が
未だに助け舟を出しているので、そこまでの
信頼感をまだ後輩に対して感じてない気がするので、

ちょりと谷をHKTに戻す条件が整い、完全なHKTが
復活した時、指原氏は卒業するような気がしています。

 

気になったメンバーのコメント

指原氏が最終の福岡公演冒頭で、客がたくさん入っていて
安心したと言って笑ったんですが、
まあ現場報告でも空席祭りな情報は上がっていたんですが、
それを公式に認めたような形になってしまった感じですね。

あとは、楽屋で田中と指原は一切しゃべらない状態で
トークライブやっていると暴露していました。

あとはバラエティー48出身メンバーで言うと、冨吉と植木と村重と
秋吉ちゃんはお笑いの部分でのメインキャラクターに
成長していてホッとした半面、
駒田ぴーちゃんがいまいち出てこないのが気になりましたね。
ぴーちゃんは潜在能力半端ないと思うのでぜひ
上記の輪の中に加えて行って欲しいと思います。

最後に、HKTのライブは九州で是非体験したいと思いましたね。

劇場でもコンサートでもいいので九州、可能なら福岡じゃないと
額面どおりのHKTは体験できないんだなって感じましたね。

といった感じです。

でも私は楽曲が自分の好みじゃないので今はコンサートは行きたくありませんけど。
今の私は後日DVDを買って楽曲以外の企画コーナーだけ全部観るほうが
充実しますからね。

広告

村重「村重が辞めたら咲良も辞めるは止めてくれ!」

標準

同時に卒業したら村重が霞んじゃうし、

「村重のせいで咲良がやめちゃったじゃねーかよ!」
って炎上しちゃうから止めてくれ

って、

確かに村重の言う通りですねw

~サシコドソレイユ 2016.3.20 ワールド記念ホール[昼公演]より~

2016.02.06 HKT48春コンに見た指原氏の迷走ぶり。と私の提案。

標準

私、1万円近く出資してコンサート行って、これ

2016-02-06HKT春コン

を見せつけられたら、

私はHKT48の歌と踊りと笑いを作り出す費用に金を出したんであって、

こんな数百万もかかる重機のレンタル料に金を払ったつもりはない

ってぶち切れると思います。

ももクロのスタジアム公演のももクロ以外のアーチストの余興や
大がかりな下らないからくりのセットも同じです。

サーカス観たいならいくらでもやってる専門のパフォーマンスを観に行きます。

HKTは歌も踊りも満足に完成していないんだからサーカスとかやってる暇はないはずです。

しかし、HKTはまじめにきちんと唄って踊ればサーカスをはるかに凌ぐ
出し物がつくれるのに、ネガティヴ集団が悪い方向に影響して
初めから自分たちのパフォーマンス内容を
見下しちゃっているからこういうことになっちゃうんだよね。

これで、私の参戦ルートから完全に大会場のHKT48は消えました。

指原氏、2015紅白対抗でまじめにうたったパフォーマンスは大反響でしたよね。

だからファンが期待しているのは唄って踊っているHKTなんですよ。

一度全力で歌と踊りと笑いだけを集中して実行するコンサートを
やってみなさいよ。

絶対その方が自分たちの気持ちが伝わるし、その気持ちに込められた
期待通りのレスポンスが必ず返ってくるから

私が支配人ならこの金を矢吹奈子ちゃんやみくちゃんにボイストレーニングさせて
ステキな衣装やセット、バンドセットに投資してバラードを唄わせますけどね。

飛ぶのは自分の所属グループだけにしてください。。。

お後がよろしいようで。

HKT48 2016春コン~サシコ・ド・ソレイユ 2016~内容を予想し生き残るための展開を指原氏に提示。

標準

HKT48春のライブツアー ~サシコ・ド・ソレイユ 2016~
会場・公演日時 ●愛知県/日本ガイシホール
2016年2月6日(土) 11:30開場 13:00開演
2016年2月6日(土) 16:30開場 18:00開演
●東京都/代々木第一体育館
2016年2月23日(火) 17:00開場 18:30開演
2016年2月24日(水) 17:00開場 18:30開演
席種・料金 指定席 ¥7,800 (消費税込み)
ファミリー席 ¥7,800 (消費税込み)

とくに2月6日(土)名古屋はツアーの皮切りとなるプレミアムな公演!
昨年は指原莉乃座長公演も成功させたサシコ率いるエンターテイメント集団が、今度は何を観せてくれるのか!?
はたしてどんな曲目、演出が飛び出すのか!?
「サシコ・ド・ソレイユ2016」にご期待ください!

タイトルが大げさで、本当に曲とMC以外の出し物を30パーセント
以上だしてくれたら行きたいと思うんですが、この

「どんな曲目、演出が飛び出すのか」

というサブコメントにもあるように、曲が中心みたいですから、
九州ツアーで指原氏が演出を叩かれて以降の普通に落ちぶれてしまったコンサート
と思って構わないと思います。

HKTはロックだよや泥のメトロノーム、矢吹のいじわるチュー
以外、シングル楽曲のほとんどが刺さらないので、シングルやアルバム以外の楽曲
を70パーセント以上入れてくれれば行きたいんですが、

そのフィルターを無事通過したとしても、
今回は残念ながら代々木というでんぱのとき遠くて
興ざめしてしまった米粒会場。

もしシングルやアルバム楽曲でごり押ししてきて、さらに
後方になったらと思うと背筋が寒くなるので、
80パーセントスルー方向で考えてます。

これ3000円でも行かないですね。

今HKTの大規模コンサート行けるひとは第一条件
としてシングル曲が大好きなひとじゃないと無理ですね。
姿が見えなくても好きなら楽しめますからね。

メンバーの姿どころか、パフォーマンスから伝わる熱さ、
とかが遠くて伝わらないから、
私のようなシングル、アルバム楽曲大嫌いな奴は無理ですね。
だって感じるものがゼロですからね。。

米粒を横目にスクリーン凝視で初めから固定されるのが安定なので、
ライブビューイングのほうが近くで観れるので行きたいですね。

っていうなんと皮肉な話w

こんなHKTだったら内容は問わずにほいほい金を出す奴ら向けの
安定定期イベントやるんなら、キネマ倶楽部とかTDCとかzeppとか2000人規模の会場で
劇場公演を数回やってくれたほうが断然熱くなるんですけどね。。

過ぎた時間は戻ってこないんだよ指原氏。。

AKBと同じようなことを惰性でやらないで、
AKBがやらない、やらなかったことをHKTで積み重ねていかないと
時間が勿体ないよ。。

AKBと同じことをやって時間を過ごしていても差は埋まらないんだよ。

NTTに対抗するAUとかソフトバンクのように弱点を
探してそこを攻めていかないとAKBとHKTの差は永遠に埋まらないよ。

自分が正解だと思うなら多少強引でもいいから引っ張って行って
成功させてあとで認めさせればいいじゃないか。

ファンに優しすぎるのは指原氏の長所でもあり短所でもあるんだよね。

まああなたのヲタ人生ですからこのまま新しい道をつくることに失敗して
消えていくか、リスクを冒してでも新しい道を切り開いて
HKTの存在を唯一無二のポジションに確立させるのか、

良く考えて残りのHKT人生を謳歌していって下さい。