カテゴリー別アーカイブ: 2014.11.16 「HKT48全国ツアー~全国統一終わっとらんけん~」/よこすか芸術劇場 大ホール【神奈川県】

HKTも次第に普通のAKBG大箱ライブになってきましたねw 「2014 HKT48 アリーナツアー~可愛い子にはもっと旅をさせよ」

標準

この2014年HKTのモーニング娘。ネタで盛況
だった可愛い子には旅をさせよの次のレベルの
中箱ツアーが2014年春から秋にかけて開催され、
一度LVで観て後は行けなかったんですが
ようやく全貌を映像で確認できたので観ていた
んですが、、、

普通!!!

とにかく普通!!!

はじめは派手なシングル曲で勢いをつけ、
前半終わり部分には季節を感じさせる楽曲を並べ、
だれてきた中盤に休憩がてら寸劇を入れ、
そこから指原HKTのその時お気に入りの
楽曲を流れをまったく考慮せずに数曲入れて、
中盤中頃から終盤にかけてはまた派手目な
AKBGの楽曲を猛スピードで畳み掛けていく。

アンコールは人気があるHKT楽曲を入れて
終了と。


これ、2014年冬の、
モーニング娘。のザ・ピ~スをぶっこんできて、
指原氏がどっぷりデビュー当時の
AKBのレッスンに血と汗を流して励んでいた
時代、恋にも励んでいたww時代の
公演曲をずらっと並べていた気持ちが込められていて
迫力が凄まじかったツアーとは打って変わって、

今回は、
あまり曲構成の流れを考慮せず、よりAKBGという
仕事をしているからこそ楽曲を聴く時間が
仕事になるからこそ知っているような指原HKT
が知っていて客が知らない曲を嫌がらせのように
入れて、しかも客を煽ることを覚えたのは良いんですが、
そのリスクとしてステージ上を走り回っている
だけでダンスを全て放棄する時間がより多くなり、

結局、
楽曲表現能力も落ち、パフォーマンスから醸しだされる
熱量も下がりという散々な内容に落ちぶれてしまった
ツアーだったと思います。

(これ前回の時に指原氏がファンに自分勝手に決めるなと文句つけられて
いたのでこうなったんだと思います。でも結局それを受け入れてメンバー
に演出やセトリを任せてみれば、前回指原演出がHKTの武器
でマスコミ何十社が取り上げるような大成功を収めたのに
今回は一社も取り上げず大失敗という羽目にw
指原氏、心優しいあなたはファンから文句言われてまでHKTの演出をリードしたくない
でしょうからソロイベントでやりたいようにやって下さいよ。
最近空き時間が増えてきたということを聞いたんで、是非ともおねげーするっす。)

私は
AKBGのいわゆるウェイティング公演
(劇場公演の新作を秋元康から待つ間の苦し紛れの公演。
主にAKBG代表シングル曲で構成される大味な
楽曲のセトリが主体になる。)
は、AKBGの選抜が数十人代表で集まりAKBG
の代表として地方やイベントでAKBGの魅力を披露する
場合には握手会とセットにすれば手っ取り早くて有効だと
思うんですが、
各支店グループ、チーム、といった、独自の楽曲、歴史、
文化、ファン、魅力、個性を持ち合わせているような集団
の場合はそれを殺してしまうことになるので、
客もメンバーも貴重な時間をさいて来たのに、AKBGの人なら
だれでもできることをやったら、メンバーも客も
いろんな意味でもったいないとおもうんですよね。

だから
HKTには、歌いたい曲というくくりで選曲し、客も売れた曲だから
聴きたいだろうと勝手に想像して、AKBGのシングル曲を付け合わせのように前半と
後半に詰め込んで、こんだけやりゃ満足だろ?って感じで自己満で貴重な時間を
浪費する時間は無くして、

季節やテーマを考慮して、それにあった会場を決め、演出方法を決め、
台本を決め、セトリを決め、というように、そろそろ単発ライブとは違う
方法で、規模と時間に合わせた最大限のパフォーマンス内容を提供
可能なグループ、組織としてもっと勉強して、いままでのAKBと同じ方法で
いいかじゃなく、HKTはHKTのやりかたで汗水たらしてそれをゼロから構築して
いくぐらいの熱量が欲しいと思いますね。

私の現在のわくわくする気持ちが継続されているAKBGのイベントは

・劇場公演の現場(場所は問わず)
・紅白
・夏祭り

自分ランキング落選寸前
・HKTのライブ

です。

広告

2014.11.16 HKTよこすか AKBSKENMBHKT二本柱の5枠で見事に玉砕しました。。

標準

神奈川県/よこすか芸術劇場 大ホール

2014年11月16日(日) 開場11:00/開演12:00
2014年11月16日(日) 開場16:00/開演17:00

指原氏、これからはライブやる時はLVを必ず入れるように
してくれよ。

あんたたちはもう昔のあんたたちじゃないんだから。