カテゴリー別アーカイブ: 大分iichikoグランシアタ

2015.06.28 HKT48横浜アリーナ公演は、2014.01.11 大分公演と比較し、楽曲は陳腐だが、構成力とパフォーマンス力の成長には目を見張るものがあったコンサートでした。

標準

私とHKTの関係は、お笑いに強いメンバー
が多かったこともあって、HKT設立当初から
の付き合いとなっています。

ももクロオンリーから2013年に切り替え、AKBGの構成を勉強しはじめ、
劇場公演の内容やシステムを数か月であるていど把握し、
3月に初めて後々推しになるゆーりんさんがいるチーム4のパジャマドライブ
を体験、この時は本当にこのチーム4にアイドルの本気の全力のパワーと
いうものをももクノ以来の体験をして、まあ当たり前のように
握手会、東京ドームコンサート、総選挙と体験してきて、
2013年のHKT東京ドームシティ単独公演が気持ちよかった
ので、当然のように
2014年1月11日HKT48の九州ツアー初日大分公演に
参戦しました。

でそのHKT参戦2回目にしてまたチーム4のパジャマドライブ
のようなものを体験することになった。。

ザ・ピ~スをやりやがったときは、衝撃をが想像を
超えすぎていたので笑うしかなかった。
そして勢いよくMCまで繋ぎ、今度は
それでも好きだよをつかみはOK的に
ぶっこんできた。

しかし今考えるとこの時のHKTのセトリは
つかみがしっかり機能しすぎていたので
切れ味が鋭く感じたのかも知れない。

HKT大分と横アリ比較

まあこれ見ているとHKTは出だしで意表を突き
その勢いを全力で維持したまま最初のMCに入る。
着替えの時間をMCでカバーして、
ユニット曲で少しずつ勢いを落として客を
落ち着かせていく。
ここでだいたい1時間程度。

で折り返しは九州ツアーではコントコーナーだった
が、今回は2013年11月から2014年4月まで研究生公演
として行われていた脳内パラダイス公演でブラスバンド
に興味を持ったことから、今回は
そのスキルを生かしたブラスバンド演奏
のコーナーを設けてきましたね。

でここで、私は

「これ、HKTによるブラスバンドだけじゃ
面白くない、劇場公演と同じだから、本当は
もっと面白い内容だったのが、それが
潰れて普通のコーナーになっちゃったんじゃないの」

って思いました。

そう、もうお分かりですよね。

フットボールアワーの後藤さんが生演奏で
参加する予定だったんじゃないかと思います。
でも来れるかどうか当日までわからなかった
ので、いつでも来れるように入れ物を用意して
待っていたんじゃないかと。。

でHKTはさっきも言いましたがつかみは
完璧に決めてくるんで、その後半のエンディングに
繋がる一番大事なつかみの位置に
ONLY YOUが来ていることからも、ここが
後藤さんのコーナーだったんだと思います。

でここからはAKBGはメドレーに入るのが通例で、
大分公演でもしっかりお約束のように他グループ
の有名曲を利用した13曲のメドレーを入れて安易に
エンディングに向っていたんですが、

AKBは1番しか歌わないと陰でバカにされている
のをしっかり受け止め、
今回はそれを大幅に進化させて、他人の曲ではなくHKTの曲で
メドレーじゃなくフルで披露してきたことに
アーチストとしての考え方の変化を感じ、
安心しました。

(私が指原氏に
「大分公演のセトリ
は素晴らしい内容だったのに、また元のHKTていうかAKBG

前半全員で派手目の曲で勢いをつけ、
中盤は休憩も入れながらユニット曲で
お茶を濁し、後半初めで賑やかしを入れて、
後半は有名曲のメドレーで終了させて
終わりっていうコンサートに戻っちゃったねw」
って言ったのも指原氏のハートに火をつけた
のかも知れないですねw)

で最後に私は未来の扉を希望していたんですが、
HKTのセトリはその時の劇場公演の
内容に非常に左右されるので、
今回はパジャマドライブの白いシャツ
から始まり、怒涛の盛り上げ曲のみで
最後まで貫き通したんで、
横浜アリーナは最終地点ではなく、
年末に向けた単なる通過地点だということ
を印象付けたかったのかもしれませんね。

HKTのコンサートの構成力の成長を
垣間見れたことはうれしいことですが、
でも私はこれを見て行きたかったかと聞かれると
8000円払ってまで行く価値はなかったですね。

HKTの曲が増えたんですが、HKTは全て私の大嫌いな
安易な子供向けユーロビートばかりなんで、やられても
チケット代が無駄に感じるし。

前半のユニット曲も全く好きな曲はないので
眉間にしわが寄るばかり。。

アンコールのHKT48からスキスキスキップからメロンの流れも
飽きたし。

劇場公演楽曲って公演の構成の流れで光り輝くように
セッティングされているのでよほどの曲じゃなければ
バランスよく並んでいるところから一つだけ抜き出して
訳の分からない場所にぶちこんだところで
単なるチープな製作費を惜しんで制作された
楽曲としていじめられっ子が無視されているような
状態になってしまうんでかわいそうなんですよ。
だって私HKTの3周年劇場公演blu-rayは購入して
感動していますからねw

指原氏の水着もおまえらおっさんの為に見せてやってる
んだからしっかり見ろよエロおやじって笑顔の裏で
つぶやきながら見せてるのがわかるんで、逆に
腹が立つし。

というわけで、

顔や身体や性格が大好きで、
HKTがやることならなんでも受け入れる
ような普通のアイドルファンではなく、
顔や身体では選ばず、パフォーマンス内容
で決める、

nanocuneをやるHKT

HKTをやるnanocune
だったら、
nanocuneをやるHKTを選択するような
楽曲派としては8000円払ってまで行かないほうが
良かったと思えるコンサートでしたね。

広告

ザ・ピースのHKT48バージョンとモーニング娘。9人オリジナルバージョン 配役比較。

標準

安倍 多田
hkt0
mo0
石川 田島
hkt5
mo5
後藤 指原w 歌唱力もダンス能力も激しく劣るのにずるーい、指原氏。
hkt2
mo2
矢口 朝長
保田 松岡
hkt1
mo1
飯田 森保
吉澤 村重
hkt4
mo4
加護 宮脇
hkt3
mo3
辻  秋吉

石川さんの

「お昼ごはんなに食べたんだろう」

のくだりの後はぐだぐだでしたね。

これ、会議のイメージですが、まず指原氏が発起人だと思うので
私にゴマキやらせてよと言って全員無言で決定www

多田さんは年長者ってことでなっち。

田島さんはオーディション受けるほどハロヲタなので
りかちゃん好きだったってことで石川さん。

森保さんは特にこだわりないがしゅっとしてる系ってことで飯田さん。

辻加護は幼いロリ系コンビだと思うんですが、
単純にお姉さんが加護で宮脇、若いのが辻で秋吉だと思います。

村重さんはこだわりないがただハーフっぽいてことで吉澤さん。

松岡さんもこだわりなくて残ったので保田さんw

朝長さんもやりたがるひとがいなくて残ったので矢口。

て感じだったんじゃないかと思います。

しかし、保田推しの指原氏には保田さんをやってほしかった
のが私やハロヲタの総意だと思いますね。
大多数の観ている人にはわからないけど、保田さんやってれば
わかるひとには評価がうなぎのぼりになったんじゃないかって
思うんですよね。。

唯一ここが残念な部分でしたね。

いやあ面白かったwww

また面白いことがわかったら報告します。

最後、オマケ!

mo6

hkt6

2014.03.21 「HKT48九州7県ツアー~可愛い子には旅をさせよ~」最終福岡公演のサプライズを予想してみる。の内容と答え合わせ

標準

おにゃん子ととんねるずと予想したんですが、
おにゃん子は的中しました。

早見優とか山口百恵とかピンクレディ
はハロプロがやっているので普通だと
思って予想からあえて外したんですが、
結局ふたを開けてみれば
そこらへんのベタなところを
きちっとやってきましたね。

とんねるずやったら面白かったんですが、
指原氏、秋元氏、とんねるず、AKSの元とんねるず
スタッフ(松村匠氏とか)の繋がりが強く伺える
からそうするとまーた指原氏が叩かれる気がするので
今はやれないでしょうね。
やるとしたら指原氏のソロイベントとかでしょうね。

で大喜利は初日と同様やりました。

ここでがっかりしたのは、田中菜津美が
東京の仕事を寝坊で何本か失くしたと
言っていたことですね。

私はこういうの大嫌いで、地獄をみた有吉さんは
もう辛い経験はしたくないということから
仕事には数十分前に絶対楽屋に入ることを
徹底しているということだし、
まあ後輩の指原さんもたぶんそういう流れを汲む
人なんじゃないかと思います。
有吉さんに見切られてはお先真っ暗ですからね。

でも田中さんはまだ義務教育中なので仕事の
責任を負わせるのは間違いですから、
高校卒業したらこういうことは絶対なくすように
して欲しいと思いますね。

マジスカ学園のHKT版パロディも結局ラストボスが
秋吉ちゃんということで幕を下ろしました。
最後には村重、中西の2人でダチョウさんの
仲直りネタを完遂するまでに至りました!

これはコント力、演技力の養成に繋がっていく
と思うので形は変わっても良いので
ぜひ続けていって欲しいと思います。

なこみくと指原氏のじゃれあいも飽きるほど観ました。

で今日当たりは次の展開になっていて、
なこみく世代の前の秋吉ちゃんとかがすね始めて
いるんで、ごり押しのなこみく、反抗する秋吉、
崩壊寸前の中西、村重、谷のバラエティ班トリオ、
単独で指原氏にピンポイントで戦いを挑んでくる山本ちゃん、

今日の公演をみていて、HKTの最近の動向を
全て感じ取れた気がします。

私の助言としてはHKTも大きくなりつつsりますので、
外部のブレインを入れたほうがより面白い企画を
ひねり出せると思います。
例えば福田雄一氏のような人を、ももクロのオークラ
氏のような感じでHKTのブレインに入れて、
より濃厚なよりおもしろい企画をひねり出せるように
したほうがよいんじゃないかと思っています。

サプライズについてはHKTはまだあまり慣れていない
気がして、
アップルやAKBは発表と同時にHPで発表します。

HKTは発表してもなかなかHPで公表されず、
だいぶ時間が経過した後に発表しているありさま。
ここらへんはすぐHPで更新して掲載するように
していかないと一流の仲間入りはできないと
思いますのでがんばって欲しいと思います。

今回サプライズはAKBの支配人しのぶさんが
発表したんですが、たぶん人事はしのぶさん、
他は指原氏が公表する感じなんでしょうね。

ということで、4月からの九州以外のツアー、
そしてその後はアルバムの発表がありそうな気がします。

思い出せる、総選挙、ドラフト、HKT紅白出場。

ももクロさんの時と戦略が大体似ていますね。

ハロプロ、AKBG、ももクロ、他の若手、
今年は忙しくなりそうですが、確実に
アイドルのスキルが向上している実感が
沸きつつあります。

いままでより深く考察してよりおもしろい
記事を書いていきたいと思っています。

2014.01.11-12 HKT48 九州ツアー大分公演のテレビ放送の状況の詳細。

標準

総合的にみて

フジテレビは、アイドルものに強いめざにゅ~とめざまし。

日本テレビはAKBと関連の深いPON!で放送がありました。
ZIPもたぶんあったと思いますがいつもめざまし以下の内容なので
飛ばしました。

番組別の詳細

めざにゅ~

めざにゅ~、PON!はおおよそ同じ内容で、
ザ☆ピ~ス!
のイントロで始まり田島、指原、朝長のブランコシーン、
「かーんーどーうてーきーなこーと~」と歌う指原氏、
次に大分県知事とHKTバックの指原氏の映像にかわり、
本人のコメントシーンを抜粋し、

「指原氏がザ☆ピ~ス!の選曲に関わったことを明かし、
「指:前回の武道館コンサートで公式ライバルとされている
乃木坂46さんの曲をやらせていただいたときに、
これをできるのはHKTしかいないねってたくさんのスタッフ
さんに言っていただいて、だったら、日本中の誰もが
知っているザ☆ピ~ス!がいいんじゃないか、、、」
と説明しました」

と報道していました。

余談:

ここで言いたいことあるんですが、
指原氏はザ☆ピ~スが一番有名と言っている
んですが、モー娘。で一番有名な曲ってことで考える
とき、普通は恋愛レボリューション21だと思います。

数日前のレポートでも言ったんですが、
こういうなにげない発言から、指原氏は
知らないうちに少し世間とずれている自分の
マニアック、へそまがりなセンスの部分を
世間にさらしちゃっているところが
興味深いですね。

私も有名な曲と言えば恋愛レボリューション21
なんですが、有名でさらに好きな曲とさらに
フィルターを増やした場合は恋レボではなく
ザ☆ピ~ス!
になっちゃうんですよね。

逆に有名な曲という条件を削除し、
条件を大好きな曲のみにすると
I WISH
になります。

余談ですが、I WISHは聴いていると
ももクロのミライボウルを思い出します。
序盤バラード調で大きい空気感を
充満させていき、サビでその空気に
ビートを加えて大きな空気のうねりを
作り上げていく。

バラードを聴く時の
大きい空気感とダンスをするときの
躍動感でごっちゃにして、一粒で
2度おいしいみたいなお得感ね。

ほんとになにからなにまで指原氏とセンスが
ばっちり合うんで困っちゃいます。

本題に戻ります。

で数秒ずつ

それでも好きだよ!
恋チュン
メロンジュース

でまとめていました。

映像はやはり悲しいかな、
指原氏の抜かれるのが断然
多くて、これはHKTの今後の大きな
課題でしょうね。

僕が編集だったら指原氏の意向を汲み取って
指原氏以外のメンバーの映像を多く入れると
思うんですが、数字を優先させると、
指原氏中心にせざるをえない現在の
HKTの状況はいたしかたないところです。

めざまし

「大分のみなさんただいま~」
指原氏のどなりシーンから始まるが、
スーパーの大分出身という説明に、
まだ指原という名前だけで出身地までは
知られていないという事実が提示される。

このとき右上の
「さしこの推し曲は娘。」
の表示は、さすがの指原氏オールOKの僕も
実際にテレビ局が表示すると
引いてしまっている自分がいました。。

ちょっとやりすぎかなあ。。
フジテレビ。

メロンジュースを流しながら数十秒
大分県出身の指原さんとナレーション
している。

次は乃木坂のガールズルール。
下には
「AKB48公式ライバル 乃木坂46」
のスーパー。

もう完全にここまで来ると、劇場公演の延長として
のいつものHKTの紹介ではなく、
HKTのアナーキストな部分がフューチャーされて
いる感じですね。

HKT観に来れば非現実的体験が出来る的な
宣伝になっている感じ。

しかし、抜かれるのは短時間、それも有名人は
指原氏のみ、しかも九州のみのツアーなので、

HKTの幹部と指原氏が、
太田プロのダチョウ倶楽部先輩に習い、
つかみはOK的な感じで、
今回はほとんど武器が無く手ぶらに近い装備のなかで
どれだけインパクトを残せて、どれだけ
広く噂をとどろかせることができるのか

を目標にしたイベント、機会と捕らえていたとしたら
成功したんじゃないかと思います。

最後にめざましは私の読み通り、
別枠でコメントどりされていました。
いや1日目が大分県知事との映像で
2日目が普通にこれだったのかな。
ちょとわかりません。

DSC_0171

「もちろん私がハロプロ好きなのも
あるんですけどお~~~~、、、、

今回のツアーではもっとHKTにしかできない
ことをと思ったときに、48グループ以外の盛り上がる
曲を思った時にザ☆ピ~ス!だって思ったので、、、、」

ここでハロプロ(モーニング娘。)
て修正してあったんですが、

めざましスタッフ!違いますよ!

ハロプロはハロプロですよ。

モーニング娘。はあくまでハロプロの中のいちパーツ
ですからね。
指原氏のコメントを勝手に知ったかぶりでいじらないように。
そういうことをして一番迷惑なのはいろんな罵詈雑言を
浴びせられる指原氏ですからね。

ただし。。。
悪いところもありましたが、それを補って余りある
ことがありました。

めざましテレビはももクロの報道も天下一品なんですが、
今回のHKTの大分の報道内容も素晴らしかった。

最後に唯一、HKTにとってのももクロのあの空に向かって
だと感じている、
未来の扉
の映像を10秒もしっかり取り入れてきたんですね。

これにはめざましのアイドルセンスはやはり普通じゃないと感じました。
恐れ入りました。
指原さんも機会があったら感謝しておいてくださいね。
未来の扉入れてくれてありがとうと。

で最後は2日目の上半身スーツの指ヶ崎支配人wの組閣
シーンですね。

ここもめざましは知ってるなあって思ったのが、
きちんとチームKVI多田愛佳と入れて
らぶたんこと多田さんのリーダー任命シーンを
抜き、さらにそれは研究生から昇格したチーム
という説明を入れていました。

疲れたw
ここまでやるのは私くらいだろうな。
まだだれも知らないももクロの熱を伝えるのに必死だった
ころ、あまり流れないももクロの情報の
どんな微細な情報もそこから何十倍もの
情報を読み取り伝達してきた経験が
役にたっているw

あなたもまとめなんかで満足しているうちはまだまだですよ。
もう少し情報入手に努力してみて下さい。
楽しい明日が待ってますから。

HKT48 2014九州ツアー 大分 指原氏率いるHKTが考えうる現時点で最強のアイドルのライブで可能な限り理想と現実を近づけたライブでした。

標準

12:00
まず、影ナレは指原氏。

もう読みなれているはずのなんのことはない
注意事項だが、普段あまり間違えないのに
間違えまくっている指原氏。

今年はこのツアーから初めてHKTの若いメンバー達を
12月には紅白に出ないと、出してあげないと
いけない。

全責任を背負い込む勢いでツアーを
覚悟している心情が読み取れた。。

一曲目。
で指原氏の宣言通り、すごい変化球をぶちこんできた。

さすがの2ちゃんでも読みはサシハラブ止まりだった。
全世界で誰一人(つんく以外)ザ・ピ~スは読めなかったはずだ。

セーラーの水夫衣装は2曲目と繋げてきたので問題は無かった。

あとでセトリを入手して詳しく解説していきたいと
思っていますので、今は指原氏用に
心に残った、引っかかったシーンを
まとめていきたいと思います。

MCやライブ中、歓声より笑い声で充満して
進んでいくいつものHKTのライブですが今回
笑いが増えていたきがしました。

マジスカネタで、村重、ちょり、多田軍
でけんかして、指原が横から指原PRIDE
の口調で止めに入り、

ちよりと指原のダチョウネタからのキスw

よっしゃぁ~ いくぞぉ~!in 西武ドーム
でやったやつの縮小版ですね。

指原氏の抱きつきは今日も絶好調。

SDN曲で指原氏がエロ役全開で、
指原PRIDEのこじはるいじりのエロ指を思い出させてしまい、
なぜか笑いがおこる会場w

曲中秋吉ちゃん1人ステージであぐらをかいて歌うシーンも爆笑w

上記の3軍の抗争のあと、おならのように
谷が登場し、しゃべるだけで笑いが起こる会場w

そして、次はボスを呼んであいさつを済ませたあとは
大喜利企画だったんですが、ここでも私はハロプロ臭
を感じて1人で感動しておりました。
このように

berryz大喜利

大喜利のライブへの導入はハロプロの専売特許でしたが、
ここでも指原Pは貪欲に良いものを取り込んでまいりました。

(ももち!お前だよ!www関係ないですがおもろいシーンですねw
このももちのポジションに今日は植木がいましたw)

あとトロッコでアリーナの観客席の間を移動していたんですが、

20140111HKTトロッコ
これもジャニーズ経由のももクロ経由のHKTですね。
恥ずかしいプライドを無くし、貪欲な良いものは取り入れる指原氏、
素晴らしい。。

内容は安定したMCのボスが印象的でした。
秋吉、植木の二人をすべりキャラブラックキャラに仕立て上げ、
さくらたんをかわいいキャラに仕立て、
ブラックキャラから座布団を巻き上げ、
さくらたんに全てまわす演出をアドリブで
敢行している光景には驚きました。

笑いの部分としてはそんな感じで、感動の部分は、

まず1曲目のザ・ピ~スですね。それも初期メンバージョン。
まああまり深い意味は無いでしょう。
短期間でフォーメーションダンスは習得不可能ですからねww

で繋ぎは2013年の武道館の雰囲気で、
ヲタの評価が特別に高くて現在も伝説と化している
AKBのひまわり組が多く、
あとは、
HKTが劇場公演でかけてきた

チームH
手をつなぎながら:2012年3月4日 – 2013年2月17日[14](276公演・チームHとしては200公演)
博多レジェンド:2013年3月1日 – [15]
(タイトル未定):未定 – [35]

研究生
手をつなぎながら[注 7]:2011年11月26日 – 2012年3月2日(76公演・チームH 1st stageに移行)
PARTYが始まるよ[注 8]:2012年9月30日 – 2013年11月5日[36](218公演)
脳内パラダイス:2013年11月17日 –

ひまわり組
パジャマドライブ:2013年11月2日[37] –

以上の曲からあまりライブで使用されない曲、

そして指原氏らしい、全てのアイドルを肯定した上で
全ての曲を同じテーブルに並べて選曲し、
ライブで現在使用可能な曲を選出した曲たち。

日テレ毛利P関連番組で仲良くなった乃木坂、
指原の乱でおなじみみるきーを通して仲良くなったNMB、
昔から親交が深いW松井がいるSKE、
そして、私がお笑いとシリコンに魂を売ったことと同様、
アイドルに魂を売った指原氏が特に熱を入れている
ハロープロジェクトの面々。

私が
現チーム4で小嶋真子に行かず高島祐利奈、
berryzではももち、
モーニング娘。では道重
に行くのと同様、

指原氏もモーニング娘。では保田氏、
berryzでは熊井、
現モーニング娘。では鞘師に行く、

へそまがりな人間だけが分かる
AKBGでも隙間をついた観ている人の
こころのスキマをついてツボをくすぐる感じの
ネガティヴな人だけがわかるようなw
日の当たらないところに光りを照らすような選曲でした。

AKBひまわり組のCD化されてない
RUN RUN RUNは指原氏以外
だれもやらないでしょうw

笑い、選曲、あとは芸術性ですが、

森保さんがTEPPENという番組で松井咲子さんに
挑むために、小さいころからキャリアを積んできた上に、
さらに錆付いていた技術を復活させるために
昔からの先生に合宿して習得した技術で
数曲を、完全なピアノ向けのアレンジでフルピアノ演奏
をしたシーンが芸術的でした。

あとはオマケ(ちょりごめん!)
で安定の美術館の高価なつぼのマネをひさしぶりに
ぶっこんでシーンとさせていました。
ちょり、錦糸町で1人声出して笑ってフォローしてやったぞ。
恥ずかしかったぞおwww

私の感動が最高潮に達したのは

アンコール前にここで私しか唯一神推ししていない

未来への扉
を、しかもインタールードの二人で手を繋ぎ
後ろから前に順々に出てくるシーンを、
1人づつ手書きのメッセージをモニターに映して
中会場向けに演出を変えてきて、
それを全身で受け止めている時がひとつ。

アンコール一曲目で
ロックだよ、、、人生は
がかかったとき、ここで私しか神推ししていない
ので、私の為にやってくれてるのかと錯覚
して思わずうなり声をあげてしまい、
1人で号泣して拳を振り上げていました。

指原氏、HKT、AKBGの関係者、そして
ハロープロジェクトの関係者様、
アイドル界のさらなる発展のための
指原氏の前衛的な行動に対する
あたたかいサポートについて
深く御礼申し上げます。

そして、HKTのヲタの方々、
ありがとうございます。

指原氏は先輩がどんどん辞めていき、
自分がひっぱっていく立場に置かれつつあり、
そういう立場に置かれていた先輩の大島さん
他と充分話し合いを行い、
それに準じた範囲内でアイドル業界のさらなる
発展の為に、今年からなりふりかまわず
自分を犠牲にすることも覚悟して、
大島さんが認める変わったセンスを持つ指原氏
自身のセンスを信じて活動を開始して
おります。

アイドル界の関係者の方々、
彼女は全てのアイドルを大切にするひとです。
是非彼女を助けて差し上げて下さい。
いろいろな面白い未来をきっと見せてくれると思います。

指原氏をどうかよろしくお願いします。