カテゴリー別アーカイブ: 駒田京伽

HKT48駒田京伽、通称ぴーちゃん激似のAV女優

標準

今まで何回か観ていたけど全然気づかなかった。

宮崎と宮崎で興味深く知るようになって、
改めて見比べたらそっくりでびっくりしました。

上原亜衣さんです。

cz-014%e3%83%a4%e3%83%aa%e3%81%99%e3%81%8e%e7%94%9f%e4%b8%ad%e5%87%ba%e3%81%97%e6%80%92%e6%b6%9b%e3%81%ae%e5%8d%81%e7%95%aa%e5%8b%9d%e8%b2%a0%e4%b8%8a%e5%8e%9f%e4%ba%9c%e8%a1%a3

ぴーちゃんの方がスタイル良いと思います。

%e9%a7%92%e7%94%b0%e4%ba%ac%e4%bc%bd%e7%94%bb%e5%83%8f

上原さんは美人女優として扱われてますから、
ぴーちゃんも美人だということは間違いないですね。

ちなみに私は上原さんは体形が好みじゃないのでなにも感じない
です。すいません。

ちなみにピーちゃん情報として、、

ライブの時は視線は客に合わせられないのでPA卓をずっと見つめているそうですw
(2016.11.24 HKT48 5周年祭りより)

さすが、筋金入りの人見知り野郎、指原氏率いる
人見知りアイドル集団HKT48の、
指原氏と誕生日が同じ駒田さんですね。

私もコンサート観ている時、視線を合わせられないので、
こっち向いたときは首から下に視線を切り替えます。

アイドルの方も、目線が合って歓喜してる奴らもいれば、
こういう奴もいるってことで知っておいてください。

決して嫌いだから視線をそらしているわけじゃないってことを。。

あとなぜぴーちゃんなのか。
こまだひろか だから ぴーちゃん ですね。
最近まで気付かなかったバカw

HKT48 9thシングル「バグっていいじゃん」選抜メンバーを指原氏目線で考えてみる。+山本

標準

【9thシングル選抜メンバー】
荒巻美咲、井上由莉耶、今村麻莉愛、小田彩加、兒玉 遥、駒田京伽、指原莉乃、下野由貴、武田智加、田中優香、地頭江音々、月足天音、冨吉明日香、朝長美桜、松岡はな、宮脇咲良
(センター:指原莉乃)

まず「バグっていいじゃん」の由来は流行りもの好きの秋元康
ですから、当然、メイプル超合金の
「俺、バグってるよ。」
っていうセリフからですね。

ちなみに秋元康はゲームをやらないし、
現HKTメンバーで誰も知ってる人がいない、、
アラフォー的には安定ネタの
「高橋名人のBUGってハニー」

bug%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%83%8f%e3%83%8b%e3%83%bc

からじゃないことは確実ですw

そして、
「バグっていいじゃん」
てことで、コミカル系楽曲なので、
その趣旨に沿って選出した
っていうことも言えると思います。

メンバー名、所属チーム、コメント

井上由莉耶(Team H) H、KIVのアンダー、ひまわり組で公演で活躍。
兒玉 遥(Team H) AのサブからKの主要メンバーに抜擢。AKBとHKTのイベントで大活躍。
駒田京伽(Team H) H、KIVのアンダーで公演で活躍。HKTバラエティー48で大活躍。
指原莉乃(Team H) AKBの仕事は一通りマスターし、AKBG全体の広告塔として自分を犠牲にして活躍。

下野由貴(Team KIV) Hのアンダー、KIV、ひまわり組で公演で活躍。HKTバラエティー48で大活躍

150531hkt%e3%83%90%e3%83%a9%e3%82%a8%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc48

田中優香(Team KIV) 公演、水着グラビア
冨吉明日香(Team KIV) KIV、ひまわり組で公演で活躍。HKTバラエティー48で大活躍。
朝長美桜(Team KIV) Bから4の主要メンバーに抜擢。AKBとHKTのイベントで大活躍。
宮脇咲良(Team KIV) 倒れるほど活躍。それでわかるだろう。

荒巻美咲(Team TII) KIV、TII、ひまわり組で公演で活躍。HKTバラエティー48で活躍
今村麻莉愛(Team TII) KIV、TII、ひまわり組で公演で活躍。HKTバラエティー48で活躍。「あまめーー!」
松岡はな(Team TII) 辞退者続出のバイトAKBを辞めなかったことから精神力が凄いことが汲み取れる。特技は「ダンス」のみ。

小田彩加(研究生) 小田、武田、地頭江でAKBの三銃士のHKTバージョンですね。
武田智加(研究生) 小田、武田、地頭江でAKBの三銃士のHKTバージョンですね。
地頭江音々(研究生) 小田、武田、地頭江でAKBの三銃士のHKTバージョンですね。
月足天音(研究生) 指原氏の支配人権限でHKTの新製品の営業として選出ですねw

えーとまずこうやってまとめると、
キチンとチーム別に平等に選出していることが
わかります。

あと今回HKT内でtwitterの裏アカウント問題ってのが発生し、
裏アカウントを所持していたメンバーを
選抜から除外したようです。

総選挙の順位を一度打ったんですが、
下野、田中あたりまで調べた時、
圏外ばかりになって来たので
こりゃ関係ないなと確信して
削除しました。

まあでも逆に指原氏が総選挙をメンバーの
リアルな実力だと考えていないことが
わかって安心しました。

しかし無関係っていうわけじゃなくて、
ファンに向かって、お前ら見る目がねーなー
って上から目線で下野さんとか圏外
メンバーを選出しているところも
指原氏の素晴らしいところですよね。
AKBの埋もれている楽曲をHKTに持って来たり
しますからね。

次にHKTを知らない人のためにAKBに
置き換えてみます。

でAKBで言うところの
お姉さん系のチームAがH、
ロリ系のチームBがKIV、
フレッシュ系のチーム8がTeam TII、
って感じですね。

チームKと4は該当なしですね。

そして選出方法ですが、
指原氏の立場で考えてみると、
個人個人で違うと思います。

まず、基本知識として、1を頂点として
10を底辺としたピラミッド型で、
下に行けば行くほど人数が多くなっていきます。

また、どんなひとでも教えられたとおりに
がんばれば行けるレベルっていうのが
4程度だと思います。

3以上はその人のがんばり次第っていう
かたちになるんじゃないかと思います。

だから、

1が最高で10が最低だとすると、
5を維持した人より、
10から5になった人のほうが選出
される気がします。

まあ4以下の場合はそういう伸び率重視だと
思いますが、3以上の人場合は
0.1でも向上したと認められたら
選出されるんじゃないかと思います。

そしてそれは暇があれば公演や
HKTのバラエティ番組をチェックしている、
指原支配人とHKT劇場関係者の現場の声によるところが
おおくなるんじゃないかと思います。

でもこの選抜メンバーっていうのは、所詮
AKSという企業のビジネスなので、

全員が全員
シビアな基準で選出しているわけじゃなく、
あくまでHKTの宣伝材料として使用しているため、
子供向けアニメの主題歌の曲だから若い子が必要
ということだけで、
今回の月足さんや、HKT三銃士のようなことも
起こりうるということを理解しておくと
いいと思います。

~最後に山本茉央さんについて指原氏へお願い~

しっかし、指原は山本茉央をなぜスルーし続けるのかね。

おまえビビってんのか???この染髪ケツ出し孤独女。え?

160925hkt%e3%83%90%e3%83%a9%e3%82%a8%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc48

あんだけドラフトでお熱だったのに、
指原ができないバンジーも面白くこなしちゃったし、
顔芸のみだった指原が出来ない自分発信のギャグもこなせちゃう
から、怖いんだろうなwふふーん。

まあ、二人で出演したら完全に指原を食っちゃうのは目に見えてるもんなw

容姿と面白さのバランスから考えたら指原氏の後継は
山本ちゃんしかいないんだからバラエティキャリアを
積ませて育てて下さいよ。
バラエティー48のダンスだけじゃ勿体ないです。
よろしくお願いします。

HKT48 2016春ツアーサシコドソレイユ コアヲタ用解説

標準

商品仕様:Blu-ray6枚組
・Disc1 2016.2.24 国立代々木競技場 第一体育館
・Disc2 2016.3.30 マリンメッセ福岡
・Disc3 2016.2.6 日本ガイシホール[昼公演]会場ビジョン出し映像
・Disc4 2016.3.20 ワールド記念ホール[昼公演]会場ビジョン出し映像
・Disc5 特典映像:寸劇「志恵唐鹿女子商業」完全版(2016.2.6 日本ガイシホール / 2016.2.23-24 国立代々木競技場 第一体育館 / 2016.3.20 ワールド記念ホール / 2016.3.29-30 マリンメッセ福岡)
・Disc6 Making of HKT48 春のライブツアー~サシコ・ド・ソレイユ2016~

楽曲部分の構成的にはAパターンとBパターンを使いまわしでした。

セトリについてはHKTのシングル曲をメインに、他グループの曲をはるっぴ
や咲良、他のメンバーと話し合って決めたような感じの内容でした。

マニアックなところは本体のAKBでもやらない曲を入れてくる
感じでそれがより増えています。

構成的にも中盤にコント、そしてメドレーになだれこみ、終了といつもと同じでしたね。

で合間のコントやトークライブ

の充実ぶりは相変わらずで、
こちらはお笑い志向のメンバーが企画構成のアイデアを
出してつくっているのが話を聴いていて伝わってきて
あったかくなりました。

ヤンキーネタのコントは新章に突入していましたが
基本は同じでしたねw

でblu-rayでは全回分のコント部分が収録された
Discが付いているんですが、それだけHKTが
この部分に力を入れているんだということを
再確認させていただいて安心しました。

コントを全8回分観てやはり8回いろいろ違いがあるのが
面白かったです。福岡より東京の方が盛り上がっていたのがw

まず神戸で2回やったんですが、まだ最初の咲良とはるっぴ
の喧嘩部分の指原氏の対応が台本通りでした。

これを観て次の東京代々木を見ると、マイナーチェンジ
して指原氏が台本を自分なりに現場の状況に合わせて
対応を変化させてきました。

まあ指原氏は決まったことや、同じことを繰り返しやることが苦手ですからw
この流れは分かる気がしますし、私もその考え方をするから
こそ指原氏を推しているわけだからねw

初回の神戸はHKTの作った台本通りのコントを
体験できたってことで、あまり笑いもなく
HKTの想像通りのものだったんじゃないかと思います。

その流れで次の東京を観ると、驚きました。
その導入の喧嘩部分で指原氏が最初から2人の
横にいて、台本にないアドリブを追加して
会場が大盛り上がりしていたんですよ。

しかもそのネタがAKBローカルなネタが多く、
客を信じてどんどんぶっこんできて、
その信頼に客が応えて大きな笑いとして
その都度返されていくわけです。

ここでなぜか考えたんですが、
東京の次の名古屋と福岡はそうでもなかった
んで、HKTの代々木単独というのは初挑戦の
大会場でだから当然マスコミとかVIPとかが多く来ているし、
ワイドショーとかに取り上げられるし、
ここで評価されてしまうところもあり、
ラジオの聴取率週間のような感じで
試金石になっているので全力で
笑いをとりにきたんだと思いますね。

でここで面白いことに気付いたんですが、
福岡より東京の方が客のレスポンスが
熱かったことです。

その理由を考えると、まあAKBは秋葉原で誕生しました
ので当然東京の人が一番AKB歴が長い訳です。
軽く10年のキャリアがある人がいます。

福岡や神戸や名古屋は所詮まだ数年ですよ。

だから当然AKBの現場でのコールや対応、レスポンス
は星の数ほどこなしてきている人が多い訳です。

それがお約束通りの楽曲用ならだれでもできるんですが、
コントのようなほとんどアドリブで対応しないと
いけない状況ではその差が歴然となるわけですよね。。

でHKTは人見知り集団で客のレスを結構気にするので、
その客が自分たちを受け入れてくれていると感じると、
調子に乗っていくわけです。

だから今回は相乗効果でその頂点が代々木に
なってしまったんだと思いますよね。

今回はVTRネタが無くなって、田中菜津美と指原の
トークをラストの前の一番客が疲れているところに
もってきて、
もう少し早い時間帯の出し物はHKTバラエティー48の
レギュラー陣が大活躍で

160724 HKTバラエティー48

自作感満載の企画で
劇場公演とかバラエティー48の雰囲気が感じられて
誰も手を加えていない感じでお笑いメンバーヲタ
にとっては充実した内容でした。

出演者について

出演者は日にちによって村重が出たり出なかったり
してます。

前記のお笑いコーナーについてもその影響が
多大に影響していて、
村重が出ているときと出ていないときの盛り上がりの差が
ありすぎて、以前は明太子だけだったんですが、
最近は村重がいるいないで盛り上がりが全然違う
のですごい実力つけてきたなって肌で感じました。

ちなみに今回一度もめんたいこはやりませんでした。
まあトークが面白いから誰も必要としなくなった
というのが真実だと思いますね。

ネタかどうかわかりませんが、、
話の中で、NMBで1年滑り続けたからHKTに復帰
したといじられていましたが、
それももしかしたらお笑いのパワーにつながっている
のかも知れませんね。

あと今は指原氏が中心なので、指原に合うか合わないか
で、村重や田中菜津美が盛り上がってますが、
もし指原氏が辞めて中心が変わった場合は
それが大きく変わりそうなのが怖くもあり
楽しみでもあります。

今のままかも知れないし、今埋もれている逸材が
頭角を現してくるかもしれないし。

物事には陰と陽があります。

モーニング娘。の道重さんを考えるとわかりますが、

現在の指原氏に集中している光が、いなくなると
分散されるので、もしそれが楽しみになるくらいに
後輩の力が伸びてきたと感じた時、
指原氏は卒業するんだと思いますが、、

今回の公演を観ていても頻繁に指原氏が
未だに助け舟を出しているので、そこまでの
信頼感をまだ後輩に対して感じてない気がするので、

ちょりと谷をHKTに戻す条件が整い、完全なHKTが
復活した時、指原氏は卒業するような気がしています。

 

気になったメンバーのコメント

指原氏が最終の福岡公演冒頭で、客がたくさん入っていて
安心したと言って笑ったんですが、
まあ現場報告でも空席祭りな情報は上がっていたんですが、
それを公式に認めたような形になってしまった感じですね。

あとは、楽屋で田中と指原は一切しゃべらない状態で
トークライブやっていると暴露していました。

あとはバラエティー48出身メンバーで言うと、冨吉と植木と村重と
秋吉ちゃんはお笑いの部分でのメインキャラクターに
成長していてホッとした半面、
駒田ぴーちゃんがいまいち出てこないのが気になりましたね。
ぴーちゃんは潜在能力半端ないと思うのでぜひ
上記の輪の中に加えて行って欲しいと思います。

最後に、HKTのライブは九州で是非体験したいと思いましたね。

劇場でもコンサートでもいいので九州、可能なら福岡じゃないと
額面どおりのHKTは体験できないんだなって感じましたね。

といった感じです。

でも私は楽曲が自分の好みじゃないので今はコンサートは行きたくありませんけど。
今の私は後日DVDを買って楽曲以外の企画コーナーだけ全部観るほうが
充実しますからね。

今Hakata百貨店を観ると当時の数倍楽しめますよ。

標準

最近Hakata百貨店の初回と2をDVDで観てます。

茶髪化した最近は腹が立つので顔を見ないようにしているんですが、
当時は全員黒髪だから安心して顔を見れてw
ピュアな気持ちで楽しめるのが嬉しいですね。

というわけで、当時の数倍という理由ですが、
この番組の放送当時はまだHKTが1周年という時期だったので、
参加メンバーは1期メインで2期が数人混ざった状態で
収録されていました。

一番最初に気付くのは後ろに植木いたんだってことでしたw

私は当時AKBは嫌いで、当然FCにも未入会で、
劇場公演も楽曲も全く興味が無いけど、
指原、村重、中西のお笑い能力に惹かれて
HKTをチェックし始めた感じで、
一期生もまだ十分覚えていない状態でしたので、
本当に新鮮なんですよね。

で当然村重、ちょり、ちょりのコンビ的ポジションで谷、
指原の出演シーンはまあここでこう言ったよねって
覚えているんですが、2期生の発言や行動について
は全くといっていいほど記憶にないけど、
現在は2期生あたりまでは把握してきたので、
私にとってはHKTの1軍が全員出演している状態なので、
全部のシーンが100%楽しめるわけですよね。

逆に当時は70%程度しか楽しめていなかったっていう
ことも分かったっていうね。

まあこういうことはAKB本体でもありまして、
有吉AKBで研究生として高島とか西野とかが出ていて、
それを現在見ると、当時は全く無名のメンバーだったから
表面的な面白さしか理解していなかったけど、
性格や人間性がわかってきた現在、当時のシーンを
観ると、今はこう言っているけど昔は違ったんだなとか、
今はこうだが、それは昔から主張していたんだな
とか、より深いレベルで心に刻み付けることが
できるわけですよね。

ちなみに植木、当時ははきはきとしっかり普通にしゃべっていたんですよね。
それをみて、現在の植木は作ってるなあって気付いたのが面白かったですねw

あと駒田ぴーちゃんもデビュー当時は指原風なキャラで普通に美少女で
面白いです。

宮崎と宮崎の進化形。宮崎と宮崎と宮崎と宮崎とは。。

標準

AKBG先端バラエティ2トップのひとつ、有吉AKBと双璧をなす
HKTバラエティー48から
生まれた宮崎生まれの干され系宮崎出身メンバーの
まさかの化学反応コンビ、宮崎と宮崎こと駒田氏と冨吉氏。

である日アメトーークを観ていると永野氏とオカリナ氏も宮崎
タレントだったことを思い出した。。

ここでHKTヲタの私の脳裏に浮かび上がったものとは、
この4人がHKTのコンサートでトークしている映像だった。。

宮崎「冨吉明日香」と 宮崎「駒田京伽」と 宮崎「永野」と 宮崎「オカリナ」w

宮崎と宮崎と宮崎と宮崎テロップ

宮崎と宮崎と宮崎と宮崎

また仕上げとして、このフォーメーションの司令塔にはコンバット満氏

コンバット満

を配置すればより完璧となるでしょう。

ではそんなことで

よろリンコ

よろリンコ!!!