カテゴリー別アーカイブ: 中西智代梨

2015.01.21 AKB48のオールナイト 中西と小笠原と島田氏、3人の相性が意外と良かった!

標準

がちゃがちゃするかとおもいきや、、

島田氏がMCで進行して自分を2番手に置き流れを作り出し、
流れからアドリブでスポーツマンらしいザキヤマさんのような
元気がよい笑いを作り出し、

中西ちょりがホリケンさんのように自由に、
事前によく作りこまれたネタで笑いをぶっこみ、

小笠原茉由がその2人を第三者的な観点から
観察して補助して解説して突っ込んで笑いを増幅させる。

島田氏のこの前の先輩の中にぽつんと入れられ
たときの存在感皆無の死にっぷりが信じられない大活躍でしたね。。

いやー、素晴らしかった。

これだけだと飽きるので、
今後は騒がしいばかりじゃなく、これにまじめな深いトーク
も入れられるようになると価値が上がっていくんじゃないかと
思いますね。

3人のセンスや個性を少しづつお互いに引き出し合いながら、
それに沿った深いトークも期待したいところです。

2014.05.08 AKB48のANN 中西氏全部の発言に落ちをつけ中西無双達成させた神回でした。

標準

全部のコメントに独特の中西アクセントで徹底してしゃべり、

中西ここにありという存在感を見せ付けていました。

 

聴いていてちょりがふざけるごとに

「ばっかじゃねーのwwwww」

って自然につっこんでいる自分に気付きますよww

 

中村さんと咲子さんというバラエティ班の両巨頭を相手に

こんだけ渡り合えれば文句無いでしょうw

2014.03.30 HKTバラエティ48 神スポンサーの好意でw中西智代梨谷真理佳ラスト回で暴露大会

標準

暴露1:

140330HKTバラエティ482

これは確かまりこさんも指原氏に考えてもらっていたようだから
結構こういうメンバーは存在するらしいです。。

140330HKTバラエティ482-2

コンバット満さんの的確な突っ込みw

 

暴露2:

セクシー系の暴露は村重氏が担当。
140330HKTバラエティ483-1

暴露されて村重氏を攻めるも、調教師に首ねっこをつかまれて、、

140330HKTバラエティ483-2

厩舎に戻されて

140330HKTバラエティ483-3

白い灰になる中西号でしたw

(暴露2ネタは優子さんとか結構ありきたりネタなんで載せる予定はなかったが、
この馬の反省画像が使いたくて、流れ目的で載せましたw)

暴露3:

これが今回一番盛り上がりました。
私も思わず興奮してしまいましたw

140330HKTバラエティ484

140330HKTバラエティ484-2

そして番組からのアドバイスは、

140330HKTバラエティ484-3

「いやーん!」www

照れる中西氏。

そしてさらに移籍記念で被せてくる村重氏ww

140330HKTバラエティ484-4

そして遂には赤面しながら村重氏に、、

140330HKTバラエティ484-5

最後に怒りのマスク全開!

140330HKTバラエティ485

ですが

140330HKTバラエティ485-2

インパクトゼロで終了しましたとさww


最後にサプライズが待っていました。

なんとスポンサーは

140330HKTバラエティ48

東京モノレールですよ。

九州ローカルの番組に東京モノレール。。

140330HKTバラエティ480-2
いちおうここに保管しておきますか。

hkt48_modal01
hkt48_modal02

これからもHKTをよろしくお願いしますっ!

2014.04.10 HKT48 珍しく指原氏降臨してます。 チームH 博多レジェンド公演 下野由貴の生誕祭

標準

中西智代梨、谷、がいないから出演回数
を増やすことにしたんでしょうか、
(最近谷はチームHとチーム研究生にかわりばんこに出ていて
SKEの方が楽なんじゃねーかってペースの毎日です。)

それとも、
単に帰ってきていたからなのか、

それとも、
下野由貴の生誕祭だったからなのか。

それとも、
レギュラーが数本終了して時間が空いたからなのか。

まあ多分全部あてはまるんじゃないかと思いますね。

鑑賞してあとでリポします。

少し観た感じでは、久しぶりなんでひとりノリノリで笑っちゃいましたwww

20140410HKT48指原

2014.03.11有吉AKB ワイプの指原氏と一緒にガチンコAKBクラブ AKB vs HKTを楽しもう!

標準

HKTが新曲を出したのでスケジュールが空いているうちに
指原氏と宮脇、ちょり、松岡、穴井を呼び久しぶりの
ガチンコAKBクラブです。

HKT側が先輩というていで、勝負をするんですが
普通に勝負するAKBにたいし変な方法を使うHKT。

で全部HKTが勝つ。

踊れというと踊らない。

自分から勝負しろと言ったのに帰ろうとする。

お気づきの方いますかw

そう。
全て太田プロ、指原氏の過去の発言
から引用したネタだったんですね。

指原氏はいいともでAKBになりたくても
踊りを練習しなくて良いと言いましたw

指原氏が自分から秋元さんを相談があると呼んだのに
30分後に仕事があると言って帰った。

っていうネタですねw

でこのVTR中、彦摩呂さんの顔のアップの場面、
なつが不良役で真剣に頑張ってる場面、
自分のネタの時の場面、

ほんと私が笑って欲しいっていうタイミングで
全部笑ってくれるんでほんと楽しいんですよw

でコーナー前の指原氏登場の場面で
有吉さんが研究生に向かって笑顔に
して、すぐ指原氏に向き直してブス
という技を繰り返し実行して指原氏を
必死に笑わせようとするんですが、
これに対しても、
笑の法則通りに、嬉しいと思いつつも、
一応怒り顔に一回なって怒ってから
笑うっていうキチンとしたリアクションで
素晴らしかったし、

自分の発言が引用されてると気付くと
他の人に分かりやすいようにきちんと自分から
食い気味に笑い始めて、有吉さんの
手をわずらわせないようにしてたしね。

あと成長していると感じたのは、
有吉さんの振りやコメントやツッコミに
きちんとひとつひとつ返しを入れて
いたのには驚きました。

話変わりますが、
最後の柏木さんの演出は有吉AKBスタッフが
笑いのためにわざとしっかり役作りさせなかった
気がしますね。

柏木さんはしっかりとした演技出来ますからね。

というわけで、

久しぶりに有吉AKBが指原という素材を
使えることになったので、指原PRIDE
の戦うという匂いを残しつつ、それを
流用できるガチンコという看板企画
を指原のために出し惜しみせず投入し、
ウハウハいいながら指原いじりの接待企画を
満喫した感じでしたねw

指原対柏木、指原対まゆゆも面白いんですが、
今後の有吉AKBのセンスに対する
お手並み拝見といったところですね。

AKBG組閣祭りの真実、核心について、真実はスタッフ陣による熱いAKBG愛に基づく素晴らしい企画なのに、スタッフ以外の人間全てがバカな為に額面通り理解されなかったのが残念で可哀想だった。

標準

組閣で一番大変なのはスタッフたちだと思う。

移籍したら出演料の権利変更、印刷物やグッズの刷新、
学生の場合は転校についてのサポート、
住居の確保、公的な書類の変更と届出、

他にメンバーに対するメンタル面のサポート。

現状維持ならほとんどやらなくても良い、運営に関係ない
猥雑なこれらの雑用をやらないといけないわけですよ。

そこまでして決定したわけだから、
生半可な決定ではなかったわけですよ。

メンバーを思っての決定だった訳ですよ。

自分から決めた人、
以前から移籍したいと言っていた人、
突然言われた人。

いろんな状態の組閣対象メンバーがいました。

組閣祭りの現場で、
AKBのため全力で寝る暇を考えずに仕事をこなし、
土日には12時間以上握手会を行い、
AKB人生を駆け抜けてきた大島優子が、
おもしろい、チャンスだからなんでもやろうと
言っていた。

普段はめったにかみつかないが、スタッフ陣が
あまりにも目に余る行動をした時にだけかみつく
仏のような大島優子が

メンバーを不安がらせないようにきを配り
必死に全てをポジティブにとらえ、
あかるくふるまって笑顔で言葉を投げかけていた。

大島優子だけがスタッフもメンバーも全員大変
だということを理解していたように思われる。

他のメンバーはスタッフは悪で、メンバーは被害者
と捉え、怪獣ショーで応援している子供のように
幼稚な洞察力で組閣祭りを批判していた。

なにもやらなかったら結局露頭に迷うのはAKBGのメンバーですよ。

スタッフクラスには他の仕事があるからAKBGが潰れても
メンバーほど被害にあわないんですよね。

AKBGのメンバーもヲタ達もいい加減にしろよ。

この辺ももクロさんたちは教育が良いから絶対文句言わない
で従うからすごいよな。

AKBGはまだまだ自分たちがどういう状況で仕事を
させてもらっているのか全然わかってない。

これからさらに厳しい場面に出くわします。

組閣祭りでいちいち文句言っていたら、そんな状況を
乗り越えることが出来ず、AKBGの船はきっと沈んで
しまうでしょう。

このままではメンバーが気の毒なので消える前に
メンバーに対する社会教育を徹底する必要が
あると思いますね。

AKBGの中では比較的業界を把握している
と見られていた指原氏まで組閣祭りにクレームを入れていたようなので、
この教育の問題は思っているより深刻だと感じます。

秋元さん以下、幹部スタッフの皆様、
早急に業界の基礎教育の対処
よろしくお願いします。

中身の無い投稿は嫌いだが今日は指原氏の写真があまりに素晴らしすぎるのでご紹介。

標準

20140222指原写真

HKT48のバラエティ班が全員入っている、
2014年2月22日ハートエレキ全国握手会
イン幕張での指原カメラマンよりの投稿写真です。

中西智代梨、村重杏奈、谷真理佳、そして手前に
隠れているのはわれらが指原氏でございますね。

HKTにとってバラエティ要素は根幹をなす要素。
この4人とたぶん山本ちゃんりこぴが引っ張っていって
くれるでしょう。

それか、まだ全国区のテレビでは指原氏の抜かれる
時間が圧倒的に多いところから考察するに、この3人の
知名度はまだいまいちなので、組閣祭りでここに加わるメンバーが
出そうな気がしないでもないですがどうなるんでしょうか。。

HKT48 2014九州ツアー 大分 指原氏率いるHKTが考えうる現時点で最強のアイドルのライブで可能な限り理想と現実を近づけたライブでした。

標準

12:00
まず、影ナレは指原氏。

もう読みなれているはずのなんのことはない
注意事項だが、普段あまり間違えないのに
間違えまくっている指原氏。

今年はこのツアーから初めてHKTの若いメンバー達を
12月には紅白に出ないと、出してあげないと
いけない。

全責任を背負い込む勢いでツアーを
覚悟している心情が読み取れた。。

一曲目。
で指原氏の宣言通り、すごい変化球をぶちこんできた。

さすがの2ちゃんでも読みはサシハラブ止まりだった。
全世界で誰一人(つんく以外)ザ・ピ~スは読めなかったはずだ。

セーラーの水夫衣装は2曲目と繋げてきたので問題は無かった。

あとでセトリを入手して詳しく解説していきたいと
思っていますので、今は指原氏用に
心に残った、引っかかったシーンを
まとめていきたいと思います。

MCやライブ中、歓声より笑い声で充満して
進んでいくいつものHKTのライブですが今回
笑いが増えていたきがしました。

マジスカネタで、村重、ちょり、多田軍
でけんかして、指原が横から指原PRIDE
の口調で止めに入り、

ちよりと指原のダチョウネタからのキスw

よっしゃぁ~ いくぞぉ~!in 西武ドーム
でやったやつの縮小版ですね。

指原氏の抱きつきは今日も絶好調。

SDN曲で指原氏がエロ役全開で、
指原PRIDEのこじはるいじりのエロ指を思い出させてしまい、
なぜか笑いがおこる会場w

曲中秋吉ちゃん1人ステージであぐらをかいて歌うシーンも爆笑w

上記の3軍の抗争のあと、おならのように
谷が登場し、しゃべるだけで笑いが起こる会場w

そして、次はボスを呼んであいさつを済ませたあとは
大喜利企画だったんですが、ここでも私はハロプロ臭
を感じて1人で感動しておりました。
このように

berryz大喜利

大喜利のライブへの導入はハロプロの専売特許でしたが、
ここでも指原Pは貪欲に良いものを取り込んでまいりました。

(ももち!お前だよ!www関係ないですがおもろいシーンですねw
このももちのポジションに今日は植木がいましたw)

あとトロッコでアリーナの観客席の間を移動していたんですが、

20140111HKTトロッコ
これもジャニーズ経由のももクロ経由のHKTですね。
恥ずかしいプライドを無くし、貪欲な良いものは取り入れる指原氏、
素晴らしい。。

内容は安定したMCのボスが印象的でした。
秋吉、植木の二人をすべりキャラブラックキャラに仕立て上げ、
さくらたんをかわいいキャラに仕立て、
ブラックキャラから座布団を巻き上げ、
さくらたんに全てまわす演出をアドリブで
敢行している光景には驚きました。

笑いの部分としてはそんな感じで、感動の部分は、

まず1曲目のザ・ピ~スですね。それも初期メンバージョン。
まああまり深い意味は無いでしょう。
短期間でフォーメーションダンスは習得不可能ですからねww

で繋ぎは2013年の武道館の雰囲気で、
ヲタの評価が特別に高くて現在も伝説と化している
AKBのひまわり組が多く、
あとは、
HKTが劇場公演でかけてきた

チームH
手をつなぎながら:2012年3月4日 – 2013年2月17日[14](276公演・チームHとしては200公演)
博多レジェンド:2013年3月1日 – [15]
(タイトル未定):未定 – [35]

研究生
手をつなぎながら[注 7]:2011年11月26日 – 2012年3月2日(76公演・チームH 1st stageに移行)
PARTYが始まるよ[注 8]:2012年9月30日 – 2013年11月5日[36](218公演)
脳内パラダイス:2013年11月17日 –

ひまわり組
パジャマドライブ:2013年11月2日[37] –

以上の曲からあまりライブで使用されない曲、

そして指原氏らしい、全てのアイドルを肯定した上で
全ての曲を同じテーブルに並べて選曲し、
ライブで現在使用可能な曲を選出した曲たち。

日テレ毛利P関連番組で仲良くなった乃木坂、
指原の乱でおなじみみるきーを通して仲良くなったNMB、
昔から親交が深いW松井がいるSKE、
そして、私がお笑いとシリコンに魂を売ったことと同様、
アイドルに魂を売った指原氏が特に熱を入れている
ハロープロジェクトの面々。

私が
現チーム4で小嶋真子に行かず高島祐利奈、
berryzではももち、
モーニング娘。では道重
に行くのと同様、

指原氏もモーニング娘。では保田氏、
berryzでは熊井、
現モーニング娘。では鞘師に行く、

へそまがりな人間だけが分かる
AKBGでも隙間をついた観ている人の
こころのスキマをついてツボをくすぐる感じの
ネガティヴな人だけがわかるようなw
日の当たらないところに光りを照らすような選曲でした。

AKBひまわり組のCD化されてない
RUN RUN RUNは指原氏以外
だれもやらないでしょうw

笑い、選曲、あとは芸術性ですが、

森保さんがTEPPENという番組で松井咲子さんに
挑むために、小さいころからキャリアを積んできた上に、
さらに錆付いていた技術を復活させるために
昔からの先生に合宿して習得した技術で
数曲を、完全なピアノ向けのアレンジでフルピアノ演奏
をしたシーンが芸術的でした。

あとはオマケ(ちょりごめん!)
で安定の美術館の高価なつぼのマネをひさしぶりに
ぶっこんでシーンとさせていました。
ちょり、錦糸町で1人声出して笑ってフォローしてやったぞ。
恥ずかしかったぞおwww

私の感動が最高潮に達したのは

アンコール前にここで私しか唯一神推ししていない

未来への扉
を、しかもインタールードの二人で手を繋ぎ
後ろから前に順々に出てくるシーンを、
1人づつ手書きのメッセージをモニターに映して
中会場向けに演出を変えてきて、
それを全身で受け止めている時がひとつ。

アンコール一曲目で
ロックだよ、、、人生は
がかかったとき、ここで私しか神推ししていない
ので、私の為にやってくれてるのかと錯覚
して思わずうなり声をあげてしまい、
1人で号泣して拳を振り上げていました。

指原氏、HKT、AKBGの関係者、そして
ハロープロジェクトの関係者様、
アイドル界のさらなる発展のための
指原氏の前衛的な行動に対する
あたたかいサポートについて
深く御礼申し上げます。

そして、HKTのヲタの方々、
ありがとうございます。

指原氏は先輩がどんどん辞めていき、
自分がひっぱっていく立場に置かれつつあり、
そういう立場に置かれていた先輩の大島さん
他と充分話し合いを行い、
それに準じた範囲内でアイドル業界のさらなる
発展の為に、今年からなりふりかまわず
自分を犠牲にすることも覚悟して、
大島さんが認める変わったセンスを持つ指原氏
自身のセンスを信じて活動を開始して
おります。

アイドル界の関係者の方々、
彼女は全てのアイドルを大切にするひとです。
是非彼女を助けて差し上げて下さい。
いろいろな面白い未来をきっと見せてくれると思います。

指原氏をどうかよろしくお願いします。

秋元康が今後AKBGはメンバーによるセルフプロデュースを推進していく発言。つんく涙目wwwwwwwwww

標準

「長くみんなが楽しめるグループにしたい。
作詞、作曲、選曲、アレンジも彼女たちがやっていくと思う」

「ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨かれない」

まずゆきりんワールドや、その他ソロプロジェクト、
あと大きなきっかけはゆび祭りじゃないかと思いますね。
あとHKTなんかは博多レジェンドの天国野郎なんかは
ちょりや村重で毎回工夫を凝らした演出をしてますし、
りぽぽのトーク企画もその一端ですね。

ですから、作詞、作曲、は序の口で、
企画、演出、そして、指原の乱の成熟した
暁にはプロデュースもやるようになっていく
と考えたほうが自然ですよね。

まあ、ももクロは自分たちで既に振り付け
や演出も手がけるようになってきてますし、
マネージャーもAKBと同じく作詞作曲もできるように
なって欲しいと言っていますよね。

ここで、面白いのはハロプロだけは創世記から
つんくの縛りが絶対的なんですよね。
唯一無いのがBuono!というモンスターなんですが、
ほぼ活動しておりません。
ていうかさせておりませんwww

まあ、小室哲哉や秋元康等、実績を考えると、
人間1人でひねり出せるアイデア量
なんてたかが知れていると思うし、
アイドルでセルフプロデュースが出来る人
のほうが出来ない人より長い間活躍している
現状を鑑みると、
つんくは考え直したほうが良いと思うんですがね。

現在の道重モーニング娘。についても私は考えるんです。
つんく縛りを解き、自由にプロデュース
していたら、もっと成功していたんじゃないかと。
こんなもんじゃなかったんじゃないかと。。

まあでも秋元康はおにゃんこで早期に失敗していますし、
現時点で深くかかわっている歌手で成功している
人がゼロですから、
AKBのように長期にわたり成長しているタレントを
手がけるのは初めてですから、

「おれはここまでしか経験がないから、
あとは自分たちで切り開いていけ!」

っていうことでしょうね。

森高やプリプリ、篠原ともえ等いますがAKBのような
アメーバプロジェクトは初めてですから
神のみぞ知るといったところでしょうね。

2013.10.08 指原アーカイブス研究報告 1 [2008.10.13 チームB パジャマドライブ]

標準

2008.10.13 チームB パジャマドライブ

浦野一美,多田愛佳,柏木由紀 片山陽加 佐伯美香 早乙女ミキ
指原莉乃 田名部生来 仲川遥香 仲谷明香仁藤萌乃 野口玲菜
平嶋夏海 松岡由貴 米沢瑠美 渡辺麻友

M01 初日
M02 必殺テレポート
M03 ご機嫌ななめなマーメード
M04 2人乗りの自転車
MC1
M05 天使のしっぽ
M06 パジャマドライブ
M07 純情主義
(BD: Saotome, Ota, Noguchi, Nakaya, Yonezawa)
M08 てもでもの涙
M09 鏡の中のジャンヌ・ダルク
MC2
(指原はDDですから!誰でも大好き!)
M10 Two years later
M11 命の使い道
M12 キスして損しちゃった
MC3
M13 僕の桜
Encore
M14 ワッショイB!
M15 水夫は嵐に夢を見る
MC4
M16 白いシャツ

昨年までAKBなんて大嫌いで、糞だと思っていたので、
今年、AKB研究生パジャマドライブ公演でAKB劇場デビュー
した私とっては、パジャマドライブははじめて体感した
公演で、2回行ったのでもう体で覚えてしまっているんですけど、
その私が、パジャマドライブのオリジナルメンバーの公演を
観て思ったことは、やっぱオリジナル公演はオーラが
違うなって思いました。

当時、渡辺麻友は15歳、柏木由紀17歳、指原15歳、多田は13歳ですよ。
ですが、この4人はボーっとみていると、今とパフォーマンスが変わらないので、
もうこの年齢でほとんど完成されていたんだと思いました。
すごいですね。。

今のAKB新生チーム4になった旧研究生チームのパジャマドライブ
もすごい圧倒されたんですが、これを見ると、
もっと光ってほしいと感じる、ものたりないの感じるので、
なんか運営側から見ると、もっとパフォーマンスを上げるために
原石を見つけるためにドラフトっていうものをやりたくなるのは
わかるなって感じました。

しかし、今回の映像を観て
それは間違っているということがわかりました。

実はタレント側より運営側に、この後
AKBが順調に成功してしまったからこその
問題点が発生してしまったために
後続の高いタレント性を従えた人材が
輩出されなくなってしまったということがね。

最後にきになったとこを。

指原さん
は今とほとんど変わらないですねw
指原さんはしゃべるイメージがあるんですが、
実はほかの人の言葉をきちんと聞いて
しっかりと返すんですよね。
自分勝手な谷や村重とは明らかに違います。
ここ見てたら直したほうが良いよお二人。

多田さん
は童顔なので化粧があまり似合わないんじゃないかと思いました。
もっと光れるはずです、多田さんは。
HKTに飛ばしたのがわかる気がする。
厳しいようですが少し痩せてほんとの多田さんを
もう一度みせて欲しいとおもいます。

トークの雰囲気は多田さんも昔から変わらないですね。
濃い言葉を光のように吐く感じ。だらだらしゃべらない。

HKTと世代的には同じなんですが、

この時代の渡辺、柏木、多田、指原と同じものを感じる
ようなタレントというと、
児玉、宮脇、朝長くらいかなと感じますね。

そしてデビュー当時の指原と現在の指原と、
村重、中西、谷と指原の圧倒的に違うところ、
それは悲壮感とソウルですね。
村重、中西、谷は自分は面白いと思って、
そして素の自分を隠してしゃべったりネタをするが、
指原さんは素を出すから壁ができないので相手と
ダイレクトに繋がるし、そして自分は面白くないと思って、
やっているからそれも壁がなくなり笑いに繋がるんですよね。

面白い話なんだけどといって話すのと、
つまんない話だけど聞く?といって話すのは、
前者は壁ができるが、後者はかべがなくなる
ので後者のほうが正解なんですね。

話がそれましたが、、

この渡辺、柏木、多田、指原のようなタレントを
これからも輩出していくにはどうすればよいか。

昔は資金に乏しかったのでハングリー精神が見て取れたが、
現在は裕福で非常に健康的で余裕が見える。
しかし、結局現状をみると
あまり環境が整いすぎても平均的に成長はするが、
突出したタレントは育たないんじゃないかと感じましたね。
昔は辞める人が多かったが現在は辞める人がいないのも
それが表に顕著に出ているんじゃないかと思いますね。

あと新しい人材は新しい公演と共に成長させる
ことも必要だと感じましたね。
オリジナルは越えられないんですよ、どんなにがんばっても。