カテゴリー別アーカイブ: チームH

2014.04.05 HKT48 SSA ライブ メジャーサイトが取り上げない部分を解説

標準

今回入場時にターンオンに制作依頼された
HKTバージョンのハート型5色ペンライトが配布された。

まずこれを受け取り思ったこと。
ももクリ2011思い出すなあ。懐かしいなあ。
でもあの時のハート型ペンライトって暗くて
使い物にならなかったなあw と。

今回はきちんとハート全体が照らされるように
改良してありました。

座席に着くと、ももクロと違いAKBの場合は静かです。
Overture開始までじっと待機しております。

Overture開始で全員立ち上がり戦闘態勢に入ります。

今回もそうですが、今年に入り、HKTは指原氏を筆頭に
客へのあおりがあーりん並みに激しくなってまいりました。

たぶんあーりんみたいに言いたかったんでしょう。
おまえらーーってw
AKBGはおまえらって言う文化ないですからね。

指原氏、おまえらーっていう言い方が板についてきた感じで
いい感じです。
指原氏は対おやじなんで絵になるんですよね。
極楽門でのももクロのように
「おまえらー!(いい年してアイドルのライブにきてんじゃねーよ!)
コール行くぞー!」
って感じでね。

今回の指原氏の先輩のダチョウさんよろしくつかみは、
組み体操でした。
元ネタはももクロさんでしょうね。
NHKホールで客席からの徒競走とか日産でも50メートル競走とか
やりましたからね。

今回アリーナの前後左右に花道があって不公平なく
まんべんなく近くに行けるシステムになっていました。
これはAKBGの専売特許でしょうね。
ももクロはあってもメインステージと中央のステージと
それを繋ぐ花道程度でしたからね。
この縦横無尽に花道を張り巡らすAKBGシステムは
素晴らしいと思います。

でSSAのアリーナモード後ろの両脇は花道が無く
カートで補っていました。
ここは会場の仕様で作れないんだろうと思いますね。

曲については、HKTは日を追うごとに選曲がマニアック
になってきていて、指原支配人から名曲はまだまだ
こんなにあるんだよ!って提示されてきてるにも
関わらず、自分がそれを知らないことに、腹が立つどころか、
自分のAKB愛がまだまだ未熟だということに情けなく
ならせくれてもっと勉強しないとと初心に帰らせてくれる
HKTと指原氏なんであります。

今日気になったのはあとRIVERとかダンス系が入っていた
んですが国立の流れだったんじゃないかと思います。
曲の良さを再認識して入れてきた感じです。

でも指原HKTは激しいダンス系が充実しているので
好みもあるんじゃないかと思います。

途中、フリスビーにメッセージ書いたり、
タオルを客席に投げ入れたりしたんですが、
ジャニーズもまあやるんですが、私は
ももクロの杏果のwordsという曲でやる
手袋投げ入れを思い出しました。
でもこれはジャニーズ系の定番ですね。

今日の他のネタについて。
客席大玉転がしはももクロで覚えがあり、
中央の丸いステージがせりあがってきて
右からマーティーフリードマンが入場、
中央から指原氏という画は
ももクロのももクリ2011です。

あと、全員に配布した5色ペンライト
を客に指示して5色に配色
された客席にしたネタがあったんですが、

いま思い出したんですが、
伝説のももクロの2012横浜アリーナ
2日目で客にウェーブを5人でやらせて
1人1周で5週客にやらせながら
ももクロも波と同時に走り回った
時があったんですが、
これと似ている感じがしました。

あと秋元康Pのみなおか常連の
アナログタロウMCで懐かしい名曲
をカバーしていくベストテンのコーナー。

ももクロはこれも2012の横浜アリーナ1日目
で5人全てに単独のオリジナル曲を
作ってうたわせた時があったんですが、
正確にはももクリ2010で初めてやったんですが、
これに似ていると思いました。
でも形式は似ていますが曲はカバーなので、
そこはハロプロに似ているんですよね。
ハロプロは懐メロ結構カバーしてきましたからね。

ちなみに今回の1位は私が予想していた
秋元康繋がりの「セーラー服を脱がさないで」
でした。
少し前に「じゃあね」
をやった時はへそ曲がりの指原がひねってきやがった
と思っていたので、今回は一応おにゃんこ
といえばこれをやっておきたいところということで
今回やっておにゃんこは終了ということにしたんじゃないかと
思いますね。

今日のはステージ構成が共通なので
九州ツアーとアップデート版を追加した
特別バージョンだった気がしますので、
アリーナツアーは九州ツアーの部分を
削除してこれから新規に作り上げていく
と思うのでLVでも良いから参加したいところです。
参加するかた、わかっていると思いますが
HKTのライブはネタばれがあるので1部で
楽しんで下さいね。

いろいろ混ざっていて、まるで現在のHKTや
指原氏の脳みそをのぞいているような感覚に
陥りました。

しっかしわれわれももっとこだわりをなくして
良いものはすべて吸収していく勢いで
アイドルというものをほりさげていかないと
指原HKTに置いていかれてしまうぞっていう
感じがしました。。

最低でもHKTのライブのセットリストはすぐおさらいして
次に同じのが出たときには付いていけるように
しておきたいところですねw

ハロプロ、ももクロ、地下、広げればすむと
思っていましたが、AKBGの曲を最低でも一回は
全部聴いておかないといけないなって思いました。

広告

サイバージャージャーに抵抗がある人用に置き換えmix考えました。

標準

考案経緯

私はももクロさんから入ったし、しかも
ももクロさんには最高に気持ちを込められるmix
「れにーかなこーしおりーあやかーももかーいくぞももいろくろーばー!」
っていう進化系があるんで余計ダサく感じてしまって
抵抗あって一回も言ったことないんですよね。

しかもAKBのmixは初期はこんなもん
無かったですからね。

置き換えの例

推しメンの名前をひたすら連呼します。

例えば指原推しの私の場合。

原型

1タイガー
2ファイヤー
3サイバー
4ファイバー
5ダイバー
6バイバー
7ジャージャー

虎!火!人造!繊維!海女!振動!化繊飛除去!
チャペ!アペ!カラ!キナ!カラ!ララ!トゥスケ!ミョーホントゥスケ!

置き換え型

1さー
2しー
3はー
4らー
5りー
6のー
7さしはらりーのー!
7さしはら最高!

7はアレンジバージョンです。自分なりに作り変えて気持ちを込めて
応援しましょう。

島田推しでもあるので島田のチームKの場合

例1

1しまだー
2しまだー
3しまだー
4しまだー
5しまだー
6しまだー
7しまだーはるかー!

例2

1ジャンボー
2しまだー
3ジャンボー
4しまだー
5ジャンボー
6しまだー
7おーおーおーーー!

他には、一回のmixで7回言えるので、
推しを羅列して

1さっしー
2まりか
3ちょりー
4あーにゃ
5はるっぴ
6いくぜー
7HKTフォーティーエイト!とか
7(チームH)とか

ってチーム名でまとめてもかっこいいですし、

3回mix

タイガー!ファイヤー!サイバー!ファイバー!ダイバー!バイバー!ジャージャー!
虎!火!人造!繊維!海女!振動!化繊飛除去!
チャペ!アペ!カラ!キナ!カラ!ララ!トゥスケ!ミョーホントゥスケ!

の場合は20人程度言えるので
推しメンの名前を全て言ったり
チーム全員を全て言ったりするのも
かっこいいと思います。

せっかく当選確率が低いチケットに当選して
お金払って楽しみに来ているんですし、
現在の状況ではもう一生同じ人とは現場で出会わないだろうから
気持ちを込めて楽しまないと意味ないと思うんですよね。

バラードで大声出すとか、MC中に奇声を上げる等
しなければ、気持ちを込めて応援すれば
基本的にはメンバーには気持ちよく受け取って
もらえると思うんですよね。

ましてや、予定調和大嫌いのAKBGですから
全員であわせる必要もなく、違うコールなんかも
大歓迎だと思うんですよ。

劇場公演で面白いコールがあった時の話をメンバーが
楽しそうに話している時が多々あるので
メンバーは気持ちを込めれば(ここ大事!)
大歓迎だと思いますよ。

ただしふざけ半分だと現場のファンに容赦なく怒られる
のでそこは注意しましょう。

HKT48 2014九州ツアー 大分 指原氏率いるHKTが考えうる現時点で最強のアイドルのライブで可能な限り理想と現実を近づけたライブでした。

標準

12:00
まず、影ナレは指原氏。

もう読みなれているはずのなんのことはない
注意事項だが、普段あまり間違えないのに
間違えまくっている指原氏。

今年はこのツアーから初めてHKTの若いメンバー達を
12月には紅白に出ないと、出してあげないと
いけない。

全責任を背負い込む勢いでツアーを
覚悟している心情が読み取れた。。

一曲目。
で指原氏の宣言通り、すごい変化球をぶちこんできた。

さすがの2ちゃんでも読みはサシハラブ止まりだった。
全世界で誰一人(つんく以外)ザ・ピ~スは読めなかったはずだ。

セーラーの水夫衣装は2曲目と繋げてきたので問題は無かった。

あとでセトリを入手して詳しく解説していきたいと
思っていますので、今は指原氏用に
心に残った、引っかかったシーンを
まとめていきたいと思います。

MCやライブ中、歓声より笑い声で充満して
進んでいくいつものHKTのライブですが今回
笑いが増えていたきがしました。

マジスカネタで、村重、ちょり、多田軍
でけんかして、指原が横から指原PRIDE
の口調で止めに入り、

ちよりと指原のダチョウネタからのキスw

よっしゃぁ~ いくぞぉ~!in 西武ドーム
でやったやつの縮小版ですね。

指原氏の抱きつきは今日も絶好調。

SDN曲で指原氏がエロ役全開で、
指原PRIDEのこじはるいじりのエロ指を思い出させてしまい、
なぜか笑いがおこる会場w

曲中秋吉ちゃん1人ステージであぐらをかいて歌うシーンも爆笑w

上記の3軍の抗争のあと、おならのように
谷が登場し、しゃべるだけで笑いが起こる会場w

そして、次はボスを呼んであいさつを済ませたあとは
大喜利企画だったんですが、ここでも私はハロプロ臭
を感じて1人で感動しておりました。
このように

berryz大喜利

大喜利のライブへの導入はハロプロの専売特許でしたが、
ここでも指原Pは貪欲に良いものを取り込んでまいりました。

(ももち!お前だよ!www関係ないですがおもろいシーンですねw
このももちのポジションに今日は植木がいましたw)

あとトロッコでアリーナの観客席の間を移動していたんですが、

20140111HKTトロッコ
これもジャニーズ経由のももクロ経由のHKTですね。
恥ずかしいプライドを無くし、貪欲な良いものは取り入れる指原氏、
素晴らしい。。

内容は安定したMCのボスが印象的でした。
秋吉、植木の二人をすべりキャラブラックキャラに仕立て上げ、
さくらたんをかわいいキャラに仕立て、
ブラックキャラから座布団を巻き上げ、
さくらたんに全てまわす演出をアドリブで
敢行している光景には驚きました。

笑いの部分としてはそんな感じで、感動の部分は、

まず1曲目のザ・ピ~スですね。それも初期メンバージョン。
まああまり深い意味は無いでしょう。
短期間でフォーメーションダンスは習得不可能ですからねww

で繋ぎは2013年の武道館の雰囲気で、
ヲタの評価が特別に高くて現在も伝説と化している
AKBのひまわり組が多く、
あとは、
HKTが劇場公演でかけてきた

チームH
手をつなぎながら:2012年3月4日 – 2013年2月17日[14](276公演・チームHとしては200公演)
博多レジェンド:2013年3月1日 – [15]
(タイトル未定):未定 – [35]

研究生
手をつなぎながら[注 7]:2011年11月26日 – 2012年3月2日(76公演・チームH 1st stageに移行)
PARTYが始まるよ[注 8]:2012年9月30日 – 2013年11月5日[36](218公演)
脳内パラダイス:2013年11月17日 –

ひまわり組
パジャマドライブ:2013年11月2日[37] –

以上の曲からあまりライブで使用されない曲、

そして指原氏らしい、全てのアイドルを肯定した上で
全ての曲を同じテーブルに並べて選曲し、
ライブで現在使用可能な曲を選出した曲たち。

日テレ毛利P関連番組で仲良くなった乃木坂、
指原の乱でおなじみみるきーを通して仲良くなったNMB、
昔から親交が深いW松井がいるSKE、
そして、私がお笑いとシリコンに魂を売ったことと同様、
アイドルに魂を売った指原氏が特に熱を入れている
ハロープロジェクトの面々。

私が
現チーム4で小嶋真子に行かず高島祐利奈、
berryzではももち、
モーニング娘。では道重
に行くのと同様、

指原氏もモーニング娘。では保田氏、
berryzでは熊井、
現モーニング娘。では鞘師に行く、

へそまがりな人間だけが分かる
AKBGでも隙間をついた観ている人の
こころのスキマをついてツボをくすぐる感じの
ネガティヴな人だけがわかるようなw
日の当たらないところに光りを照らすような選曲でした。

AKBひまわり組のCD化されてない
RUN RUN RUNは指原氏以外
だれもやらないでしょうw

笑い、選曲、あとは芸術性ですが、

森保さんがTEPPENという番組で松井咲子さんに
挑むために、小さいころからキャリアを積んできた上に、
さらに錆付いていた技術を復活させるために
昔からの先生に合宿して習得した技術で
数曲を、完全なピアノ向けのアレンジでフルピアノ演奏
をしたシーンが芸術的でした。

あとはオマケ(ちょりごめん!)
で安定の美術館の高価なつぼのマネをひさしぶりに
ぶっこんでシーンとさせていました。
ちょり、錦糸町で1人声出して笑ってフォローしてやったぞ。
恥ずかしかったぞおwww

私の感動が最高潮に達したのは

アンコール前にここで私しか唯一神推ししていない

未来への扉
を、しかもインタールードの二人で手を繋ぎ
後ろから前に順々に出てくるシーンを、
1人づつ手書きのメッセージをモニターに映して
中会場向けに演出を変えてきて、
それを全身で受け止めている時がひとつ。

アンコール一曲目で
ロックだよ、、、人生は
がかかったとき、ここで私しか神推ししていない
ので、私の為にやってくれてるのかと錯覚
して思わずうなり声をあげてしまい、
1人で号泣して拳を振り上げていました。

指原氏、HKT、AKBGの関係者、そして
ハロープロジェクトの関係者様、
アイドル界のさらなる発展のための
指原氏の前衛的な行動に対する
あたたかいサポートについて
深く御礼申し上げます。

そして、HKTのヲタの方々、
ありがとうございます。

指原氏は先輩がどんどん辞めていき、
自分がひっぱっていく立場に置かれつつあり、
そういう立場に置かれていた先輩の大島さん
他と充分話し合いを行い、
それに準じた範囲内でアイドル業界のさらなる
発展の為に、今年からなりふりかまわず
自分を犠牲にすることも覚悟して、
大島さんが認める変わったセンスを持つ指原氏
自身のセンスを信じて活動を開始して
おります。

アイドル界の関係者の方々、
彼女は全てのアイドルを大切にするひとです。
是非彼女を助けて差し上げて下さい。
いろいろな面白い未来をきっと見せてくれると思います。

指原氏をどうかよろしくお願いします。

秋元康が今後AKBGはメンバーによるセルフプロデュースを推進していく発言。つんく涙目wwwwwwwwww

標準

「長くみんなが楽しめるグループにしたい。
作詞、作曲、選曲、アレンジも彼女たちがやっていくと思う」

「ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨かれない」

まずゆきりんワールドや、その他ソロプロジェクト、
あと大きなきっかけはゆび祭りじゃないかと思いますね。
あとHKTなんかは博多レジェンドの天国野郎なんかは
ちょりや村重で毎回工夫を凝らした演出をしてますし、
りぽぽのトーク企画もその一端ですね。

ですから、作詞、作曲、は序の口で、
企画、演出、そして、指原の乱の成熟した
暁にはプロデュースもやるようになっていく
と考えたほうが自然ですよね。

まあ、ももクロは自分たちで既に振り付け
や演出も手がけるようになってきてますし、
マネージャーもAKBと同じく作詞作曲もできるように
なって欲しいと言っていますよね。

ここで、面白いのはハロプロだけは創世記から
つんくの縛りが絶対的なんですよね。
唯一無いのがBuono!というモンスターなんですが、
ほぼ活動しておりません。
ていうかさせておりませんwww

まあ、小室哲哉や秋元康等、実績を考えると、
人間1人でひねり出せるアイデア量
なんてたかが知れていると思うし、
アイドルでセルフプロデュースが出来る人
のほうが出来ない人より長い間活躍している
現状を鑑みると、
つんくは考え直したほうが良いと思うんですがね。

現在の道重モーニング娘。についても私は考えるんです。
つんく縛りを解き、自由にプロデュース
していたら、もっと成功していたんじゃないかと。
こんなもんじゃなかったんじゃないかと。。

まあでも秋元康はおにゃんこで早期に失敗していますし、
現時点で深くかかわっている歌手で成功している
人がゼロですから、
AKBのように長期にわたり成長しているタレントを
手がけるのは初めてですから、

「おれはここまでしか経験がないから、
あとは自分たちで切り開いていけ!」

っていうことでしょうね。

森高やプリプリ、篠原ともえ等いますがAKBのような
アメーバプロジェクトは初めてですから
神のみぞ知るといったところでしょうね。

HKT48劇場公演 チームH 「博多レジェンド」の楽曲と指原氏の繋がりについて。

標準

博多レジェンド公演

今回は、レッスン場では合わせで全曲練習するだろうから、
公演の中の一曲でも担当していればアンダー経験と表記しました。

0.overture(HKT48 ver.)
(作編曲:尾澤拓実、歌:TAZ)

1.HKT48
(作詞:秋元康、作曲:渡辺未来、編曲:高梨康治)

(チームA 1st Stage「PARTYが始まるよ」)指原氏がいちファンだった時代

2.君のことが好きやけん
(作詞:秋元康、作曲:織田哲郎、編曲:野中“まさ”雄一)

(AKB48 RIVER収録)指原オリジナルメンバー
~ちなみに指原氏、RIVERはどのポジションでも踊れる。~

3.ボーイフレンドの作り方
(作詞:秋元康、作曲:Rie、編曲:百石元)

(チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」)指原アンダー経験あり

4.初恋バタフライ
(作詞:秋元康、作曲:杉山勝彦、編曲:生田真心)

(AKB48 永遠プレッシャー収録)指原オリジナルメンバー

5.ガラスのI LOVE YOU
(作詞:秋元康、作曲:太田美知彦、編曲:Blu)

(チームA 2nd Stage「会いたかった」)指原チームB研究生時にレッスンしていた?

6.制服レジスタンス
(作詞:秋元康、作曲:伊藤心太郎、編曲:百石元)

(チームK 6th Stage「RESET」)この時期板野アンダーで練習していた可能性。

7.ハート型ウイルス
(作詞:秋元康、作編曲:井上ヨシマサ)

(チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」)(森保松岡に特化した楽曲だと思われる)

8.てもでもの涙
(作詞:秋元康、作曲:寺畑早知子、編曲:田口智則・稲留春雄)

(チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」)指原オリジナルメンバー

11.07より入れ替え
禁じられた2人
(作詞:秋元康、作曲:イトウミホコ、編曲:景家淳)

(チームK 2nd Stage「青春ガールズ」)指原オリジナルメンバー

9.天国野郎
(作詞:秋元康、作編曲:後藤次利)

(チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」)指原オリジナルメンバー

10.制服のバンビ
(作詞:秋元康、作曲:若田部誠、編曲:野中“まさ”雄一)

(HKT48 スキスキスキップ収録)指原オリジナルメンバー

11.遠距離ポスター
(作詞:秋元康、作曲:小川コータ、編曲:野中“まさ”雄一)

(AKB48 桜の栞収録)多田愛佳オリジナルメンバー

12.Two years later
(作詞:秋元康、作曲:宮島律子、編曲:市川裕一)

(チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」)指原オリジナルメンバー

13.回遊魚のキャパシティ
(作詞:秋元康、作曲:Gajin、編曲:市川裕一)

(チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」)指原アンダー経験あり

14.シャムネコ
(作詞:秋元康、作曲:渡辺拓也、編曲:野中“まさ”雄一)

(チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」)指原アンダー経験あり

15.大声ダイヤモンド
(作詞:秋元康、作曲・編曲:井上ヨシマサ)

(AKB48 大声ダイヤモンド収録)指原オリジナルメンバー

16.未来の扉
(作詞:秋元康、作曲:太田美知彦、編曲:藤田哲也)

(チームA 2nd Stage「会いたかった」)指原チームB研究生時にレッスンしていた?

アンコール

17.会いたかった
(作詞:秋元康、作曲:BOUNCEBACK、編曲:田口智則・稲留春雄)

(チームA 2nd Stage「会いたかった」)指原チームB研究生時にレッスンしていた?

18.お願いヴァレンティヌ
(作詞:秋元康、作曲:小川コータ、編曲:生田真心)

(HKT48 スキスキスキップ収録)指原オリジナルメンバー

19.スキ!スキ!スキップ!
(作詞:秋元康、作曲:小林祐介、編曲:武藤星児)

(HKT48 スキスキスキップ収録)指原オリジナルメンバー

20.白いシャツ
(作詞:秋元康、作曲・編曲:上田晃司)

(チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」)指原オリジナルメンバー


てことで、
DJ指原大活躍な公演でした。

わたしにとっては神公演となりました。

でも、、、

そろそろHKTメンバーもAKBGの知識がついてきた
と思うので、これからはHKTメンバーも楽曲選考に
参加して、指原氏頼りではなく、
みんなでHKTを作っていって欲しいですね。

さっしー、恥ずかしがらせてごめんねw

2013.11.10 指原氏が無事ドラフト会議で指原フォロワー山本ちゃんを獲り終わりましたが、教育係の有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMERではアシスタント総選挙ですww

標準

デンジャラス安田氏一択でしょうww

有吉さん、

アルコ&ピース、特に変態へそ曲がり
の平子だけは勘弁して下さいwwww