カテゴリー別アーカイブ: HKT48

2019.4.26以降のHKT48と指原氏と村重氏の活躍w そこから読み取れるメンバーとAKSとの急激な距離の変化。

標準

2019年4月のAKB48劇場における指原卒業公演で、
村重氏がエントリーされてないから、指原氏に

「重さんを選出しないなんで、
結局AKSは最後まで現在のHKTの本質を
理解しないままでしたね、、、」

としみじみ残念がったんですが、

内藤哲也の「言葉にしないと伝わらない」という
格言の通り、

それが関係各所に伝わって、次第に
指原氏と村重氏がいちゃつく場面が増えて、
それが2019.04.26のMステにすべて
結果としてあらわされたんじゃないかと
感慨深くなりました。

HKTのコアヲタならご存知ですが、
お笑いの場面でここまでHKTを引っ張ったのは、
最初はゆうこすでしたが、事件で卒業してからは、
指原氏はもとより、村重、中西、谷だと思います。
そしてHKTはおもしろいという風が吹きはじめて、
田中とかおにぎりちゃんとかにも枝分かれ
していくことになったんだと思います。

その村重氏を、指原氏の記念公演でスルーする
なんざ、ろくなスタッフじゃないですよ。。

ここらへんで、まあ指原氏も次第に信頼感が
なくなって、グッズも自分で管理するように
なっていたんじゃないかと思います。

メンバー内にも、NGTから派生して、
それにとどまらず、AKSへの全体的な信頼感が
急激に下がっていることが、
この最近の動きからも読み取れるんじゃないかと
いう気がしますよね。

2019.04.10 akb48劇場 hkt48 チームH reset指原卒業公演でreset公演はどうでもいい。だって博多の現場行ったことないし指原も出たことないんだからw

標準

akb48 劇場におけるhkt48の指原出演回は安定の100発権利客で当選権利を総取りされる最低の公演。

よってチケットは福袋の抽選の当落とイコールとなっている。

ちなみに私は福袋なんか死んでも買わないのでその時点で行けないことは確定してしまっている。

ということで、指原というネームバリューだけで決めてしまってもいいのか?本当に価値ある公演なのか?

私は指原が入る前からhkt48mobile会員だが、福岡には行ったことないし金がないので行く気もない。

今回やるのはチームHのreset公演。

バリバリの博多ローカルの内容だ。飲み屋感覚で仕事帰りに行けるような地元の人以外実際の価値はわからない公演。

私は当然良さはわかってない。

だって見たことないんだからw

チームHは良さを伝えようと意気込んで来ているけどakb48 劇場のやつらのほとんどは初めて見るので雰囲気で盛り上がってるふりしてみることだろう。

そんな最悪な空気の公演、行く価値があんのか?

無いよ絶対w

楽曲的にもresetの頃は秋元才加時代で指原なんか関係ないしね。

これ博多でも指原出たことないんでなにも残らない内容だと思います。

 

パジャマドライブに変えていたら神公演になってたかもな。それも谷やちょりもゲスト出演してね。

谷と村重とちょりと指原となつみかんが揃ったらブルーレイ買ってたかもな。

行かなくてよかったとしみじみ思いました。

2019.3.2-3 HKT48 出張公演@AKB48劇場を一言で解説します。

標準

ももクロさんのコンサートでたこやきレインボーがやるようなもの。

嵐のコンサートでキスマイがやるようなもの。

さらには、、

 

北島三郎のコンサートで大江裕がやるようなもの。

ビートルズのコンサートでドリフターズがやるようなもの。

 

まあ、、どれかに当てはめて下さいwwwwwwwwww

ちなみに私はももクロさん以外すべて前者より後者の方が大好きですw

冨吉明日香の卒業発表に向けて贈る言葉。

標準

ファッションで飯を食っていく為には収入源が必要でそれはバラエティタレントとして働くのが現実的だと思います。そのために、

 

宮崎、

そして、九州を拠点にタレント活動を続けていくならば、

 

悪いことは言わない。

 

コンバット満さんか、パラシュート部隊さんについていけ!

一生懸命ついていけ!

 

そして目の前の仕事を一生懸命やり続けていけば
絶対明日は見えてくる。

 

がんばれ冨吉!!!!!!!

2019年3月2日 HKT48 チームH「RESET」出張公演@AKB48劇場 指原氏出演最終回。キャンセル待ち当選ですが40番台後半だから扱いが難しいのですw

標準

2019年3月2日 HKT48 チームH「RESET」出張公演@AKB48劇場 指原氏出演最終回。

二本柱枠で40番代後半でキャンセル待ちで当選したんですが、
これ以前にも罠にはめられたことがあって、

これってキャンセル待ちとは言えども当選フラグがたっているので、

このまま次の一般枠の抽選にかかると重複当選に相当するので
当たらないから、急いでこのままといっても、
HKTの出張公演のキャンセル待ちで当選したことがあるのは
多くて30番以前なんで、それを覚悟してでもそのまま当日
会場に行ってモニターで観るのか、

それとも、キャンセルして、一般枠での当選にかけるのかを
選択しなければならないのです。

私は推し設定したメンバーの生誕祭でも、最も枠が多い
一般枠で当選の経験が結構あるのでそれにかけたいと思います。

2019-02-27_HKT出張公演キャンセル

ただし、卒業発表をしたのが12月なので福袋で優先入場権利
を当てた人がぶっこんで来る確率が相当高いと思われるので、
まあ望みは通常よりも相当低いと思いますが、。

2019年3月2日 HKT48 チームH「RESET」出張公演@AKB48劇場 指原氏出演最終回。私にとっては現役の劇場の指原氏を体験できる最後のチャンスなんですが、、結局はお先真っ暗なようで。

標準

私は指原氏をデビュー当初から楽しんでいた
のに、AKBと劇場が嫌いだからその当選確率の高い
初期の時代に行けるチャンスを全て失い、、

ももクロさんで現場の魅力に取りつかれ、
AKB劇場のすばらしさに気が付いた時には指原氏は人気者に
なっていて、当然劇場のチケットにも当選せず、、
さらには博多に左遷されて、
さらにチャンスを失う羽目になってっていう。。

ほんとにだれが私と指原氏を引き離すこんな
仕打ちを仕掛けたのか。。

そこから数年キャリアを固定してAKBグループ全体の
推しメンに指原氏を固定し続け、HKTのAKB出張の時には
毎回エントリーし続けてみたものの、結局今日まで一度も当選
せずに来てしまい、気が付いたらもう
2か月後には卒業ですよ。。

一般と二本柱とAKB48mobileでエントリーして、
まあHKT48mobile経由なら当選すると思うんですが、
AKB48mobileには指原推しの設定がないので、

結局昨日今日知ったような奴と同じレベルで
スタートを切って抽選にかけられ、

そのはなくそほじくりながらテレビに出てる指原が観れるから
エントリーしたってやつが当選で、

デビュー当初から共に歩んで、
苛めやコミュ障からの脱出を共に歩んできた
やつの気持ちなんかだれも知らずに、

AKB48Mobileのプロフ設定上では
入会一日目の人と同じ区分けなんですからね、
そういう指原の卒業なんかどうでもいいわ的な奴が
きっと当たるんだろうから、、

結局AKSにHKTの出張はHKTのFC会員枠を優先にするべき
だという意見をしたことも華麗にスルーされ、、

私と指原氏の間にAKSから重厚な鉄のシャッターを
降ろされた気分ですよ。

まあしかし、卒業したら、おまえらAKSと
太田プロの間にも同じような鉄のシャッターが
降ろされるんだろうから、

それまではせいぜいお山の大将気取っておけやAKSの
腐れ支配人たちよ。

まじでコアヲタの為に闇営業やってくれよ指原氏!!

頼むわ。。

ももクロさんのファンクラブのコスパをハロプロやAKBGと比較して検証します。

標準

私は2012年8月に入会して1年体験して一度やめました。

ですから、8月に更新する人が多いので、エンジェルアイズ
では全員参加可能なイベントを8月に行っておりました。

以下リスト化してみました。

2012年8月誕生

~定期イベント~

春の一大事2017 in 富士見市 〜笑顔のチカラ つなげるオモイ〜

夏のバカ騒ぎ2017 -FIVE THE COLOR Road to 2020- 味の素スタジアム大会

ももいろクリスマス2017 〜完全無欠のElectric Wonderland〜
さいたまスーパーアリーナと大阪城ホール

2018

1月21日 千葉幕張
『ももいろクローバーZ 2018 OPENING 〜新しい青空へ〜』

4月21日・22日 滋賀
『ももクロ春の一大事2018 in 東近江市 〜笑顔のチカラ つなげるオモイ〜』を滋賀県

5月22日・23日 東京
『ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-』を、グループでは初となる東京ドーム

8月4日・5日 千葉
『Momoclo Mania 2018 -Road to 2020-』ZOZOマリン

東京
ジャパンツアー「青春」Season 4

12月24日・25日 埼玉
ももいろクリスマス2018 DIAMOND PHILHARMONY 〜The Real Deal〜

~ソロイベント~

高城の60分4本勝負(2015年3月9日、4回公演、名古屋CLUB QUATTRO) – ももクロメンバー初となるソロコンサート
さくさく夢楽咲喜共和国 ~笑う門にはノフ来る~(2016年3月9日、名古屋市民会館)
紫会(2016年11月26日、豊洲PIT)
まるごとれにちゃん(2017年3月9日、神奈川県民ホール)
エキセントリックコミックショー「永野と高城。」TWO MAN LIVE(2017年6月10日、ヤクルトホール;6月10日、恵比寿 ザ・ガーデンホール) – お笑い芸人・永野とのお笑いライブ
ハイサイ!れにちゃん(2017年7月9日、今帰仁城跡)
まるごとれにちゃん 2018(2018年3月9日、カルッツかわさき)

~FC限定イベント~

2013.05月27日
「ANGEL EYES」限定イベント「誰でもカモ~ン!~ただし、ホワイトベレーの方に限ります?~」/横浜アリーナ(~5月29日まで)
2014.04月25日
「第2回 公式ファンクラブ「ANGEL EYES」限定イベント 誰でもカモ~ン!~ただし、ホワイトベレーの方に限ります~」/埼玉・西武ドーム(~04月27日まで)
2015.8.29
「ANGEL EYES 3周年記念 ご継続感謝イベント」(FC限定)/千葉・幕張メッセイベントホール
2016.10月09日
ANGEL EYES限定イベント 「Great Takahashi October」/千葉県・幕張メッセ イベントホール
2017.10
ANGEL EYES限定「学生祭り」「over.40 祭り」/東京都・日本武道館
ANGEL EYES限定「ももクロワンダーランド」/東京都・日本武道館
2018.10月20日
「ファンクラブイベント」/静岡県・アクトシティ浜松 展示イベントホール

11月20日
「ジンギスカンあゆみのそれゆけドミノフさんいらっしゃい」/北海道・Zepp Sapporo
12月09日
「ファンクラブイベント」/大阪府・インテックス大阪 5号館

まずこの最後のFC限定イベントですが、2013年と2014年は全員当選イベントで東京近辺開催でした。

2015年からは日本全国対象の普通の抽選イベントとなっていきます。

また、定期イベントも春は全国を移動、
夏と冬は東京近辺となっていきます。

また全国行脚のライブハウス、ホールツアーも
不定期ながら行っていきます。

ということで、

ファンクラブに入るとどう変わるのか。
これまでの経験から説明していきます。

まずチケット代を踏み倒したり、悪事を働いて
ないという条件を前提で。

まず、公式には発表されておりませんが、
私の経験から、一般よりも良い席が確保されます。

当選確率が低いものの場合は関係ないですが、
とりあえず一般販売まで考慮されているものについては、
一般より良い席になります。

あとLV、ライブビューイングについてもそれは顕著に
現れ、、FCだと真ん中とその端あたりまでに入りますが、
一般だと最後方の端や最前列の端といった場所になります。

ただFCが少ない現場だとその分一般にもFCの席が
回ってくるので、その辺は各自考えてください。

次に、満足できる現場に行ける確率は一般より
どの程度高くなるのか。

私は2018年のももクリを経験して、もう
あのレベルの現場は行きたくなくなりました。

そうすると、春と夏と冬は無くなります。

あとは最近は全員参加のFCイベントはなくなりましたので、
ツアーとソロイベと突発的な企画イベント
のみになります。

しかし、ツアーについては2018年の中野は落選しました。
永野と高城については、入会時期が数日遅かったので
エントリーできませんでした。
れにちゃんのソロイベントは、私のあまり気持ち良いと
思わない楽曲ばかりなので、行きたくなくなりました。

そうすると、ツアーの当選と企画イベントのみとなります。

しかも、落選確率が非常に高い。

そうすると、どぶに捨てるつもりでエントリー権利
の為だけに入会金を払うか、

観たいコンテンツのみ、
確実に入会金と同程度の
金額でブルーレイを購入するか。

今のそういう私の状況ですとこれ後者だと思うんですよね。

ちなみに、私はハロプロには継続していますが、
全く状況が異なります。

ハロプロはちゃんと定期公演、
モーニング娘。ですと武道館公演にはきちんと
席を用意してもらえますし、
推しメンバーの生誕祭にも必ず参加させて
いただけるんですよね。

ただし同じなのはライブハウス規模の公演
は落選確率が8割程度と急に高くなるので、
そこはももクロと同じです。

ちなみにモーニング娘。も
アンジュルムもライブハウスは一度も
当選していません。

こぶしファクトリーは3年前に一度当たっただけです。

あとはAKBGも継続していますが、
こちらもハロプロと同じ感じで、
推しメンの生誕祭はきちんと席を用意
していただけます。
あと主に推しが出ているTDCホールの公演についても
絶対用意してもらえるんですよね。
ちなみに指原氏のホールイベントは
当選確率今のところ100パーセントです。

そう考えると、ほんとにももクロのファンクラブは
費用対効果が低すぎだと思わざるを得なくなって
しまって、以前も一度辞めたんですよね。

なんか落選している状況を人気があることへの
裏返しだとニヤついて楽しんでいる気がしてなりません。
落選したという文字を見てニヤついているんじゃないかっていうね。。

まあ6月までありますから、
どうなることやら。

このままだともうももクロに対する
現場意識を変えざるを得なくなりそうです。

現場の状況を詳解し、これから2019年の卒業までの間にAKSと太田プロに期待すること。 2018.12.15HKT48コンサート in 東京ドームシティホール~今こそ団結!ガンガン行くぜ8年目!~』

標準

セトリや流れは普段ととくに変わりませんでしたが、
その中身はいつもより引き締まった感じでした。

それは、宮脇咲良がいて当然と言ったら当然ですが、
多くの楽曲で配役されていたからです。

あとは、矢吹奈子もいることで、
田中美久と矢吹奈子で指原曰く
HKT版ミニモニ。のような輝きを
放っていたからです。

しかし、MCの際に指原と宮脇がコンサートで
一緒になるのは2年ぶりだということで、

以前は宮脇がいるとHKTを見てるんだなって
感じていたのが、今日は、宮脇がいると
AKBが50パーセント、HKTが50パーセント
みたいな感じで見えていたのが不思議でした。

宮脇を見てAKBなのかと思い、横のメンバーを
確認して、やっとHKTだって気づくようなw

あとは、いまやHKTの中心になった村重さんが、
ことあるごとに話題の中心になり、今日は
サブに回って悪ふざけキャラに徹して、
指原氏に突っ込ませていた感じを
あったい気持ちで楽しく見ていましたw

指原氏がいないとき、まあ劇場公演とかだと、
今は村重さんは若手を遊ばせて、それを突っ込んだり
して自分はプロデューサーに徹しているんですが、
大きなコンサートだと指原氏がいるので
自分がおもいっきりボケ倒せるってことで、
いきいきしてました。

で、そういう現在の立場からなのか、
宮脇と村重のユニット曲が設けられた場面では、
間奏で2人で向き合って涙するシーンが見られた
んですが、私もデビューから知っているので、
デビューからこれまでの経緯を脳内で回想して軽く
涙してしまいました。

しかし、この時、昔の村重なら泣きじゃくっていた
んですけど、堂々としていて、逆に
宮脇の方が泣き出しそうになっていて、
昨年のAKB48劇場公演でもお見送りの時、
ほんとに堂々としていてこっちが
どうしたんだ村重?って感じで引いてしまった
んでw、ここ数年で村重は精神的にタフになったな
と感じました。

あとは新人の誰だったか忘れましたが、指原氏が
山本茉央の再来と位置付けるメンバーを紹介して
いました。
指原氏が当然突っ込んでいた工藤遥と間違えた
工藤陽香(クドウハルカ) 12歳だったかもしれません。
AKBGは名前が面白いと取る場合が多いので、
この人も指原氏が同じケースで採用したんでしょう。

私は現場で知らなかったので、
なんで指原氏が急に工藤遥って言ったのか、
背が小さいからかなとしかわかってなかったんですがw
工藤陽香(クドウハルカ)っていう名前だったんだと
あとで気づいて笑ってしまいました。

あとは目立ったところとしては宮崎と宮崎
コンビのユニット曲が用意されたこと。
活躍が認められた証拠ですね。

冨吉のゴングショー的コーナーが
安定化されたこと。

田中菜津美の裏側暴露トークの
クオリティがあいかわらず
高かったこと。

あとこれは九州の人がうらやましいんですが、
パフォーマンス時にTPOに合わせて適当に入れるアドリブ、
特に、歌割担当以外のメンバーが、
適当に遊びを入れることで、
定型のパフォーマンスにゆがみっていうか
隙間を与えて、見ている人の心を
ほぐすような効果を与え、
さらに、これは映像を見てるんじゃなく、
リアルタイムな人間の感情を見てるんだ
という特別感を感じさせることで、
現場に来てよかったっていう嬉しさ
を感じさせてくれたところに、
成長を感じました。

以前は指原氏が博多に来た時指原氏が
メンバーにちょっかい出して暴れていただけだったんですが、今は
指原氏がいなくても、それができるように
なったっていうね。。

これは、この後モーニング娘。の武道館に行ったんですが、
指原氏のお気に入りの佐藤優樹さんが得意としている
ところで、コレオグラファーに怒られない程度に
具体的に絶対的な指示がされてない場所で遊びを入れるっていう。

ハロプロのレベルにHKTが突入している
ことにまあ指原氏のこのあとの
発表が重なっていったのかどうかは
神のみぞ知るところです。

で、指原氏の卒業発表なんですが、

客席は、最初の発表の時はみんな笑ってました。。

笑いながら、「なーーーんて!」とか言ってました。

しかし、一向にいつもの

「山ちゃんは、やめへんで~~~」

山ちゃんはやめへんで

的な

発言が出てきません。
表情は時間とともにこわばっていくばっかりです。

こんな恐れおののいている表情をみるのは
ももクロさんの横アリに乗り込んでゆび祭り
のオファーを舞台上で懇願している時以来ですw

マニアックすぎてすいません。

で、用意してきたコメントが終わって次の楽曲
をやろうと掛け声をかけようと後ろを振り向くと、
お葬式の参列者状態の指原以外の舞台いっぱいの
メンバーの表情を受け取り、

まあ気持ちもわかるよ的な感じで、
指原氏が自分の発言を顧みて、心で

「私だってみんなとまだやりたいよ、
でももクロさんとシステムが
違うからAKBGは年取ったらできないんだよ。
わかってくれよ」

そういう声が聴こえてきそうな空気感の中、

次の空気が凄かった。

指原
「みんなあ~~~~、そんなんじゃ困るよ!」

「私がいないくらいでそんなにならないでよ。」

「わたしがいなくてもちゃんとやっていってよ!」

「まあ来年の5月まではいるから、、、さあ、、、、、」

「楽曲やらないの??w」

ここで指原氏はメンバーが自分が信じられない受け答えをして動揺する。。

頷いているのだww

「やらないで締められるわけないじゃんwwww(泣)」
「最後の曲やって終わりにするからやるよ!」

ここでイントロがかかる。

最後方の若手メンバーが踊り始めているが前方の既存
メンバーは下を向いたまま。。

私はここで、頼もしくもあり、悲しくもあった。

皆さんもお分かりになると思うが、
踊り始める順番は、直接
指原氏との関係の深さを表している感じだったのです。

まあHKTとしては最後の曲をやるのがプロですが、
この時不思議だったのは、踊り始めていた最後方の
若手に「なんでこの状況で踊れるのw」って
悲しい気持ちを抱いたのも事実でした。

まあ結局は休み休み踊って終了だったんですが、

今考えると、これ事前に予定していれば卒業発表後の
楽曲はバラードとか指原単独楽曲にすれば
丸く収まるんですが、それをするとばれるので、
マジで普通に卒業発表はないこととして、
通常公演として台本を作ってそこに
発表をぶっこんだんだなということもわかりました。

でも指原氏もこういう状態になるのはわかりきってる
んだから、最後はAKBの桜の花びらたち

みたいな、

ももクロの青春賦

みたいな、

ハロプロのHappy大作戦や歩いてる的

な、be alive的な
振りつけがないもの
をばれないようにもってきてくれればよかったのにな
と思いました。

帰りは周りからはお疲れ様ってことですねとか、
そろそろって思っていたけど、
今日発表するとは思わなかったという
感じでした。

あとファンの人の表情は泣きじゃくってるようなものは皆無で、
キツネにつままれたような魂を抜き取られたような
表情でした。。

でも逆算で考えると、今回のコンサートは無理やり
宮脇さんや矢吹さん他全メンバーを呼んだので、
まあそれには深い意味があって、
ファン思いの指原氏はお騒がせが大好きな大島優子と違い、
直接HKTという自分が愛したグループのコンサートで
発表したかったと、NHKとかAKBの紅白なんかじゃださすぎて
発表したくなかったっていうw
大島優子とはアイドルに対する考え方が違うことがわかることになり、
良いイデオロギーを知る機会ができてよかったと思いました。

さああとはどういう締め方をするかですが。

現時点では、嗣永桃子が楽曲的にも引退用の特別な楽曲、
特別な3枚組アルバム、バスツアー、ファンイベ3連発、
引退コンサートと企画的にもある程度完璧な内容で引退しましたが、

アップフロントの社運を賭けたこのプロジェクトを
秋元康とAKS陣営は同様に社運をかけて超えることができるのかw

AKS+太田プロの企画力と創造力と指原莉乃への愛の深さを
知るいい機会になりますのでぜひ頑張ってほしいと
思います。

ちなみにこれまんま指原氏に置き換えられます。

完璧版の方が感じる感情のレベルが違うので追加します。

アイドル卒業注意事項 嗣永桃子

IZ*ONEが日本と韓国の注目度に高低差がありすぎて耳がキーンする理由がわかりました。

標準

これですね、私はなんにも興味がないんですけど、
みなさんにもそういう人がいらっしゃると思います。

なぜなのか考えてみました。

今回の場合、秋元康の企画なので明らかにAKB発信のプロジェクト
なわけですよ。
だから、AKB>韓国なわけです。

こういう時ってですね、アイドルに関わらず、
他の事象でも同じ状況になることが多いです。

まず、松井秀喜がていうか、日本選手がメジャーリーグ行くとき。

この場合はメジャーリーグ>日本プロ野球連盟なわけです。

だからメジャー側は腐るほどいる海外参加選手の単なる一人という
扱いなわけです。
逆に日本側はめったにいないメジャーのトップチームへの主力選手候補
なわけです。

また、ももクロがアメリカに行く場合も同じ。
アメリカにしたら腐るほど来る海外アーチストの一人。
日本からしたら、ハロプロムーヴメント以降の
数少ないガールズアイドルのひとりです。

もう大きい側というか、受け側と送り側では
天と地ほどの差があるわけです。

で、
IZ*ONEを置き換えると、

AKBG側からしたら単なる海外コラボの一つ。
韓国からしたら唯一の日本とのコラボグループていうわけで、
まったく熱量が違うんですよね。

秋元康側からしたら、失敗したら借金背負う前に
はやめに退散しようっていうことだと思いますが、
韓国側からしたら、金はいくらでも出すから
赤字でもやってくださいっていうところだと
思うんですよね。

そういう世界標準の視点を軸に自分の気持ちを考えると、
まあ結局AKBGのファンからしたら単なるコラボの一つ。

バンコクとか上海とかと同じ。韓国にも同じでよかった
が感情が熱すぎていろいろ独自性をつけろと
文句を言ってきたので、それなりもものに置き換えて
なんとかまるめこんだという感じだと思いますね。

上海の時は結構騒がれたけど、もう今となっては
他に進出してもなれ合いになってきたので
上海ほどは騒ぎませんよね。

あと咲良にとって指原氏の指示はよほど暴力的でない限り最優先で、
今後もその方向性は変わらないでしょう。

まあそういうことです。

ご清聴ありがとうございました。。w