カテゴリー別アーカイブ: HKT48

HKT48の楽曲がデビュー以来作詞以外全てダサい理由がAKBがTeacher Teacherをリリースしたところからハッキリとした気がする。

標準

HKTの楽曲を創立当初から聴いたり、コンサートに通っているうちに、
次第になんか楽曲のダサさに気づき始め、次第に遠ざかるようになっていったので、
HKTが好きなのに、楽曲関係のことには楽しめないのが悲しかったので、
その理由を常々考えていたのですが、

結局私はHKTの楽曲は、秋元康の心が込められた作詞はいいとして、
それを昔のユーロビートを土台にして適当に曲をあれこれ
上っ面だけ入れ替えたものだと言ってきて、

初アルバムを聴きとおし、AKBのTeacher Teacherと同時期リリースの
HKTの早送りカレンダーを聴いた結果、あんだけ楽曲があるのに
全編にわたって前述のようなダサい楽曲ていうか
詩よりも曲ばかりで1曲も面白いものが無かったので、
これは指原氏がどうとかいうHKTメンバーやスタッフレベルの
理由ではなく、

レコード会社がHKTを音楽のHKTの場合にそういうイメージで作り上げることに
決定して、その判断のもとにユニバーサルのプロデューサーが
仕事をしているだけだということが、わかってきました。

参考にしたのは、ももクロやAKBです。

ももクロは怪盗の時、ユニバーサルでした。
でも川上さんが否定的なことを言うことからもユニバーサルとの
関係はあまり良くなかった、ユニバーサルの考え方
はももクロとは合わなかったということが現在明らかに
なっています。

まあ多分ああいう子供っぽい感じで売り出そうとしていたんだろうと
思いますが川上さんは本気でアイドルの枠には収まらない
スーパースターにしようと思っていたので、
考え方が合わずにキングに移籍することになったと。
でその後はその意向に沿って宮本さんという監督が
活躍することになったと。

で、AKBもキングです。
指原氏が総選挙で1位になる前は様々なイメージを
描く楽曲をリリースしていたんですが、
その総選挙でリリースされた第一期の最盛期だった
さよならクロール以降、メジャータイトル曲は
同じ傾向の軽薄ユーロビート系に明け暮れて、
結局社会から飽きられ、2017年後半くらいから
徐々に初期の挑戦的な気持ちが芽生え始め、

2018年の楽曲には少しづつ挑戦的な情熱が感じられる
楽曲が提供されるようになってきました。

といっても、「ぽい」という言葉が思い浮かぶ、
全面的に前衛的なものではないですが、
AKBの初期も「ぽい」楽曲が多かったので、
まあそれはAKBの性格でもある気がするので
仕方ないとして、
初期の気持ちが感じられるようになってきたのは
事実ですし、それを嬉しく思わないといけないと思いますね。

まあということで、
AKBのキングはそういう感じで意識改革に取り組み始めた
のを感じたわけですが、

それ以上に危機的な状況を感じないといけないHKTが、
最新のシングル、アルバムを聴いても、
以前のイメージとなんにも変わらない
平和ボケしたかるーい楽曲を頭悪そうに
リリースし続けているので、
理由を考えると、

そうです。わかりますよね。

ユニバーサルはアイドルをかわいい子供っぽい
イメージにしたい会社なので、、、

HKTの楽曲が一向に洗練されない元凶はユニバーサルという会社
が原因だということがほとんど確定したような気がします。

また、指原氏自身もモーニング娘。とのコラボ曲で
わかったとおり、ユーロビート系が大好きで、
可愛いものが好きらしいので、
ユニバーサルとの相性は悪くないので、

ユニバーサルにいる限りはHKTが
消えるまで悪の無限ループが繰り返される
でしょう。

これみていると、ももクロはほんとユニバーサルから
抜けて良かったなってしみじみ思いますね。
HKTみたいな扱い受けていたら今頃どうなっていたかと
考えるとゾッとしますね。。

広告

HKT48山本茉央の卒業のコメントをコアヲタが一言でまとめてみますw

標準

私は品川でのドラフト会議第一回で心と心が
シンクロして現在まで推してきました。

その間、山本さんは打倒指原を目標にドラフト会議から
入団してバラエティーで指原がやらなかったことにも積極的に
挑み続けて実際に超えてみせました。

バラエティでの役割としては
HKTのトークが指原なら、芸術性は山本というような
存在でした。

その山本が卒業と言うことなので
容易に理由は想像できますね。

20180411山本茉央卒業コメント

いろいろ書いてありますが、、、結局のところは、

「指原に飽きたから卒業しまーす!」

だと思います。

茉央ちゃん今まで楽しい時間を提供していただき心より御礼申し上げます。

人間生きていると自分のやりたいことができなくなる時が絶対訪れますので、

やりたいことができるときは貴重なので大切にしてくださいね。

昨今のHKT48メンバーの茶髪化の変遷を各メンバーのバックストーリーから紐解いていきます。

標準

2018.03.27のAKBINGOの宮脇咲良の性格的に
無理が感じられる痛々しい赤髪化に萎えて、
なぜこんなにHKTは指原支配人の茶髪化以降、
風紀が荒廃してしまったんだろうと原因を考えたんですが、
おおよそ判明したのでご説明します。

まず指原氏が2016年夏ごろ茶髪にしました。

私はこれは今となっては誰も気にしていないのに、
指原自身が結構周りが思う以上に、
AKBに入る前のスキャンダルの一件を深刻に思っていて、
自分に汚い人間のような印象を抱いていて、
そのコンプレックスをため込まずに
吐き出すための方法なんだろうと思ってます。

黒髪が嫌いという発言もそこから来ていたんじゃないかと。
私は黒髪のアイドルではないと。

矢口が当初は黒髪だったが男ができるとともに
茶髪にし始めたのと似ていると思います。

そしてそれに追随するように大人系の森保も茶髪化しました。

村重が明るめにしました。

次に冨吉や植木が茶髪にしました。

坂口理子も茶髪にしました。

宮脇については、指原が茶髪化した時、
ファンが咲良は黒髪だと言う返しで
咲良は染めてるよと言いました。

私は茶髪は大嫌いなので、いろいろ
問題点を書きなぐり、微力ながらも
精一杯の問題提起をしました。

その後、2016年のHKT感謝祭で、私的に
ポイントとなる発言がありました。
りこぴがpartyが始まるよを再演するから
髪色を暗くしてきたと言いました。

指原はそのままで自分をいじめていた
不良グループの茶髪というスタイルで
頭悪そうにPARTYを強引にやりました。

そして、それから2017年から2018年。

一時の指原に喚起されたような茶髪ブームは過ぎ去り、
大体茶髪メンバーのすみ分けにはルールがある
ことがわかってきました。

それは、簡単なことで、
仕事の時多く行動を共にしているメンバー
が茶髪かどうかで決まってくるような気がします。

まず、指原は選抜で東京の仕事が多く、
行動を共にする自分と同世代のAKBのメンバーは年を重ねて
茶髪ばかりですから、逆に黒髪の方が目立つんじゃないかと
思います。
あとは宮脇や中西なんてわかりやすいですね。
そして最近選抜を出入りするようになった
冨吉もわかりやすいです。

しかし視点を博多拠点のメンバーたちに置き換えると、
支えているのは下野、坂口、本村といった面々。

そして、先ほど言ったように、坂口さんは
あくまで自分個人のファッションとして茶髪という
スタイルを採用していることから、仕事でグループ全体の
輪を乱したりして表現に悪影響を与えるような場合はきちんと
暗めにするという気遣いをして茶髪にしています。

自分勝手な指原氏とは大違いです。

また、2017年にHKTはテレビをはじめとした
関東の仕事が減ったことから、
指原氏と行動を共にする時間も激減し、
その指原氏と共にしていた時間は
博多ホームのメンバーと共にする時間
にすり替わってしまいました。

だから指原の茶髪に感化されて安易に茶髪化
したメンバーたちは、2017年中ごろあたりから
徐々に暗めに戻りつつあるんだと思います。

冨吉明日香激似AV女優がいました。そしてなぜかクレイジーSKBへ繋がる。

標準

冨吉明日香激似AV女優を~~~~発見!(一人ごっつ風に)

一ノ瀬ももさん。

一ノ瀬もも

AVをジャケットで選んで鑑賞してたら、
偶然見つけました。

冨吉明日香

冨吉本人は有村架純に似ていると言っていますが、
私も有村架純を見ていると冨吉を思い出しますので
似ている気がしますが、そうすると、
一ノ瀬ももと有村架純は似ているという公式が
成立するかと思うんですが、そんなに似てません。。

で面白いことを発見したんですが、
一ノ瀬ももさんの作品にすっぴんぽい
作品があるんですが、それを見てると
冨吉のすっぴんがあきらかになるっていう。

変態兄弟に拾われた美少女 「もう何日もママが帰ってこない…お腹が空いたの…もう動けない…えっ私に食べ物をくれるの?」 一ノ瀬もも

apns00025jp-3

ちなみにもっと面白いことを発見しました。

猛毒のバカ社長ことクレイジーSKB氏にも似ているっていうw

crazysb

HKT48村重杏奈激似AV女優2人目。

標準

HKT48の村重杏奈さん激似のAV女優さんは以前
紹介したんですが、また見つかったのでご紹介します。

立花瑠莉さんていう人で、アリスJAPANで美少女系
デビューした人なんですが、
2017年ごろから無修正にも出演しはじめました。

立花瑠莉

今日までノーチェックでしたが、スタイルが良くて
刺さったので今から集めてみようと思います。。

デビューとともに歩んできたコアヲタの現場重視の詳解。2018年1月18日指原莉乃単独ライブ

標準

30分前に到着して入り口前に横5列になって並びます。

最初に身分証確認、次に持ち物検査で、ドラフト会議のチラシを
受け取って着席。

2階バルコニーでしたが、ここは1列づつ前後に段が
あるので、後方に迷惑をかけず椅子の下に荷物を詰めて
入れておけるので便利です。

ただし両隣が近めなので、左右にサイリウムを持つ奴が
いると結構厄介になりそうです。
今回は両隣とも一本の普通の人でしたので
気持ちよく観戦できました。

ちなみにそろそろ私は思うんですが、
サイリウムのマナーは片手だけにした方が
いいと思うんですよね。

両手だと絶対に自分の席の領域外にはみ出るのは
歴然で、両隣が気になってしまって、
公演がなにも入らなくなってしまって
楽しめないからです。

アイドルの運営の方はご一考ください。

さて、今回の内容に行きます。

まず、開演前の待機時のBGMはHKTでした。

前日のゆいはんとかは運営の人がナレーション
をしていたっていうのを十数分前に確認して
いたので、まあ同じ状態を覚悟していたら、
まさかの半笑いで指原氏のナレーションが
流れてきたので流石やなあって感動しながら
開演を待ちました。

しかし、、こういう小さいこと一つ一つから
ファンのためっていうことの発言に嘘がない
ということがファンの心に蓄積されて行くんですよね。。

まあセトリについては、HKTをメインに、
以前コンサートで披露した曲と、
紹介がてらのアルバム収録曲、
って感じで、

曲順も、セオリー通りの勢いだけの
掴み曲で始まって、中盤に休憩がてらの
企画もの、さしこ100%。
これは周りから忘れてたよっていう
言葉が吹き荒れて、私自身も女性が
やっても本気でやらないので全く
期待してなくて冗談だと思っていた
ネタのVTRを観たんですが、

ここで一番刺さったのは、
本ネタよりも何よりも、
私の大好きな秋吉ちゃんが
しもべとして大活躍していたことでした。
指原氏の練習中に常に横にいて助手として
オリラジのあっちゃんの横の藤森さんの
ようにカメラ目線で笑わせてくれていました。

後はVTR後の本人は普通のテンションで
自分の中で普通に計画しているイベントの
一つとして軽く発表した
「では第二回ゆび祭りもご期待ください!ってことで」
っていう一言でした。

初めて公言したので舞台上で披露したお盆ネタより
興奮しましたねw

また、その秋吉ちゃんがセンターで大活躍
したのが、とんねるず世代にはドツボの
荻野目ちゃんのダンシングヒーローでした。

これは裏を探ると、とんねるずのみなさんのおかげです、
とんねるず、秋元康、指原莉乃ってことで見事に
私の中で過去と現在がリンクした瞬間でした。

またドルヲタとしては、最近のたこやきレインボー
のコンサートでも同じネタをやったので、
私にとってはHKTヲタよりも驚きは薄かったです。

世間的にプロレス女子からのWIP同様、
バブル回顧の流れなんでしょうね。

ちなみに地域のヒーロー歌舞伎でも
風俗ネタを欠かさず取り入れたネタ
をやって盛り上げるのは大昔から
行われていることで
人気者のお約束でもあるんですね。

失礼しました。

企画ものの後は、まだコンサートモードには
早いので、徐々に温めるって感じで、ゲストコーナー。

ゲストも、指原お得意のももクロさん経由のネタ、
今回は、ももクロさんの関係で最も古い南こうせつさん、

(坂崎さんもいますが、あれはレギュラーでメンバーの
親類なのでゲストじゃないです、こうせつ、そして、
さださんになって行きますね)

で徐々にエンジンを始動させて、
HKTのコンサートの鉄板企画の田中菜津美とのトーク企画、

休憩を入れて、指原氏のコンサート用に練習したネタを
披露するコーナーってことで、いつも私がここで
指原はダンスができないってばかにしているのに
顔が真っ赤になったのかw、

ダンス楽曲を入れてきて、温まってきたので、

そして、指原氏は知らないと思いますが、
私はたこ虹も推しているのでたこ虹はAVEXなので、
この前見たばっかりだったDJ KOOさんと
フォーチュンクッキーを披露したんですが、
HKTのファンは喜んでいましたが、
私にとっては特に驚きがなかったネタでしたw

しかし途中から入ってきたSAMさんにはおどろきました。

そして、
HKTの後半と同じく、内容がない頭悪い勢いだけの
楽曲を連発して客の神経を麻痺させて

その極みの最高かよを最後に終了です。

私は最高かよの内容でもぬるいので、
アレンジして、3連ミックスも古くて
つまんないので、2倍速ミックスに変形させたり、
サイバージャージャーも全部リノに置き換えて楽しんだり
して自分なりに楽しみました。

1回目のアンコールはほぼ全員が座席に着く中、
2階はほぼ立っているのは私一人、、
ここら辺、ももクロは全員立っているので
AKBは落ち着いてる人が多いなってさびしく
感じながら1階の人とアンコール前の空気を楽しんでいると、
この前のNHKホールは来場していた谷真理佳に
アンコール発動をさせたのに続き、今回は
シソンヌの長谷川氏がいたので、ファッションいじりしたり
した結果、発動をしてくれて、リノちゃんコールで
アンコール。

で私にとっては指原氏の信頼度が何百倍もアップした
白いシャツでアンコールが終了。

ここで私はダブルはないと思って帰り支度をしていると、
今回は勉強になりましたね。。

それでも好きだよ をまだやっってなかったんですね。。

だからみんな自信を持ってダブルアンコールをしていたんですね。

でそれでも好きだよで無事全てソロを
出し尽くして終了でした。

ダブルアンコールは会場の雰囲気や舞台の明かりの有無、
そして、セトリの内容を全て考慮した上で
発動するっていうことを勉強させていただきました。

てことで、、

まとめてみると、、

南こうせつネタはももクロさん、
DJ KOOさんネタはたこ虹ちゃん、
HKTの通常セトリでしたので、

特別に用意したのは

VTRが全てだった滑りまくりのさしこ100パーセント、
指原ソロ曲、
AKB所属時に覚えた担当楽曲、
指原からより笑いを引き出すHKTメンバーの指原いじり、
企画や楽曲の合間の長い待機時間の何気無いトーク、

会場に来ていた、シソンヌ長谷川氏

ダチョウ倶楽部単独のスタンド花

この辺が今回のきもだったような気がします。

山口県出身者にアイドルが異常に多いのはなぜか?

標準

まずこれが気になり始めたのはモーニング娘。の道重さゆみさんでした。

で、次にHKT48の村重杏奈さん。

そして少し落ち着いていたんですが、
スターダムをチェックするようになって、
岩谷麻優さん、宝城カイリさんもそうなんだっていう
驚きが。。

まあよく雪国っていうか、新潟とか山形とか
に美人が多いっていう話は昔からあったんですが、
山口に多いってのは最近だと思います。

理由はわかりません。。

ファンミーティング以外はDMMで配信ていう流れになったようですね。「11月24日・25日・26日 HKT48 6フェス ~LOVE&PEACE!ROCK周年だよ、人生は…~」

標準

11月24日(金)・25日(土)・26日(日)
HKT48 6フェス ~LOVE&PEACE!ROCK周年だよ、人生は…~

昨年は企画イベントを野外、劇場公演をDMMっていう設定でしたが、
ファンミーティング以外は普通にDMMで配信になったようです。

HKT6周年DMM

ぎりぎりまでDMMで発表されなかったので安心いたしました。

ただ公演部分の見どころは、

昨年観た限りではベテラン勢が若手用の公演に急遽練習して
出演することから湧き上がってくる、MCでのベテラン勢のボヤキが
大半を占めている感じでしたのでw

昨年下野とりこぴの身体に鞭打ったから痛くてしょうがない
っていうぼやきで思う存分笑わせていただいた
ので、今年はおなか一杯でいいかなっていうきがしますが、
生バンド歌謡ショーがですね、、、不気味な光を放っている
ので、いま悩んでいるところですね。。

25日に入会すると24日まで視聴可能なので、
クリスマス公演は観れると思うのですが、
HKT11月公演状況

これを観ると11月後半はリリイベでほとんど公演をやってないんで、
12月も同様にアルバムリリースするので同じような状況に
なると考えられるんですよね。

あといつも言ってますが指原氏の茶髪を観るのも嫌いなので、
記念特別公演は目をそらしてみないといけないので、
そう考えると、気持ちよく楽しめないからめんどくさくて
たぶん死んでもみないきがするので、劇場公演は
スルーでいいかなっていうね。

だとすると、結局540円で単品購入で生バンド歌謡ショーを
観るのがベストかと思いました。

今年も定例イベントが開催されます。 2017.11.24-26 「HKT48 6フェス ~LOVE&PEACE!ROCK周年だよ、人生は…~」

今年も定例イベントが開催されます。 2017.11.24-26 「HKT48 6フェス ~LOVE&PEACE!ROCK周年だよ、人生は…~」

標準

11月24日(金)~26日(日)「HKT48 6フェス ~LOVE&PEACE!ROCK周年だよ、人生は…~」

昨年は5周年てことで記念なんだなと思っていたんですが、
今年は6周年で特に区切りの年ではないのにやるってことは、
よほど2016年が盛り上がったんでしょうね。

まあ無理やり6だからロックとか言いやがってますw

この行事は毎年開催することに決定したようですね。

ちなみに2016年は指原氏は最後の数時間しか参加しなかった
ので2017年も期待薄です。

11月24日
「天神映画祭」[昼の部][夜の部]

1stアルバムに収録される48作の短編映画「東映presents HKT48×48人の映画監督たち」
の最速先行上映会を開催!

これ指原氏来るか微妙ですね。
福田さんと指原氏は今回全コンテンツの一部なのでそれほど
重要じゃない気がするので多分来ないような気がします。
まあ良くてVTRくらいかと思います。

出演者や監督による舞台挨拶も予定。
こちらは1stアルバム通常盤をご予約いただいた方の中から抽選でのご招待となります。

11月25日(土)
2期生によるファンミーティング
生バンドによる歌謡ショー

これは指原氏来ないです。

11月26日(日)
1期生によるファンミーティング
6周年記念特別公演

これの特別公演には指原氏来ますね。
指原氏は間違いやすいですが1期生じゃないのでね。

2016年はゴングショー的ないろいろ各自企画した
出し物をやっていたんですが、ネタが尽きたのか、
ファンミーティングになりましたw

昨年は劇場公演と企画イベントを交互に60分程度
休憩をはさんでやっていたんですが、
今回はファンミーティングがメインで間に
企画イベントっていう形になるんでしょうかね。

まあ劇場公演はベテランメンバーがいろいろもんく
たらたら身体が痛いとかなんだいって
やっていた節があるのでw
縮小したんでしょう。

そうすると劇場公演の利権があるDMMが
文句言いそうな感じですが。
DMMは最後の特別公演だけであとはニコ生
になるんでしょうかね。。

私はより多くの人にみてもらうには
ニコ生は有料で結構ヲタの間では
実は評判悪いので、
youtubeで生配信がベストだと思いますが、
指原氏!どうするんだ。
ニコ生のしがらみから抜ける勇気はないか。。うぷぷ

2016年11月25日(金)・26日(土)「HKT48 5th Anniversary ~39時間ぶっ通し祭り!みんな”サンキューったい!”~」

在宅用タイムテーブル表 2016.11.25-26 HKT48 5th Anniversary指原氏が参加したが悪い影響が。関係者の皆様ご迷惑おかけしました。[更新終了]

福岡以外のファンを切り捨てた全面有料イベント化で感謝の気持ちが微塵も感じられないHKTにがっかりしました。この機会に所詮福岡以外のファンは気持ちを改めようか。「11月24日・25日・26日 HKT48 6フェス ~LOVE&PEACE!ROCK周年だよ、人生は…~」

芸人がキングオブコントやM-1等のお笑いのコンテストの審査員をやることの矛盾感とベストなコントの評価方法の考察。

標準

誰一人、自分たちのネタを客席から観た人はいないということ。

さまぁ~ずであって、さまぁ~ずではない。
バナナマンであってバナナマンではない。
ダウンタウンであって、ダウンタウンではない。

さまぁ~ずのコントを観たスタッフが素晴らしいと感じたので
審査員として呼んだが、その素晴らしいコントをさまぁ~ず
本人は観たことが無いっていう落とし穴。

スタッフはさまぁ~ずのコントのレベルを審査の基準にして
採点して欲しいから呼んだが、、

さまぁ~ず本人はその基準が実はわかっていないっていう。

だって観たことないんだから。

観たことないから、比較もできるわけがない。

だから、審査員は結局芸人ではないほうがいいと思いますね。

ちなみにざっくりですが、お願いランキングという番組の
お笑い勝ち抜き企画は視聴者投票なんですが、
現時点ではこれがベストなんじゃないかと思います。
私はこれだと推しが負けても一切文句はなく、仕方ないかと
思える方法ですね。

ちなみに、コントを芸人が審査するという考え方は
俳優自身が審査するアメリカのアカデミー賞を
パクっていると思うんですが、これも落とし穴があって、

アカデミー賞は映画ですから俳優自身も自分の仕事を
観れるので、なんら問題は無いわけです。

お笑いは舞台芸なので無理です。

もし芸人が審査する方式を採用するなら、
舞台でネタを披露せず、
事前に収録したネタを映像を観て審査するなら問題は無いと思います。

以前にも言いましたが、アートの面白さとは、
作品の評価は第三者が評価するもので、
アーチスト本人の評価は関係が無いということです。

本人が嫌いな作品でも高評価な作品、
大好きな作品でも低評価な作品があるのが
あたりまえなんです。

また本人の出来不出来と評価は無関係。比例しません。
よくできてもつまらないときもあるし、
よくできなくても面白いときもあります。

また、タレントや周りを取り囲む勢力のパワーとも無関係。
それらが逆に威圧感としてマイナスに作用することもあります。

美空ひばりの作品より自分の子供の作品のほうが感動したり、

フランクシナトラの作品より、シドビシャスのほうが感動したり、

手塚治虫より蛭子能収のほうが感動したり、、

芸術だからこそです。

コントの作り方も

サンドウイッチマンのようにマクロレベルでボケを組み込んでも、
舞台に出ないで映像ですましても、
舞台に出てずっと立っているだけでも、
しゃべらずに動きで表現しても、

面白ければそれでよし。

チャップリンから始まり、キートン、てんぷくトリオ、
深見千三郎と一連の浅草コメディ、
クレイジーキャッツ、ドリフターズ、
Mr.ビーン、モンティパイソングループ、
やすしきよし、コントレオナルド、
コント55号、B21スペシャル、
とんねるず、ひょうきん族のタケちゃんマン、
カックラキン大放送、
ネプチューン、キリングセンス、
ごっつええ感じ、松本人志、
ウッチャンナンチャン、
シティボーイズ、シソンヌ、
パーパー、

いろいろこれまで魂にぶち込まれてきましたが、

人間が全員各自で評価すればそれでいいのではないでしょうか。

漫才はルールがあるが、コントは自由。

私はそう思います。。。