カテゴリー別アーカイブ: Club345

club345バスツアーの指原氏の優しさが感じられたところ。

標準

行き帰りのバスで指原氏とシソンヌ長谷川氏
のラジオ風録音トークが流されたみたいです。
約30分でした。

ファンクラブ会員のみに配信されましたが、
やっぱ指原氏のトークは聴いてて疲れなくて
楽しいです。

ここで話してましたが、女性と男性で
バスを分けていたみたいです。

あと自分が責任持てる程度に参加人数を
少な目にしたみたいですね。

あとHKTを辞めた後にバスツアーを決めた
わけじゃなく、
AKBに入る前のハロプロのコアヲタだった時代
からずっとバスツアーをやりたいと温めて
いたと言っていました。

あと本番が始まる数時間前からリハーサルの
ために当日現場入りしていたみたいです。

いろいろ話を聴いていると、
推してきて良かったなとマジで
思える30分でした。

バスツアー行かなくても、
この30分のトークだけで
十分現場の空気が楽しめました。

今度は全員参加のイベントを
期待してます指原氏。

パフォーマンスしなくていいから。
ハロプロやアイドルさんについての
企画やテーマトークだけでもいいから。
おねげーするっす。

club345より2019.8.31バスツアーのアンケート願いメールが来たんですがw

標準

club345バスツアーアンケート

 

幾つか質問項目があり、最後のメインディッシュとして、

「どんなバスツアーだったら嫌ですか?」

っていう項目があって、

私が結構前に

宮下草薙の漫才風に行きたくない理由を
まとめた

漫才「指原莉乃バスツアーに限らず、アイドルのバスツアービジネスには気を付けた方がいいですよ。」

んですが、

 

指原氏よくチェックしてんなあ

って思いましたw

あと、

これ普通はどんなバスツアーがいいですか?って
質問するんですけど、

どんなバスツアーが嫌ですか

っていう
ネガティブ方面に持っていくのって、
やっぱ指原だよなあww

って思いました。

club345のwebストアーの進捗状況にワクワクする毎日w

標準

今日はこんな感じでした。
club345store

もうグッズ本体も完成してるんでしょうかね?

単なるロゴのプリントしただけだったら買いませんが、
それは指原氏も承知してると思います。

指原氏のこれまでの趣向から推察すると、
手書きの文字をプリントしたもの
が用意されている気がします。

道重一筋みたいなね。

道重一筋

私も大好きなんでぎゃくにやられたら
買っちゃうのでやって欲しくないですwww

少しづつ指原氏のイメージに向けて構築作業を行っているようです。2019.08.17時点のclub345の状況

標準

指原氏が最近、club345のサービスを
そろそろいろいろ充実させていきたいともらしていた通り、
ストアーの構築も少しずつ進行しているようですね。

club345store20190817

これ以前は左のメニューも最下部の様々なストアーサイトのテンプレート
もなかった気がします。
会報も発行したいと言っていたので、
どんな会報になるのか楽しみですね。

でも、バスツアー、トークライブ、会報ってことで、
スタダ、さらにはAKBGよりも、ハロプロのFCに完成イメージが近い
んじゃないかという気がします。

指原氏、club345で衝撃の告白。「歌番組でのトークとパフォーマンスはストレスしかなかった。」

標準

UTAGEで初回からレギュラーで現在まで番組の人気を
得るため多大な貢献をしてきた指原氏ですが、

なんと、ストレスしか感じなかったという告白があり、
驚きました。

私にとってUTAGEはまず、大木真太郎‎プロデューサー、
中居、渡辺、舞祭組、ハロプロOB、ケミストリー、
なんですが、その一角の指原氏の口からそのような
コメントが出るのが以外でした。

保田圭さんと一緒になるときは優しくしてくれて、
AKBであるにも関わらず仲良く壁を取っ払って
共演して下さってと、歓喜の言葉ばかり
聴いていたので、喜んで楽しんで出演
しているとばかり思ってました。。

しかし、世の中、仕事をしていくと
経験と共に求められるものは
増えていくわけで、

他の共演者とのトークとか求められて
いくにつれてストレスを感じるようになっていった
みたいですね。

他の歌番組でも同様のことを感じていたと
言っているので、どうやらほんとに
歌って踊るパフォーマンスが苦手だった
みたいですw

でもアイドルしか道がないってことで、
私が考えるに、指原氏の理想のアイドルは
今の歌って踊らないアイドルであり、
AKBでやっていた歌って踊るアイドルは
現在に行きつくまでしかたなく
やっていた仕事だったということですね。

でもそれを正直に言ってしまうところが
いかにも指原氏であると思います。

ちなみに私は最初指原氏を深夜のバラエティ番組で
衝撃的な出会いをしてからのファンなので、今の方が理想です。

指原氏の理想のアイドル環境について発言がありました。

標準

ファンクラブ向けのメールにて、

あまりファンとコミュニティの大きさを
これ以上拡大したいという欲望はなく、
今のファンを大事にしたいと思っていると
言ってました。

より私が惹かれるきっかけとなる発言となりました。

2019.8.31指原莉乃「club 345 夏のバスツアー(仮)」企画経緯、内容の予測解説とコスパ考察。[改訂版]

標準

8月31日(土)「club 345 夏のバスツアー(仮)」

【日程・時間】
2019年8月31日(土)日帰り
・集合予定時刻・場所:9:00(東京駅)
・解散予定時刻・場所:19:30(東京駅)

【場所】
木更津
※集合場所:東京駅鍛冶橋駐車場

【料金】
¥32,000(税込¥34,560)
※集合場所までの費用は各自のご負担となります。

【内容】
★本人と2ショット撮影!
★本人と一緒にランチビュッフェ!
★本人と一緒に楽しめるゲームコーナー!
★スペシャルトークショー♪
★スペシャルミニライブ♪
★お土産付き!
本人からのサプライズも…???

これ見て驚いた部分があります。

常連の方は気づいたかたもいらっしゃるんじゃないでしょうか。

そうです。

税込み34560円、さしこっていうところです
っていう冗談はさておいて、

スペシャルミニライブの部分です。

点を線にするように繋げていきます。

まず、木更津のバスツアーということだと、
基本的にアウトレットパークや、海鮮のグルメ
とか、少し足を延ばしてマザー牧場
といった感じになります。

マザー牧場

規模がでかいので
自ずとルートは決まってきますよね。

ランチブッフェはまあ規模的に
団体客用ですからホテルのランチブッフェ
が妥当です。

ざっと検索すると
オークラアカデミアパークホテル 洋食レストラン「カメリア」
くらいしか出てこないですね。

あと読み進めるとゲームコーナーということと、
規模と、安心して独身やファミリーといった
様々な客層に対応可能だということで、
まあマザー牧場はガチかなと。

そして最後のミニライブとトークショーです。

木更津で団体客に対応可能なホールは
木更津市市民会館。

そして、ここは小中大の3つのホールが
あるんですが、現在ここの小と大が
改装中で使用不可能ですから、
中ホールで決定です。

キャパは500席。

漫才「指原莉乃バスツアーに限らず、アイドルのバスツアービジネスには気を付けた方がいいですよ。」

先日ここで経験と知見から予告した通りになりました。

500って書いていたと思ったら300でした。
まあ大目に見てください。
でも500じゃいろいろ回るのは無理でしょう。
300以内だと思うんですけどね。

>追記:
>と言ってたら、調べなおしたらハロプロのバスツアーでは10台以上はざらなので、
>私の予想では500人以上はガチかなと考え直しました。
>だからほとんどの人は常に指原氏は無関係で行動を共にするのはヲタのみになるため、
>オフ会をやってるイメージになりそうな感じですねw

あとはマザー牧場内にアグロドームという
多目的ホールがあるので
そこは1000人程度のキャパですから、

マザー牧場 アグロドーム
ここでも可能ですが参加者限定の
有料のコンサートは
あまり開催履歴がありませんので
市民会館が有力かと。

マザー牧場で早めに夕食をとり、飲み食べ放題で
約5000円で、8月31日までスペシャルイベント
があるのでまあ合致したかなと。

2019年5月のくらべてみましたの番組内でマザー牧場の
紹介があったのもあるかなと。
あとはAKB時代に遊びに行ったこともあるしね。

2019-07-17_マザー牧場 指原莉乃

ということでまあ、だいたいバスツアーの
全体像がつかめたかなと思います。

こうしてみると、ハロプロのDIYの
インチキ臭い怪しいバスツアーとは違うかなと
いう気はします。

これで34560円。

通常の東京から木更津のバスツアーは
6000円程度で、アウトレットパークや
マザー牧場に行けます。

これに飲み食べ放題の5000円をつけて
11000円程度。

24000円はどこに消えるのか。

まあ行ったことないですが、
下世話に考えると、
キャバクラの指原氏指名料的な
考えでいいのかとw

ランチブッフェは3500円程度。

残り20000円で60分程度の
MC入りのミニカラオケコンサートと

あとは指原莉乃指名料という感じw

これで34560円ですね。

しかし、私は悪いことばかり
体験するので行きたくなりません。

・まず、長時間のバスというか乗り物が嫌いです。寝込んで旅行どころじゃなくなります。田舎に住めませんw
・また、数十人以上の団体行動も嫌いです。ましてや同じ服装で宗教っぽいのも嫌いです。
・2ショットも事務的なのでやりたくありません。
・アウトレットパークも行きたくありません。
・指原氏とならいいですが、ファン同士で食事やアトラクションで戯れたくありませんw
・生写真とかグッズも興味ないのでほとんどのヲタがグッズを見てニヤついているのが
視界に入ってくるのを我慢しないといけないので精神的にきついですw

もういいこと一つもないですw

漫才「指原莉乃バスツアーに限らず、アイドルのバスツアービジネスには気を付けた方がいいですよ。」

標準

草薙

「指原莉乃っていう人にバスツアーっていうものに誘われたんだけど、、
行ったことないんで教えて欲しいなって、、」

宮下

「まあ、指原さんのファンが数台のバスに詰め込まれて
指原の企画したものを体験させられて、数回実際に会ったり
できて、楽しむっていうイベントじゃない??」

「普段人と集団で旅に行ったりしないんだから、
いい経験になるし行った方がいいよお前は」

 

草薙

「あんまり楽しそうじゃないな。。」

宮下

「なにっ?????????」

 

草薙

「なぜ俺みたいなのが誘われたんだろうか?」

バスツアーについても、

まあ多分、良い時の道重さゆみレベル。
1台50人程度で、5~6台で300人程度になるんじゃないかと。

指原氏が参考にしている、
バスツアーの生みの親、ハロプロでは様々な事例があり、、

主催者のアイドルが勝手に企画制作し、それを事前に
知ることができず、現場でいきなり通達され、
強制的にそれで時間を費やすことになり、

どこで本人が来るか会えるのかも保証がなく、

食事の内容も、部屋の種類も事前に知らされず、
言われたとおりにするしかないので、

食事がカットフルーツのみだったり、
集団によって部屋のレベルが極端に違っていて、
正式な部屋と、緊急時の部屋に分けて入らされたり、
食事も集団によりレベルが違ってたり、

企画についても、わけのわからないアスレチックとか
本人が参加しないイベントにぶちこまされて
遅れそうになったら置いてけぼりにされたり、

そして全体的なイメージとしては、
普通の生誕祭で、現場に来ている
おそろいの色のシャツやタオルをした人たち全員が
一斉に移動したり食事したりイベントしたり
する企画っていうことですよ。

私が行ったと仮定して、
いやなシーンがあった場合、これはスタッフの仕業なのか、
指原本人の仕業なのかと考えて人間不信になったり、
人によっては楽曲派と接触派がいて、
本人と数秒でも会えればよしと考える人と、
会えるよりトークやパフォーマンスといった芸を見せて欲しいと
考える人がいるが、私は後者なので、

ハロプロの様々なバスツアーの前例から考えると、
まあ多分、バスツアーの対象者としては
前者のような接触派の人が満足できる内容なのかなと
想像ができるので、
もし私が行っても悪いところばかり感じることに
なるし、嫌いになる確率も高いし、、、

 

 

 

草薙「だからバスツアー行かない。。」

 

宮下「勝手にしろ!!」