カテゴリー別アーカイブ: 2019.8.31ファンクラブ会員限定「club 345 夏のバスツアー(仮)」

club345バスツアーの指原氏の優しさが感じられたところ。

標準

行き帰りのバスで指原氏とシソンヌ長谷川氏
のラジオ風録音トークが流されたみたいです。
約30分でした。

ファンクラブ会員のみに配信されましたが、
やっぱ指原氏のトークは聴いてて疲れなくて
楽しいです。

ここで話してましたが、女性と男性で
バスを分けていたみたいです。

あと自分が責任持てる程度に参加人数を
少な目にしたみたいですね。

あとHKTを辞めた後にバスツアーを決めた
わけじゃなく、
AKBに入る前のハロプロのコアヲタだった時代
からずっとバスツアーをやりたいと温めて
いたと言っていました。

あと本番が始まる数時間前からリハーサルの
ために当日現場入りしていたみたいです。

いろいろ話を聴いていると、
推してきて良かったなとマジで
思える30分でした。

バスツアー行かなくても、
この30分のトークだけで
十分現場の空気が楽しめました。

今度は全員参加のイベントを
期待してます指原氏。

パフォーマンスしなくていいから。
ハロプロやアイドルさんについての
企画やテーマトークだけでもいいから。
おねげーするっす。

2019.08.31 ASH&Dライブ 2019 北とぴあ 現場詳解 チケット購入から帰宅まで。指原バスツアー行かなくてよかったw

標準

シティボーイズがコントをやると言ったイベント。

チケットは抽選にエントリーしたものの2回とも落選で、
だめもとで一般販売開始の2時間後に軽くぴあをチェック
したら最後方から2番目の席が売れ残っていて
なんとか行けることになりました。

会場は北とぴあという、ash&D社長の自宅近く。
大井町から王子駅で50分程度でいい場所でした。

まあ元々は事務所の創立記念の5年区切りのほぼ定期ライブ。

前回は2014年に有楽町朝日ホールでやった歌ネタメインの
ものでした。

ASH&D ONE NIGHT MUSIC LIVE

この時はまだ中村ゆうじさんもいてムロさんはまだ無名でした。

でシティボーイズに面白いやつが入ってきたと言われて
期待されていました。

この時MCとして結果を出して、ヨシヒコ他、福田組とかでかわいがられて
うなぎ上りに。

今回もメインMCとして開演と同時に出てきて
大竹さんと開演の挨拶を。

最初はなんか昔のロンパールームみたいに、
今でいうおはスタみたいな感じで
子供の人気者的なキャラで
男性と女性が出てきた。
と思ったら、斉木さんと久本さんでした。

適当な歌を歌いながら客席を練り歩きながら
持参のプレゼントを配っていき、
我らが2階には後で行きますからと言いながら
終了。

次はラブレターズが
「やりにきーなー」
と一言溜さんがぶっこんで
がちがちに作られてるコントを披露。
まあ普通のテレビサイズの感じでした。

次にという感じで歌ネタ、コントと
いう感じでYMOの増殖的な感じで進行。

歌ネタは大竹さんの息子大竹涼太さんが
出てきて自作の曲をギースの人とピアノ
セッションで披露。

あとは阿佐ヶ谷姉妹はいつも私は
おねマスでマッコイさんにいじめられてる
ところしか見てなかったwので
今回初めて拝見したマジな長尺な
コントを観てほんとはこのひとたちは
舞台の人なんだなあって、感じました。
いい感じでスカスカ感があって詰め込み過ぎず
疲れずにストーリー性がある
お笑いを楽しめました。

GEESEはテレビサイズの簡単なコントでしたね。

いろいろあって最後にシティボーイズ。

いやあ、もうほんとすごいです。

ダウンタウンとか内村さんとか、
ああいう緊張感がまったくなく、
自然に客の心に入ってきて、いろいろ
まさぐって笑かせて、
知らないうちに風のように去っていくような、

居合抜きのような、
必殺仕事人の藤田まことの針のような
麻酔のような、
コントでした。

終わった後は
知らないうちに大笑いさせられて疲れ切らせて
抜け殻のようになった自分がいました。。

たけしさんが、高倉健さんみたいに、
いるだけでなにもせずとも演技になるのが
役者の理想だと言ってましたが、
ほんとそんな感じでした。

3人のいる空間でなにかが足りないんですよ。

だけどそれを自分たちが次々に出すアイデアで
解決しようとしてどんどんおかしな方向に
迷い込んでいってしまうんです。

MRビーンもそうですよね。
カンニングして鉛筆を落としてそれを
拾おうとするとどんどん転がっていき、
収拾付かなくなっていくという。

その台本にない部分をいかに自分の雰囲気や演技で補っていくか。

逆にラブレターズは台本にある部分をいかにやるか。

ほんとに真逆です。

そんな感じで、役者やお笑い人間の最終形態を
見事に舞台上に見せてくれたことだけで、
指原氏のバスツアーなんかよりこちらを
選択したことに間違いがなかったのを
改めて感じた帰りの電車の中でした。

なんか指原バスツアーって10時ごろから
4時ごろまでの実質5時間程度で34500円
というぼったくり企画だったようでw

1時間5000円ですか。
牛角の食べ放題は90分4000円ですよ。
游玄亭のコースも1万円ですよ。
playstationVRも35000円くらいでしょ。

行かなくてよかった。。しみじみ。

club345より2019.8.31バスツアーのアンケート願いメールが来たんですがw

標準

club345バスツアーアンケート

 

幾つか質問項目があり、最後のメインディッシュとして、

「どんなバスツアーだったら嫌ですか?」

っていう項目があって、

私が結構前に

宮下草薙の漫才風に行きたくない理由を
まとめた

漫才「指原莉乃バスツアーに限らず、アイドルのバスツアービジネスには気を付けた方がいいですよ。」

んですが、

 

指原氏よくチェックしてんなあ

って思いましたw

あと、

これ普通はどんなバスツアーがいいですか?って
質問するんですけど、

どんなバスツアーが嫌ですか

っていう
ネガティブ方面に持っていくのって、
やっぱ指原だよなあww

って思いました。

2019.8.31指原莉乃「club 345 夏のバスツアー(仮)」企画経緯、内容の予測解説とコスパ考察。[改訂版]

標準

8月31日(土)「club 345 夏のバスツアー(仮)」

【日程・時間】
2019年8月31日(土)日帰り
・集合予定時刻・場所:9:00(東京駅)
・解散予定時刻・場所:19:30(東京駅)

【場所】
木更津
※集合場所:東京駅鍛冶橋駐車場

【料金】
¥32,000(税込¥34,560)
※集合場所までの費用は各自のご負担となります。

【内容】
★本人と2ショット撮影!
★本人と一緒にランチビュッフェ!
★本人と一緒に楽しめるゲームコーナー!
★スペシャルトークショー♪
★スペシャルミニライブ♪
★お土産付き!
本人からのサプライズも…???

これ見て驚いた部分があります。

常連の方は気づいたかたもいらっしゃるんじゃないでしょうか。

そうです。

税込み34560円、さしこっていうところです
っていう冗談はさておいて、

スペシャルミニライブの部分です。

点を線にするように繋げていきます。

まず、木更津のバスツアーということだと、
基本的にアウトレットパークや、海鮮のグルメ
とか、少し足を延ばしてマザー牧場
といった感じになります。

マザー牧場

規模がでかいので
自ずとルートは決まってきますよね。

ランチブッフェはまあ規模的に
団体客用ですからホテルのランチブッフェ
が妥当です。

ざっと検索すると
オークラアカデミアパークホテル 洋食レストラン「カメリア」
くらいしか出てこないですね。

あと読み進めるとゲームコーナーということと、
規模と、安心して独身やファミリーといった
様々な客層に対応可能だということで、
まあマザー牧場はガチかなと。

そして最後のミニライブとトークショーです。

木更津で団体客に対応可能なホールは
木更津市市民会館。

そして、ここは小中大の3つのホールが
あるんですが、現在ここの小と大が
改装中で使用不可能ですから、
中ホールで決定です。

キャパは500席。

漫才「指原莉乃バスツアーに限らず、アイドルのバスツアービジネスには気を付けた方がいいですよ。」

先日ここで経験と知見から予告した通りになりました。

500って書いていたと思ったら300でした。
まあ大目に見てください。
でも500じゃいろいろ回るのは無理でしょう。
300以内だと思うんですけどね。

>追記:
>と言ってたら、調べなおしたらハロプロのバスツアーでは10台以上はざらなので、
>私の予想では500人以上はガチかなと考え直しました。
>だからほとんどの人は常に指原氏は無関係で行動を共にするのはヲタのみになるため、
>オフ会をやってるイメージになりそうな感じですねw

あとはマザー牧場内にアグロドームという
多目的ホールがあるので
そこは1000人程度のキャパですから、

マザー牧場 アグロドーム
ここでも可能ですが参加者限定の
有料のコンサートは
あまり開催履歴がありませんので
市民会館が有力かと。

マザー牧場で早めに夕食をとり、飲み食べ放題で
約5000円で、8月31日までスペシャルイベント
があるのでまあ合致したかなと。

2019年5月のくらべてみましたの番組内でマザー牧場の
紹介があったのもあるかなと。
あとはAKB時代に遊びに行ったこともあるしね。

2019-07-17_マザー牧場 指原莉乃

ということでまあ、だいたいバスツアーの
全体像がつかめたかなと思います。

こうしてみると、ハロプロのDIYの
インチキ臭い怪しいバスツアーとは違うかなと
いう気はします。

これで34560円。

通常の東京から木更津のバスツアーは
6000円程度で、アウトレットパークや
マザー牧場に行けます。

これに飲み食べ放題の5000円をつけて
11000円程度。

24000円はどこに消えるのか。

まあ行ったことないですが、
下世話に考えると、
キャバクラの指原氏指名料的な
考えでいいのかとw

ランチブッフェは3500円程度。

残り20000円で60分程度の
MC入りのミニカラオケコンサートと

あとは指原莉乃指名料という感じw

これで34560円ですね。

しかし、私は悪いことばかり
体験するので行きたくなりません。

・まず、長時間のバスというか乗り物が嫌いです。寝込んで旅行どころじゃなくなります。田舎に住めませんw
・また、数十人以上の団体行動も嫌いです。ましてや同じ服装で宗教っぽいのも嫌いです。
・2ショットも事務的なのでやりたくありません。
・アウトレットパークも行きたくありません。
・指原氏とならいいですが、ファン同士で食事やアトラクションで戯れたくありませんw
・生写真とかグッズも興味ないのでほとんどのヲタがグッズを見てニヤついているのが
視界に入ってくるのを我慢しないといけないので精神的にきついですw

もういいこと一つもないですw

漫才「指原莉乃バスツアーに限らず、アイドルのバスツアービジネスには気を付けた方がいいですよ。」

標準

草薙

「指原莉乃っていう人にバスツアーっていうものに誘われたんだけど、、
行ったことないんで教えて欲しいなって、、」

宮下

「まあ、指原さんのファンが数台のバスに詰め込まれて
指原の企画したものを体験させられて、数回実際に会ったり
できて、楽しむっていうイベントじゃない??」

「普段人と集団で旅に行ったりしないんだから、
いい経験になるし行った方がいいよお前は」

 

草薙

「あんまり楽しそうじゃないな。。」

宮下

「なにっ?????????」

 

草薙

「なぜ俺みたいなのが誘われたんだろうか?」

バスツアーについても、

まあ多分、良い時の道重さゆみレベル。
1台50人程度で、5~6台で300人程度になるんじゃないかと。

指原氏が参考にしている、
バスツアーの生みの親、ハロプロでは様々な事例があり、、

主催者のアイドルが勝手に企画制作し、それを事前に
知ることができず、現場でいきなり通達され、
強制的にそれで時間を費やすことになり、

どこで本人が来るか会えるのかも保証がなく、

食事の内容も、部屋の種類も事前に知らされず、
言われたとおりにするしかないので、

食事がカットフルーツのみだったり、
集団によって部屋のレベルが極端に違っていて、
正式な部屋と、緊急時の部屋に分けて入らされたり、
食事も集団によりレベルが違ってたり、

企画についても、わけのわからないアスレチックとか
本人が参加しないイベントにぶちこまされて
遅れそうになったら置いてけぼりにされたり、

そして全体的なイメージとしては、
普通の生誕祭で、現場に来ている
おそろいの色のシャツやタオルをした人たち全員が
一斉に移動したり食事したりイベントしたり
する企画っていうことですよ。

私が行ったと仮定して、
いやなシーンがあった場合、これはスタッフの仕業なのか、
指原本人の仕業なのかと考えて人間不信になったり、
人によっては楽曲派と接触派がいて、
本人と数秒でも会えればよしと考える人と、
会えるよりトークやパフォーマンスといった芸を見せて欲しいと
考える人がいるが、私は後者なので、

ハロプロの様々なバスツアーの前例から考えると、
まあ多分、バスツアーの対象者としては
前者のような接触派の人が満足できる内容なのかなと
想像ができるので、
もし私が行っても悪いところばかり感じることに
なるし、嫌いになる確率も高いし、、、

 

 

 

草薙「だからバスツアー行かない。。」

 

宮下「勝手にしろ!!」

 

指原莉乃、シソンヌにスタンド花贈るのにシティボーイズやムロツヨシには見向きもせず。そこからさらけ出された指原氏の虚構と現実に関係者は自省を強いられることになりましたねww

標準

指原氏のFCからバスツアーの知らせが届いた。

日程は2019年8月31日。。
ファンクラブ会員限定「club 345 夏のバスツアー(仮)」

私は一か月以上前に指原氏にこういうライブの連絡をした。

「ASH&Dライブ 2019」が8月31日(土)に東京・北とぴあ さくらホール

「ASH&Dライブ 2019」が8月31日(土)に東京・北とぴあ さくらホール

理由は、指原氏は福田組でムロツヨシさんや福田さんと親交が深く、
さらにそのルーツのシティボーイズさんが年齢もあり
今後数えるほどしかないのではないかと思われている
回数が減っているライブの代わりにコントを披露する
貴重な現場が決まったためだ。

私は先行で2回にわたって落選したんですが、
最後の一般先着販売で最後から2番目の列
のチケットをようやく確保できました。

ちなみにここ北とぴあさくらホールは演劇を基本に設計されているので、
全体で20列前後の適度な広さが確保されている
ため、最後方でも問題ないと判断したことも
最後の売れ残りでも購入に踏み切った理由です。

私としては、様々な媒体からの情報から、
AKB卒業後の指原氏は以前より土日に遊んだりする機会が
増えてると感じていて、現場に行ける確率は
以前より増えていると思ったので、貴重な現場なので
連絡させていただきました。

そういった経緯があったにも関わらず、
今回の日程の決定の知らせ。

365日もあるなかで、最悪の日時。。

これですね、
ここからまずわかるのは、
この日は仕事がなかったのは明白ですよね。

そして、事前に連絡したにもかかわらず、
シティボーイズとムロさんの記念公演を
スルーしたことも明白になりましたよね。

また、そのことで、シティボーイズの
前述のなぜ貴重な現場なのかに至る
経緯を知らないことも明白になりましたよね。

そして、先日訪れたシソンヌさんの本多劇場
のスタンド花。

これから、シソンヌさんに対する敬愛の
気持が明白になるのは当然です。

指原氏は以前、シソンヌの長谷川さんとムロツヨシさん
とのプライベートパーティーでの写真
をアップしていたことがあります。

まあ薔薇色のブー子という映画で、
福田組の映画なので当然ムロさんと共演した
ことからつながったのは明白です。

そんなムロさんの事務所の実質の創業者
でもあるシティボーイズはムロさんにとっての
とてつもない繋がりだと想像できますよね。

スタンド花を贈るシソンヌさん(ちなみに、
私が以前ムロさんの単独に行ったとき、
指原氏の花があったら嬉しかったと直接
指原氏に寂しがったときに指原氏が気づいてくれて、
それから自分もそろそろそういう立場なんだと
考えを改めて花を贈るようになってくれたという
経緯があります)の本多劇場で開催する
理由はシティボーイズさんを目標に
していたからだということは本人の
コメントからも明白です。

そして、指原氏の目標でもあり大きな枠での
自分の総監督でもある秋元康さんは、
夕焼けニャンニャンで作家だった時に
極めてアングラだったシティボーイズの
大竹まことというメンバーのみを
既成概念破壊役でブッキングして
企画を立案していたところから、
戦友なのは明らかです。

そういう様々な壮大なバックストーリーが
あり、特に仕事の予定もないにも関わらず、
2019年8月31日という1日に
バスツアーをぶっこんでくれたことから、

指原氏に前述のいろんな関係者が伝えようとしていたことが
少しも実際は伝わっていなかったことが
明らかになったことで、

所詮まだ26歳のアイドル上がりの世間知らずの
サブカルの上っ面をかじり始めたばかりのお嬢ちゃん
だってことがわかって、まあ私や福田なんやムロさん、
シソンヌさんがかいかぶっていたことが
はっきりしたことでこれからが楽しみになった
と同時に、各自反省しないといけないのかな
とも思わせてくれて良かったのかなと、
嘘や過大評価で塗り固められた虚構ではなく、リアルの指原莉乃が今回
ふとしたきっかけで明らかになったので
良かったのかなとも思いますね。

 

ちなみに私も26歳の時はシティボーイズはまだ大人すぎてそこまで理解してなかった気がしますから、同じかもしれませんw