カテゴリー別アーカイブ: 2016.07.27代々木アニメーション学院プロデューサーに秋元康・小室哲哉・つんく♂・指原莉乃が就任

2017.04.29 指原氏プロデュース声優アイドル「=LOVE(イコールラブ)」誕生。 しかし問題が山積みでどうするのか。

標準

「代々木アニメーション学院 Presents 指原莉乃プロデュース声優アイドルオーディション」
2017年4月29日、代々木アニメーション学院 東京校 水道橋校舎にて開催

指原莉乃プロデュース声優アイドルとして夏のお披露目を目指す。

ということなので、基本は声優志望の人たちなんでしょうね。

イコールラブ600

・ヤマモトアンナ(19歳)・サタケノンノ(18歳)・モロハシサナ(20歳)・チョウナンマイ(19歳)
・サイトウキアラ(12歳)・ノグチイオリ(16歳)・オオバハナ(17歳)・オトシマリサ(18歳)
・タキワキショウコ(15歳)・オオタニエミリ(18歳)・サイトウナギサ(13歳)
・タカマツヒトミ(16歳)・ササキマイカ(17歳)

最終審査での選考基準について

指原
「レッスンを積んで上手くなれば声優としても
活躍できるかもしれないということで“声のよさ”、
私が歌やダンスが上手な人が好きなので
そういうところも重視しました」

「本当に悩んで、悩みました。激戦でしたので、
みんなには激戦ぐあいを分かって頑張ってほしいなと、
プレッシャーを与えようかなと思っています」

「恥ずかしながら、みんなの顔を見てひらめいたので、
曲の手配をしてもらいました。

シングルに向けて、『こういう曲でお願いします』と、
いつも秋元さんの担当をしている方にお願いして、
曲を集めてもらっています」

これなんか指原氏の好みを前面に出せるので、
今はやりのものに中高生の色恋話を例える手法の
秋元康の量産型のHKTモードの詩に、

これもHKTの量産型軽薄ユーロビートをあわせた
普通のHKTのシングル楽曲になりそうな気がしてます。

指原氏がエクスタシーに達して、

私がインポになってしまうw

秋元康+野中”まさ”雄一が主導しそうな感じですねw

どんなステージに連れていきたいか

指原
「う〜ん、悩むなぁ〜」

「あの〜、調子に乗っていると思われると嫌なので、
これから言うこともキッチリ書いてください。
秋元さんのことも凄く尊敬しているし、
私自身、AKBも本当に尊敬しているのですけど…
AKB48グループを超えたい夢があります」

「以上のこと、前置きも絶対書いてくださいね」

合格者について

指原
「本当にキラキラで、すでに私は心を奪われています」

どんなイメージのグループにしたいか

指原
「グループとしてはさわやかな感じにしたいと思います」

恋愛禁止について

指原
「方針は運営と話し合っていないのですが」
「過去のことは過去のこと。でも、人をなるべく好きにならないように」

その他のコメント

「「本当に激戦だった」といい、悩みすぎて鼻血を出した」

今夏に人前でのパフォーマンス披露を目標にレッスンを重ねていくという
のでまあTIFでお披露目でしょう。
ってことはフジテレビも絡んでいるってことでしょうw
フジテレビ、秋元康、中嶋、神原孝、、

出来レースww

こんな安定した環境で育成もくそもないですね。

でもそれはアイドルとして考えた場合で、
実は声優を目指す人にとってはアウェイ環境で、

アニメ系のホームはテレビ東京なので、
いっちゃあなんですが、ハロプロの方が
アニメとかの仕事をやりたい人には
向いている気がします。。

しかし、最近の若手秋元康界隈アイドルのメンバーたちですけど、
メンバーたちはなにも考えずに一生懸命やってて自分たちががんばって
いるからファンが増えていると思っていたら、
もう秋元康が整備済みの箱庭で単に踊らされていただけだっていうのが
可愛そうで仕方ないですよ。

悪いのは大人です。

でダメだったら簡単に別のプロジェクトを立ち上げるっていう。。

ちなみにガールズアイドルグループの円満脱退メンバーの
理由で最も多いのは女優や声優になるためです。

今回のグループは最初から声優アイドルとタグうちされてます。

で、今回のプロジェクトのメンバー募集の際に、
女優や声優に興味がある人を集めていますし、

またオーディションの性格上、
指原氏も声優や女優を目指すことを良しとして
今回のメンバーを選出してますから、
多分長く続かないんじゃないかっていう気がしますね。

ただメンバーが声優を務めるアイドル育成アニメとかが制作されて
同時進行していく感じで変化していったらそれなりに
結果が残る気もします。

でも今回集まったのはアイドルも好きだけど、
それよりもアニメや漫画が好きな人たちなので、
本格的に声優をやりたいってなると、
オーディションに腐るほど挑戦しないと
チャンスがないってことがわかってくるし、

そうなってくると、ライバルたちが寝る暇を惜しんで
声優のスキルアップに時間を費やしている
のに、自分はアイドルをやっていていいのか、
受かるのかって感じてくるのは当然なので、
そうなるとアイドル活動は辞めざるを得なくなる
と思うんですよね。

指原氏がいつものちょっとした火遊びみたいな感じで
このプロジェクトをやっているとしたら
断じて許せないですが、、

まあ指原氏のアイドルへの愛情というものがどの程度のものなのか、
信じてみたいと思います。

指原莉乃が声優アイドルをプロデュース「一番最初にヲタクになった人が美味しいと思います」
abemaTIMES

広告

指原氏「つんくさん、なぜ私はハロプロの選考に落ちたんですか?」って分かっているくせにwwww

標準

男の匂いがしたからだろうが

(爆)wwwwwww

代々木アニメーション学院プロデューサーに、 秋元康・小室哲哉・つんく♂・指原莉乃が 就任するプロジェクトの詐欺的なからくり

標準

代々木アニメーション学院プロデューサーに、
秋元康・小室哲哉・つんく♂・指原莉乃が
就任するプロジェクトのからくり

まあみなさんも経験があると思います。

有名人が教師陣にリストアップされていたから
入学したものの、一度も会うことも出来なかった
っていう詐欺的な仕組みにはめられてしまった経験が。

これ絶対本人がなにをするわけじゃないんですよね。

テキストを構築するわけでもなく、なにか直接的に
教鞭をとるわけでもない。
まあ多分数分の経験談を語った映像を撮影し、
それを流して終わりみたいな感じだとw

経験からするとまあそれもあれば良い方だっていうw

私の経験から、
本人が学校に来るわけもなく、ましてや下手したら一度も
会うこともなく卒業することになることが確実です。

わずかにパンフレットの自己紹介や学部紹介のとこで
客寄せパンダ的に顔写真が入っているからそれだけで
顔を拝める程度だと思います。

創価学会の久本的な、まあ広告塔としてのオファーだと思います。。

ということで、
もし本人に教えてもらえることを期待して入学を検討
している方がいたら、

本人が教えてくれるのか。
本人が来ない場合、どういう形でかかわるのか。
テキスト作成にかかわっているのか。
たんなる経験談を語るだけの講演会的なものなのか。
など、、

専門学校にかかる経費は決して安いものではないので、

きちんと代々木アニメーション学院に
確認することを強くお勧めします。

ちなみによしもとや人力舎といったお笑いの事務所にも
学校があり、有名人が来ることをパンフレットに記載
してありますが、本人が来ることはありませんし、
テキストを作成しているわけでもありません。

まあ、よーく考えてみて下さい。

AKBGに在籍している人でさえ、
一度も指原秋元と話したことが無い
人がたくさんいるわけですから、
当たり前ですよねw

そうそう。

よく考えればわかります。

詐欺だってのがね。