カテゴリー別アーカイブ: 指原莉乃

私が「今夜くらべてみました」でなにも刺さらない理由を制作会社と製作スタッフから推察してみます。

標準

2019年1月8日放送分の、今夜くらべてみましたのセンスで
選んだものまね芸人のリストの中に、誰一人私が刺さるものまね
芸人が入ってなかったことから、

A.B.C-Z河合郁人・りんごちゃん・丸山礼
梅小鉢高田紗千子・メルヘン須長・友近・柳沢慎吾・Mr.シャチホコ

やっぱ芸術的な部分での総合的なセンスがこの番組
のプロデューサーとずれてるから
波長が一切合わないんだなあと感じましたね。

現在のチーフプロデューサーは
東井文太さんですよね。

調べると現在の担当は

レギュラー

笑点
ウチのガヤがすみません!
アナザースカイⅡ
おしゃれイズム
新・日本男児と中居
踊る!さんま御殿!!(以前はディレクター)
人生が変わる1分間の深イイ話
今夜くらべてみました
満天☆青空レストラン

スペシャル

時代…マツコ
女芸人No.1決定戦 THE W

てことですが、見事に私が刺さる番組が一つもないw

私の見解だと、たぶん、さんま御殿と深イイ話
の雰囲気で勃起するような人間ならはまるんじゃないかと
いう気がしますね。

私はその2つの番組は立ち上げから数年で飽きて
窓から投げ捨てましたので、そんな人は
無理っぽいです。

あと指原氏が入った理由はたぶんドルヲタの
桜井慎一さんのごり押しでしょうね。

同様にしゃべくり007の特別扱いも桜井さんですね。

あと今の制作は創輝ですが、
こちらも調べると見事にひとっつも
刺さらない番組ばかりで、センスのずれが
見事ですw

2010年代

レギュラー番組

トリハダ㊙スクープ映像100科ジテン(テレビ朝日、ANN系列局全国ネット 2011年4月 – 2014年3月)
マニュアル劇団(テレビ朝日、ANN系列局ほか一部ネット 2011年10月 – 2012年3月)
芸能★BANG!(日本テレビ、NNS系列局全国ネット 2011年10月 – 2012年3月、バリューナイト)
テストの花道(NHK、NHK Eテレ 2012年4月 – )
月曜から夜ふかし(日本テレビ、NNS系列局全国ネット 2012年4月 – 、プラチナイト)
芸能★BANG+(日本テレビ、NNS系列局全国ネット 2012年4月 – 7月、プラチナイト)
ほこ×たて(フジテレビ、FNS系列局全国ネット 2012年4月 – 2013年10月)
今夜くらべてみました(日本テレビ、NNS系列局全国ネット 2012年7月 – 、プラチナイト)
激論!どっちマニア(テレビ朝日、ANN系列局ほか一部ネット 2012年10月 – 2013年3月)
クイズ80(日本テレビ、NNS系列局ほか一部ネット 2012年10月 – 12月)
あっちマニア(テレビ朝日、ANN系列局ほか一部ネット 2013年4月 – 9月)
有吉反省会(日本テレビ、NNS系列局全国ネット 2013年4月 – )
なら婚(日本テレビ、関東ローカル 2013年10月 – 2017年3月)
アレはスゴイはず!?(テレビ朝日、ANN系列局ほか一部ネット 2013年10月 – 2014年3月)
アレはスゴかった!!(テレビ朝日、ANN系列局全国ネット 2014年4月 – 9月)
櫻井有吉アブナイ夜会(TBS、JNN系列局全国ネット 2014年4月 – 2015年3月)
日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館(テレビ朝日、ANN系列局全国ネット 2015年4月 – )

なんか総合的にワイドショーの延長的な
安易なものばっかですね。

まあでも初期の制作はブームアップとIVSでしたが、
こちらのブームアップっていうとこも見事にセンスが
ずれてるんですが、真逆にセンスが合致してるIVS
が合同でやってたので多少面白みを感じていた
のはその理由だと思いますね。

現在

レギュラー

アナザースカイ(日本テレビ)
おしゃれイズム(日本テレビ)

あにまるまにあ(テレビ神奈川)

特番・単発

24時間テレビ 「愛は地球を救う」・チャリティーマラソン
東京マラソン(日本テレビ)(フジテレビ)
大阪マラソン(読売テレビ)
横浜マラソン(テレビ神奈川)
神戸マラソン(サンテレビ)

こちらもお笑いは皆無なので、
ほとんどIVSがやっていたんだと思います。

しかし、そのIVSも最近は糞番組ばっかで
創業当時のセンスのかけらがゼロなので

レギュラー番組

冒険JAPAN! 関ジャニ∞MAP(ABC、テレビ朝日系列全国ネット 2010年4月4日 – 2012年3月25日)
バカなフリして聞いてみた(日本テレビ系列全国ネット 2011年4月19日 – 9月13日)
爆笑問題の大変よくできました!(テレビ東京系列全国ネット 2011年4月22日 – 9月9日)
芸能★BANG!(日本テレビ系列全国ネット 2011年10月17日 – 2012年3月19日)
芸能★BANG+(日本テレビ系列全国ネット 2012年4月10日 – 7月17日、プラチナイト枠)
今夜野宿になりまして(東名阪ネット6、5いっしょ3ちゃんねる、独立局 2012年7月3日 – 12月11日)
今夜くらべてみました(日本テレビ系列全国ネット 2012年7月24日 – 2015年3月31日、プラチナイト枠)
ウーマン・オン・ザ・プラネット(日本テレビ系列全国ネット 2012年10月6日 – 2015年3月28日)
爆笑学園ナセバナ〜ル!(毎日放送、TBS系列全国ネット 2012年10月9日 – 2013年2月26日)
キューピッドは芸能人 タカトシのラブカ〜恋が生まれる運命のカード〜(日本テレビ系列の一部ネット局 2013年1月8日 – 2月26日)
世界の日本人妻は見た!(毎日放送、TBS系列全国ネット 2013年4月16日 – 2017年9月19日)
バイキング 火曜日(フジテレビ系列全国ネット 2014年4月1日 – 2018年3月27日)
バナナマンの決断までのカウントダウン(フジテレビ系列全国ネット 2014年4月11日 – 9月19日)
THEカラオケ★バトル(テレビ東京系列全国ネット 2014年5月 – )
バナナマンの決断は金曜日!(フジテレビ系列全国ネット 2014年10月17日 – 2015年3月27日)
ポケモンの家あつまる?(テレビ東京系列全国ネット 2015年10月4日 – )
橋下×羽鳥の番組(テレビ朝日系列全国ネット 2016年4月11日 – 2017年9月25日)
ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?(関西テレビ、フジテレビ系列全国ネット 2017年1月23日 – 12月25日)
梅沢富美男のズバッと聞きます!(フジテレビ系列全国ネット 2018年4月18日 – 2019年9月)
直撃!シンソウ坂上(フジテレビ系列全国ネット 2018年4月19日 – )
世界!極タウンに住んでみる(フジテレビ系列全国ネット 2018年5月5日 – 9月15日)
坂上どうぶつ王国(フジテレビ系列全国ネット 2018年10月12日 – )
芸能人が本気で考えた!ドッキリGP(フジテレビ系列全国ネット 2018年11月10日 – )

結局、私が飽きたのも納得の理由だった気がします。

ちなみに現在も私が信頼している制作会社は、

シオプロ、K-MAX、U-FIELD、笑軍様、あたりですね。
あとはももクロのFDWですかね。

ワイドナショーの指原氏に全く興味がないのは簡単な理由です。

標準

戦闘モードに切り替えていて、

 

 

冷静さを失っていて怖いから。

 

 

 

たぶん、

ガツガツ系に嫌悪感を示すタモリさんも

この番組の指原は大嫌いだろうなwwww

あと昔は精神的に余裕があったので攻撃的な部分も受け入れられる余裕があったんですが、今の自分はそういう状況ではないので攻撃を受け入れる余裕がないからというのもあります。優しくしてほしいっていう。

たまにひらめく、指原氏と整形について思うこと。

標準

アイドルと整形についての私にとっての源泉となってるのは、
昔、大竹まことが井森美幸さんに医者による整形の診断を
スタジオで行って、ほっぺたに空洞がみつかってそれが
整形だと大騒ぎした事件です。

当時は私も子供ながらにタレントってそうなんだと
ショックを受けた感覚が残ってるんですが、

数十年経過した現在、

井森さんはプ女子で、健康的な女性だということが
知れ渡ってきたこともあり、整形なんて言われなく
なりました。

結局、当時の検査自体が誤りだったわけですね。

そして、現在の指原氏の整形疑惑。

私はデビュー当初からのファンですが、
特に違和感は感じないんですよね。

まあ写真の1カットとか、映像の1シーン
とかを切り取ると、そう思えるところも
みられるんですが、例えば、、

1分の映像は30フレームですが、
1フレームでおかしくても、
残りの29フレームをみると、
やはりゲロブスの指原氏なんですよね。

あとtwitterとかネットでは、でっちあげるとき、
都合のいいものだけ抜粋して、
都合の悪いものを切り捨てることが多いんですが、

整形についても指原氏のそういうネタを
検証する時の画像って100パーセント
そういう気持ち悪い画像を拾い上げた
モノなんですよね。

でその関連する画像のソースを調べると、
その前後の画像はいたって普通の指原氏
なんですよね。

だからまあ私はそういったことは
指原氏はないと思っているんですが、

今回感じたのはあるとかないとか
いう小さいことじゃないんです。

ないって言ってもあるかもしれないし、
結局私は本人じゃないので想像の域を
出ないんですよ。
占いとおんなじで事実はわからない。
想像してるだけ。

そこで考え方を変えます。

整形というものはどこまで悪なのか。

例えば、指原氏が整形しないでタレントとして安定して活動継続可能なら
それが最も理想的ですね。

しかし、
整形せずに仕事が減少していき引退せざるを得なくなるより、

整形すれば安定して継続できる。。

そういう場合は私は整形を許せる気がします。

指原氏のタレントとしての魅力は外見ではなく、
内面なのがその確固たる理由です。

内面を通じて他の人とコミュニケーション
をして幸せにする。

それが可能なら、整形なんて可愛いもんです。

やり過ぎたら内面にも響くので人間的にも
破綻して地獄に落ちると思いますが、

多少のことなら問題ないです。

以上、私の見解について。

指原氏に響いてくれたらと思います。

前田こころの変顔のデザインから見えた、指原愛について。

標準

前田こころの変顔

前田こころ変顔201912

指原氏の変顔

指原変顔

この白目をむくデザインは指原氏のオリジナルですね。

また、この指原の左上の最近の太田プロ規制内で表現
した変顔で白目をむいてないことからわかるのは、
指原にとって白目は規制外だと自分で判断している
オリジナルなハードコアなアレンジだということも
わかってきます。

だから白目を取り入れている人は指原の影響を受けている
ということを表現していると言っていいと思います。

そのなかで、今回のこころちゃんの変顔。

まあ多分アイドルと変顔で検索して
出てきた画像の中で、最も刺さったので
参考にしたんだろうと思いますねw

普通はこんなのできないと言って白目変顔は
パスすると思うんですが、
こころちゃんはこれやったら受けるだろうなと
思って自信をもって指原オリジナルの白目
変顔を送り出すことにしたと。

特にこの顔を斜めに傾けるデザインも
指原オリジナルですよね。

指原愛と自分の業界でのやる気を
これ一つで最大限に表現することに
成功した変顔だったと思います。

いやー、ももちヲタの清野桃々姫ちゃん、高瀬さん、に続き、
指原フォロワーの前田こころちゃん。

BEYOOOOONDSの将来性が怖いです。

Club345第二回ファンミーティング キャンセル分も見事落選。まあ0.01パーセントとかのレベルですから当然です。

標準

まあ当初は喜んでましたが、よく考えるとキャンセル分なんて
数枚から数十枚ですので落選が当たり前ですね。

ハロプロみたいに自動入金ではなく自分から能動的に支払い
手続きをしないといけない場合は忘れた分が結構出ると
思いますが、AKBG系列は自動支払いができるシステム
を積極的に推し進めているので、そういった場合だと
まああまり出ないですよね。
チケット代も3450円とお手頃価格ですし。

紅白歌合戦やFNS歌謡祭のMCは、ある頑なな理由でもし断らなければ、指原氏が配役候補者のトップに名前を連ねているのは間違いない気がします。

標準

指原氏は卒業後、歌番組でのあらゆる仕事を断るように
していたことを明らかにした。

歌うことはおろか、
ひな壇で他の出演者とトークすることも、
怖くて仕方なかったという。

いままでテレビや舞台を鑑賞、経験してきた中で導き出した、
自分で設定した高いレベルの成果ってのが
あって、
それをクリアする自信がない、
または、クリアする仕事が怖い
ということでした。

NHKではガッテンではサブレギュラー、
メインMC番組、そして、
なんといっても平成から令和を
またぐNHKのあらゆる人に向けた
特番でも指原氏を採用したことから、
指原氏の評判は大変良く、

フジテレビでも現在のバラエティとアイドル
を引っ張っている神原さんが、TIFでの
アンバサダーと特番でのMCとして
信頼して採用し続けていること、
そして、主に中嶋さん制作の
他の番組でも定期的に出演していることから
音楽がらみのバラエティでの
もっとも採用したい女性タレントは
指原氏なんではないかと思いますね。

でも前記のような本人による理由により
断っているのが現状なんじゃないかと
いう気がします。

指原氏が継続してポケモンをプレイしてることがわかった一言に安心したと同時に、現時点で判明しているRPGやゲームの趣味嗜好についてもお話しします。

標準

2019年11月末「ポケモンを買いに行ったら売り切れで、、、」

ソード・シールドですね。

ついでにswitchも所有していることが明らかに。

ポケモンを数年前のHKTの握手会のときにメンバー間で
遊んでいることをネットでしゃべっていたんですが、
それっきりあまり情報がなかったのでまあ、
継続してはまってるんだとわかって安心しました。

で、ポケモンユーザーなので、好きかもって想像して、

以前少し妖怪ウォッチに
AKBが出てることを語りかけたことがあったんですが、
そのときはスルーされたんで、

ポケモンは好きだけど妖怪ウォッチはやってないって
こともわかってます。

私なんか、この手のコマンドターン制の戦闘系の
RPGはなんでも好きなんですが、
指原氏はシステムっていうより
ポケモンのアニメからはまっているから
ポケモン以外ははまってないみたいですね。

私は逆にアニメは全く観てないんで、
ゲームの進行とシンクロして世界観が
構築されていく感じです。

指原氏はアニメですでに世界観が
もう構築されていて、
その上でゲームをやって追体験していく
ような感じなんだと思います。

指原氏はその世界観が大事なので、妖怪ウォッチも
ドラクエもはまってないんだと思います。

ゲームシステムより世界観が大事っていう。

指原氏ってあまりRPGの話、最近だと、
ドラゴンクエストウォークの話とか
しないじゃないですか。

それは単にドラクエにはまったく興味がない
っていうことなんですよね。

ポケモンGOはやってますからね。

なので、話しかけるときはそこらへん
気を付けると無駄な時間を過ごさなくて
済みます。

ドラクエ面白いのにね。。

有吉さんなんか両方やるのに。

まあでも理由もわかります。

ポケモンは子供がメインキャラクターなんです。
ドラクエは普通にバランスよく大人も
キャラクターに配置されてます。

この子供の世界が好きなんだと思います。
あのひとあまり大人向けのゲームやらないですからね。

戦争のFPSとかね、

どちらかっていうと任天堂系が多いですからね。

PS4のことなんかしゃべってるの聞いたことないですしね。

て感じです。

指原莉乃ファンクラブ、看板企画のトークショーの2回目もまた落選祭りという最悪な展開に。。え?年会費払ったけどまだサービスなにも受けてないんですけどw

標準

都度書いてますが、4月に卒業。5月にFC開始。6月に極小の会議場で
トークショー開催するも当然の落選祭り。

LVや映像販売も無しで結局数分の映像を披露しただけ。

でさすがに悪い気持ちになったのかメールサービスを始めるも、数回で終了。

次の8月のバスツアーは午前から夕方までかと思いきや、
ふたを開けてみれば数時間で35000円ていう内容でこれも
高額なうえに落選祭り。

でメールサービスがなくなり、11月になっても公式サイトのコンテンツは
なにも変化がなく、更新されたのはネットショッピング
の品物が掲載されただけで、しかも値段設定が無謀なものばかりていう
冷めた内容でがっかり。

で現時点で2019年度内の企画はなにも発表がなく、
2020年の1月にトークショーがまた企画されるが、
落語や漫才向けの極めて小さい会場なので、
これも今回落選祭り。

しかし、トークショーをなぜ小さい会場でこだわる
必要があるのか。
しゃべるだけなんだから幕張のコミュニティアリーナ
とかzeppの座席シフトとかでも十分楽しめると思うんだけど、
わけがわかりませんね。。
ハロプロの生誕祭とかももちのトーク企画なんて
品川ステラボールとかでやって十分楽しめたのに、
今まで音楽系のきかくばっかやってきたので、
なんか指原氏はトーク系のイベントのスキルが欠落してる
気がします。

ハロプロの生誕祭とか行ってるはずだから
分かってると思うんだけどね。。

てわけで、入会して7か月、今のところ、
webのコンテンツは皆無で、
5000円程度で会員証とメールサービス数通のみってことで
最悪ですね。

私にブレインとして任せてもらえれば数百倍楽しいファンクラブに
する自信があるんだけど、まあ現状、SKEと兼任の片手間なスタッフに
できることってこの程度かもねw

 

期待しすぎて申し訳ございやせんでした!

2019.11.21千鳥の大漫才2019。内容は厳しく抑制されているので状況を、可能な方法でお伝えします。

標準

今回は元渋谷公会堂、大悟さんが付き合いのある
志村さん繋がりでは、お化け番組、
8時だよ全員集合がつくられていた場所。

現在はLINE CUBE SHIBUYA

一時、CC LEMONホールなんていう呼称もありました。

私は1度子供の時に当選して行ったけど
いかりや長介が目の前に来て泣き出して
何も覚えてない、泣いたことした覚えてない
という悲しい場所ですw

ちなみに意外とももクロはおろか、
アイドル関連で行ったことは皆無で
楽しみでした。

行き方は、渋谷と原宿のちょうど中間地点なんですが、
渋谷は人混みが漏れなく進行の邪魔をしてきやがるので、
私は原宿発を選択しました。

結果、これが大正解でしたね。

南口から西に出て代々木体育館の東沿いに歩いていくんですが、、
数人とすれ違うだけで、ほぼストレスフリー。

行きも帰りも駅がすいています。(午後9時)

隣にセブンイレブンがあります。

入ると、1階席なのに、エスカレーターで2階分登って行き、
戸惑いました。
まあNHKの近くなので山の上なんでしょうね、
入り口が地下みたいな構造なんでしょう。

内容はいつもの漫才と合間のVTRを繰り返して前半60分
が終了。
そこから企画コーナーで、いつものやつですねw

私は2017年から2108年をスルーして2019年と相成った
んですが、

2017年の時、合間のVTRで東京進出に失敗して
仕事を失っているダイアンを
わざと風が強いふきっさらしのどっかのテラスに
呼び出して、千鳥の素晴らしさを語らせる、っていう
演出で、マニアには2組の強い友情を表現する
ことに成功した公演でしたんですが、

ここから次年度、そのダイアンがすこし東京で
ブレイクしはじめ、あるていど名前が響き
わったところで、それが認められ
本編に配役され、それが継続している
2019年でした。

2017年はダイアンがいろいろボケで真剣に
語ってても受けてなかったんですが、
今年は津田さんが出てくるだけで大声援
っていうところに感慨深くなりました。。

ユウスケさんもただハナ肇状態でセリフ無しで
仏像状態で出てきただけで大声援で。。

2年でこうも変わるもんなのかと。。

いやいや素晴らしかったです。

後半の大悟劇場は出演者をよく考えたら
大悟さんには関係なく、
ゴッドタンで披露したノブ軍団
でw

女性が出てきたのでまさか指原??
と期待したんですが、女性は
毎回変える意向みたいで違いました。

気が付けば2時間30分の長丁場っていうか、
衣装替え休憩の名を借りた大悟さんの
タバコ休憩wが20分あったので
実質な本編の時間は120分でした。