カテゴリー別アーカイブ: 2016.02.20 AKB48劇場 高橋みなみプロデュース ダンス選抜公演

2016.02.20 AKB48劇場 高橋みなみプロデュース ダンス選抜公演 観ているのが辛くなったので理由を考えた。

標準

最初は

宮澤佐江さんとか高橋みなみさんが曲終わりでハーハーいって
座り込んで笑いを取るシーンがほほえましかったんですけど、

そんなネタで盛り上がる時間も長く続くわけはなく。。

他のメンバーはしっかりと(といっても数日だとお蔵入り公演で
言ってました)トレーニングを重ねてきているので、
ダンス向けの楽曲で真摯にパフォーマンスを披露する選抜メンバーたち
に引き込まれるように、ブレイクダンスが大好きなこともあって
真剣に観ているうち、楽曲ではなく、ガールズアイドル界隈における
現時点でのAKBGの位置について考えながらパフォーマンスを
感じ取りながら楽しむ流れになりまして。。

ですが、最近の私はももクロさんのアイドル界最高レベルの
ダンスバリエーションをずっと観て感じ取っていて、
そして、今回のダンス選抜のパフォーマンスを数曲観続けて
いるうちに、ダンス選抜なのにSKEのような凄みを感じないので、
なぜだろうと、マジックのネタを探すかのように原因を
見つけるために考え始め、
そうなると、やりたくはないんですけど、自然に頭の中で
他のアイドルと比較し始めている自分がいて。

で途中まで観ていて、

ダンス選抜だからダンスで感動させてもらえる
かと思っていたんですが、やはり、例えばエスケープなんかは
各メンバーそれぞれのレベルは高いんですが、
それがポジショニングもずれて振りも揃っていない
ので、出演メンバーのファンでそれを応援する感じか、
AKBしか観てないような盲目なファンじゃないと、
楽しめないような内容で観てられなくなりました。

これ1年前までならまだ良かったんですが、
ももクロを基本にしたダンスに重点を置くグループは、
モーニング娘。のフォーメーションダンスから影響
を受けて、
2014年から2015年にかけて急激に発展した、
個々でのスキル向上ではなく、
グループ全体で表現させる大きな全体としての
表現方法と、それを達成させるために個々より
グループ全体で行うトレーニングの時間を大幅に
長くした新しいトレーニングルーチンにより
新しい次元に向けて成長しはじめたので、
終演後のコメントで満足しているメンバーを見て、
2016年の時点でこれで満足しているAKBは
どーなんだと思っちゃいましたね。。

これ、ダンス選抜ではなく、ザ・アイドル公演とか、
カオス公演とかだったらまあ焦点が他に置き換えられる
ので観ることは出来たと思うんですが、ダンス選抜公演
でダンスパフォーマンスをとても楽しみにしていた
からがっかり度が高くなってしまったんだと思います。。

今回これを観て改めて感じたのは、

AKBGはメンバー個人レベルでは高いパフォーマンスレベルの
メンバーがいるのに、
頻繁な入れ替えが行われるシステムのおかげで、
ももクロのようにそのメンバーのスキルを向上させ、
さらにシンクロさせてより大きな感動を与える
という次のレベルまで発展させるような
仕組みがまだ完成されてない。

もし

AKBGがお蔵入り公演で言ったように、将来的に
入れ替えを少なくして安定させてパフォーマンスレベルを
向上させていくという流れにもっていくことが
出来た場合は、ももクロさんやハロプロさん
と対抗できるようなレベルに持っていくことが
できるのかどうか、

そしてできた時の爆発力がとても楽しみですね。

期待してます秋元さん、AKSスタッフさん!!

広告