カテゴリー別アーカイブ: チーム8、Team 8

AKB48劇場公演で7月の特別公演と8月の生誕祭が重なってしまった場合の対処法。

標準

私は、今のところ大きなスキャンダルがなければ死ぬまで指原ヲタの予定なので
数年間指原推し設定のHKT48のモバイル会員枠とAKBモバイル枠と
二本柱会員枠を持っています。

で今回困っているのは、8月の中野郁海の生誕祭と、
HKTのAKB劇場出張公演が重なってしまったので、
どうすればよいかと言うことです。

HKTは多分博多の劇場公演には一切エントリーしていなくて、
最終当選日は2017年の同じくAKB48劇場の出張公演だったので
エントリーすればほぼ当選すると思うんですよ。

でも、

私のこれまでの経験では、劇場公演の当選ペースは
3か月程度の空白期間が設けられているので、
HKTが当選したら中野は落選、逆もまたしかり
だというところで、、

他の物が当選してしまったら100パーセントに近い
確率で(よほど競争率が少ない不人気公演でもない限り)
本命は落選することになるということなので、

重なった場合は最重要公演
のみにするのが最善策だということです。

ちなみに、、

もしHKT48チームHの出張公演に指原氏が出ることに
なったらエントリーしようと思ってます。

それ以外の場合は中野の生誕で。

広告

高島推しから中野郁海推しに移行して数年経過したが生誕公演以外は当選しないのはなぜか。

標準

AKB48の劇場公演の当選確率は推し設定歴と比例するのはみなさん
お分かりだと思います。

私は2014年から2016年くらいまでは可能な限り
選ばずに毎日のようにエントリーしていました。

その時の当選確率は3ヶ月に1回。

これはほとんど安定していました。

で一通り色々観たので毎日なんでも観たいという
童貞っぽさが抜けて2016年後半からは推しの出演
している公演だけをエントリーするようになりました。

ちなみに高島が抜けて中野という逸材を見つけた
ので推しチームはチーム4からチーム8に変更し、
推しメンはAKBでは中野一択でAKBGでは指原推しです。

高島の時も生誕祭は当選していました。

中野も変更した2016年から生誕祭に当選しました。

通常公演は当選しませんでした。

でいつかはと考えて2年経過しようとしていますが、
結局チーム8は中野生誕祭以外は当選しません。

また最近中野はチームKにも出るようになったので
エントリーしましたが見事に落選しておりますね。

て感じで報告を終わります。

なぜ当選しないのか。

チーム8は48都道府県に1名ずつメンバーがいるので、
日本全国に推しがいます。

その人たちが数少ない秋葉原AKB劇場の公演に応募するので
AKBでもっとも当選確率が低いのは当然だという気がしますね。

またなぜ生誕祭は当選するのか。

これはあくまでAKB劇場は秋葉原なので
東京が優先されるからじゃないかと思いますね。

でも中野で言えばですよ、
鳥取でのイベントがほとんどで、そのイベントは
小規模ですぐ近くで楽しめるし、
それには東京のひとは行かず鳥取のファンは楽しみ放題
なので、たまの劇場公演くらいは東京の人に
優先権が与えられても良いんじゃないかという
気がするんですよね。

2018.6.2AKBチーム8のPARTYが始まるよ公演、当選間隔6か月以上、中野推し設定数年ですがキャンセル待ち70番台という結果でした。

標準

2018年06月02日(土) 12:00~ 「PARTYが始まるよ」公演

PARTYが始まるよ公演は、実力不足の初期メンバーが
チームとしてのコミュニケーション能力と
舞台芸術の基礎能力をトレーニングするための
演目です。

ピアノで言うところのカノンであり、
釣りで言うところのふなつりです。

個性の塊、チーム8が、いかに自己主張をおさえて
チームとしての二人三脚のような総合力を表現できるかが
試されることになるであろう、PARTYが始まるよ公演。

まあ端的に言えば、秋元康が劇場公演にいまだ
情熱が戻ってきていないので、それまでの繋ぎ
として言い換えると長期の秋元康のための
ウエイティング公演期間無限ループに入っているAKBG。

漫画は作家が逃げたりやるきがなくなったら
待つしかないのと同様、
AKBの劇場公演も秋元康ありきなので
待つしかないのですね。。

そういうわけで、高度なスキルが備わってきたチーム8
が表現するPARTY公演もまあ結構楽しみなので、
久しぶりにエントリーしてみました。

2018-06-01_AKBチーム8PARTY公演キャンセル待ち

最近はHKTの出張公演と中野郁海が出るときしか
エントリーしなくなりましたが、
推しメン設定歴の長さからキャンセル待ちまでは
行きますが、やはりなかなか当選までは至りませんね。

まあチーム8は個々の活動が活発で、
あまり揃うことがなく、公演ペースが長いので余計に
応募が殺到することもあるから、
仕方ないですね。

今回もモバイル、二本柱、一般ときてやっと
キャンセル待ちが来ましたが、
70番台だと今年に入ってのデータから考えても
入れる希望はほとんどゼロに近いし、
中野郁海の生誕が8月なので、スルーすることにしました。

長期にわたる舞台芸術って演者がだんだん慣れて
くるので今回のような初回なんかは
本質を知るには凄くよいタイミングなんですがね。。

追記:

結局入場は25番まででした。

推しメン生誕イベントの当選理由はAKSもスタダもハロプロも同じかもしれないですね。2017年8月20日15:00~ チーム8 「会いたかった」公演 千秋楽公演 浜咲友菜・中野郁海 生誕祭

標準

これ私は当選すると確信しておりました。

今回当選したAKBmobile会員設定で、
中野郁海は髙島祐利奈卒業後に設定した
AKB48全チーム内での推しメン設定メンバーで
2、3年設定していて、濱咲友菜についても
チーム8の推しメンメンバーだからです。

また、当選間隔も5月に当選後7月にキャンセル待ち
当選して89番台なのでキャンセルして、
8月にキャンセル待ち当選したが都合が悪くなりキャンセル
という経緯だったからです。

昨年の中野の生誕祭は当選して入場して、これまで無断
欠席がないことやチケット踏み倒しもないこと、
AKBmobileの会員継続年数も切らさずに維持している
こと、問題をおこして運営に厄介指定されて
いないこと、当選入場間隔が3か月以上空いている
ことなど、しかし中野の推しが増えていると
考えると落ちることも考えましたが、今回は
濱の生誕祭もダブルだったことから当選には
自信がありました。

ちなみにももクロさんも年に一度はもれなく当選するライブ
を用意しているので、AKBも推しメンの生誕は
よほどいろいろ移り変わっているようでなければ、真面目に
推しているひとなら当選させる感じにしている
んじゃないかと思いますね。
会員の推しメンの生誕か誕生月のやつどちらかを絶対
当選させる感じで設定しているんじゃないかと。。

そしてもし、それに落選した場合気になる設定のメンバー
の生誕に当選させるみたいな感じで。

ただその場合問題があって、
トップの推しメンの生誕よりまえに気になるメンの生誕が
ある場合、それに当たるとトップに当選しなく
なるっていう。。

あと理想はトップ推しメンと気になるメンの生誕の日
が3か月以上空いていること。
空いていれば両方当選があり得ますが
1か月から2か月の間隔しかない場合
共倒れかどちらかが絶対落選ですからね。

ちなみに、

ハロプロもFC会員用のイベントですが、
生誕祭は当たるので、

きちんと決まった人を推して申し込んでいれば
ハロプロもスタダもAKSも
当ててくれているんじゃないかという気がします。

「8月8日はエイトの日 2017 今年は名古屋だ!センチュリー祭り」ライブ・ビューイング注意事項。

標準

2015年あたりまではAKBGのイベントはLVでも結構盛り上がって騒げたんですが、
最近は声出したりサイリウムを振ったりすると厄介に思われる
ような、厄介な現場に変貌しつつあります。

もしひさしぶりに参戦する人はこれを覚悟しておくと
ショックも少ないでしょう。

ちなみに、2017年リクアワの時、新宿バルト9でチーム8の
恒例のミックスが発動されたんですが、それに対して感動した人も
いれば、うるさくて腹が立ったってひともいました。

ちなみに、
基本的にはLVのマナーとしては全て許可されております。
コールもサイリウムも現場と同じように騒いでOKとなっています。

ですので本当は静かな客がそれに対応しないといけないわけです。
対応できない人はLVに来てはいけないのです。

しかし、実際問題としては都心の新宿や渋谷以外はお通夜
状態に変貌しております。

私はそういう経緯を体験したのでLVは行かなくなりました。

ももクロは普通に大丈夫なんだけどね。。

AKB48劇場公演に初めて1か月サイクルでキャンセル待ち当選しました。

標準

2016年11月12日(土)「会いたかった」公演 中野郁海・下青木香鈴 生誕祭 二本柱
2017年2月25日(土)16期研究生公演 二本柱
2017年5月24日(水)HKT48 ひまわり組  「ただいま 恋愛中」出張公演 二本柱
2017年07月02日(日) 11:30~ 「会いたかった」公演 二本柱 キャンセル待ち71番
2017年07月29日(土) 14:30~ 「レッツゴー研究生!」公演 二本柱 キャンセル待ち3番

推しメン 中野郁海 約1年
チェックメンバー 濵咲友菜 梅本和泉 播磨七海

二本柱 推しメン 中野郁海

ここからなんとなくわかること。

6月までは入会して数年間、本当に3か月サイクルで当選していたんですが、
ごりごりに推しメンを設定すると、にわかより確実に当選確率が上がるっていう
ことですね。
ていうか、最近そうなるようにシステム変更があったのかもしれません。

あとキャンセル待ちが来たが、ほぼ入場不可能な番号な時に
正式にキャンセル処理すると、近いうちにより当選に近づく
フォローをしてくれるっていうことですね。

あとはこれを確認すると

AKB48劇場抽選ルール

AKBmobileと二本柱は抽選の順番の優劣はない
気がします。

しかし、上記の状況を鑑みると、二本柱の方を
先に抽選しているような気がします。

ちなみに同伴者は一切なしで1人でエントリーしています。

同伴者がいる場合の仕組みはわかりません。

ちなみにコンサートはHKTやAKBモバイルの当選が多いです。

AKB48 team8のヲタ、通称エイターの諸氏におすすめのハロプロのグループ。

標準

つばきファクトリーです。

ハロプロの中でも新しめのグループで、
コールや合いの手やフリコピのレベルが
激し目で、組織の繋がりも濃いめで、
その手のものが好きな人は楽しめると思いますよ。

ただし、郷に入れば郷に従えで、

チーム8にハロの文化を持ち込まれたら
厄介に特定されるのと同様、

ハロにAKBのものを持ち込むと空気が気持ち悪くなる
ので、

あくまで精神性が似ているっていうことなので、
まずは先人の作り上げたものを尊重してデビュー
しつつ、ハロプロの楽曲や歴史を学び、文化を理解する
ことから始めて、感情がこみあげてきたら
空気を読みながら自分のセンスでアレンジを加えていく
かたちで楽しんで欲しいと思います。

ちなみにハロのコンサートの開演前はハロ所属の
グループのPVをオムニバスで流すのがお約束になっていて、
その時にチーム8と同様につばきの時だけ空気が違うので
面白いですよw

2017.04.02 チーム8結成3周年前夜祭の特徴から見えるAKB48チーム8の弱点。

標準

AKSが数年前からさいたまスーパーアリーナと通年契約している4月第一週の土日枠w

2017.04.02
TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー
〜47の素敵な街へ〜 チーム8結成3周年前夜祭 in さいたまスーパーアリーナ 春の入学式祭り
みんな〜!8推しになってね〜!!

が開催されますが、ハロプロが5月にイベントラッシュなのと、ももち先輩も
新規追加イベントラッシュ、HKTもあったりなので、吟味して参加せざるをえなくなってまして、
結局検討の結果、スルーすることにしました。

理由は、推しが2人いるんですが、
各都道府県別にメンバーが総勢47人いるので、
東西別にすれば20人前後なので何回かユニットで
観れるんですが、チーム8全員になると、
47分の2になってしまうので、ほとんど観れないからです。。

結局チーム8は、劇場公演は事前に出演メンバーが16人発表されるので
そこに推しが入ってる時に当選すれば、それが現時点で最も満足できる
イベントだと思います。

でチーム8全体のイベントはメンバーのためっていうよりもヲタ芸がやりたい人やお祭り騒ぎが
好きな人向けって感じです。

ちなみに私の推しの中野郁海さんと濵ちゃんは、現時点で
ブンブン大放送以外はラジオや雑誌や配信系は全く出演
しません。

しかし、チーム8選抜で小規模なライブイベントを行う際は
関西系代表でメンバー入りします。

AKBGの普通の経緯は最初16人で次第に増えていくんですが、
乃木坂がそれを破って最初から46人というシステムになりました。
それを継承する形でチーム8も最初から47人システムになりました。
16人から増やしていくと少しづつ覚えて行けるのですが、
最初から48人位いると、数人覚えてあとはいいやってめんどくさくなっちゃう
んですよね。。

ブンブン大放送も最初は中野氏が出ると期待していたんですが、
中野氏や、小栗さんまでも一度出番を得ると次に出るまで
47人入れ替わりで出てくるので、出番がないっていう形に
なってしまっていてがっかりしました。

私はメンバー固定で何回かやり続けてからメンバーを入れ替えないと、
結局誰も視聴者が覚えずにわからないまま番組が終了して
チーム8も結局ファンが増えないっていうことになりそうで
心配です。

そういう経緯があるので、山田さんや小栗さん以外は
47人全員が出演するイベントではユニットで1回出ればよい方です。

そして致命的なところで私はこういう今回のメインイベントな接触系

2017-04-02%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a08%e7%b5%90%e6%88%903%e5%91%a8%e5%b9%b4%e5%89%8d%e5%a4%9c%e7%a5%ad-in-%e3%81%95%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%be%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%aa

は引いてしまって無いに等しいので、、、

そうすると、話を元に戻しますが、、
SSAのイベントは楽しめない確率が高いのは
目に見えているのでスルーすることにしました。

ちなみに、SSAでHKTも4月に予定しています。
これも全メンバーが出演予定と発表されています。

ただHKTは
Team Hが17人
Team KIVが15人
Team TIIが10人
研究生が10人なので、
52人ですからもっと確率が低くなります。

しかし、知りすぎている私の場合はHKTは箱推しに近い
ので推し以外あまり知らないチーム8より楽しめるのです。

だから私のように推しが数人いるだけじゃなく、
チーム8全体を知りすぎている人は楽しめると思います。

しかし、楽曲が軽いユーロビート系なので苦手だから
泣く泣くスルーしてます。
しかし、
福岡在住なら問題なくそういう壁がない
劇場公演には通い詰めていると思いますw

「AKBチーム8のブンブン!エイト大放送の元ネタやスタッフ構成について解説。

標準

番組タイトルの秘密

まず、タイトルは

1977年9月25日 – 1987年9月27日
ヤンヤン歌うスタジオ

という、
田原俊彦、近藤真彦、野村義男といった
金八先生初期のアイドルブーム時に大人気だった
番組が元ネタのひとつですね。

内容についても、芸人のMCさんを中心に出演者のみで
構成したバラエティ企画と、
出演者の普通の楽曲パフォーマンス、
といった内容の番組でした。

この流れはまず8時だよ全員集合の合唱コントで
アイドルのアドリブをドリフがいじるのが盛り上がってきて、

台本コントにアイドルが参加するようになり、

1975年4月4日 – 1975年9月26日
1976年4月2日 – 1986年3月28日
カックラキン大放送

という番組では、
まず野口五郎というアイドルが主役のコントが中心になり、
台本コントに本格的にアイドルが参加するようになります。

そして、ムー一族というコメディドラマでは
西城秀樹が主役に配役されます。

ということで、タイトルについては
ブンブンはヤンヤンから、
大放送はカックラキンから
ですね。

1986年11月5日 – 1994年9月25日
歌謡びんびんハウス

では、コントではなく、企画ものでアイドルが
番組を盛り上げました。

ここらあたりから秋元康が出てきます。

オールナイトフジ
夕焼けニャンニャン

ここで、鶴太郎さんや港さんに支えられて、
とんねるずが秋元康の期待通り大活躍し、

みなさんのおかげでした
オールナイトニッポン

という流れになって大スターに
なりあがっていきました。

先日の矢吹奈子のPVの流れや、

指原氏のディナーショーのセトリ

昼の部

M01 サン・トワ・マミー (越路吹雪)
M02 ダンシングヒーロー (荻野目洋子)
M03 淋しい熱帯魚 (Wink)
M04 DESIRE (中森明菜)
M05 LOVEマシーン (モーニング娘。)
M06 夜明けのMEW (小泉今日子 )
M07 赤いスイートピー (松田聖子)
M08 世界でいちばん熱い夏 (PRINCESS PRINCESS)
M09 世界中の誰よりきっと (中山美穂&WANDS)
M10 私がオバサンになっても (森高千里)
M11 今すぐkiss me (LINDBERG)
M12 六本木心中 (アン・ルイス)
M13 少年時代 (井上陽水)
EN01 前前前世 (RADWIMPS)
EN02 ヒロイン (back number)
EN03 SOMEDAY (佐野元春)

夜の部

M01 マイウェイ (フランク・シナトラ)
M02 ダンシング・ヒーロー (荻野目洋子)
M03 淋しい熱帯魚 (Wink)
M04 DESIREー情熱ー (中森明菜)
M05 LOVE マシーン (モーニング娘。)
M06 夜明けのMEW (小泉今日子)
M07 赤いスイートピー (松田聖子)
M08 秋桜 (山口百恵) ※ギター:後藤輝基
M09 津軽海峡・冬景色 (石川さゆり)
M10 つぐない (テレサ・テン)
M11 人生いろいろ (島倉千代子)
M12 悲しみがとまらない (杏里)
M13 真夏の夜の夢 (松任谷由実)
M14 少年時代 (井上陽水)
EN01 前前前世 (RADWIMPS)
EN02 ヒロイン (back number)
EN03 愛の讃歌 (エディット・ピアフ)

から推察できるように、
秋元さんは最近自分が影響を受けた昔の流行やアーカイブを
再評価している感じなので、この番組の初回を拝見したとき、
私にとっては来るべき番組が来たなあと思いました。

であまり挑戦できない昨今、前述の番組たちは、
昔高視聴率を稼いでいたヒット番組ばかりなので、
ある程度稼げる計算ができるのでそれも
あると思いますね。

現在のアイドルたちを昔大人気だった番組の入れ物で
反応させたら面白そうだなっていうね。

方程式の関数の数値だけ入れ替えてみようっていう。

HKTの最近のコンサートでも懐かしいヒット曲を必ずやりますよね。

指原氏はファンの性質について自分のファン層は特殊だって
常に言ってますからそれを考慮した流れでもある気がします。

あと年齢についていじられると客席に向かってあなたたちより
若いとか言って満足してますしねw

とまあ、内容についてはそんな感じですね。

スタッフ陣の秘密

あと一つ、今回のMCはオードリーですよね。
でオードリーといえばオールナイトニッポンですよね。

その番組の構成作家として若林氏が指名したのは佐藤満春氏。

通称、サトミツ、サトミツボーイ、有吉さんは若林氏が
いるときは2人しか知らないサトミツボーイという名前
をニヤ付きながら出して笑わしますw

その佐藤満春さんがブンブン8の作家として参加している
のは感動しましたね。

%e3%83%96%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%b38%e5%a4%a7%e6%94%be%e9%80%81%e3%82%b5%e3%83%88%e3%83%9f%e3%83%84

でもここから秋元康がスタッフ陣については中国のように
自分の国から押し付けるわけじゃなく、
日本のように現場に任せていることがわかり
なるほどなってますます秋元さんが好きになりました。

2017.02.03AKB Team8のブンブン!エイト大放送で中野郁海氏が指原PRIDEを喚起させる活躍をしていた。

標準

AKB Team8のブンブン!エイト大放送

今回観ていて、

適当にメンバーにいろいろやらせてそれを
みながら振り分けていくと思いきや、
初回から、そしてレギュラーメンバーの
構成からも、適当に割り当てているわけじゃなく、

メンバーのテレビのスタッフ側の枠組みていうか、
秋元さんも関係していると思うんですが、
事前にある程度メンバーの特徴を把握済みで、
それに基づいてメンバーの振り分けをしている
ような空気を感じました。

小栗有以氏以下かわいさメンバーと、
中野郁海以下サプライズ、おもしろ、予定調和破壊メンバー。

中野氏は旅番組とか他の真面目なチーム8の番組には
配役されないんですが、その意味が今回わかったきがしました。

チーム8の番組は秋元さんが当然関わっているので、
秋元さんも中野氏は指原氏に近い系統のなにが飛び出すか
わからないなんでもありメンバーとして考えている
ような気がしましたね。

今回なんか、サンシャイン池崎氏のものまねなんか、
よほど面白くないと、画面を通して伝えるインパクトのような
ものを感じないとカットされると思うんですが、
スタッフのフィルターを通り抜けて、他のメンバーがカット
されていた中、1人だけ放送されてたのがすごいと思いました。

次回の予告で、中野氏の相方の濱ちゃんも出演していたので、
いまから楽しみです。

ちなみに指原PRIDEですが、

私は指原氏が世紀の黒髪嫌い発言をしやがった時に
指原関連を全て消去したので残ってないんですよねw

まあでも指原氏第一次黄金期の記憶として脳に深く刻み込まれているので
問題ないですけどね。

中野郁海氏、

公演では和田彩花を彷彿させる鋭い情熱的なパフォーマンス、
テレビでは指原氏を彷彿させる危ない刺激的なインパクト、、

このまま行くとマジで指原越えありそうですよ。。