カテゴリー別アーカイブ: ガチンコ3

現アメフラっシ、ガチンコ3、あいらもえかの愛来さんの現状を冷静に考察する。

標準

昨日に引き続ききくちさんと愛来と
栗本の対談での話。

卒業する栗本に愛来について聞くと、
自分に持ってないものを全て持っている。
努力しすぎで2ヶ月で30曲近くギターの
弾き語りをマスターしちゃったり、
ひとを引き込むオーラを持っているし、
存在感もあると。

それに返す刀できくちさん。

きくちさんの周りでも圧倒的に
話題になるのは愛来だと。
しかし、、
そんな愛来でも全く売れてないという現状を
冷静に考えないといけないと。

アイドルファンに間では話題になっていても
世間じゃ何にも知られてないという現状。

この時、昔有吉さんが、指原氏がスキャンダルで
左遷された時、指原が「お騒がせしてすいません」
と頭を下げた時、
「え?なんにも騒いでませんけど。。」
って返した有名な話を思い出しました。

だから3bも単純な話、
結果が出なかったからプロジェクトが
続行不可能になっただけの
簡単な話だったということですよね。

ファンは売れて欲しいけど
結果が出ない。

我々は応援することしかできません。

あいらもえかのきくちP音組主催の定期イベントに参戦したので詳細について。

標準

あいらもえか
「ギブソン×マーチン初舞台」
2019年6月7日
夜19時開演
フジテレビマルチシアター

私は最初にこの人たちに興味を持ったのは、

スタダのグループを一通り経験して、
作られたいかにもスタダっぽい
と言われる楽曲イメージでどのグループも
同じように感じるようになっていた時、

奥澤村という高城れにさん命名の
グループで、弾き語りでパンクっぽい
タイマーズみたいなガレージロックを
展開していた人たちのパワフルで
荒っぽいパフォーマンスを観たのが
きっかけでした。

特にその中で、指原氏みたいにクールで
カッコいい系の愛来さんが気に入って、
楽曲を聴くようになりました。

そしてその奥澤村というのが解散。

その後、その奥澤村の芸風はガチンコ3に継承され、
奥澤村とは逆の箱庭的な景色をみせてくれる
ももクロ系のアメフラっシに分かれて活動しておりますが、

数か月経験した結果、結局、スタダっぽいっていうような、
様式美的なグループであまり愛来がいる意味が
ないグループだとわかってきたことで、

藁にもすがる思いで今回のガチンコ3の
イベントに参加してきました。

当日、HKTヲタならバラエティ48でおなじみの
坂本ちゃんが参加することが判明して
嬉しさが倍増しました。

フジテレビの入り口に待機列ができていたので
そこに並びました。

フジテレビのマルチシアターは入って右側
にあり、その奥にローソンがあったので、
おにぎりを購入して17時30分ごろに待機。

18時ごろスタッフの方が来て、70人程度だと
言っていました。
その数分後、きくちさんが来てご挨拶。
最近あまりお会いしてなかったんですが、
お姉ぷりが加速していて、、
以前はあごひげに眼鏡でボブみたいな
感じだったんですが、
ピンクの衣装におかっぱという性別がない
いでたちで衝撃を受けましたw
よく言えば、ディズニーのデザイナーみたいな
ぶっ飛んでる感じで。

まあそれはさておいて、
愛来が練習で失敗して泣いてしまったという
エピソードを置き土産にお帰りになり、
入場開始。

70番目くらいでしたが、ほぼ真ん中という
自分的にはゼロポジ的なポジションに
構えることができました。

噂通り座席はゆったりしていて広くて
素晴らしかったです。

BGMはガチンコとか関連のある楽曲が
流れていました。

本編は、次回にセトリとCDが配られるまで
お待ちくださいって感じですが、
一言でいうと、初期のももクロのあの荒っぽくて
パワフルな感じをアコギと歌で表現している
ような空間でした。

ほんとにドストレートでシンプルで
パワフルで情熱的でところどころ60年代の
UKロックを感じさせるような
懐かしさもあり、現代の日本のフォーク
ロックを感じさせるところもありっていう
感じでした。

坂本ちゃんは翌日に九州での握手会を
控えての緊急参戦ということで、最後に数曲
ピアノでセッションを参加するためだけに
来たと言っていました。

練習は開演前に数回しか一緒にできなかったんですが、
本番で一発で一番いいものが
できたと言ってました。

わたしは奥澤村が解散したからガチンコ3は終わったと思っていたのですが、
今回参加したことで、普通に継続していてさらに
成長していることがわかったので、引き続き
追っかけて行こうと思います。

アメフラっシは今のところ逆にいいかなと思ってます。
私が愛来さんに求めてるものはアメフラっシより
ガチンコ3にあるので。。

そうそう!

忘れてはならないことが。。

帰りにお見送りがあるんですが、
その時、お布施として2000円以上を渡す引き換えに
前回のCDとセトリの印刷を受け取ることができますので、
この2000円はどこにも書いてないので用意して
いって下さいね。
私は1000円しかなかったので次回に持っていくとして
つけにしていただきました。

フォーク村のフォーク系楽曲は時間が無駄なので華麗にスルーしましたがwきくち伸プロデューサーがオールナイトフジで自主制作した楽曲の作詞者が。。

標準

2017.07.15
「GIRLS’ FACTORY NEXT 17」DAY2.

ももクロさんはスターダスト芸能3部所属で
研修生は3b Juniorというくくりで活動
するんですが、そこの4人でガチンコ4という
ユニットが組まれていて、
ももいろフォーク村関連番組で収録
したメンバーが楽曲制作に関わった楽曲を
収めたミニアルバムをリリースしたので、

ガチンコ3君の夢は僕の夢

この日、宣伝がてらに生でパフォーマンスしました。

その中には収録されてないんですが嘉門達夫
さんが作曲したものもあるので本人が
来て演奏したんですが、
最後にきくち伸プロデューサーがぶっこんだ
と思われる演出があって結構驚いたので
ご紹介したいと思ったんですよ。

それは、きくちPがオールナイトフジ
のディレクターだった時代に制作した
DONOKOにするの?という楽曲で
非売品のものです。

伊藤美紀、本田理沙、相川恵里(HORIKOSHIダイナマイツ)
作詞は遠藤察男、作曲が嘉門達夫
プロデューサーがきくち伸ですかね。
DONOKOにするの

そうですw

私は当然

遠藤察男

という名前にぐっと刺さってしまいました。

これたぶんオールナイトフジのきちんとした
メジャーリリース用シングルカットトラックなら
秋元康が作詞を担当すると思うんですが、

これはスタッフ向けの非売品ソノシート
なので遠藤察男が担当したんだと思います。

内容はまあ特にとりとめもないタイトル通りの
軽い量産型の歌詞です。

嘉門さんも歌う前にバブリーな内容だと
前振りを入れて披露しましたw

このころはこうだったんですよね。

秋元康が仕事が多すぎて自分のチームSOLDOUT
所属のメンバーで仕事を割り振っていたんですよね。

今はAKBGについては全て責任もって自分のみで
作詞を担当していますけどね。

きくち伸堀越ダイナマイツ

ちなみに私のキモは作曲と編曲なので、今回のように
メンバーが作詞だけ担当して作詞作曲を無難な人に任せて
普通の歌謡曲を振り付けなしで普通に歌われても
時間つぶしにもならなかったので早送りさせていただきました。

ここら辺きくちさんがフォーク系なのが私にとって
仇になってます。
以前も言ったんですが、同じフォークでも拓郎とか
泉谷とか陽水とかなら刺さるんですけど
さだとか坂崎とかコアラモードとかはどうも丸すぎて
なにも引っかからないんですよね。。
こういうのって年齢を重ねて枯れてからやるべきで、
体力を持て余している成長の速度がはんぱない
中高生にやらせる楽曲じゃないと思います。

ハロプロなら基本シャ乱Qは雑食性のロックやソウル志向で、
尖った感じの個性的なトラックをきちっと仕上げてくるし、
ハロプロは振り付けも全力で取り組むので、時代の最先端
的な雰囲気を楽しめて派生ユニットものでもぞくぞくするんですけどね。
嗣永桃子のソロ楽曲や道重さゆみのsayuminrandoll再生なんてゴリゴリの
未来型楽曲でしたからね。

2017.04.26発売 ガチンコ3(3b Junior)のアルバム 『君の夢は僕の夢』の作詞をメンバーが担当していて感動しました。

標準

■ガチンコ3

『君の夢は僕の夢』

M1.ガチンコ3「夢」
作詞:鈴木萌花/作曲:太田雄大/編曲:武部聡志

M2.ガチンコ3「未来の空の下で」
作詞:太田雄大/作曲:太田雄大/編曲:清水俊也

M3.雨宮かのん「chu chu プリン」
作詞:雨宮かのん/作曲:大森靖子/編曲:宗本康兵

M4.ガチンコ3「君の夢は僕の夢」
作詞:雨宮かのん/作曲:小幡康裕・あんにゅ/編曲:小幡康裕

M5.ガチンコ3「青春が勿体無い」
作詞:雨宮かのん/作曲:高橋研/編曲:宗本康兵

M6.ガチンコ3「ガチンコ3のテーマ」
作詞:愛来/作曲:桜井秀俊(真心ブラザーズ)/編曲:武部聡志

M7.ガチンコ3「ヒロイン」
作詞:雨宮かのん/作曲:恩田快人/編曲:宗本康兵

M8.ガチンコ3「小さな夢が割れたあの日」
作詞:雨宮かのん・尾崎亜美/作曲:尾崎亜美/編曲:武部聡志

太田雄大さん担当の「未来の空の下で」以外全てメンバーが担当してます。

これももクロ先輩の進化形として捉えてもいいんじゃないかと思います。

あとですね、これ作詞をメンバーが担当しているし、
当然、作詞者も曲を作り編曲した楽曲の最後の出来具合をチェックして
良しとしていると思うので、全て勝手にメンバー以外がつくっている
ももクロさんと違い、本人のリアルな気持ちが込められているので、
好みじゃないことはあると思いますが、
嫌いになることはないんじゃないかと思います。

ももクロが前衛的なオリジナリティあふれるダンスを完成させて
成功をおさめ、それにプラスして徐々にプレイヤースキルやクリエイタースキルを
積み上げる段階に差し掛かってきているなか、

後輩の3b juniorが、まあももクロさんの誕生するときから3b juniorは
「あの空へ向かって」のように自分たちでつくることをしていたんですが、
それをさらに進化させてきたと。

ももクロは基本ダンススキルは備わっていたので、
中級のダンス、企画、ヴォーカル、楽器、作詞、ダンスのさらなるブラッシュアップ
とスキルを向上させてきたが、
3b juniorは基本ダンス、ヴォーカル、作詞、楽器、と伸ばしてきた。

2017年の現在でもダンススキルについてはももクロが群を抜いている。

これは同じ時間を共有して、共に練習を重ねているような状況だと
スタート時点で違っていたので追い越すことは不可能だと思うんですよね。

そうすると、ももクロのまだマスターしていないところを考えると、
クリエイタースキルだと思います。

良くも悪くもももクロは宮本プロデューサーに全権をゆだねているので、
クリエイタースキルの習得が遅れてしまった。

だから、楽曲が足りなくて先輩の楽曲でセトリを埋めている3b juniorとしては、
ももクロが出遅れているクリエイタースキルの向上により時間を割いていけば、
ももクロでは味わえない3b juniorのオリジナリティが身についてくる
んじゃないかと思うんですよね。

ももクロにはできないことを、ももクロでは味わえない魅力を
作り上げることができるんじゃないかと。

そういう意味で、今回の展開はスタダの未来が楽しみになるような素晴らしい
展開だと思いましたね。

ちなみにこのような展開をするのはAKBGでは秋元康がいるので不可能ですねw
あとハロプロもつんくがいるので無理です。

作詞や作曲をしたいアイドルを目指している女性は絶対スターダスト
に入りましょうね。