カテゴリー別アーカイブ: Brats

ライブハウスのももクロ以来フリーズしていた現場魂が復活しました。2019.4.20 Brats 都内3ヶ月連続ワンマンライブ”ROUND3” 新宿marble

標準

2019.2.16

2019.3.17

今回は新宿marble

前回の新宿motionのとなり。

今回は通し券優先で、その後に通常券の入場。

2月は渋谷、3月と4月は新宿と、
違う現場に3回行きましたが、結構
入場のシステムが違っていて面白かったなあ。

渋谷は確か手売りが最初で、通し、通常っていう
順番。

新宿も3月は同じでしたが、4月は上記のような感じでした。

ただ全ての現場で言えるのは、待機は外だったていうことですね。

3月の新宿motionは5階でしたが、正面玄関の外で待機で、
入場時間になったら階段に待機でした。

4月のmarbleは通し券の待機は入り口の中に入れたんですが、
基本は外に呼びに来て入れていた感じでした。

通し券は全部で30枚だと言ってました。

私は29番でしたのであまりいなかったんですねw

この前のでんぱの時、最後方にしたけど結局完売現場だから
最初はガラ空きだったけど開演時間になったら
結局満杯になって前に人が来て見えなくなってしまったっていう
話をしたんですが、

今回はそれを教訓にして、後方はやめて前から2列目に入りました。

ぶかぶか系のモノトーンのファッションに身を包んだ
bratsが登場。これは今回共通していた気がします。

れいちゃんはデザイナーもやってるんで結構
うるさい感じなんだという気がしますが、
他の2人はまあボーカルと違って先頭を切る
位置じゃないっていうこともあってか
実用重視のファッションですね。

今回、bratsの現場で久しぶりにフロアに構えたんですが、
結構カルチャーショックなことがあったので
書こうと思います。

音的には後方は前から受けるような感じになる
んですが、前方は両脇からスピーカーに囲まれる
形になるので、舞台上のメンバーとスタジオで
一緒に練習しているような一体感を感じられて、
また目の前なので自分が楽しいという表現を
メンバーに伝えたいっていう思いが出てきて、
自然に体が動いてリアクションもしてっていう
感じになって私の眠っていたなにかが
全開してアドレナリンが出まくりでした。

あと後方は黙って聴いていて、少しでも拍手とか
踊るときにからだがぶつかったりすると
睨まれたりするポジションだったんですが、

前方はそれとは真逆で、

基本、楽しんでいる感情を共有することを
最優先にして、みんながそれを理解しているから、
ぶつかっても足を踏まれても基本
OKみたいな感じで、みんな楽しめよっていう。

これについては、私はマキシマムザホルモン
の現場で結構鍛えられたのでそれが
ほんとうにいきていて、後方でびくびく
しているよりもこちらの方があってんのかなって
思いましたね。

音的にはやっぱり結局3回通して
バラード的なもの以外にシューゲイザー的な
部分はあまり感じなかったので、
アルバムの音響が偶然にそちらの方向に
なってしまっただけで、bratsとしては
そちらの方向ではないのかなっていう
気がしました。

あとわかったことは、
3人とも激しいサウンドを激しい笑顔で
パフォーマンスしているっていうことですね。

いろいろオルタナ系だと系統はありますが、
歌詞によってれいちゃんはヴォーカルなので
感情の起伏はありますが、他の2人は
終始笑顔でからだで音を感じながら
それをアクティブに全身で受け止めて
飛んだり跳ねたりして気持ちよくなっている
感じがしました。

それをみてこちらもどんちゃん騒ぎして、
ぶつかり合いながらも、
終始笑顔になって気持ちよくなれるっていうね。

フロアに行ってbratsの本質が理解できたようで、
3回目は大成功だった気がします。

bratsの写真とかジャケットで変な顔したり
してますが、あれにだまされちゃいけませんよ。

本当は楽しくて優しい人たちですからねw

2019.3.17 Brats 都内3ヶ月連続ワンマンライブ”ROUND2” 新宿motion

標準

今回の現場は、お笑いでおなじみの新宿VATIOSの
手前の雑居ビルにある新宿Motion。

開場までビルの前に並び、
開場数分前にスタッフに導かれて
階段に待機。

手売りの無記名整理券の次に
チケセンのAが付いた番号の人。

A30番ぐらいでしたが、
最前列希望ではないので
希望の後方壁際に行けました。

最近後方にはまってて、
まあ思いっきり手を挙げられるし、
振りもみんなを見ながら付いていけるしね。

今回は前回とまあ同じような音響セッティング
でした。

ここまでで、やはり、レコーディングトラックの
残響強めのセッティングは
ライブでは再現しない方向なんだなと確定ですね。

まあシューゲイザーマニアにとっては
残念ですが仕方ないです。。

印象は、前回と変わらず、
姉の黒宮あやさんのベースとひなこさんの
ドラムがどんなグルーヴにも完璧に
追従していて秀逸なんで、
音が塊になっても、ベースとドラムの
シンクロ率がすごいのできちんと
聴けて乗れるのがすごいなと思いました。

れいさんのヴォーカルが高めなので、
しっかり低域と中域に気を使って
セッティングしてあってバスドラと
スネアの分離も完璧ですしね。

メロディ重視の曲、
のり重視の曲、
コロコロとノリが変わっていく曲、

約60分でアンコール1回でした。

でも、

これからキャリアを重ねていくうちに、
音にこだわりをもつようになってきて、
様々なエフェクターや音響機器に興味が出て
残響が多めになっていって欲しいと
思ってます。

あきらめてませんw

残響長めにした方が絶対bratsは良くなるし、
他のバンドと差別化されるし良いと思うんだけどなあ。。

bratsの見事なシューゲイザー系の録音トラックは単独ライブでは再現されておりませんでした。。

標準

黒宮姉妹率いるbratsの現場に初めて訪れました。

チケットは手売りとチケットサイト向けでは入場順が
異なり、手売りが終わってからチケットサイトという
順番でした。

しかし、入場開始時間までに集まった人たちは
思ったより少なくて、最前列から3列目までは
埋まりましたが、特に入場時間に間に合わなくても
普通に入れる感じでした。

で、素直に思ったまま言いますが、、

17時30分に開演だったんですが、生意気にw
10分程度遅れて出てきて、
なかなかやるな黒宮とニヤついてしまいました。

衣装は特に黒で決めたりするわけでもなく、
スニーカーに白のアメカジ系で
特に作りこまないような感じでした。

スタンスとしては、スキャンダルを観て
やるきになったというところから、
考え方も似てる感じなのかなと思いました。

普通のカッコして、激しいことをやるような。

MCはやはり苦手だからってことで、
れいちゃんが少し話す程度で、
他の2人は一言もしゃべらなかったですw

昨日、シューゲイザーだとここで褒めまくった
録音トラックの再現度については、

残念な結果になってしまいました。

まったく残響がかかっておらず、
空間よりリズムが強調されたサウンド
デザインでした。

バスドラとベースが見事な縦の
フリーフォール的なレッチリのようなうねりを作り出して
いて、ドラムが様々な変幻自在のグルーヴを
つくりだしていろいろ工夫されていたんで
あっというまの終演でした。
1時間ちょっとでしたかね。

録音トラックの仕上げはやはりプロデューサーの
志向で、本人たちは今回のリズムよりの
ものがやりたいのか。

まああと2回あるのでどうなるのか楽しみです。

私としては、もう少し録音トラックのデザインに
寄せて欲しいのが理想です。

アンコールはアイドル仕様のアンコールをコールする
感じで1曲やってくれました。

黒宮姉妹とひなこのBRATS、時代は繰り返す。4AD、LUSH、RIDE、、、

標準

いやー、、まじで、U15のイメージビデオの時代は黒宮さんは
大人に挑戦的な雰囲気が充満していて怖くて抜くどころじゃなかった
んで、まあ無料でダウンロード可能だったんで落としてはいたんですが、
まったく観たりしなくなったんですよね。

でもこの人の魅力ってのにはうすうす感じていて、
まあ女優とか、そういうなにかを表現する才能
には感じていたんで、このバンド活動には期待していました。

でもいもうとシスターズっていうロリ事務所の
企画で遊びのようなもんだったんで
時間を割くことはありませんでした。

で数年前、今の形態になった時、
全身に衝撃が走りました。

こんなになっちまったんだって。

いやあ正に化けたっていうか、
覚醒したっていうか。

でまあU15の世界では大スターなので、
正に地下世界のダンディならぬ、
地下世界のロリータっていうか、
だからそれなりの客がついているみたいで、
ライブは売り切れで、また、
以前は喉にトラブルを抱えていたので、
あまりライブをやらなかったこととか、
楽曲数も少なかったので合同ライブ
が多かったので行く機会がなかったわけですが、

今回1stアルバムを制作して、楽曲も
それなりにそろったっていうところで
単独ライブが可能なレベルになった感じです。

ハイレゾを期待していたんですが、
結局出ることはなく、ライブが目前に
近づいてきてしまったんで、慌てて
CDを買いましたところ、、

まあ驚きました。

自分の耳を疑いましたね。

聴いてるうちにまずマイナー系に黒宮の声って
合うなあっておもいつつ、

黒宮こんな声隠してたんだ、
一発で心臓が震えるよ、、
ずるいなあーって思いつつw

声から次第に全体を感じられるようになると、
シューゲイザーじゃんて思って、
でも、CDの帯にはポストグランジってあるなって
思い、グランジとして聴きなおしても、
やっぱりシューゲイザーにしか聴こえない。

演奏にイメージで黒宮れいの声とLUSHのMIKIや
RIDEのマークやアンディの声を入れ替えて
みてもまんまシューゲイザーに聴こえるじゃんと。。

インタビューとか見ても特に影響しているとか
言っている感じはないし、、今の時代に、
偶然こういうサウンドに行きついてしまったとしたら、
すげーなって。

このひなこさんていうギタリストと、あやさん
のスキル相当高いですよ。

今回は森本裕二さんがプロデューサーでしたが、
ぜひ一度NARASAKIさんにBRATSの楽曲を作ってほしいと思いますね。。
それもシューゲイザー縛りでねw

いつもももクロではイレギュラーな発注が多いので、
大喜びしてすげーもの作りそうな気がします。NARASAKIさん。

ライブでこの世界がきちんと再現できるのか、
不安でもあり楽しみでもあります。

あと実際のれいちゃんが怖くなければいいなあwww
イメージビデオでは怖い印象ばっかだったんでね。。

まあでも攻撃的な作品を作る人は相反して
優しい人が多いのでたぶん優しい人です。

狙いすぎで気持ち悪い。The Idol Formerly Known As LADYBABY“参拝!御朱印girl☆

標準

私は黒宮姉妹ファンで当然黒宮れい推しなんですが、
ladybabyはいまいち入ってこないんですよね。

で今回改名したんですが、

やはり同じでしたね。

むりやり日本の象徴的な、外人が興味をもっている
ものを題材にして、クールジャパンっていう
国家的テーマと外人に擦り寄ってメンバーを
ただの未成年の女の子という扱いで二人の性格や
長所や特徴等をなにも考えずに
いやらしいくらいにテーマを詰め込んで
制作しているのがわかるんですよね。

ladybaby%e3%83%8a%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%83%bc

まったく2人は関係なくて、他の誰でも良くて、
人形みたいな扱い方をしている。
本人たちもインタビューで聞かれても
やれって言われたのでやっている的な、
亀田兄弟と父親の立場と同じ。

これなら、以前から言っている、
黒宮さん率いるパンクバンドbratsの方が何百倍も
魅力的で、黒宮さんの血となり肉となり、
将来的な積み重ねになるであろうプロジェクト
だと思いますね。

今回キング扱いになったんですが、
確かに楽曲の色はキングの色ですね。

ただこのladybabyチームの楽曲管理者
はよほどの権力を握っているようで、
レコード会社とプロデューサーが変わっても
全く以前のままのテーマで推し進めて
いて、もうこの大味な下世話なビジネス的な
センスのまま最後までいくようでもう諦めました。

黒宮さんは頭が良さそうなので言いますが、
bratsを本気でやって下さい。

ladybabyはロリコンプロジェクト
なので数年で終わりますから。

bratsは黒宮さんのパワーが怖くなる程
込められていてすごく刺さりまくりすてぃー
です。素晴らしいです。

よろしくお願いします。

ちなみに年齢と共に最近姉のあやさんに似てきました。

%e9%bb%92%e5%ae%ae%e3%82%8c%e3%81%84

%e9%bb%92%e5%ae%ae%e3%81%82%e3%82%84

まあでもお姉さんは面長で妹は丸顔ですね。パーツは同じかと思います。

2016.11 ladybaby、黒宮金子2人のみになってキングレコードでメジャーデビューですねー。。

標準

image

前のladybabyは、あまりにも作られた感と、
ビジネス臭がプンプンし過ぎていて、
メンバーと作品が分離しすぎていて
こちらに何も伝わらなかったんですが、

メンバーも金子と黒宮のみになって、
金欠なのに無視できなくなってしまいましたw

bratsはどうなるんだろうか。

まあnarasakiさんがももクロで名前を売って、
ももクロ以外の自分の活動に興味をもってくれる
より広いファンを獲得するみたいに、

ladybabyで有名になって、bratsに
ファンを連れてくるようにすれば
いいと思いますよね。

DAIGOさんみたいに、
自分がみせたいものに自信があるんならば、
使えるものはなんでも使った2ほうがいいです。

東名阪ツアーが始まっているけど床が揺れまくる
ブラックな新宿renyなのでパスします。

まあデスラビッツと繋がっていることもあるので
いつか観れるでしょう。

しかし、キングの誰が音楽プロデューサーを
任されたのか気になりますね。

宮本さんだったらすごいけど。。

ちなみにイメージビデオは黒宮の上から目線臭が
キツすぎて、ヌードになっても、もしエロい方面に
向かっても何にも感じませんw

ファッキンポーズに撃たれて死ね!黒宮れいのバンドBrats初のmv「十四歳病」

標準

黒宮れい、単体でやっと表に出てきましたね。

私はLADYBABYは作られてる感があって
今一刺さらなかったんですが、Brats、
これはまーまー刺さりました、
特に最後のマザーファッカーサインが
気持ちよかったですw

しかしバンドの癖にまだ作詞作曲編曲が他人なんで
自分で作れるほどいろんなものから感じとって
溜め込んでいって、それを吐き出せるくらいの
力を身に付けていって欲しいもんです。

ladybabyはデスラビと対バンしても特に
興味がわかないんですが、bratsなら
単独かミニライブなら絶対行きたいですね。

しかしこれで14歳のアイドルのレベルが急激に
あがってしまいましたよね。
hktの矢吹とかまだここまで追い付いてないんじゃ
ないかと思います。
道重さんのデビューの年齢ですよw
でこの仕上がりようですからね。。

声は宮沢りえ系ですね。

黒宮も昔だったら小室デビューだったかも知れませんねw

ちなみにこの時16歳です。

公式サイトありました。

http://brats.tk

最後にまじめにまとめますと、

いろいろインタビューとかコラムを読むと、
U15のイメージビデオ業界は、複雑な家庭環境におかれた
人達が多いと。
一本で辞める人、継続している人、、、。
ちなみに黒宮れいは姉が初めにデビューしていたが、
妹の方が人気が出てきて姉は辞めて妹と
バンド活動に精を出すことになった。
目標は日本武道館。
れいはまだIVを継続していて目標は
山中真由美の記録を塗り替えること。
成功者には佐々木彩夏、宮崎あおい、他いるが、圧倒的に少数で
抜け出せるのはごくわずかなんです。

なので、黒宮さんには是非成功してほしいと思っています。
大人の玩具から抜け出す。

そう、ももクロと同じです。

まじめに楽器のトレーニングを積んでいるのはわかっている
んですが、タレント力がない、売れる信頼度がないので
最初は大人の奴隷のように扱われるかもしれませんが、

ももクロの川上マネも言っているように、タレントは
人気が出れば大人なんかすぐ抜き去ります。

そしたら自由にやらせてもらえるので、
それまではがまんしてがんばって下さいねれいちゃん。

応援しております。