カテゴリー別アーカイブ: 飯伏幸太

内藤哲也と飯伏幸太を合わせたのが三沢光晴。~1999年6月11日 日本武道館 三冠ヘビー級選手権試合(王者)三沢光晴VS小橋健太(挑戦者)

標準

試合以外に今はない面白い場面があるので
それもリストアップしていきます。

両者入場後、花束を持った女性がリング上に
待機していて各選手に渡す。
こんなのあったんですね。忘れてました。

まず、腕を基本としたイギリス系の基本技の攻防を数十分。

場外に飛び出してから場面が変わってくる。

フロントからのパイルドライバーや、
場外でハーフネルソンスープレックスといった
鬼の攻防。。

小橋はチョップを合間に入れて、三沢は
エルボーを入れてくる。
これは徹底していて、お互いに一種類に
絞っている。

場外での小橋のパワーボムをウラカンラナで
返す三沢。

タイガースープレックス85(左腕がタイガー、
右腕がドラゴン)から、タイガードライバー
91を出すも返してくる小橋。

ここでコーナートップに三沢を座らせてバーニングハンマー
に持ち込もうとするも、耐える三沢。
仕方なく後頭部からラリアット。。

最後に、内藤哲也のデスティーノやグロリアの元ネタ、
エメラルドフロウジョンで終了。

解説がこの時、ここぞというときに出すのが
エメラルドフロウジョンと言っており、
私はここぞというときに出すのはタイガー
ドライバー91だと思っていたので
記憶の間違いに反省しました。

エメラルドフロウジョンの方が
1999年の時点では決定率が高かった
んですね。

まあタイガードライバーはあくまで91ですからね
確かに。

2019年4月7日のG-1 SUPERCARDの
内藤対飯伏でも、タイガードライバー91は
内藤も返していましたからね。

三沢は2代目タイガーマスクなので、
タイガー系の技は完璧にからだにインプット
されているんだなと気づきました。

飯伏は三沢が大好きだと公言していて
影響受けているので、チョップよりエルボーを使うし、
フロントから場外に落とす大技を出しますし、
ドラゴンよりタイガー系を使います。

逆に、内藤は藤波、武藤系なので、
タイガー系よりドラゴン系を使いますし、
武藤のフランケンシュタイナーも使います。
そして、エメラルド、グロリア、デスティーノ。

だからこの飯伏と内藤の試合を見ていると、
三沢、武藤、CMLL、ケニー、中邑といった
人たちがバックに浮かび上がってきて
感動するんですよね。

勝ち負けはどうでもいいんです。

内藤は飯伏に数年前勝ったとき、スポット参戦ではなく、
地方興行にも帯同すれば
強くなると提言して、飯伏がそれを
真面目に受け止めて実行に移した
ので、内藤は負けて本望だったような気がしますね。

ほら言った通りだったろうと。

飯伏がこれで額面通りのパフォーマンスができる
レスラーになったことで、
これからより面白くなる予感がしますね。

2019.03.10内藤哲也VS飯伏幸太 戦士と魔術師の戦いでした。フリーと所属の違い。

標準

新日本プロレスのスキルで戦う内藤と、
新日ではなく飯伏幸太自身を基本に
三沢光晴の魂を召喚して戦う飯伏。

どちらがどちらというわけではないですが、
内藤はバックステージの飯伏の前回と
変わっていなかったというコメントを受け取り、
自分の個性を、ロスインゴをたちあげた
時期の変化状態が経年劣化で次第にマンネリ化に
かわってきているので、

そろそろさらに初心を思い出し、
時代相応に強化しないといけない時期に
なったのかもしれません。

ただし、飯伏は間違ってはいけないのは、
三沢さんで勝ったわけであり、
自分が変わったわけではないという
ことを理解しておく必要があります。

あと新日所属になった場合は他団体を
象徴するような技を重要な試合で
軽い気持ちで利用することは
控えるようにした方が良いと思います。

タイチや飯伏、ケニーといったフリーの選手は他人の技を下品にやりまくりますが、猪木、馬場、内藤、棚橋、丸藤、三沢、といった所属レスラーは暗黙の了解と言いますか、自分の技で構成します。

そういう観点で今回の試合で新しかったものを探してみると、内藤の飛びつき型デスティーノが唯一新しかったと思います。あれは思わず自宅で拍手してしまいました。

HTMLのプロレス。2018.08.04 新日本プロレス G-1 CLIMAX 2018内藤哲也VS飯伏幸太 飯伏が内藤を超えた日。

標準

私の情報を総動員して試合をドラマチックに
感動を味わえれば幸いです。

前情報として
内藤哲也 36歳
飯伏幸太 36歳
ケニーオメガ 34歳!

内藤哲也 新日本プロレス一筋
飯伏とケニーはDDTからフリーに

ということはどういうことか。
内藤は新日本プロレスの状況がどうであれ
会社を背負う責任をもって試合を行っている。

飯伏とケニーはどの団体に行こうが関係ない。

2017年、飯伏が結果を残せなかった時、
内藤は「たまにしか試合してない奴が勝てるわけがない。
そんな奴らが勝てたら俺たちは巡業している意味が無い」
と発言した。

その発言を飯伏は真摯に受け止め、新日本プロレスの
巡業に可能な限り帯同する決意をし、1年が経過した。

そんな中で、ケニーオメガが2018年春IWGPヘビー級チャンピオンに。

飯伏がバレットクラブのいざこざに巻き込まれたケニー
を助けた2018年、変化する決意をして共に
トレーニングをサポートし合うことにした。

ケニーがオカダに勝ちIWGPヘビーを取った際、
飯伏と取ったベルトだと言ったように、
チームとして共にトレーニングや試合の設計
を行ったりして機能していることを公表した。

そして2018年のG1の記者会見で、
結果を残すという強い決意を述べ、
ケニーは自分と飯伏でチャンピオン争い
をしたいという、それを信頼する発言をした。

またオカダはIWGPヘビーで無敵の時、
唯一何をするかわからなくて怖いという
発言を飯伏に対して行っていた。

そして今回の試合。

前田、猪木やノアの試合で勉強したことがある。

それはプロレスは人間対人間なので、
相手により内容が変わるということだ。

私たちも相手により感情の起伏というのは
あると思います。

プロレスも相手が自分を恐怖に陥れようと
すればするほど反撃のパワーは強くなっていきます。

飯伏と内藤。

そうです。年齢も同じで理想のプロレスのイメージも
あまり異なっていないので、
技もムーヴもほとんど変わりません。

するとどうなるか。

三沢と川田は学校の先輩と後輩で同じ状況
だったのとプロレスの法則もあまり違っていない
ので相手がイメージする以上のパワーや感情を
出さないと勝てないのです。

それが今回、内藤と飯伏の試合でも
感じられました。

飯伏は内藤とプロレス観が似ているため、
内藤がイメージしている以上のことを
しまくります。

それもハイレベルを超えるものを相手に
くらわさないと勝てないので、ハイレベルの
ハイレベルと雪だるま式になっていって、
それが今回危険なレベルに到達してしまった
気がしました。

これはお互いに毎日のトレーニングのあげくに
到達したい理想のプロレスが似ていることから、
お互いに相手を喜ばそうという気持ちを込めて、
相手以上の、これまで出したことのない
お互いに感じたことのないことを
繰り出し合う結果になりました。

これはお互いのプロレス観が似ていることから
当然受け身を取れて耐えられるという信頼が
あっての上でのことなんだと思います。

絶対これ以外の選手には使わないことばかり
繰り出し合いました。

で最後は飯伏のカミゴェがヒットして終了しました。

今思い出しましたが、飯伏と内藤で唯一違うポイントは、
飯伏は新日の他に、全日本とノアの特に三沢と川田の熱心なファン
でしたが、内藤は新日のみだったというところですね。

で基本は三沢さんに影響されたということですが、
川田のがむしゃらなところも大好きだということです。

ここも今回の試合に出てしまったような気がします。

途中から観ていてラストの数分は三沢と川田がフラッシュバック
してきたので上記のような理由もあるんでしょうね。

いろいろ自分の決定させる技を返された時は
タイガードライバー91のようなものを
出す覚悟をしていたと。

それがデスティーノの返し技の垂直落下DDT
だったんじゃないかと。

でもまあ全体的には今季内藤はケニーと飯伏チームから
相当研究されているような感じですね。

2人に負けましたからね。

内藤もこれから黙っていないと思いますのでこれからの
修正が楽しみです。

これからはデスティーノの次の技も用意しておく
必要があるんじゃないかという気がしました。

今期の内藤に勝った飯伏とケニーは
デスティーノは返せるという
気持ちで戦っていたような気がします。

だから今回デスティーノの次の技を
先に決めていたら内藤が勝っていた
気がします。

まあ松井珠理奈もやるような軽い技になってしまったので、
他人がおいそれと使いたくならないような
厳しめの技を作らないといけない気がします。

ケニーオメガ「BULLET CLUBは論理的な組織なので物理的には常に孤独だった。」

標準

最近公開された、飯伏さんが自分の道場にケニーを
呼んでゴールデンラバーズ復活の公開練習と記者会見
を行ったnjpw公式映像を観て驚きました。

私はプロレスのああいうチームというのは
練習とかを共に行うのが当然だと考えて
いたのですが、ケニーさんも当然そういう
ことを言われていたので訂正して欲しくて
発言したんでしょうね。

飯伏さんと別れてからは今回の
再結成まで常に孤独だったと言っていました。

しかしそれであんなに強くなったなんてすごいですね。
1人でトレーニングしてね。

一応簡単に内幕としてはcodyがずっとBCの主権をとりたがっていて、
ケニーは古臭い組織だったBCを変えるべくがんばったが、
codyはそれを気持ちよく思っていなくて、ケニーも
それに薄々気づいていたので、裏切られた時は
遂にこの時が来たと思って特に驚きは無かったと。

その流れで上記の常に孤独だったという話になり、
また同時にそういうときでも数人常に心の隅に常にしまってある
人がいて、その一人が飯伏だったと。

また、飯伏も同じようにケニーは常に気にかけている存在で、
ケニーが助けに来た時に遂に再結成を予兆させることになり、
それがきっかけであのシーンに至ったと。

また今後についてはゴールデンラバーズ回顧は辞めにして、
新しいゴールデンラバーズをつくる方向でやっていきたいと。

映像ではVトリガーとカミゴエを同時に挟み撃ちでくらわす
アイデアとかも話していました。
怖すぎるけどcodyにぜひやって欲しいなw

またいつどうなるかはわからないというのは念を押していました。

今新日のスケジュールを確認したらはやくも飯伏とケニーが
組んだタッグ戦が組まれているので楽しみです。