カテゴリー別アーカイブ: ZIN-SAY、人生

DEADHEAT ときめき宣伝部 なんかどっかで聴いたことあるなって思ったらw

標準

JIN-SAY!ですね。

最近JIN-SAY!ぽい楽曲が増えてきたなって
感じてるんですが、気のせいでしょうか。

この曲っていうことじゃなく、JIN-SAYのアルバム3枚分くらい
聴いてるひとがこれ人生じゃんて感じるていうね。

てかちゃかぽこしたアイドル楽曲はJIN-SAYだっていう
気もします。それくらいJIN-SAYは時代を
先どってたっていうことでしょう。

あと電気グルーヴでもたまにzin-say!節ってのが
出てくる時があってこの曲を聴いて連想した
のはカメライフでそのAメロですね。
16ビートの16分音符全てに1文字ずつ割り当てて
ハイハットのように歌う方法が同じだと思います。
ンテテテテテテテテテテテーて感じ。

まあでもよく考えれば電気グルーヴよりも前の
高校生のときに活動開始したわけだから
JIN-SAYも18歳とかそれくらいの時だったわけだから
アイドルの皆さんと同世代だったんですよね。

楽曲系ドルヲタによるTIF2018聖域なき検討会議 6日目

標準

た行

・TAKENOKO▲ ハロプロ
・たけやま3.5 ステレオタイプ
・たこやきレインボー クラブ系スタダ
・Task have Fun アイドリング
・チームしゃちほこ 尖っていないももクロ
・CHERRSEE 韓国
・Chu☆Oh!Dolly エビ中
・つばきファクトリー HKT、cute
・つりビット ステレオタイプ
・ディア☆+ENGAG.ING from 秋葉原ディアステージ ミニマル系でんぱ組
・ティーンズ☆ヘブン アイドリング
・tipToe. 坂道
・Devil ANTHEM. マッドマガジン
・寺嶋由芙 ステレオタイプ
・転校少女* SKE
・でんぱ組.inc でんぱ組.inc
・東京CLEAR’S SMILE AKB+人生
・東京女子流 良くも悪くもベタAVEX
・東京女子流 with 大原優乃 良くも悪くもベタAVEX
・東京パフォーマンスドール AVEX系
・2o Love to Sweet Bullet テクノ系の時のエビ中
・ときめき♡宣伝部 エビ中
・DREAMING MONSTER アイドリング、SKE

寺嶋の時思ったんですが、ソロの人ってなんでオリジナリティが無い
人が多いのかっていう。
昔は宍戸留美とか篠原ともえとかたまに骨のある人がいたんですけど
最近は皆無です。なぜか2人組だと個性的なのが多い気がします。

あと5人だともう今はももクロとかスタダっていうイメージが大きいので、
個性を出しずらい気がします。

ディアステ勢はでんぱがあまりにもインパクトが大きすぎる、
スタッフが気合入れすぎて育ててしまったが故に後続が
難しくなってる気がしますね。

面白かったのは初めてアイドルに人生を感じた東京CLEARSですね。

あ、人生ていってもLIFEの方じゃなくて
石野卓球とピエール瀧が高校生時代に始めたテクノポップ
グループのほうですよ。ZIN-SAY。

DIY感を確信犯てきに出したテクノポップ。
ただAKBの世界観なのが残念です。

あとはnanoCUNEが解散したので同じような
マイナーコード系のパワーポップが出てきた
のに新時代を感じましたね。

あと制服グループの時以前はAKBが多かったのに最近は
坂道系の世界観が多くなったことですね。

あとハロプロにHKTを感じさせたつばきですね。
AKBじゃなくてHKTなんですよね。
厨二病のアニメ系恋愛ソング。
これAKBはハロっぽい曲は未だ無いんですが
ハロにHKTがつくられたっていうのが意味あると思います。

あと今気づいたんですが、
人数が少ない方がロックやパンク系のパワーが
発揮できるので、そういういみからこぶしは
5人になったことで道が見つかった気がします。
最初の大人数のままだったら今のような世界観には
至らなかったと思います。

ちなみにスタダはこういう短時間イベントでやる大味
楽曲より、長時間イベントでやる隠れた尖り曲に
刺さる楽曲があるんですが、
TIFだとそれらを一切やらないので
それも行きたくならない一因だと思います。

あとは
2o Love to Sweet Bulletは面白かったかな。

でもあえて金を出して行きたい気持ちになる人は
でんぱ以外いないですね。