カテゴリー別アーカイブ: 2017.3.1 電気グルーヴ TROPICAL LOVE

『DENKI GROOVE DECADE 2008~2017』について冷静にプロジェクトごと解説します。

標準

電気グルーヴ、近年10年間の傑作集をリリース!

2017/7/26 Release
『DENKI GROOVE DECADE 2008~2017』
試聴用ダイジェスト動画

Mixed by DJ TASAKA

■収録曲
1. Fallin’ Down(Video Edit)
2. Upside Down(Single Mix)
3. Slow Motion
4. モノノケダンス(Single Version)
5. Baby’s On Fire(Video Edit)
6. Fake It!
7. Shameful(Live@ZeppTokyo2017)
8. 完璧に無くして(Alternate Version)
9. Missing Beatz(Album Version)
10. 少年ヤング(Album Version)
11. トロピカル・ラヴ(Video Edit)
12. Foxx
13. KNGN
14. シュチェチン

元電気のDJ TASAKAの繋いだベスト盤ですかね。

以前石野が言っていたんですが、レコード会社から、決まった
シングルやアルバムのリリースペースに沿って
出すように言われているので、本当に出したい時はいいんですが、
まだ無理だよって時もあるのでそういう時はベスト盤
とかで逃げるっていう話なんですよね。

で今回のTROPICAL LOVEは

11th 2009年8月19日 20 6位
12th 2013年2月27日 人間と動物 12位
13th 2017年3月1日 TROPICAL LOVE 7位

とあるように前作から4年経過しているわけです。

会社としては多分毎年出して欲しいんだと思います。

だから本体とインストルメンタル版と今回のベスト盤の3種類を
出すことになったんじゃないかと思います。

Best 2011年4月6日 電気グルーヴのゴールデンヒッツ
〜Due To Contract 27位
Mini 2014年10月29日 25
selection 2015年12月23日 DENKI GROOVE THE MOVIE? -THE MUSIC SELECTION-
Instrumental Album 2017年7月18日 TROPICAL LOVE LIGHTS
Best 2017年7月26日 DENKI GROOVE DECADE 2008~2017

こんな感じで、上記と組み合わせるとうまく間があかないようにリリースされているのが
わかりますよねw

あまりにも近年の電気はベスト盤多すぎますもんね。

YMOの末期と同じ感じです。

で例えば、KRAFTWERKも最新作の時過去のアルバムを全てリマスタリングして出しなおした
んですが、それもこういう経緯だと思うのと、
あとは、KRAFTWERKの場合は世界規模で売れるので、それで回収できると
思うんですが、電気の場合はそこまで売れるわけではないので
そうすると隙間商売でそれを埋めることになるんだと思います。

もしそれを拒否する場合はスチャダラパーのように移籍となるけど
電気は活動できればなにやってもよいよ的な感じで受け入れているんじゃ
ないかと思います。

ちなみに2011年に出たベスト盤は砂原リマスタリングでしたが
特に変わっていなかったので、リマスタリングの部分については
あまり期待しない方が良いと思います。

また2016年に出たLUSHというバンドのベスト盤の時は
リマスタリングしたものよりオリジナル版のほうが
音質が良いってこともあったので、
リマスタリングって言葉に騙されないようにしましょう。

ということで結局特に未発表曲もないですし、特徴としては単に電気の曲を
繋いだだけのアルバムって感じですので、
スルーか友人に借りる程度でいいとおもいます。

この金額でアルバムのハイレゾ版を購入したほうがよっぽど
幸せになれると思います。

広告

2017年2月。電気グルーヴ界隈に新たな動きが。PVとアルバム発売。

標準

ニューアルバム発売と、ハリウッドザコシショウのPVを制作したようです。

ちなみにザコシショウは電気のファンで、ソニーなのでまあスムーズにいったと思います。

ゴキブリ男というタイトルで、まんま電気ワールドですねw

しかし大音量でも小音量でもヘッドホンでもラジカセでも聴いているだけで
気持ちよい、全ての音域がまとまっている電気クオリティで素晴らしいですね。

歌詞とかより音が凄いです。簡素なのにきめこまかくつくり込まれている。。

サウンドイメージはannaとか

モノノケダンスに近いかな。

 

また新アルバムは

トロピカルラヴというタイトルで

CD1枚の通常版、CDとライブDVDの限定版、CDとグッズと全ての映像コンテンツ
のダウンロードコードが入ったものの3パターンと、LPで発売されるみたいですね。

1.通常盤
CD 1枚
¥2,913+税/KSCL-2876

2.初回生産限定盤
CD+DVD(「お母さん、僕たち映画になったよ。」2016/3/9 Zepp Tokyo/副音声付き)/デジパック仕様
¥3,600+税/KSCL-2874~2875

3.完全生産限定盤
CD+映像コード+マグネット/レンチキュラーBOX仕様
¥4,600+税/KSCL-2871~2873

※映像コードでは、DVDと同内容(副音声付き)のライブ映像に加え、
エクスクルーシブの映像コンテンツを1年間限定でスマホやPC、タブレットなどで試聴することが出来ます。
また、発売後に新たに映像コンテンツをアップロードする予定です。

3.はビデオゲームのシーズンパスみたいな感じですね。
全てのDLCの権利が付属しているという。

ちなみに、

最近、私は追加料金でCDに付属する映像っていうのにあまり興味がわかなくなって
きてまして、理由は、一回見たら塩漬けになるのが確実なので、
そうするとその為に1000円近く払うのがバカバカしくなってきたっていうね。

PVの場合は画質が良くてまとめてある後日発売されるPV集か、
スカパーからHD画質の奴を持ってきた方がいいっていう理由。

ちなみにライブの場合、

この前のたこ虹もそうでしたが、DVD付けてやるからこんだけ
金追加しろって上から目線でニヤ付いて言われている感じを
強く感じるので、それだったらいらねーやっていうねw

あと後日映像だけでどうせリマスタリングして再リリースするんだろっていうね。

そして最も強い理由は、新しいアルバムは新しい楽曲が入っているのに
ライブ映像は過去のものだっていうことですよね。

あと同じ金額で初回限定だけDVDが付くなら良いですよ。
でも追加料金ってなるとイラネっていうね。

ちなみにAMAZONはCD+DVDと通常盤が同じ価格といういつもの感じですが、

%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%82%be%e3%83%b3tropicallove%e9%9b%bb%e6%b0%97

ヤフーショッピングだときちんと通常版の方が安くなっているので、

%e3%83%a4%e3%83%95%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0tropicallove%e9%9b%bb%e6%b0%97cddvd

%e3%83%a4%e3%83%95%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0tropicallove%e9%9b%bb%e6%b0%97cd

買うならこっちで買おうと思います。

電気はこういうのにノーって言えるようなポジションだと思うんだけど

実際はそうでもないみたいですね。。

しかしもっとよく考えると、卓球さんは最近ハイレゾに本気になったので

ハイレゾが出るまで待とうと思います。

なんやそれww