カテゴリー別アーカイブ: 道重さゆみ

2017.09.29 アプカミ 道重さゆみと田中れいなのモーニング娘。現場参加の現状を告白

標準

道重さゆみは卒業後初めて訪れたのが最近。

田中れいなは毎回訪れている。

さゆは仕事をしてなくて山口にいたので行けないのと
自制の意味もあると思いますね。

田中れいなは卒業しても現役でアーチスト活動を
やっているので行っても特に普通ですね。

広告

アイドルグループのトップメンバーはひとりぼっちの法則が指原氏の証言によって確定的に。

標準

あさイチのゲストに似ても似つかない夜型グループHKTのドン指原氏
が登場してイノッチとぼっち同士でぼっち最高と叫んだようですw

嗣永桃子、道重さゆみ、百田夏菜子、中居正広、指原莉乃、井ノ原快彦、古川未鈴、

みんなひとりぼっちですね。

自分のセンスを信じて道無き道を進んでいるのでどんな業界でも
トップを突き進む人は一人が当たり前なのかもしれません。

逆に友達がいるということは先頭を進んでいないという
証拠なのかもしれません。

夏焼雅が指原氏をフォローした理由と第二回ゆび祭りの3大事務所(ハロプロ、スタダ、ディアステ)の展望について。

標準

現在着々と準備が進行していると思われる第二回ゆび祭りに、
熱心なオファーを受けたんじゃないかと思いますね。

それで、興味を持ってフォローしてみたんじゃないかと。。

ちなみに今回のゆび祭り、前回はテスト的な感じでしたので
ハロプロ側も様子見でBuonoを出したんですが、

今回は信頼度が強くなっているのもあり、
ハロプロ枠は増えているんじゃないかと思います。

前回でもスタダ枠が2枠もあったんで、スタダ枠は3枠、
ハロプロ枠も3枠程度拡張しているんじゃないかという気がします。

で、多分、前回モーニング娘。はギャラの関係で無理だった
気がするので、イベントに対する期待度が上がっており、
資金的にも前回より余裕があり、繋がりも太くなっている
今回は大丈夫じゃないかと思います。

一押しのモーニング娘。
番組で出てもらったのでアンジュルム、
最後にハロプロキッズ組からpinkcresの雅。
サプライズで道重さゆみって感じでしょうか。

スタダ組も3枠程度で、
まずは川上さんに話をつけてあるのでももクロさん、
エビ中、まあ順当にしゃちまででしょうね。
それか、エイベックス繋がりでたこ虹まで。

で今回はさすがにでんぱ組も来るんじゃないかと。

アイドルの番組のMCを経験したおかげで、前回の苦労は
どこへやらで、オファーも順調に進んでいるんじゃないかと思います。

しかしまあギャラ的にどっか切り詰めないと無理ですが
上記のグループが出たら会場の雰囲気がやばいですよねw

フォークジャンボリーのような
歴史に残るイベントになると思います。

2017.05.04 カントリーガールズ中野サンプラザももちイズム 現場の流れ

標準

セトリ以外の部分を説明します。

40分経過したあたりでももち先輩がソロアルバム
の件からソロ楽曲の話に流していき、
つんくさん作詞作曲そして、2曲目が
ミッツさん作詞という話に。

1曲目
ももちずっとおとももち 作詞作曲:つんく 編曲:鈴木俊介

これはギターの弾き語り風で、横でアコギを弾く
つんくさんが見えるかのような楽曲でした。

雰囲気としては、道重さゆみのシャバダバドゥ?のような
急に誰かに質問して自分で答えたり、突然外野からのコールが入ったり
するようなギミックを盛り込み、
遂に、さゆにも入れなかった、世界で一番かわいいという歌詞を
引退するからかも知れませんが、ももちに入れてしまいました。。

流れはシャバダバドゥのような、
つんくさんからみたももちさんのハロプロでの道のり
を愛情いっぱいに笑いを混ぜつつ
まとめた内容でした。

サビはつんくさんの得意な聴く人をキュンとさせてしまう
転調が一発入って気持ちよいです。

ちなみにさゆの場合は歌唱力の問題からテクノ系に
するんですが、ももちの場合は歌唱力があり、
今回のソロの趣旨は歌声を永遠に残すことですから、
サウンドは極力シンプルにしたんだと思います。
シンプルにできるんだと思います。

でも私はさゆもルーリードみたいにエフェクトなしで
ダイレクトにアウトプットさせればシンプルな
サウンドでも魅力的な作品をつくることは可能だと
思うんですけどね。

最後はまことさんがももちさんを座らせて、
サプライズ楽曲を。

カントリーメンバー「元アイドルで週刊誌に記事が出ても私たちじゃないので
よろしくおねがいします。

カ「結婚も選り好みしすぎ婚期を逃さないように。

ま「それよりも前に友達を作ることをお勧めします。

ま「ご祝儀だけほしさに楽屋に挨拶に来るのはやめてください。

カ「嗣永さんが一番早く死にますがかけつけます。

カ「先に天国で待っていて下さい。

ま「ぼくはもういないと思います。

ま「以上!アイドル卒業注意事項でした!

山木「みなさん予習してきてくれましたか??」

4分あたりから。

てかんじで嗣永さんを座らせてのフォーク系の合唱曲
を披露しました。

最後はまことさんがおいしいところを持っていきましたw

ハロステを楽しみにw

2017.04.16アイドル生合戦のシークレットゲストって私は1人しか思い浮かばないんだがw

標準

アイドル生合戦

これ、ハロプロメンバーが4チームに分かれてゲーム大会をするイベントです。

ファンはアプリに登録して投票することでそのメンバーを決めることができると。

大型イベントのシークレットっていうことなのでハロプロメンバーはないと思います。

私が思い当たるところとしては、指原氏か道重氏なんですが
調べたら無理っぽいことが判明しました。。

指原氏は握手会で労働基準法違反で激務中w

20170416HKT握手会指原

道重氏は15時30分からサユミンランドール復帰記念公演の最終日なので無理です。

道重20170416スケジュール

和田氏つながりでももクロさんと思ったが氣志團イベントだし。

ってここでもう一度画像を見直すとモーニング娘。’17とアンジュルムが
正式なグループとして記載されているだけで他とか書いてないので、
単純に他のハロプログループメンバーのことを大げさに言ってる
だけなんじゃないかって気がしてきました。

ちょっとハロと指原に神経質になりすぎでしたw

しかし話変わりますが結局共演はありませんでしたね。

まあ逆にハロヲタに本当に嫌われたくないんだなって
ことがわかってほっこりしましたよねw
さすがの指原氏も人の子だったっていう。

しかしこの4月16日ってこんなにドルイベ渋滞してるとは思ってもみませんでした。

私は暇だからこれでも観ようと思ってます。

結果:

シークレットゲストはMC矢口でしたw

切ろうとしたけど我慢しました。

解像度も低く画質もザラザラで最悪でした。

次はもう観ないと思います。

素顔の道重さゆみをしゃべりつくし。新曲発売日は4月10日!2017.03.27 道重さゆみの今夜も♥うさちゃんピース~一夜かぎりの再生スペシャル~

標準

道重さゆみの今夜も♥うさちゃんピース~一夜かぎりの再生スペシャル~

CBCラジオで放送されました。

これ以前から言ってますが、道重さんや嗣永さん、菊地
さんとかって、全て編集抜きのライブの現場で体験したから言えるんですが、
普通にMCや進行を普通に仕事でできる
レベルなんですよね。

コアヲタだからあえて言いますが、
指原氏なんか足元にも及ばない気がします。

指原氏は事務所や秋元康、AKBっていうバックがある
という存在が強すぎると思います。
過大評価されすぎですね。

ももクロさんも同じです。

今回はこのすっぴん画像があらわしているように
休業中のことを全て明らかにしてます。

20170327今夜もうさちゃんピース

しかしこのすっぴん画像は初めて見ました。

私は女性はすっぴんていうかナチュラルメイクの方が好きなので
ずっと見ていられるくらい撃ち抜かれました。。

化粧したビジネスイメージは攻撃性が強くて
怖くて見ていられないんですけどね。

特に金髪やきつめの茶髪やアイラインは恐怖感が襲ってきて
苦手です。

あと新曲と好きな曲を流していますが、
私とセンスが離れていないので安心しました。

新曲の「再生~わたしはここにいるわ~」
は大久保薫さんですね。つかみでわかりましたw

ググったら当たってました。
私は編曲が命なんで。

本編全8曲のうち
<SAYUMINGLANDOLL~再生~>のために書き下ろされた新曲は「再生~わたしはここにいるわ~」「ちょっと逢わないくらいで」など6曲にのぼり、
楽曲に関わるのは、川辺ヒロシ(TOKYO No.1 SOUL SET)、CMJK、児玉雨子、モーニング娘。の楽曲も手がける大久保薫、道重さゆみの大ファンであることも知られている大森靖子など。
モーニング娘。在籍時の道重曲としておなじみのナンバー「ラララのピピピ」「シャバダバ ドゥ~」も披露される。

4月10日からは会場にてサウンドトラックアルバムが販売される。

大久保さんももクロの次はパフュームていうかヤスタカに手を出し始めていますw
貪欲にまあいろいろ取り入れることは良いことですね。

新曲も電子音多めのテクノ系で撃ち抜かれたので
この路線でいくってことでほっとした反面、、
また金使わないといけなくなるなっていうw

大久保薫さんがもうあまり失敗できないハロプロのシングル
ではできない実験的なアイデアをさゆにぶっこんで
いってテスト環境的な感じでさゆを使っていったら
面白い展開になりそうな気がしますね。

あと最後に道重さんはももクロだと百田夏菜子にちかいかと
思いました。
ホームシックになりやすくて内向的だっていうところですね。

道重さゆみ氏がアーチスト活動に専念することにした大きな理由は矢口のせいですね。

標準

道重さゆみ SAYUMINGLANDOLL~再生~

道重さんはもとより、ハロプロのアイドルが明石家さんまさんに
親しくしていただいているのは周知の事実です。

ですからバラエティ番組を含めたテレビタレント活動をするための
スキルについて、さんまさんに相談しているのは当然だと思います。

また、過去、最もセールスが低迷していたプラチナ期の2009年に、
あまりの出演オファーの少なさからあのロンドンハーツの格付けに
出演してしまったことで、バラエティ番組の最先端の洗礼を受けてしまい、
その記憶が脳裏から離れない、
もうああいった自分の私生活の切り売りみたいなことをやりたくない
と思ったのも理由のひとつだと思います。

そして、バラエティ番組といえばハロプロにおいては
矢口が先輩になるのですが、
あの現役当時から男と隠れて遊びまくっていた矢口のような人から
先輩ずらで教わりたくないというのもあると思うし、

もうプラチナ期の自分と異なり、もうある程度売れて、
あまり新規のファンが増えなくても良いと考えていることから、
ブスいじりや下世話なネタに対応してそのネタで有名になるより、
少なくても良いからアーチスト活動を理解してくれる人に
増えてほしいということがあると思いますね。

でよく道重さんは松田聖子さんを例として挙げるんですが、
松田聖子さんの生き方を参考にしようとしていることが
一番大きい理由かと思います。

ただ、松田聖子さんはオーディション番組で
歌がうまいことでデビューしたんですが、
道重さんは真逆で歌が下手でデビューしたので、
そうすると、コメントにもある通り、
へたくそだからバラエティ番組について勉強するために時間を使わずに、
松田聖子さんに近づくためによりパフォーマンス力の向上に集中して時間を注ぎ、
これから精進していく覚悟でいるんじゃないかと思います。

ただし、聖子さんは秋元さんとか石田さんとかとんねるず
とかと仲が良いので、
新曲を出すときとかたまに石田さんのミュージックフェアとか
秋元さんのみなおかとかの番組に出演することがあるので、

道重さんも、親身にしてくれているさんまさんの番組とか、
中居君の番組とかにたまに出演することはあるんじゃないかと思いますね。

ちなみに私は現在公演中のサユミンランドールの内容次第で
ついていくか決めようとしていたんですが、
ララララのピピピとかいわゆる一連の道重怪電波楽曲を
やってくれたようなので、安心しました。

ただしmlineという矢口も所属している
ファンクラブの金は払いたくないので
ハロプロのFCで2次エントリー可能な時は参加しようと思っています。

余計なものを排除してパフォーマンスに本気になったさゆが
どういう展開になっていくのか楽しみです。

ももちのお誕生日会とBuono!単独コンサートと道重さゆみ再生イベントについての見解。

標準

20170203%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88

ももちのラストのお誕生日会は、バスツアーとかになったら行けないので、
良心的な価格のいつも通りのやつが決まってほっとしました。

道重氏の時は結局最近特別な場合しか使用しない
横浜アリーナでのモーニング娘。のコンサート
をもって卒業としたんですが、

FC会員で落選したので、この2週間前に参加した
FCバースデーイベントが私にとってのラストと
なってしまいました。

ここからもわかるように、バースデーイベントのほうが
当選確率が高いのでここを押さえておいて
コンサートは当たったらもうけもの的な感じで
エントリーしておくのが吉ですね。

そして道重氏の再生イベントですが、
ハロプロを卒業したので卒業メンバー用の
ファンクラブに入会しないとエントリーが
不可能になったことを知りませんでした。。

%e3%80%8csayuminglandoll%ef%bd%9e%e5%86%8d%e7%94%9f%ef%bd%9e%e3%80%8d%e8%bf%bd%e5%8a%a0%e5%85%ac%e6%bc%94fc%e5%85%88%e8%a1%8c%e5%8f%97%e4%bb%98%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b

私はハロプロのHPは毎日チェックしてるんですが
Mlineclubという卒業メンFCのHPはチェックしてなかった
のでチャンスを逃してしまいました。

でもエントリーするにしても、このFCの費用が別途6100円発生するので、
この1回の為に入会するのはバカバカしいんですよね。

mlineclub%e5%85%a5%e4%bc%9a%e6%96%b9%e6%b3%95

あとこのFCは卒業したメンバーが全員対象メンバーで、当然矢口もメンバーなので、

私が入会すると矢口に「お前らより何倍も収入はいいニヤリ」

と憎まれ口をたたかせる収入源になってしまうので、入会は絶対したくないですね。。

何処へ行っても矢口は迷惑ばかりかけてますね。。まじめなハロプロのメンバーはおろか、ファンにも迷惑をかけてほんとどうしようもないよな。

場所は丸の内のCOTTON CLUB

%e4%b8%b8%e3%81%ae%e5%86%85cotton-club

これのテーブルを除去するとキネマ倶楽部になるのでライブも可能ですが
今回はテーブルが固定とあるので、まあ近いのは新宿ロフトプラスワン
でしょうかね。

あまり音楽には向いていないですよね。特にハロプロの電子音楽にはね。
アンプラグド向きでしょう。

だからクラシック音楽を流しながら映像を光と共に流したり、
音楽的な演出も軽い生バンドとかで置き換えるような
かたちになりそうですね。

内容は宣伝文句に

「コンサートでもミュージカルでもディナーショーでもない
パフォーマンス。

音と光、そして映像が織りなす新しい世界」

約80分程度

とあって、
「SAYUMINGLANDOLL~再生~」
というタイトルは
SAYUMINGLANDOLLという写真集のタイトル
から繋がっている内容のような気がするし、
その写真家活動は卒業後も継続して続けているので、
まあ今回のことだけではなく、活動内容自体の方向性
も芸術方面に重きを置いていくんじゃないかって
気がします。

その写真もみうらじゅんさんのような面白い方向性
なら興味あるんですが、まじなやつだと思うので、
そうするとまったく興味ないからチケット代8000円と
6100円のFC会費を払うまでには至りませんでしたね。

ま元々道重氏は歌に興味がなく自分でもコンプレックス的な
感じが強いので、こうなることは必然だった気もしますけどね。

でも私的には面白いとこと、歌声、

まああとは道重氏のテクノ的要素が強めなソロ楽曲も強力でしたよね。。

それを一切削がれてしまうときついと思いました。。

という感じなので、私的には普通にももちとか、ももクロとか、
ユニークなメンバーをゲストに迎えて、
素直にトークショーをしたり一緒に歌ったりして
くれたほうが断然興味が湧くんですよね。

まあでも私のようなファンがいなくなることで、
チケット入手が容易になるので、芸術方面に興味がある
ファンにとっては良いんじゃないかと思いますね。

まあでも入会するかどうかはさておきM line clubはこれからたまにチェックしようと思います。

20170328追記:

セトリはラララのピピピ他電子系満載だったってことで安心しました。
チキンになりすぎていました。もっと道重さんを信頼して良いかなって思いました。

ハロプロの新リーダー、サブリーダー、AKB総選挙1位、観客動員数1位による現時点でガールズアイドル業界最強の2008年世代の時代が到来。

標準

今日のハロステで、アンジュルムの和田彩花氏が新リーダー、
モーニング娘。の譜久村聖氏が新ポジションのサブリーダー、
に就任することが決定しました。

常連さんならお分かりですが、2人とも私の推しメンですので
感慨深くなりました。

まあでもキャリアからいっても℃-uteもももち先輩もいなくなるので
まあ冷静に考えてもあやちょさんが妥当だと思いますよね。

でもももち先輩はberryz解散時に引退予定でしたが
強くお願いされて最初から期間限定でカントリーガールズに入ったので
リーダーの選考には入っていなかったと思いますね。

であやちょさんとももクロさんの対談でもよく出てくる
ように、スマイレージとももクロさんは
ほぼ2008年あたりにプロジェクトが開始された同期。

ふくちゃんも2008年あたりに既にモーニング娘。入りに
内定して活動開始していた同期。

指原氏は2008年開始なのは有名です。ていうか私の中だけでは
「電話にでんわ」くらい超ベタな話w

あやちょ、ふくちゃん、ももクロさん、指原氏。

そして、モーニング娘。在籍時から唯一AKBやももクロが大好き
などと、DDぷりを宣言していたさゆの6月ごろの復帰。

もし、6月にさゆが復帰となると、

さゆ、ももち、あやちょ、ふくちゃん、指原氏、ももクロ

と神6みたいな感じになって2017年6月は
いろいろやばいことができる時期なので、
なにかがおこることを期待したいところであります。

収益的にも十分魅力のあるコンテンツだと思うので、
各所属スタッフやスポンサー、イベンター等が
動き出さない理由が見つかりませんので、
なにかがおこることを確信しています。

2017年はすごい時代になりそうです。