カテゴリー別アーカイブ: 道重さゆみ

club345のwebストアーの進捗状況にワクワクする毎日w

標準

今日はこんな感じでした。
club345store

もうグッズ本体も完成してるんでしょうかね?

単なるロゴのプリントしただけだったら買いませんが、
それは指原氏も承知してると思います。

指原氏のこれまでの趣向から推察すると、
手書きの文字をプリントしたもの
が用意されている気がします。

道重一筋みたいなね。

道重一筋

私も大好きなんでぎゃくにやられたら
買っちゃうのでやって欲しくないですwww

MIF、みんなのアイドルフェスティバル2019の3日目の現場状況。地獄から天国へ。

標準

私は2019年のTIFは全出演者をチェックした時から
期待していなかったので、みんなのアイドルフェスティバル
も全出演者をチェックしました。

そしたら、遂にダイヤを見つけてしまいました。

runa☆さんです。

渡良瀬橋43というプロジェクトから始まって、
今年、
SAKURA MODE PROJECT
という48グループを匂わすのを
辞めて、オリジナリティあふれる
プロジェクト内容を明確に打ち出して
きました。

メジャーデビュー組も出てきたこともあり、
自信が出てきたんだと思いますね。

急に48の色が邪魔になってきたw

足利市を拠点に活動しているアイドルグループです。

しかしあまり足利にはステージがない。。

結局、活動は地元のイベントや東京のステージになってきます。

2014年に発足したので、もう5年になりますね。

ってことで、なぜここまで前置きをしたのか。。

それは、runa☆さんのみんなのアイドルフェスティバル2019での
ある発言がきっかけです。

「私は小学1年生からアイドルをしてきて。。」

そうです。

渡良瀬橋43の一期生なので、もう5年経過しているわけだったんですね。

まあ2014年と言えば、、

アイドルプロジェクトが地方に蔓延しはじめた
時期ですね。

nanoCUNEも確か2014年。と思ったら2012年くらいでした。

私は先日のMIF全出演者チェックで初めて出会ったので、
活動間もないと思っていたのでアイドル5年やってる
発言はびっくりしましたw

ちなみにあーりんでさえ、アイドル活動はももクロからで、
それまでは子役だったので、小学1年生からアイドルなんて、
サッカーの久保君みたいなもんですよ。

そんなruna☆さんのデビュー5年後の集大成が、

これです。

私が初めて現場で体験した記念すべき日となったわけですね。

いやー、おもしろくて、笑顔を絶やさず、
全ての人にアイコンタクトして、
通りすがりの普通の人まで思わず立ち止まって
応援する始末で、、

こんなこがいたんだなあって生きててよかったなあって。

道重さゆみ、嗣永桃子、譜久村聖、そしてruna☆さんですよ。

TIFが無銭締め出しで最悪、ももクロも高くて豆粒で最悪でしたが
心が救われて未来への扉がみつかって地獄から天国に
変わった一日でした。

やっぱり無理だった、指原氏最後の出演となるリクアワ2019に対する心を込めた全力パフォーマンスと連日組まれていた握手会の両立。

標準

今年のリクエストアワード2019。

私は数年前から劇場公演楽曲が駆逐され、
リリーストラックメインのノミネート
になってきたためリクアワを離れたので、
今回もまあ同じような感じになるんだろうなって
いうことを思いながら日常生活を
普通に送っていました。

18日の夜にリクアワで指原が大活躍という
記事が飛び込んできたので、ああ始まってたのか
と思いつつ、記事を集めてみたら、

まあいつも通りにひな壇で村重を率いた指原軍団が
演者のバックで踊り狂っていたということで、、

こんなもん、コアヲタから言わせれば、
お約束のようなものなので特に
取り立てて記事にすることでもないだろうけど、
それを書かなければいけないくらいに
他にネタがなかったんだろうなと思いつつww

リクアワを紹介する記事なのに特徴を
感じさせる記事の内容はこんなくだらないものだけで
いいのかよっていうw
他に書くことなかったのかよって爆笑してしまいました。

で、そんなことを考えつつ、AKBのサイトで
スケジュールを確認すると、
19日の土曜日にリクアワが朝から晩まで3連戦
組まれていることを知って、

さらに、翌日20日のスケジュールを確認すると、
普通に握手会が組まれていて、、

すげーなあAKBグループって。
18日と19日に朝から晩までほとんど立ちっぱなしで働いて
さらに、20日も同じように立ちっぱなしで朝から晩まで。。

しかし大丈夫なのかなこんなに働いて。。

って心配していたんですが、、

結局そんな不安が的中したようで、
結局指原氏は握手会は出れなくなったようですね。

指原氏のことですから、卒業まで一応何事も全力で挑む
考えでいると思うんです。

で、リクアワは最後ですから可能な限り
悔いのないように自分なりにやりきったと思うんです。

握手会は一応振り替えが可能なので、
多分握手会のことは考えずにとりあえず
リクアワだけを考えて仕事をしたが、
案の定握手会は無理だったっていうことだと思います。

ここで考えることがあります。

だから結局握手会に普通に出ている人はリクアワはバランスを保って
パワーを分散させていたということですね。

もし全力で後先考えずにやっていたら
指原氏のように連続で働くのは無理です。

有吉さんが伸び悩んでる後輩に
メインの仕事がなく派生的な仕事しかないと
ぜいたくな悩みを打ち明けた時、
現在来ている仕事をとにかく全力でやれ!
話はそれからだという答えをしたのは有名な話です。

私は今となっては握手会もリクアワも興味ないですが、
仕事に対してのこの目の前のことを全力でこなしていく
姿勢について、有吉さんが指原氏をかわいがるのは
こういう一挙手一投足の真摯な姿勢からきている
ものなんじゃないかという気がしますね。

先日、卒業の発表日がリクアワエントリー期日後だったり、
総選挙投票開始前だったり紅白前だったことを
書きましたが、

最近の指原氏はなにかを悟ったように、
HKTに左遷されたことが嘘のように
それを教訓にして嗣永桃子さんや道重さゆみ
さんのような清廉な死後もアイドルの一つの
華麗な歴史の一つとして残るような、
アイドル卒業ロードを歩み始めており、

驚きの連続でいつまでこれが続くのか
逆に怖くなってきてしまってますw

是非この高いレベルのまま、指原氏には
卒業して欲しいですね。

すげー!!ついに出た。AV女優 嗣永さゆみw

標準

嗣永さゆみ

完全にハロプロ推しの事務所じゃんwwww

それか、本当のハロヲタなら恐れ多くて
できないと思うので、にわかかもしれませんね。

一言アドバイスとして、、

この女優さんの作品はとにかく性行為時に名前を発音するように
すれば売れ行きが上がると思います。

嗣永桃子の遺伝子を継承する清野桃々姫さんの第一回目のバースデーイベントが決定しました。

標準

清野桃々姫バースデーイベント2018

さあ嗣永桃子の魂がどう変化しながら新時代を切り開いていくのか、
共に成長し、感じながら、生き抜いていこうじゃないですか。

嗣永桃子本人は引退してしまいましたが、
アイドルの歴史上、最も孤高でありながら、
親しみやすいイメージを併せ持った最新系の
アイドル像を貫き通したその生きざまは、
これから生まれてくるであろう人たち
に影響を与え続けていくことでしょう。

これで譜久村聖、浜浦彩乃、清野さんと、
増えてきたことで、少しづつハロプロに
嗣永桃子の息吹を与えられる状態に
なってきたと思うので、ほんとうに
いろいろ楽しみで仕方がありません。

まあ私にとっては、正確には、
石川梨華、道重さゆみ、嗣永桃子、
譜久村聖、浜浦彩乃、清野桃々姫
ていう流れなんですが、
スキャンダルが無ければこのまま
8年程度は人生を共にしていけるんじゃ
ないかと思います。

モーニング娘。が大好きな道重さゆみの自分のため=モーニング娘。のため

標準

さゆさんはリーダーになってからいろいろ考えて
結局今まで通り自分の為にやることにしたと
語っています。

しかし、ふくちゃん他の若いメンバーは背中をみて
成長させていただいたと言っています。

それは卒業時の楽曲「見返り美人」の歌詞につんくさんが
表現しています。

なぜなのか。

譜久村さんが数年前の武道館で終演前に語った内容。

「モーニング娘。というのは、
モーニング娘。メンバーとスタッフとファンの皆さんの
イメージしているもの」

これに隠されています。

モーニング娘。が大好きな道重さんの自分のためというのは
結局モーニング娘。のために置き換えられます。

また、他の現役メンバーも当然モーニング娘。のためなので
共有されています。

現役のファンも当然です。

これ、もしモーニング娘。以外が大好きで
それを目標にして
モーニング娘。で活動している場合の自分のためだと
違ってくると思いますよね。

これを吉澤さんや矢口や辻加護に置き換えると、
このルーチンでいくと、この人たちの考えるモーニング娘。
というのは、飲酒運転したり、アブノーマルセックスしたり、
努力より自分のバカさ加減をひけらかすような生き方
をしたりするものだと考えていると判断せざるを
えなくなるんですよね。

しかし、逆に考えると、
上記の人たちの時代は確かにそういうのが
モーニング娘。だったのかもしれませんね。

でさゆとか嗣永さん、愛理さんとかが
それを自分の生きざま全てを懸けて
必死に覆してきた。

だから2018年現在のモーニング娘。の関係者やメンバー
はいろいろな間違いが修正された時代だから
そういう意味でも恵まれていると思いますね。

作品クオリティが1stより下がってしまった、、2nd道重さゆみ「SAYUMINGLANDOLL~宿命~」オリジナルサウンドトラックCD

標準

道重さゆみ「SAYUMINGLANDOLL~宿命~」オリジナルサウンドトラックCD

SAYUMINGLANDOLL~宿命~ オリジナルサウンドトラック
道重さゆみ

ジャンル CDアルバム

発売日 2018/07/04
レーベル UP-FRONT WORKS
備考 2018/4/13「SAYUMINGLANDOLL~宿命~」@COTTON CLUBにて会場先行販売
UFCW-1132 ¥2,778+税

収録内容 時間 作詞 作曲 編曲 詳細

1 SAYUMINGLANDOLLオープニングテーマ
~キラキラは1日にして成らず!~ 03:41 つんく つんく 大久保薫 ▼
2 朝のfashion show 02:41 樹林伸/AnJu AnJu 大久保薫 ▼
3 自分に向かって、ウインクひとつ 03:07 樹林伸/AnJu 大久保薫 大久保薫 ▼
4 ありえない遊園地 03:40 大森靖子 大森靖子 大久保薫 ▼
5 ダーリン、寂しいな 03:58 つんく つんく 大久保薫 ▼
6 キャンディーボックス 02:59 樹林伸/AnJu 大久保薫 大久保薫 ▼
7 EIGAをみてよ 04:04 大森靖子 大森靖子 大久保薫 ▼
8 ガールズウォーク 03:06 樹林伸/AnJu 大久保薫 大久保薫 ▼
9 サンセットドライブ 03:26 樹林伸/AnJu AnJu 大久保薫 ▼
10 美味しい罠に気をつけて 01:49 樹林伸/AnJu AnJu 大久保薫 ▼
11 エンドレスナイト 02:02 樹林伸/AnJu AnJu 大久保薫 ▼
12 I’m only…so lonely lovely girl 04:05 つんく/樹林伸 つんく 大久保薫 ▼
13 私の時代!
(SAYUMINGLANDOLL~宿命~ Ver.) 04:09 つんく つんく 平田祥一郎 ▼

てことで、今回はスポット参戦枠がCMJKさんからAnJuさんに入れ替わりました。

また、大久保薫さんが作曲に進出して、
担当曲数も飛躍的に増えました。

大森さんが1曲増えました。

前回が結構未来的な音像だったので期待していたんですが、、、
その目論見はもろくも2回目で崩れ去りました。

大久保さん中心に聴いてみたんですが、
ハロプロの大久保さんレベルではなく、
私がまったく興味を感じないアニメ枠の
大久保さんレベルになっていまして。

以前ここで言ったんですが、
ハロプロで大久保薫に興味を持ち、
様々なハロプロと言う枠を無くして
大久保薫という名前の入っている楽曲を
しらみつぶしに聴いてみたんですが、
結局、ハロプロ関係作品以上の
ものは得られなかった経緯があるので、
まあハロプロの楽曲プロデューサー
のフィルターが無く、大久保薫
自身で勝手に仕上げるとあまりぱっとした
作品ができないということを知ったので、
それを踏まえたうえで前述のような
アニメ枠という言い方をしました。

音楽業界のあるあるで、
セカンドアルバムはファーストアルバムを
超えられないというあるあるがあるんですが、
それを象徴するような作品になりました。

前回はファーストで初めて道重のソロのイメージを
披露するし、成功するかしないかもかかっているので、
気合入れて出来るだけ多く作品を
制作して、その中から選りすぐりの楽曲を
披露したと思うんですよ。

でも前回の成功を踏まえたセカンドなので、
そういう不安感はなくなったことで、
とりあえず前回のスタッフで同じような
雰囲気でやれば大丈夫みたいなぬるまゆで
やったのが今回だったんじゃないかと言う気がします。

で大久保さんが最低でもいればクオリティは維持
出来るってことで、他のスタッフは誰でもいい的な
感じにもなったんじゃないかと。

だからCMJKさんが抜けて、これからさゆのソロ
プロジェクトを継続する雰囲気が出てきたってことで、
ハロプロ関係に携わるスタッフは忙しいってことで、
さゆのプロジェクト向けのスタッフを新たに
探すことにしたんじゃないかと。

それが樹林伸さんやAnJuさんや大森さんっていう。

そして曲は平田さんは忙しいってことで、
大久保さんが任されるようになったと。

しかし、大久保さんは任されると意外に
ぬるい作品しかつくれないっていう、
前山田さんと同じ性格があることを
知らないハロプロスタッフは、
それに気づかずに結局どこにでもあるような
作品に仕上がってしまったっていうね。。

これ、2019年もあると思いますが、
より挑戦的に回帰することをお祈りしております。。

梁川奈々美さんのルーツから現在のハロプロの構成要素を考える。

標準

2002年1月6日生まれ

道重さゆみさんに憧れていたので、12歳のころに
モーニング娘。14のオーディションを受けたが、
落選して2015年11月5日にカントリーガールズに加入した。

研修生に回る人もいれば、いきなりグループに
加入する人もいる、おもしろい構造のハロプロ。

そして嗣永桃子の英才教育を受けて
JUICE=JUICE兼任に。

カントリーガールズはピンク推しのメンバーが多い
気がしますね。
さゆ推しで有名な山木さんを筆頭に、梁川さんもそうだし。

でピンクツートップの嗣永桃子に師事するというね。

でもこうやって話を聞いていると、
最近のハロプロのグループメンバーは
モーニング娘。のオーディションに落選
した人がほんとに多いですね。

同じ次期ピンク大王筆頭の浜浦さんもそうだしね。

アイドルと普通のアーチストは表現内容の最終到達点に決定的な違いがあるので、それを理解せずにアイドルになった人は全員辞めていく論理。そして人間からAIに移り変わる未来の展望。

標準

以前、指原氏はアイドルは歌やダンスが専門職の人ほどうまくなくても良い。
と言っていました。

踊れないのは問題外ですが、
突き詰めなくても良いって言うことですね。

そして、2018年1月15日、
その突き詰めていた方の有安さんがももクロを脱退しました。

そしてそれについて私は、アーチスト志向が強くなれば強くなるほど、
突き詰めれば突き詰めるほど、アイドルという枠から外れて、
実際に自ら経験して表現したいという衝動に駆られるので、
それに今回の有安さんも当てはまると言いました。

有安杏果と言う現代のスーパーアイドルももいろクローバーZ
のメンバーが脱退したと言う行動がアイドル業界にもたらしたもの。

恋愛や普通の生活を通した経験を作品に生かしたいという
方向を選んだと。

そこで、冒頭の指原氏の言葉が思い浮かびました。

アイドルは未成年の若い人がほとんどです。

昔のアイドルだと美空ひばりさん、松田聖子さん、
や他のスター誕生系の人たち、ジャニーズ、
そしてハロプロ、AKB、スターダスト。。

それらの作品を思い出して、ある普通のアーチストとの
違いがあることに気づきました。

それは、アイドルは想像で楽しむ作品が多いということです。

もし、こんな人がいたらこういう恋愛をしてというようなね。

普通のアーチストは真逆に体験した話を、今でいう
盛った状態にして歌詞にしていきます。

そうです。もうお分かりですね。


アイドルの良さは

想像で楽しむ、
知らないからこそより膨らませて楽しめる

っていう、

実際に体験したりすると面白さが半減していくのです。
また、答えがないので、突き詰めることができないのです。


逆に、ロックやフォーク、その他のリアリスティック
を求めるジャンルは、現実があって、
それに近い表現が答えですから、
突き詰めていく必要があるのです。

こうやってまとめていくと、

なんかアイドルを辞めていった人たちは全て
この2に当てはまる人たちですよね。

工藤遥、鞘師、有安、、ね!!

逆に続けている人は1ですよね。

上記のようなアイドルの醍醐味、
アイドルでしか不可能な気持ちよさをしっかり
わかっていてそれを最大限楽しんでいる。

道重、嗣永、指原、譜久村、、、

描き始めの時はなんとなく思い浮かんだ
感じだったんですが、いざこうやって
自分の脳内を整理しながらまとめていくと、
結構真髄を突いた内容だったんだと驚きましたw

そして秋元康、つんくさんは
ディズニーや手塚治虫と肩を並べる
妄想家だっていうことですね。

指原や和田、譜久村、浜浦はミッキー、アトム、ドナルドと同じ。。

しかし、ミッキーは増やす方法なんてディズニーの匙加減
ひとつですが、アイドルは人間と同じ方法になるわけで。
また存在も国に戸籍を出さないと存在不可能なわけで。

そして、これからはAIの普及が本格化していくわけですが、
そうなるとアイドルの形はより複雑化していきますね。

またセックス以外の方法でも増殖可能になったり。

パフォーマンス内容も人間を超越するような
ものが表現可能になってくる。

ダンスなんかあり得ない方向に曲がったり飛んだり、
大きいもの、小さいもの、、外観も様々なものが
出てくるでしょう。

楽曲も、歌唱方法も、これまで人間のフィルターが
あって無理だったものが可能になってくる。

あと何年生きられるかな。