カテゴリー別アーカイブ: 浅越ゴエ

逮捕されない範囲内で、前回やりたりなかったことをやってくれました。2019.4.30RGが90分あるあるを歌い続け浅越ゴエがそれを実況解説する会

標準

前回

ザコシショウを語れるのは現場体験者のみです。2018.1.8RGがあるある、ザコシショウが誇張モノマネでプロレス対決する様子を浅越が実況解説するライブ。

と同じく、浅越ゴエさんが実況解説になり、
あるプロレスラーに扮したRGさんのあるあると、
ザコシさんのテレビサイズではない、
フルスロットルのフル尺のネタを交互に披露しあう大会
で、

その合間にRGさんとザコシさんの、プロレスの
あるシーンをいじるようなプロレスごっこを
挟みこんで、それをわかる範囲内でゴエさん
が解説するっていう進行でした。

で、45分程度経過したらザコシさんが
作りこんできたCM映像コーナーです。

これは単独のたけしさん系の深さの刺激を、
猛毒の皮で包み込んだような
映像ネタで、

この現場にいないと死ぬまで感じることは不可能
だと思うような感情が入り混じった会場の笑いの渦でした。

もうお客さんの本気の笑いで、
これは舞台という場所でしか
不可能な揺れ方でしたね。

放送だと規制が入ったり、
芸人さんの本気の笑いの魂が感じ取れず、
さらに、テレビ慣れした上から目線の
ダウンタウン等がえらそうに
制限されたネタだけをみて、
芸人をこばかにするようなコメントを
吐き出してバカにして、
ストレスがたまるんですが、

舞台は芸人も客もストレスフリーで、
間にフィルターがなにも入っていないので、
ダイレクトに魂をやりとりできるので、
いいことばかりですね。

方向性は前回と同じでした。

後半はザコシさんがさらに乗ってきて、
用意してきたネタ以外の引き出しを
だして、さらに盛り上げてきたので、
ザコシさんの芸人として、
プロの笑いを提供する仕事人の凄さ
をまざまざと見せつけられましたね。

プロレス、ビートたけし、電気グルーヴ、猛毒、RG、ハリウッドザコシショウ

この辺は繋がっています。
今回確信しました。

ザコシショウを語れるのは現場体験者のみです。2018.1.8RGがあるある、ザコシショウが誇張モノマネでプロレス対決する様子を浅越が実況解説するライブ。

標準

2018/1/8
RGが120分あるあるを歌い続け、ハリウッドザコシショウが
120分誇張モノマネし続けるのを
浅越ゴエが120分実況解説する会

2018.1.8RGあるある

開演前、延々とプロレスのテーマ曲がループされて空気がプロレスで
充満されていく場内。

RGさんの最近リミッターで制御していたプロレス魂が
昨今の新日のブームの再来と有田さんの週プロ解説
のコンテンツの評判、AKBとシンクロしたプロレス女子の波、

それらの相乗効果でプロレスネタが通用するようになったことで、
完全に解除された今回。

まず後方からRGさんがある仁田厚で入場!
右手には有刺鉄線がまかれた木製バット。

続いて後方からザコシショウが入場。

舞台の左にはあるある用のカラオケ機、
そこから右に浅越さんの実況席、
さらに右に有刺鉄線電流爆破ロープ、
右端には色紙が山積みされた学習机。

左側がある仁田のコーナー。
右側がザコシショウのコーナー。

早速、2人が組み合って客席に行ったりしながら
笑いながらいろいろな技の攻防をしていきます。

まずザコシがフリップって言っても画用紙にマジックで
書かれた誇張モノマネや有名人のあるあるネタを
次々に繰り出していきます。

終わると、ある仁田(以下RG)があるあるネタを客席から
公募してそれを題材にしたあるあるをうたいます。

今回はザコシさんが昔在籍していたよしもとに恩返し
するかのようにこれでもかと放送禁止ネタを連弾
させていきました。

私はザコシさんについては初期のあらびき団デビューで、
まあ言っても放送できる程度の現代的な危ないネタな人っていう
イメージで初舞台を体験したんですが、

そんな思惑は見事に裏切られ、、

初期のたけしさん、超初期の爆笑問題、立川談志、ブラック、
殺害塩化ビニール、新宿ロフトの永野、最近では
野性爆弾の川島さん等を彷彿させるぞくぞくするような、
奇人変人を全て同じ目線で捉えて、特徴がある人間の
面白さ、良いか悪いかは抜きでインパクトの大きさ
と、あらゆることをやったり、あらゆる変化をしたりする
人間の面白さをこれでもかと聴衆にうったえかける
ような表現内容でした。

誇張モノマネを基軸に、あらゆる有名なCMを排泄物うんこしょんべんや
精神破綻者、経済的困窮者に置き換えて、
アンディウオーホルやヒップホップのようにサンプリングを活用
して笑いに転嫁させた見事なアート作品のを数分繋いだ映像を
あいだに挟んで空間を笑いで包んでくれました。

今回はYEさんとスカトロのネタを冒頭に持ってきていたので
そこから発展させた感じでした。
一本満足!一本満足糞。

RGさんがあるあるの曲を絞り出してカラオケに打ち込んでいる時間はひまなので、
浅越さんがカウントを取ると起き上がり、ザコシさんのセンスで
選んだ面白い特殊なファミコンの状況再現ネタや、
終盤には私と数人程度だったけどwどんなゲームやプロレスネタにも
付いてきてくれているのがわかって安心したのか、
よりマニアックなネタをやってくれるようになって
信頼してもらえた感を感じて嬉しくなって大拍手したら
恥ずかしそうにしていましたw

中盤以降、RGさんがザコシさんの勢いに負けちゃって、
影響されちゃっていたのは面白かったです。

後半だったかな、、

あれ客が後半疲れた時向けに刺激が強いネタを用意してくれていたのかと思うんですが、

アキラ100%の誇張ネタで、股間に明らかにわかる大きさの
ポコチンをかたどったつくりものを付けて、お盆をわざと失敗して
落としたとたんにひげダンスのイントロがかかって
それと同時に腰を突き上げて踊るネタが何回もリピート
されて大爆笑だったんですが、あれは見事だったですね。

わたしもあの辺はだらっとしかけていたので
あれで目が覚めましたからね。

それと、先ほど言ったうんこちんこを連弾した映像ネタ
に圧されて、RGさんが遂にリミッターが外れて
うんこちんこを言うようになっちゃうっていうw

ザコシさんのあまりにも純粋に面白いの一存で
頭を空っぽにしてネタをつくっている澄んだ精神に、
まあ、ドルヲタなんで例えると、デビュー当時の広末とか
最近だと広瀬すずとかと同じです、

うんこちんこ、、、

人間が生きるために必要なものなのに、
綺麗も汚いもないじゃないか、、

なんて綺麗な言葉なんだってなっちゃうっていう。

あと十数年ぶりに聴きましたよ浅原しょうこうのテーマw
それも映像で。。ポアして見事に浮いてましたよ。
ってポアは飛ぶって意味じゃなく消すって意味ですからね。。

最後の方はプロレスネタもWWE系まで入れてくる
ようになって、私も一部追いつけない状況に陥りましたがw

クリスジェリコなんかは浅越さんが誰も知らないって言ってたけど、
私は1.4は結構な視聴率があり、今の時代そこまで
無名じゃないと思いますから、知っている前提でもいい気がします。

今回は大満足だったんですが、
回を追うごとにマニアックになって濃厚になってきているので、
今度は女子プロにも手を拡げて欲しいですね。

なんかジャンルが違いますが、
今回のライブの濃厚さは、思い返すと、、
ももクロの初期のライブハウスのライブのような
感じでしたね。息つく暇もない感じ。
ずっと圧がかかっていて。

これRGさんと浅越さんだけでザコシさんがいないと全く異なるゆるい空気なんですが、
今回ザコシさんが1人いるだけで全く異なる空気になりました。

でも現場でザコシさん見てると、テレビのスタッフはオーディションではすごいのに、
テレビに出せないので歯がゆい思いをしているんだろうなって
いうものは感じますね。

ポテンシャルは凄いのに、テレビサイズじゃないっていうね。。
昔のコント55号みたいに、テレビの枠に収まり切れないっていうね。。

1月15日たけし単独
1月18日指原単独
1月28日馬鹿よ貴方は

濃い現場が連続するから害基地にならないように気を付けます。

レイザーラモンRGのあるあるイベントが東京国際フォーラムへ進出!

標準

数年前から追い続けていたRG氏のあるあるイベント、

ルミネtheよしもとを拠点に沖縄や浅草に進出してまいりましたが、
単独って言っても博多大吉さんの力を借りてとなりますが、
国際フォーラムのホールCに進出です。

ももクロさんが日本青年館に進出する時の興奮が
再びですよw

くだらないことほど大きく大げさにとりあげると
面白くなるんですが、たとえば、
激烈バカを日産スタジアムのモニターで映し出すとか、
ウンチの絵を映し出すとかね。

これはいつものままカラオケを鳴らしてRGさんが
あるあるを熱唱してくれたら盛り上がりそうですね。

余計なことは一切付け加えずにね。
まんま。

なんならいつもよりもっとくだらなくしてくれたら
より盛り上がる気がします。

ちなみに今回の正式タイトルは

RGが90分あるあるを歌い続け、それを浅越ゴエが90分実況し、博多大吉が90分解説する会
2017年12月17日(日) 19時30分 東京国際フォーラム ホールC

前回の

2017.09.18 RGが90分あるある歌いつづけ、それを浅越ゴエが90分実況解説する会

これの延長戦となっておりまして、
マニアな人ならピンと来ていることでしょうw

そう!
共通ネタとしてプロレスがあるので、
期待したいなあ。

でもこの前のくりぃむさんもRGさんも、
プロレス好きな人は、プロレスネタ
やるときあまり有名じゃなくて知らない客の方が多い
という被害妄想的な感じが自分たちに植え付けられて
しまってる人たちが多いので、
やらない可能性が高いっていうのを薄々感じてきている
ので、やってくれそうで意外とやってくれない、、

そこが唯一不安なところです。

浅越さんは前回大仁田ネタ全開のRGに対し、
真鍋アナに扮して軽快なやりとりをアドリブで
やりとげたこちらはプロレスの実況側スタッフの
マニアです。

イメージとしてはなにかレスラーに扮するRG、
そのレスラーに対応したネタを駆使して
RGとコントを展開する浅越、
その全体図を矢部浩之のように
客観的に解説する大吉みたいな
展開になると思います。

ちなみにRGさんは練り歩いてくれるので
後方の席になっても心配しなくていいと思います。

なんなら客席全てを徘徊して
一人一人に会いに来ることも辞さない人なのでw

価格は3000円ていういつもの据え置きの値段なので
いつもと同じことをやってくれる気がします。

現場解説。2017.09.18 RGが90分あるある歌いつづけ、それを浅越ゴエが90分実況解説する会

標準

【タイトル】
RGが90分あるある歌いつづけ、それを浅越ゴエが90分実況解説する会

【日時】
2017年9月18日(月)
開場19:00/開演19:30
(公演時間約90分)

【チケット】
前売¥2,500/当日¥3,000

【出演】
レイザーラモンRG/浅越ゴエ

今回もFC枠の初回応募でなんとか当選して最前列の右端で観覧。

20分前に入場して待機。
RGさんのあるあるライブの開演前のBGMは本編の
内容を匂わせる楽曲を流すんですが、
今回はプロレスのテーマ曲でしたので
楽しみでした。

浅越さんはプロレスネタのイベントが多いのと、
RGさんは骨の髄から普通にプロレスマニアなのでw

20170918RGチラシ

これ多分浅越さんのアナウンサーとか実況の芸風に
寄せたんだと思いますがこの流れの映像で実際は
浅越とRGの顔写真を合成するとキツネ目の男
になるっていう煽り映像から開演しました。

でRGが大仁田厚の扮装であるにた厚ってことで
キャラを作り上げて、舞台中央の実況席の
浅越さんとやりとりするっていう流れ。

いつものように
あるあるネタを客席から募り、
決まったら舞台左奥のカラオケに打ち込む
のですが、その時間が数分かかるので
実況の浅越さんを真鍋アナに見立てて
あるにたと浅なべによる問答コーナー
を空気を読みながらやり始めて、

「浅越!あるあるは好きか???」
「はい!大好きです!」

「浅越!本当に好きなのか??」
「はい!本当に大好きです!!」

最初の時はわかってる数人の客が
笑ってそれにRGさんが乗せられて安心して笑い始め、
気を良くしたRGさんが次第に
乗ってきてやりとりのコントの時間が
長くなってきて面白かったです。

ちなみにあるあるネタはプロレスネタにはならず
指された客が自分が知りたいネタを言うだけで、
いたって普通でしたw

棚橋ネタが唯一プロレスネタでした。

一応棚橋とRGさんは大学で同じプロレス研究会
にいたので知り合いなんですね。

今結構プロレスブームなので
そんなに心配しなくてもいいと思うんだけど、
でもRGさんはマニアだからプロレスネタ
に異常な社会との疎外感を持っているのでw
「棚橋を知っている数十パーセントの
客に向かってやります!」
と変な宣言wをしてブッコミました。

「私服のサングラスがでかい!」

これは刺さりましたねw

これ知ってはいたんですが、
親友のRGさんから発言されたってことで
マジなんだなって再認識することになって
笑ってしまいました。マジなんやと。。

で残り10分程度になった時
あるあるを一曲で4個入れる荒技を
いつものように繰り出して90分やって
終了しました。

最後に、自分で今回のあるにた厚のキャラが
気に入ったようで、気を良くしたRGさんが
浅越さんに

「次回も頼むぞ!」

浅なべ
「はい!」

って感じになって、
RGさんよりさらに衝撃の年越しで
ザコシショウとのあるあるセッションを
やることが発表になり、浅越さんもそれに
実況で参加することが決定して大盛り上がりで
終演しました。