カテゴリー別アーカイブ: 板倉俊之

インパルスより洗練されてより自分と向き合った笑いへ。板倉俊之第3回単独ライブ『バック・トゥ・ザ・スカイ』

標準

5月4日(金) 単独コントライブ『バック・トゥ・ザ・スカイ』

板倉俊之第3回単独ライブ『バック・トゥ・ザ・スカイ』

極めて珍しい開演前の自演ナレーションから始まりました。

これまでは単独だけどボケの立場が明白で、
インパルスを彷彿させる空気だったんですが、
今回は、ボケとツッコミで考えると、
もう相方はいないので、相手が物質じゃない
ものだったり、抽象的なものだったりと、
視聴者と板倉さんの頭の中で共有した、
現代風にいうと、一点集中のサーバーではなく、
多点分散型のクラウド化されたもの
に変わって、板倉さんと視聴者が
共に楽しむような構造に進化していて、

このような世界が相方がいなくなったことで
生まれたと考えると、なんとも皮肉な
結果になったなあと思いました。

バカリズムさんと近いんですかね。。

バカリズムさんが簡素でシンプルだと考えると、
板倉さんは抒情的で複雑な気がします。

最後のスタッフロールに
「シオプロ」
「塩谷泰孝」
という文字をみつけて、納得しました。

板倉さんが悩み悩んでゴッドタンで熱く語りつくしていたら、
眠れる原石を取捨選択して社会と結びつけていくプロデュース能力に長けている
シオプロが共感して化学反応した。

私はバカリズムさんは社会に迎合せずドストレートに切り付けていくので
それに同意する人ははまるんですが、
私は少しずれて感じるので、少しずれてしまうと、こちらのことを
考えていないためにもう修復されることはなく道はより離れていくので、
なにも感じなくなってしまうんですよね。

板倉さんは優しいので離れたりくっついたりするんです。
こちらのことも考えてくれる。

現在の弱い立場にいる私は板倉さんの方が気持ちよいですね。

広告

2018.5.4板倉俊之単独ライブ『バック・トゥ・ザ・スカイ』もうさすがに解散しても怒る人は誰もいないと思います。板倉さん次第です。

標準

板倉俊之単独ライブ決定!
【タイトル】
板倉俊之単独ライブ『バック・トゥ・ザ・スカイ』

【日時】
2018年5月4日(金)

開場19:00/開演19:30
(公演時間約90分)

【出演】
板倉俊之(インパルス)

【料金】
前売¥3,500/当日¥4,000

【発売日】
先行受付:3/17(土)11:00~3/19(月)11:00
一般発売:3/21(水)10:00

無事エントリーしました。

ちなみに板倉さんの単独は私の記事を読んでいただければ
わかりますが、堤下さんが空間に現れてくる不思議な舞台です。

2016.05.27板倉俊之単独ライブのマニアック解説

標準

開演数分前に板倉氏が舛添に扮して自分で笑いながら影ナレw

内容は映画やドラマの一場面を切り取って、
日常に置き換えた場合、こういう場面はカットして
あるんじゃないかと思われるシーンを
作り出してそこをクローズアップして
物語を演じる、重箱の隅をつつくような
笑いっていうんですかね、、
初期の赤羽取り調べコントと基本概念は
変わらないこれぞ板倉というような
内容でした。

コントの合間は今のお笑いライブの基本でもある
映像ネタを入れて場面転換を行っていました。

映像ネタは写真ネタ、映像ネタでした。

しかし最も時間を費やしていたのは、
最近世界丸見えに呼ばれなくなったのは
ワイプリアクション芸がうまくないからじゃないか
って勝手に妄想して、街に繰り出して
様々なものに対してワイプリアクションを
するロケVTRでした。

いわゆるワイプリアクション1000本ノックていうんですかねw

で最後のネタの時自分的にいろいろ振り返っていたんですが、
板倉氏の単独なんですが、堤下さんがいないのに
舞台上に仮想堤下が出てくる場面が結構あって
面白かったですね。

そして最後にスタッフロールを眺めていて
この日一番興奮したwことがありまして。

なんと塩谷泰孝の名前と、シオプロの名前が
あって驚きました。

なんかサブカルネタが多かったと思ったら
やはりそういうことだったのかと!

いやーインパルスていうか吉本とシオプロ
は関係ないと思っていたんで大喜びしました。

だってゴッドタン、佐久間チームのブレイン
ですからね。
バカリズム、バナナマン、おぎやはぎ、東京03
とかあの辺の繋がりしか頭になかったですからね。。

これからゴッドタンに板倉さんが出演する機会が
増えて欲しいですね。

いやいやそういういろんな意味で収穫が大きかった
ライブでした。

インパルスの板倉俊之氏の単独ライブが発表されたがエビ中と被った話。。

標準

20160527インパルス板倉単独告知

インパルスにデビュー当時から刺さりまくっていて、
DVD観たり、テレビで観たりしていただけだったが、
ももクロさんが現場というものを教えてくれて、現場デビュー
してからというもの、インパルスとしては
単独公演は無く、ずっと密かにチェックしていた
んですが、遂にその日が訪れたわけで。

私とはFPSとかガンダムが大好きだったり、
好みが似ているところから笑いのセンスが
似ているところも理由かもしれないですね。

一つ確実に180度異なるところがあって、、

それは、、、

指原莉乃に興味があるか無いかという点ですねw

とまあそれは置いておいて、、

で有料会員枠でエントリーしてみたものの、
まさかとチェックしたら、エビ中NHKホールと
同じ日で。。

以前から言ってますが、私はお笑いが一番優先順位が高い
ので、当選したらエビ中は売却する予定です。

まあエビ中は何回もチャンスがありますが、
板倉さんは次はないかも知れないですからね。。

音楽のコンサートは同じセットリストで繰り返しできますが、
お笑いの単独ライブは全部新曲で構成しないといけませんからね。