カテゴリー別アーカイブ: 東京03

東京03飯塚さんが玉井詩織と電車内で遭遇するにはきちんと理由があるのに、それを省略して話すタレントたちはコメント詐称だと思いますので気を付けましょう。

標準

これ、一般人が普通に考えると、ありえないと思うじゃないですか。

でも、こういう話、他のタレントからもよく
聞く話だと思うんですよ。

街中で偶然出会うみたいな。

でも、タレントがこういう一連の話をする場合、
意図的に前後の話を省略して一般人と
同じ環境を作り上げて話しているから
ずるいと思うんですよね。

タレントが偶然出会う場合が多いから、
われわれもしっかりチェックしていれば
出会うと思ったら大間違いです。

その理由は簡単です。

タレントは仕事場である撮影スタジオ、制作会社
やテレビ局、ラジオ局が決まっていて、
稼働時間帯もある程度きまっているため、
同じ時間にその近辺をうろついていれば
出会うんですよね。

まあ一般企業で会社の近くの飲食店で
同僚と出会うのと同じですよ。

働いている場所のが同じだから
出会う確率が高いってわけですね。

だから、今回の飯塚さんの話の場合、
「偶然目の前にいた」
という話には前後があって、

実際は
これこれこういうテレビの仕事の帰り道に
出会ったと言うと、普通の話に
なってしまうので、それらの状況説明を
わざとはしおって驚かすために
「偶然目の前にいた」
とだけ書いたんですよね。

そしてタレントはコメントは返さないのが
普通なのも逆手にとって、
質問されても答えないでいいから
っていうのも考えてますよね。

われわれが出会うのと同じ確率で
飯塚さんだけが出会うわけは絶対ないですwww

2019.1.23ももクロChanももクロは持ってるんだけどねえ。。

標準

けん玉を4人で一人ずつクリアしていく企画にて、

ももクロが4人クリアした時に影MCの飯塚さんが、、

 

 

「ももクロはこういうところあるんだよねえ。。。」

「持ってるんだよねえw」

 

そう、、

哀しいかな、東京03は持ってないんだよねえ

wwwwwwwww

だからイマイチメジャーになれないんだよねえ

 

第三回ゆく桃くる桃2017 結局年越してからが本編でしたね。そして佐々木敦規の悪い部分が全てさらけ出された番組でしたね。

標準

今回の出し物は第一回ももいろ紅白歌合戦。

順番はこんな感じ。

ももクロ軍
1. サイプレス上野とロベルト吉野「ぶっかます」
2. ももいろクローバーZ「何時だって挑戦者」
3. 塩乃華織「イエスタディにつつまれて」
4. 松本明子「♂×♀×KISS」
5. 指田フミヤ with Kanakoo「花になれ」
6. 大黒摩季「ら・ら・ら」
7. 小林幸子「存在証明」
8. 加山雄三「蒼い星くず」

田中将大軍
1. 氣志團「氣志團メドレー」
2. 井上苑子「だいすき。」
3. 東京03 角田晃広「ろくなもんじゃねぇ」
4. 森口博子「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~2015ver.」
5. 矢口真里「恋愛レボリューション21」
6. 米良美一 & TeddyLoid「もののけ姫2018 feat.米良美一」
7. さだまさし「惠百福(たくさんのしあわせ)」
8. 水前寺清子「いっぽんどっこの唄」

録画しながら観ていたんですが、特にももクロと一緒にセッションするわけでもなく、
普通の歌合戦でした。

で0時前に終了して、そこからはいつものももクロのライブが始まりました。

ちなみに私が観たい出し物はももクロ以外一つもございませんでしたw

佐々木敦規が移動バスで大変だったと威張ってましたが、
私はライブのゲストの選択センスは全く佐々木敦規とは合わないですね。
指原はゆび祭り経由でavex経由だし、TAKUYAさんはレコーディング
に参加したからだから宮本さん経由だし、
布袋さんもNARASAKIさんも宮本さん経由だから、
結局佐々木敦規のセンスで合うのは永野さんと東京03くらいですねw

そして0時過ぎからももクロさんの単独ライブの本編で、
そこまでいかに面白い企画でつなぐかっていう
感じですね。

ギターがTAKUYAさんでした。

■AbemaTV
『ももクロ 年越しカウントダウンLIVE「ももいろ歌合戦」完全生中継!』
放送日程:2017年12月31日(日)21:00~25:30(予定)
放送チャンネル:AbemaTV ※リピート1回

【放送日時】
・テレ玉(埼玉):23:00〜25:00
・サンテレビ(兵庫):23:00~25:00
・チバテレ(千葉):23:30~25:00
・とちぎテレビ(栃木):23:59~25:00
・BS11(全国):23:59~25:00
・テレビ和歌山:23:30〜24:50
・フジテレビNEXT 21:30~25:00 リピート放送2回

abemaはフルで配信ですが、画質がHDじゃないし、
フジテレビNEXTは有料だし、BS11は0時からでHD画質で
無料なので今回はBS11がベストでしたね

大会場は避けているので8月のめざましライブ以来でしたが、
杏果が単独で急激に成長していて表現力がやばくて
白金の夜明けで泣いてしまいました。

ももクロは最新ライブが最強という言葉を
今回も見事に具現化してくれました。

アンコールが起こりましたがダメでしたね。

でNHKのさだまさしに連絡して生放送に出演
することになって終了でした。

でabemaは25時過ぎても配信されていて
26時まで配信されました。

ももクロさんは着替え中で、佐々木敦規とアナウンサーと
永野さんが乗る移動バスで両国国技館に移動中の様子を
中継していました。

ここでは佐々木敦規がパワハラで今日の出し物の中の
自分の演出を一つ一つ挙げながら、
自分のセンスがどれだけ優れているか、
そして、炎上しないように、
YESマンと化した永野とももクロに
同意させながら視聴者に自分の演出に文句言う奴は、
ももクロが同意してやってるんだから、
ももクロに文句言ってることと同じなんだから
言うんじゃねーぞみたいな汚い圧力を
かけながら自分を褒めちぎったパワハラ
独演会が1時間たっぷり行われたので
聴いてられなくてぶった切りました。

ももクロさんがあの演出どうでしたかって
演出家から放送中に聞かれたら、
あまり面白いと思わなかったとしても、
素晴らしかったって言うに決まってるじゃないですか。

本当に能力がある人はそれを知ってるから
本番で褒められてもそれは半信半疑に捉えて、
自分で悪いところを反省するんですが、
佐々木敦規は絶対褒められる状況での
レスポンスを額面通り受け取り、
全く反省しないですから成長しないですよね。

自分がやったて言わないで、ももクロと一緒に
やった感を出して、自分が表現した
ものに対する責任をももクロにも分散させて
逃れる佐々木敦規は卑怯ですよね。。

2016.05.27板倉俊之単独ライブのマニアック解説

標準

開演数分前に板倉氏が舛添に扮して自分で笑いながら影ナレw

内容は映画やドラマの一場面を切り取って、
日常に置き換えた場合、こういう場面はカットして
あるんじゃないかと思われるシーンを
作り出してそこをクローズアップして
物語を演じる、重箱の隅をつつくような
笑いっていうんですかね、、
初期の赤羽取り調べコントと基本概念は
変わらないこれぞ板倉というような
内容でした。

コントの合間は今のお笑いライブの基本でもある
映像ネタを入れて場面転換を行っていました。

映像ネタは写真ネタ、映像ネタでした。

しかし最も時間を費やしていたのは、
最近世界丸見えに呼ばれなくなったのは
ワイプリアクション芸がうまくないからじゃないか
って勝手に妄想して、街に繰り出して
様々なものに対してワイプリアクションを
するロケVTRでした。

いわゆるワイプリアクション1000本ノックていうんですかねw

で最後のネタの時自分的にいろいろ振り返っていたんですが、
板倉氏の単独なんですが、堤下さんがいないのに
舞台上に仮想堤下が出てくる場面が結構あって
面白かったですね。

そして最後にスタッフロールを眺めていて
この日一番興奮したwことがありまして。

なんと塩谷泰孝の名前と、シオプロの名前が
あって驚きました。

なんかサブカルネタが多かったと思ったら
やはりそういうことだったのかと!

いやーインパルスていうか吉本とシオプロ
は関係ないと思っていたんで大喜びしました。

だってゴッドタン、佐久間チームのブレイン
ですからね。
バカリズム、バナナマン、おぎやはぎ、東京03
とかあの辺の繋がりしか頭になかったですからね。。

これからゴッドタンに板倉さんが出演する機会が
増えて欲しいですね。

いやいやそういういろんな意味で収穫が大きかった
ライブでした。

トップリード新妻とAKBの関係性をハロプロとももクロに置き換えてみる。

標準

トップリード新妻&AKB48(あんた誰)

上々軍団&ハロプロ(生誕イベント)

東京03飯塚&ももクロ(佐々木敦規演出企画)

東京03の2015年6月の最近のライブ観て、シティボーイズの後継者になりそうな予感を感じました。

標準

2015.06.04-07
東京03
FROLIC A HOLICラブストーリー「取り返しのつかない姿」

これは単独ライブとは別に、オークラさんをメイン作家
に迎え、おぎやはぎや濱野健太さん他のゲストを交えた
ライブだったんですが、

シティボーイズが30年前、自分たちで数年やった後、、
宮沢章夫さんをメイン作家に迎えて
やりはじめて、三木聡さんを入れ始めた
時のシティボーイズの匂いがプンプンしました。

飯塚さんが大竹さん、豊本さんが斉木さん、
きたろうさんがやはぎさん、
角田さんが角田さんというw、
感じでフラッシュバックしましたよ。

東京03は、テレビ東京の佐久間宜行さんに
見いだされ、ウレロ未確認少女というテレビドラマ
でオークラさんという強力なバックを紹介してもらい、
そしてウレロの舞台で東京03とオークラさん
の作り出す雰囲気に気持ちよさを見出し意気投合、
今回はその雰囲気をそのままに、
アイデアが湧き出てきりがない
ライブがやりたくてしょうがない興奮状態の
オークラさんの魂を額面通り引き受け、
東京03というウレロより自由な設定が可能な
風呂敷上で全て吐き出させてあげた
ような舞台だったきがします。

ラブストーリーは嫌いだったんですが、
東京03に関しては、客を笑わせる魂が、余裕で
台本を上回ってくることがわかったので、
今回は非常に自分にとって勉強になる
公演になった気がします。。

シティボーイズ+三木聡=東京03+おぎやはぎ+オークラ+大竹涼太

ライブに幕を下ろすような雰囲気が見え隠れ
し始めた最近のシティボーイズに対し、
そこの枠にこれからが大いに期待できそうな
東京03が入れ替わるように近づいてきた2015年。

東京03のこれからが本当に楽しみです。

期待しております!

2015.09.17 ゴッドタンマジ歌ライブ 初当選しました。

標準

20150917ゴッドタンマジ歌ライブ告知

2015年2月のウレロのライブに友人の連れが急きょ行けなくなって
行けることになって、
今回は真面目に一つのアカウントで第一希望S席、
第二希望A席でエントリーし、見事S席に当選しました。

20150917ゴッドタン当選メール

これで21世紀テレビ界の代表的なお笑いバラエティ製作者の
佐久間宣行プロデューサーの舞台は全て体験できることに
なりました。

会場は、今までの中野サンプラザから、今をときめく
東京国際フォーラムAホールにレベルアップです。

私は46番台の列ですから最後方から2列目ですが、
体験できるだけでうれしいです。。

お笑い関係は、昨年あたりから通い始めましたが、
テレビで観るより舞台で生で観る方が結局全て
もれなく素晴らしかったので、
今回も今から非常に興奮しております。

ラブストーリーだから今回はパス。。2015.06.04-07 東京03 FROLIC A HOLIC ラブストーリー「取り返しのつかない姿」

標準

 

東京03FROLIC A HOLIC ラブストーリー「取り返しのつかない姿」

会期

2015年6月4日(木)~6月7日(日)

オークラ/飯塚悟志

演出

オークラ

出演

東京03、おぎやはぎ、浜野謙太、GENTLE FOREST JAZZ BAND、
ほか豪華ゲストあり!!

内容

東京03と作家オークラが大好きな仲間たちと共に“もっと自由に”“もっとふざけて”というコンセプトではじめた「東京03悪ふざけ公演」。

回を重ねるごとに規模を拡大し、10周年には完全に独立して悪ふざけ公演を行い大盛況の内に幕を閉じる。

しかし、まだまだ新しいアイデアがある。“ふざけていいなら参加したい”という様々なジャンルの仲間たちと出会った。何よりそれを一緒に楽しんでくれる心の広いお客様も増えてる…ような気がする。

もうこうなったらたくさんのお客様の前でふざけたい!いろいろびっくりさせたい!何よりウケたい!だったら「日本でも最高峰の赤坂ACTシアターでふざけちゃえ!」という事で「悪ふざけ公演」をパワーアップさせちゃいました。

そんなに規模を大きくしたら、客の入りとか心配…
でもまあ、そんな事考えてたら、決まるものも決まらないし、思いついた事はやりたいし、あの芸人さんとも、あの役者さんとも、あのミュージシャンともあのスタッフとも…一緒にやってみたい。なのでやる事にしました。
どうせだったら名前も変えちゃいます!!

その名も
東京03 FROLIC(フロリック) A(ア) HOLIC(ホリック)

フロリック ア ホリック 意味は「はしゃぎ中毒」
(※正確には間違っているかも?)
これから東京03を中心にいろんな人たちを集めて悪ふざけ公演をするときは
「東京03FROLIC A HOLIC」と名乗ります。

というわけで東京03FROLIC A HOLIC
今回の公演タイトルは…
ラブストーリー「取り返しのつかない姿」

まあオークラとの黄金コンビでおぎやはぎ等役者も揃ったので、
東京03の舞台は行ったことがないので行きたいと思っていた
んですが、私の苦手なラブストーリーものだからパス。。。

ていってもまあよくよく考えたら東京03は豊本氏を女性役に
したラブストーリーコントがメインなので私は永遠に行かない
かも知れないですね。。

ウレロ系列だけでおとなしく楽しんでいようと思います。

2015.01.30 舞台ウレロ☆未解決少女 大島優子が知ったかで劇団ひとり天才とかほざいていたがww

標準

ゴッドタンやウレロの初回から観ていて、
現場行った私からすると、、、

今回の舞台の根幹をなす働きをしていたのは間違いなく、

東京03の角田さん

だろう。

この人がいなければ舞台は回らなかったはずだ。

大島優子が天才と持ち上げた多忙な劇団ひとりは明らかにセリフ量、
出演シーンが少なすぎて、佐久間Pに配慮してもらったからか、
どうにか仕事の合間に少ないセリフを覚えたので、
多少余裕が生まれてアドリブの言葉遊びで笑いをとって満足していた程度でした。

まあ指原、大島にとっての有吉、川島、土田の3人は
直近の先輩なので、よいしょせずにはいられなかった
んだろうけど、ここで角田さんに光を当てるような
発言をしていたら、より評価が上がったんだろうけど
、普通のミーハーっぷりを披露してしまう結果に
なってしまって残念でしたねww