カテゴリー別アーカイブ: 2019.4.30東京ダイナマイト単独ライブ「ダイナマイトキッド」

ファンを信頼してすっぴんをさらけ出してくれた。2019.05.01東京ダイナマイト単独ライブ「ダイナマイトキッド」

標準

音楽が好きな東京ダイナマイトが、
音楽のコンサートと同じ考え方を
お笑いにも取り入れたいということで
始めた座席のランク付け。

【料金】
※前売当日同料金
SS席(1列目):10,000円
S席(2~4列目):6,000円
A席(5~11列目):5,000円
B席(12~14列目):4,000円
立見:3,500円(公演当日、座席完売後の販売)
★[SS席][S席]はチケットよしもとのみでの販売です。

私は5000円の最前列で5列目でした。

ルミネは基本モニターが舞台の両脇にあり、
舞台の高さがあるので、前列ほどストレスが
たまるという現場事情があるので、
常連ほど真ん中あたりを希望します。

また舞台から挙手を求めたり、なにかを
投げ込む場合も最前列に近いほど
可能性が低くなります。

すいません、内容に入ります。

東京ダイナマイトはプロレスネタが必ず
組み込まれているんですが、
そのために、開演前のBGMがそれ関係
のことが多いんですが、今回は
電気グルーヴオンリーでした。

時期的なことも関係していると思います。

私は良かったんですが、周りの若い
お客さんで知らないとか言ってる人が
多かったので、
やっぱ基本電グルってアングラなんだよなって
気づかされた瞬間でしたね。

電気は基本昔の宝島系なので、アングラの王道です。

それがあまり羽目を外さずに成り上がったため、
ピエール瀧がコカイン中毒だったと判明した時に
その反動で、やっぱりあいつらそういうやつら
だったんだよっていう感じで一斉に社会から
取り上げられたんだと思います。

すいません、余談が多くなりましたがw

そんな開演前でした。

今回はのっけから長与千種役の
松田さんがボケ倒す展開でした。

わかりやすい感じで、漫才をみている
感じでしたね。

サンドイッチマンのコントみたいに、
演技の技量よりトークのやり取り
が重視されたコントで、いかにも漫才師の
コントでした。

この流れのコントが2場面ていどあって、
前半はそれがメインでした。

そして、後半。

ももクロやAKBのコンサートと同じように、
前半わかりやすいやつで勢いで飛ばして、
後半は今回ほんとにやりたいことを
持ってきたかんじでした。

こんだけ客の為にやったんだから、
自分らのやりたいことをやらせてもらいます
的なね。

それがですね、

ボケと突っ込みで笑わせるという演出
を無視して、

いろいろ客に投げかけて、
それの処理の方法は全て客に任せる
っていう笑い。

永野さんみたいに笑うポイントは最低限
わかるようにしておくようなことも
せず、
笑うという目的だけではなく、
なにかを感じる、刺激を感じる
という意味での面白いと客に
思わせるような空間をつくって、
その笑いのポイントは見ている人
全てが一人ひとり異なるような
観る角度で質が異なるような
もうアートと同じですね。

ルーツを考えると、ソナチネとかの
アート系のたけしさんの映画とか、
千原兄弟にも近いのかも。

私は途中から、この人たち、試してるなって
いう感じを感じて、
まあ私はそういうスキルがあったんで
理解できましたが、
今回はじめて来た人はこれリピートしない
んじゃないかなって思いましてw

これと、あと、開演のオープニング映像で
ダイナマイトキッド本人の映像が
数分流れたんですが、
それもだれこのひとっていう声が多かったんで、
そういう人たちはたぶん次回から来ない
のかもって思いましたね。

まあ東京ダイナマイトの2人は、
まあいい歳だし、テレビとかでは
いろいろ注文付けられているので、
舞台くらい
もうじぶんらの好きにやらせてくれって
いう感じでやってるんだろうから、
ついてきてくれる人だけの為に
やってるんだろうなっていうことで、
でもそういうことだから、ついてきてくれる
人は回を重ねるごとにはまっていく
っていうことで。

最後のネタは、内田裕也さんがテレアポ
のバイトをしているコントで、
とくにおもしろおかしく言葉をずらしたり
することなく、普通の内田さん
がテレアポをしているだけのネタで、
最後に明るく照らされて天国に
登っていくようなエンディングで、

こういうものが理解できるひとは
次回行ったら楽しめると思います。

あとプロレスの歴史がある程度
わかる人ですね。

わからない人はもう表現内容を
額面通りにわからないので、
行かない方がいいと思います。

時間は90分程度でしたが、
内容が濃かったので120分
の感覚でした。

2018.04.30東京ダイナマイト単独ライブ「ダイナマイトアンドローゼズ」

四千頭身と東京ダイナマイトの単独ライブのご紹介。

標準

第三回 四千頭身単独ライブ
「テイクミーアウト」追加公演

日程:2019/4/16(火)15:00開演
会場:東京・本多劇場(世田谷区北沢2-10-15)
出演:四千頭身
チケット料金:前売3,500円(税込・全席指定)

https://wepremium.jp/ticket/detail.php?ticket_id=1253

≪「We!プレ」会員登録に関するお問い合わせはコチラ≫
【受付期間】2019/02/24 10:00~2019/02/27 23:59
【抽選結果発表】2019/03/02 15:00~
【引換期間】2019/03/02 15:00~2019/03/05 23:00

東京ダイナマイト
■単独ライヴ
ダイナマイトキッド

【日時】
平成31年4月30日(火祝)
開場19:00/開演19:30/終演21:00

【料金】
※前売当日同料金
SS席(1列目):10,000円
S席(2~4列目):6,000円
A席(5~11列目):5,000円
B席(12~14列目):4,000円
立見:3,500円(公演当日、座席完売後の販売)
★[SS席][S席]はチケットよしもとのみでの販売です。
【発売日】
先行受付:平成31/2/24(日)11:00-2/27(水)11:00
一般発売:平成31/3/3(日)10:00

四千頭身単独ライブについてですが、

前前回はお笑い勝ち抜きトーナメント
の出演者に模していろんなキャラクターで
漫才を披露。
長尺のコントも披露しました。

前回はスルーしちゃいました。

ジャングルポケットに憧れていたり、
今回の場合はシティボーイズと同じ
ラインを歩みたいところから、
シソンヌと同じように本多劇場
を会場に選びました。

でもよく考えるとシティボーイズは
本多劇場であまりやってないんですよね。
でも印象が強いんで若い人たちには本多劇場が
最も記憶に残っているという。

でも本多劇場を選ぶあたり、
自分らの未来像をきちんと描き、
着実に時を重ねているような気配が
して、今は技術先行ですが、
様々なキャリアや人生経験を重ねて
そこに雰囲気が醸し出されてくる
数年後が楽しみな3人です。

あとこの流れをみるとコントのほうが
好きなのかなって思うんですが、
どうなんでしょうかね。

漫才の人はあまり本多劇場を
選ばないですからね。

そして、東京ダイナマイト。

ようやく二郎さんの体調も戻りつつあり、
そろそろかなと思っていたので、
開催が発表されてホッとしました。

昨年はプロレスを裏テーマにしたネタを
好き放題やっていて、テレビブロスでの
ハチミツさんのまんまだなと、プロレス愛が
笑いに昇華されていて素晴らしいなって
思って、毎回来たいなと思わせてくれました。

昨今のプロレスブームが芸人さんに躊躇なく
プロレスネタをやらせてしまうような
流れを作り出しているんじゃないかと
思います。

そして、タイトルはダイナマイトキッド。

自分たちの源流のたけしさんの浅草キッドと、
自分らのホームのプロレスの2つを
表現する見事なタイトルだと思います。

今年もプロレスネタが用意されている
ことを暗示してくれているので
プロレスファンは安心して
現場に来てくださいね。

ただへそまがりっていうか、お笑いって難しい
もんで、やるやるといってやらないのも
最も笑いが起こるところなんで、
まったくプロレスと関係ない場合も
考えられるのでそのときは謝りますw

一応私はFC経由でエントリーしました。
アイドルにお笑いに、、どんだけFC入ってんだっていう。。