カテゴリー別アーカイブ: 東京ダイナマイト

M-1 2015 ハライチが過去最高の出来で素晴らしかったですね。

標準

今回はまず敗者復活では笑撃戦隊が安定の
先につっこみワードをぶっこんでそれに
合うボケをはめるっていうネタでした。

安定はしていましたが爆発は
なかった気がします。

あと東京ダイナマイトは
こちらもいつもの感じでした。

しかしM-1の方程式通りだったのは
トレンディエンジェルだったので、
まあ予想通りに面白くはないけど勝ち抜けましたというより

吉本漫才方程式フィルターを通り抜けましたw

本戦はメイプル超合金は

ももクロファンには
おなじみの安藤なつさんのコンビで、
ネタはセンスがとがりすぎて刺さったんですが、
ちょっと詰め込み過ぎた感じで自然に
できてなく、台本感ていうか、予定調和感を感じてしまった
んで、こういうのをアドリブかどうかわかんない
感じにできるようになったら最強になるんじゃないか
と思いました。

連続で馬鹿よ貴方はさんが出てきました。

こちらはファンにとっては新ネタと既存ネタが
半々でしたが、経験をかさねるごとに
2人のやりとりのタイミングが早くなってきた
のがまあ気になる程度で、センスは相変わらず
既存の常識を超えてくるネタで
健在でした。

ハライチは

今までの澤部さんに頼り切りだった芸風
を捨て去り、岩井さんが創意工夫されたワード
をマシンガンのように澤部さんにぶち込んでいき、
これでどうだこうきたらどうだって次々に
澤部さんのアドリブの返しのワードの種類の
限界に挑戦するような、今までと真逆の
構成で臨んでおりました。

私は、ハライチの澤部さんがのっかっていく
芸風を初めて見たとき以来のこいつらすげえ、
とくに岩井さんのセンスはすげー的な感覚を
感じさせてくれました。

漫才ブームの時のたけしさんのような通り魔のような凄みを感じました。。

まあでもDVDでは普通の芸風も入れていたので、
ノリボケは要求されるし、とりあえず
やってればテレビにも出れるからやっている感
を感じていて、ネタをみるたび笑えずに
寂しさを感じていたんですが、
岩井さんと澤部さんの格差が広がりすぎて、
岩井さんが本気をだした熱さを今回
感じることが出来て、ほっとしました。

ハライチまだまだ進化しますよ。
岩井さんが覚醒したハライチを大いに期待しております!

 

今回確信に変わったこと。

それはいかに笑わせるかではなく、

吉本の漫才の教則本に従えば従うほど
得点が高くなっていくということですね。

壊そうとすればするほど得点が低くなると。

これ多分K-PROの児島気奈さんが主宰して
漫才トーナメントをやったら、
M-1で高得点常連の吉本勢は全員平均点以下
の大会になると思うのでぜひやって
欲しいですねえw

トレンディエンジェルなんか絶対馬鹿よ貴方は
の足元にも及ばない、爽快な大会に
なるに違いないですよw

でもお笑いで勝ち抜きをやって優劣を決めるような業界
最底辺の人にはなってほしくないので絶対開催しないで
下さいねwwwwww

広告

THE MANZAI 2014 馬鹿よ貴方は 演芸の歴史上いつもこの非関西系スタイルは年寄り連中に潰される。

標準

1980年代、ザ・ぼんちやB&B、紳助竜介、ツービート他、
受け答えのスピードを加速させ、短い間に多くの低角度の
ボケをジャブのように打ち込む漫才が、徐々にテレビ番組の
製作方法がコンピューターの普及とともにシステマチックに
編集される方向へと変化していく流れに歩を合わせる
ように便利に使うことが出来るところもあって人気を博す中、

漫才ブームの陰りとともに、その流れに逆らうようにダウンタウン(松本人志)が
スピードを落としたものを装備して殴りこんできた。

その時、当時よしもとの中枢はやすきよ支持派で構成されていたが、
やすきよチームの幹部他がダウンタウン(松本人志)がなぜおもしろいのか
分からないと言っていた中、当時ダウンタウン(松本人志)と同じ世代で
プロデューサーでもあった大崎洋氏のみがダウンタウン(松本人志)
の面白さ、新しさを感じ取り、新しい時代を創り上げていくべく
ダウンタウン(松本人志)の劇場、2丁目劇場を設立してよしもとを次の時代
へと進めていった。

それから数年後、漫才ブームの影響下の芸人が主流を占めて
いく中、東京ではお笑いスター誕生という番組で異色の芸人が
現れる。

象さんのポット。

ダウンタウンがやすしにダメ出しされまくっていたのと同じく、
ベテランの審査員にはどこが面白いのかわからないと
言われていた。

そして、月日が経ち、バカルディ、バナナマン、海砂利水魚、
おぎやはぎ等が出現。

この人達は関西での現場でつまらないと叩かれまくっていたし、
おぎやはぎに至ってはM-1でスピード漫才至上主義、超保守派の
関西人の組織票に潰されてしまった。。

それからまあスリムクラブ、東京ダイナマイトというコンビも出てきたが
マニア層での支持に終わってしまっている。

もうこの教科書的超保守派の関西系低角度しゃべくりスピードマンネリ漫才
に真っ向から対抗する勢力は現れないのかと思っていたんですが、

数年ぶりに馬鹿よ貴方はという必殺仕事人的革新派無国籍系高角度
つぶやきランダムスピード漫才の旗手が、東京ダイナマイト
チーム傘下から出現しました。

で今回THE MANZAI2014を観たところ、審査員の最年少が49歳のヒロミという
じじいばかりの新しいものを探し当てる熱量が低下している環境下で、
ダウンタウンの黒い歴史が思い出させる、一票も馬鹿よ貴方はに
票が入らない事例が発生して、非常に寂しく感じてしまいました。

で同組勝ち抜けのトレンディエンジェルがさぞや面白かったのかと見直しました
が、まあ特に南海キャンディーズのようなひねりを加えたわけでもない
昔からある普通の頭髪自虐ネタ(あえて言えばコピー元の海原はるかかなたの方が
独特で熱があって構造がシンプルで全然面白いと感じました)だったので、
数十年も同じことを繰り返されても私は笑えるわけもなく、、

やはりこのスタイルはいつの時代も陽の目をみることは不可能なのか。

でもいま天下を取っているさまぁ~ず、くりぃむしちゅー、バナナマン、おぎやはぎ
等は同じスタイルなのに成功している。。

だということは、お笑いやバラエティ番組では最も需要のあるスタイルなんだけど、
THE MANZAIという競技ではこのスタイルは認められないということなんですよね。

馬鹿よ貴方はさん。

THE MANZAIでの優勝は不可能なので諦めましょう。。

もうさっぱりと世間へのアピールの材料として利用しましょう。

しかし今も昔もこういうトーナメント制のお笑い企画は本戦出場前の
客層と本戦の審査員の年齢層があまりにも違いすぎて
本戦までのスタッフとお客さんの熱が本戦の全く異なる
環境によって分断されてしまって、非常にもどかしい
ものになってしまっていますね。

若い人たちに予備戦で高評価されて出てきたのに、本戦でセンスが
全く異なるじじい連中にダメ出しされている馬鹿よ貴方はさんが
かわいそうになってしまった。

最後に。。

「お前働けよ」「お前は負け組みだ」

私はファラオ氏からこの一言が発せられる時、
壮大な2ちゃんねるのバックボーンと共に受け止めて
ニヤッと笑うんですが、まあ一般人には単なる親父のベタな一言
なんでどこが面白いのか分からないでしょうねw

全員審査員を2ちゃんねらーにしたら面白そうですよねw

追記:

後日談として、、
2015年3月のトークショーの現場で、
新道さんが「ネタは私が書いてるんですが、、」
ぼそっと言われたんで、ここ見て注意されたような
気がしましてどきっとしました。。

新道さん失礼しました。

THE MANZAI 2013 オジンオズボーンと東京ダイナマイトの一騎打ちでした。そして未来のお笑い勝ち抜き番組の展望について。

標準

芸風の説明


吉本系の、東京大阪間の新幹線に乗りながら、
なわとびを飛ぶ程度の低角度落ちを連発
して低周波治療器のように数で勝負する古典漫才。


落ちの角度は低いままで速度をおぎやはぎレベルにした風藤松原。


ネプチューン、ロバート系の、
面白さは別にした1人のギャグマシーン的メンバー
に合わせて内容を構築していく流れ星。


どこにもあてはまらない、お互いの独自の持ちギャグ
を薄い内容の導線上に並べてなんとか繋ぎ合わせたレイザーラモン。


十分に時間を使って高いところまで持ち上げて
高角度で数少ないが厳選された落ちをできるだけ
多く決めていた東京ダイナマイト。


飛行機に乗ったり、途中で降りてバスに乗り換えたり、
電車に乗り換えたり、ヒッチハイクしたり歩いたりと、
いろんな道具を乗り換えながら、
低角度から高角度のあらゆる角度のボケを
同じスピードで組み込んできたオジンオズボーン。

傾向

1は、この芸風で笑う遺伝子が組み込まれている
人意外は面白く感じない。

2は1のスピードの部分が苦手な人は面白く感じるだろう。

3はなにごとにも意味を求める人は苦手だろう。
そして、ギャグマシーン担当のギャグセンスに合わない人は
1人で自慢げに我が物顔で攻撃してくるので、逆に腹が立つだろう。

4はレイザーラモンは1人で100パーセントの芸なので、
2人だとぶつかってしまってゼロになってしまう。
各自、RGのネタはその空気の中にRG本人しかいないと
十分なパワーが出せず、HGについてもしかりなんである。

5は1から4の芸風に飽きた熟練者が構築した芸風。
1のようなどうしようもない落差の無い落ちは言いたくない、
松田さんはかつてギャグマシーンだったが、1人より
2人でつくる笑いのほうが濃いと感じたことから、ひとりよがりに
ならずにうまくはちみつさんとの会話に溶け込ませる方向
にシフトチェンジしてここまで作り上げてきた。
おぎやはぎのように、なるべくいつも自分たちが会話している状況
を保ち、自然に必要に応じて会話を返す。
そして客に対しても笑いたかったら笑ってくださいという
やさしい気持ちで演出している。
決して吉本系に多い、
絶対全員笑わしてやる、笑わない奴はレベルが低い
っていうような強欲な感じはもっていない。

6は5と違う部分は、基本関西圏の人たちだから、
作り上げたシステマチックな感じは否めない。
しかし、よゐこの松竹芸能だから、吉本の芸風
には飽きた、心底面白く感じるというような人は
おらず、吉本の芸風に近いながらも、自分の
センスを大事にした人たちが多いのが松竹だと思う。
で違いはというと、吉本はどこにでも落ちてる会話の内容で
物語重視で極力あまり脱線しないような低角度の落ちを入れてくる
んだが、

松竹の芸風は高角度な落ちと低角度な落ちを構わず
ぶっこんできて脱線させまくる。

破壊させていく。

そこが魅力なんですよね。
ちょうど関東と関西のいいとこ取りのような。
だが、そうすると、こういう勝ち抜け企画の場合、
どっちつかずなので大変不利な状況が続いていて、
あまり勝ち抜く場面にめぐり合えたことがないんですね。

だから今回も視聴者投票は勝ったんだが、
関西系、そしてしゃべくり漫才全盛だった漫才ブーム
芸人の審査員によって、見事にめちゃくちゃに
されてしまった。
ただ、大竹まことさんの選球眼には今回もセンスが
衰えてないなって感じましたね。
どうりでシティボーイズおもろいわけだ。

私の選出した優勝者は、、、

1.東京ダイナマイト
2.オジンオズボーン

でしたね。

オジオズはボケの落ちの角度は前回よりより
高角度の危ないものになってきてて
きいてて気持ちよかったんですが、
最後の2人ボケの部分ですよ。。
新しさを入れようという意気込みはすばらしい
んですが、基本形の完成度の高さとの
落差をどうしても感じてしまい、笑えなかった
んですよね。
で、最後、
「入り込めませんでした」
という落ちなんですが、
篠宮さんが入り込むところが客の笑うポイント
なのに、入り込めなかったってことは
客が笑えないっていうことですよね。

だから私は、新しい形を基本形のレベルまで到達できなかった
時点でおもいっきりあきらめて、
もっと落ちの語句を厳選させるか、リズムを変えたり、
高松さんにしゃべらすの逆でよりしゃべらせない方向
にしていったりした方が良かったんじゃないかって思いました。

いろいろ言いましたが、
はまぐちコントサークル毎月通っているんで、
これからもよろしくお願いします(^^)

最後に、漫才がうまい、評価が高い芸人と、
今一番面白いから毎日のように観ている
芸人は違うということについて書かせていただきます。

私はお笑いをやっている人は大好きですが、
音楽もそうだが、実際に観ているのかとなると、
変わってくるもので。

今、心のそこから笑いたいとき、

たけしさん好きだが今観る気はしない。
ナイナイも観る気はしない。
ダウンタウンも正直観る気がしない。
さまぁ~ずなんかもやさまも最近飽きたので
一本も観なくなりました。
昔は観てたんですがね。。

今誰を観るかとなると、

オジンオズボーン
ウエストランド
AKBの指原莉乃、島田晴香

あとは番組単位になってくるんですね。

ももクロChan地上波
ロンハー
AKB48の何もそこまで
HKTバラエティ48
指原の乱
などなど

そうすると、
テレビは芸人単位ではなく番組単位で観る。
舞台は番組単位でなく芸人単位で観る。

ということはテレビで純粋に芸人単位で順位を決めても
意味が無いんですよね。

テレビは芸人だけじゃなく全タレント、素人が
出演者であり芸人であるわけです。

だから、将来的により視聴率を稼げるお笑い勝ち抜き
番組を企画するには芸人でなくテレビの全出演者
を対象にした内容にすることだと思います。

芸人追い抜いて指原と有吉がいい勝負とかになったら
面白いですよねー。。

オマケ:

THE MANZAI 2013の面白かったシーンベスト3

1.オジオズ

高松

もーたのむわあーーーっ。。
おれは売れたいねん。。。

おまえだってもー泥水飲みたくないやろ???」

篠宮

いったっだっきま~~~~~~~~~~すっ!!!!!

なんでそっちにいくねん!

篠宮

にっがあ~~~~~~~~~~~~~~~~っ!

にがいやないねんっww

篠宮

がに~~~~~~~~~~~~~~~~~~っw

2.

東京ダイナマイト

松田さんがみのもんたのマネで電話相談中、CM明けで
アシスタントの尻をさわるふりをしたところw

3.

指原さんがオジオズで大爆笑していたこところw

2012-2013年 年末年始番組のももクロ事情

標準

まずレッドカーペットでハチミツ二郎さんが
ももクリのTシャツをこれでもか

tokyodynamitemomoclo

って見せつけて
ネタをやってました。

でもまあハチミツさんは西口プロレスにも参戦していて

422f35e6_640

昔からTVブロス等でプロレスネタが多かった
んでももクロさんと繋がってもおかしくはないですよね。。

また、ガキの使いでは

2012gakimomoclo

「イッテといえばQ、ではももいろクローバーと言えば?」
ってクイズが出題されました。

いつか出演して欲しいなあ。

私はももクロさんが紅白よりこちらの方に出演してくれた方が
断然興奮しますねwwwwwwww

しかし、確実にバラエティ業界には浸透しつつありますよね。

またタレントにより主張方法はさまざまで。

山里氏や塚地グループのようにメディアの前で
一切ももクロを衣服で表現しない人たちもいれば、
ハチミツ二郎さんのように逆に主張しちゃう人もいます。

主張する人(ハチミツ二郎さん)は初めて見ましたねw

ハチミツ二郎さん、どうかポイ捨てしないように
お願いしますね。

これからは徐々に楽曲よりバラエティや役者に
重きをおいていくと思われますので、どうか気長に応援、
そしてサポートをよろしくお願いします。。

後日画像うpします。