カテゴリー別アーカイブ: 有吉の夏休み密着100時間inハワイ

有吉弘行とビートたけしの致命的でもあり決定的でもある違い。

標準

有吉弘行は

根っからのテレビ芸人でテレビがライフラインで逃げ道が無いので、
自分が関わっているテレビ番組を批判できない。

 

たけしさんは

基本舞台の芸人だと考えており、
テレビは運が良く出ているだけと考えているため、
自分が関わっていようがいまいがテレビ番組
やラジオ番組、その他舞台以外の仕事について
自由に批判できる。

 

これ最近タレントの悪口は言いまくるくせに、
有吉ハワイの旅とか有吉反省会とか、
センスがずれてきてすべり気味になってきてるのに
自分がスタッフに持ち上げられて自分が
楽しいからっていう理由だけで、無責任に
番組のことを批判も賞賛もせずにスルーしていることに
なんかインチキ臭さというか、気持ち悪さを感じたので、

たけしさんだったらどうだった
か置き換えてみたら、たけしさんは現在でも自分の
番組とか仕事について面白くないすべってる
ものがあったら自由に批判していたのを
思い出して、

これって今の時代のテレビで縛られている
いわゆるテレビ芸人全体の致命的な
弱点なんじゃないかって思いましたね。

どこにも逃げ道が無いし、自分の首を
しめるようなもんなんだからいくら内容が
面白くないと感じていても、金がもらえれば
って考えたらそりゃ批判しないですよねw

それに舞台と違いテレビ番組は終了しても
制作会社が制作しているので、責任の所在が
極めてあいまいなので、舞台でのパフォーマンス
のように自分のせいにはならないですからね。

これ吉本の人は舞台があるのでほとんどの芸人さんが
テレビに虐げられずに自由に意見しているのが面白いですよね。

東京の芸人さんに多いですよね。コンビ解散してたり現役から遠ざかって
いたり吉本みたいな常設の舞台もないからテレビの仕事が
なくなったら致命的なダメージを食らうので意見ができずに
テレビの奴隷化している芸人がね。

有吉氏の他、土田氏、ザキヤマ氏、等ですか。

おぎやはぎさんは今も現役でネタ披露しているので
気持ちは舞台に置いているような感があるので
自由に批判したりしてて健康的ですよね。

広告