カテゴリー別アーカイブ: 2019.05.18HimeKyunFruitCan『-Break the wall of TOKIO-』@恵比寿CreAto

2019.05.18ひめキュン単独のスルーを決心した話。。

標準

ひめキュンの2019年5月のリリイベ映像を観まくって
気分が高揚して単独ライブの予約をした。

HimeKyunFruitCan『-Break the wall of TOKIO-』@恵比寿CreAto
開場18:00/開演18:30
前売3,000円/当日3,500円 (入場時にドリンク代が別途かかります)

出演:HimeKyunFruitCan
special guest:菊原結里亜

当日。

ここ数日リリイベの映像の新規アップがなかったので、
冷静にひめキュンのことを考える時間があって
いろいろ考えたんですが、

一つの疑問がよぎり行く気がなくなってきまして。

それは、ひめキュンの新しいアルバムは
nanocuneの魂を再構築するような素晴らしい出来
だったんですが、単独だと20曲近くやるわけですよね。

でもたぶん、ひめキュンの楽曲をやらないと
単独の場合時間が埋まらないのでやるのは確実です。

で、そこから考えると、twitterもいろいろチェック
したんですが、
現場はひめキュンのファンがほとんどになるような
感じを受けたんですよね。

そうすると、昔のひめキュンが好きで新生ひめキュンも
好きならいいんですが、

昔のひめキュンにあまり魅力を感じなくて
スルーしていた場合、昔のメンバーも
ゲスト出演する今回の現場は
無なんじゃないかと思ったんですよね。

昔のひめキュンてnanocuneとあからさまに違いを
打ち出していて、どちらかというと
フルーツポシェットに近いかんじでしたから、
フルポシェとひめキュンの兼任ヲタは
多かった気がします。

逆に、nanocune好きな人はそちらの界隈には
行かない場合が多かったと思います。

だから、、

今のひめキュンの方向性の楽曲が増えて
それだけで単独の時間が埋まるような
状態にならないと私の満足する
世界は感じることはできないと思ったんですよね。

楽曲より人間が好きならいいけど、
人間より楽曲なので今回はダメでしたね。。