カテゴリー別アーカイブ: 恵比寿★マスカッツ

2018.5.4恵比寿マスカッツ1.5「コンプライアンスなんてこわくない!」残るべくして残った、テレビ演出家マッコイ斉藤の1.5期の精鋭劇団員たち。

標準

1期はRIOや希志あいのの時代。
一定の成果をあげて終了しました。

最初から目の前に高いハードルを並べられた
第二期。

マッコイさんいわく、舞浜アンフィシアター以上を
最終目標にして再始動させた。

しかし、2017年、最終的にRIOや麻美ゆま、みひろを復活
させたものの思いは叶えられず地上波放送は終了。

abemaで低予算番組を継続させて魂の炎を
くすぶらせ、いつでも出陣できるように
準備しながら可能な限りのコンテンツを提供させている。

しかし、低予算過ぎて、トークメインになってしまい、
そのトークもまあアイドルレベルなので面白みを
感じないので私は見ることもなく見守ることに。。

私は、
マスカッツはテレビ東京の叩き上げ精神と、
マッコイ斉藤とシャングリラ、
笑軍様とそれを支えるその表現を可能にさせる
なんでもありの女性タレントの総称だと定義している。

abemaはそれを満たしているとは言えない。

最低でもマッコイさんのやりたいことを
十分に満たしているとは到底思えない。

そんななか、この業界は辞めてしまったら終わり
で、続けていればいつかはチャンスがあることを
知っているバラエティクレイジーたちは
がけから落ちそうになってもロープ一本で
なんとか落ちないように歯を食いしばって
持ちこたえている。

しかし、そんな自分たちにしたのは誰だ。

ビートたけし、テリー伊藤、極楽とんぼやとんねるず、有吉弘行、
ダチョウ倶楽部、マスカッツ、、、

マッコイが戦ってきた戦友たちは
テレビサイズでおさまらないことを
武器にしている奴らばかりだ。

それが無ければ死んでしまう
世間から抹殺されてしまいかねない
奴らばかりだ。

間寛平が止まったら死んでしまうのと同じだ。

コンプライアンス。

開演から舞台コントが始まる。

バラエティ業界を時代考証しながら
その時の象徴的なガールズアイドルの
楽曲を披露していく。

昔はコンプライアンスは暗黙の了解的な
感じで、
取り締まる側も利用していることから
あいまいな感じに存在している裏ビデオのような感じで、
感覚的に表現者各自で制限していた。

それが最近情報化社会が進行し、
書類で一元的に管理するようになり、
アナログな特にお笑いのような活動を
している人たちにとっては
住みにくい環境になってきた。

それを自分たちとライブの基本精神に匂わせつつ、
楽曲披露を進行させていく。

アンコール。

みひろやゲスがソロをやってるのをハリセンで
突っ込む。とんねるずネタw

終演前に各自コメント。

明日花がいないから光が全員に当たって
やわらかい感じになった気がします。

あまりにも明日花が強すぎたからね。。

とんねるずもKAT-TUNもいなくなったので
マッコイさんの主張が濃すぎて
最初はまばたきもしなかったんですが、
私的には楽曲無しで企画だけでも
面白かった気がします。

でもコンサートでチケットを販売しているので、
今回は無理だったと思いますが、

もしよければバラエティ企画だけの
舞台も今後やってくれたら是非行きたいと
思います。

楽曲派ですが、マスカッツだけは企画の方が
衝撃度が強いので是非お願いします。マッコイさん。

人間は冷凍しておけば保存できます。
タレント名鑑もコサキンも何度も復活してます。

言うほど簡単じゃないと思いますが、
秋元さんやつんくさんと同じくらいの
衝撃を社会に与え続けて下さい。

地下からww応援しています。

広告

2016.12.16恵比寿マスカッツVS仮面女子 喧嘩上等ライブ マスカッツの内容がAKB48紅白対抗となんら変わらない内容だったことに感動した。

標準

仮面女子は期待していたんですが、
パフォーマンス中サイドステップで繋ぐ時間が多すぎで
どれも同じに見えて退屈でした。。

ヘッドバンキングと煽りとサイドステップの
繰り返しのダンスと、
パンクの構成を流用してサビを何回もリピートして
盛り上げていく楽曲。

全て同じに聴こえました。

これコレオグラファーとか演出家とか
楽曲にもっと驚きというポイントを重視
して過去をゼロにするくらいの考え方で
やりなおした方がいいような気がしました。

なんでもできるような地下という
パフォーマンスする側としては最強の環境にいる
にもかかわらず、

少し古めの楽曲で安定感が出ちゃってるので
なんかこれヤバいんじゃないかって気がしました。
これ以上爆発することはないんじゃないかって。。

地下で平均的な中途半端な人気で安定しちゃまずいでしょうっていう。

あと顔が見えないので口パク感がやばくて
CDを聴かされているような雰囲気におとしいれられて、
それも最悪だと思いました。

マスカッツは、最近まじめに、ファンの間で
所詮初代マスカッツを超えられないと言われている
ことをマッコイさんが真面目に取り上げて、
真面目にメンバー全員に戒めることで、
今回のクオリティとパワーと360度から攻めるような
カラフルな楽曲ジャンルという、
初代を超える勢いを感じることのできた
内容を習得できたんじゃないかと思いました。

特に最後の合唱はホントに素晴らしくて、
中心でハモリを担当していた三田さんがアイデア出しと
指導をしたぽかったですが、
その三田さんと横のできるサブリーダー川上さんが
5のものを10以上に上げる役割を見事に果たしていて、
三田さんは当然ですが川上さんのRIOを彷彿
させる頭の良さも感じさせてくれて
素晴らしかったですね。

最後にまとめると

インパクトがなによりも大事な地下の仮面女子が、
地上のマスカッツより安定しちゃってるのはまずいです。

マスカッツはこれをきっかけにこのまま一皮むけてより成長を加速
させていくことと思いますが、

仮面女子はこのままではヤバいのでもっと
いろいろスタッフ側が本格的に試行錯誤
して斬新なアイデア出しをして
刷新していって、SSAなんかで喜んでないで
ももクロ、AKB、でんぱ、ハロプロ、
その枠に入れるくらいに気合い入れて
メンバースタッフ一丸になって
死ぬ気でがんばって私を驚かせる
組織に成長して欲しいと思います。

仮面女子、こんなもんかよ。

パフォーマンスを観て感じたんですが、
もう地下に麻痺して怒ることも忘れちゃったんですかね。

もっと魂を吐き出して世の中をかき回してくれよ。

って感じで終わります。

2016.10.09 24:00ポニーキャニオン50周年特番でマッコイ斉藤とマスカッツと馬鹿よ貴方はの特番です。

標準

2016.10.09 24:00-26:00
ポニーキャニオン50周年50時間連続放送
「ポニキャン50TV」

で特になにもないなって番組表をさらっと
流し見していたらマッコイ斉藤の文字が
あったので、なんだろなって思ったら、

恵比寿マスカッツの2時間特番でした。

%e3%83%9d%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%8b%e3%82%aa%e3%83%b350%e5%91%a8%e5%b9%b4%e7%89%b9%e7%95%aa

あとは

オフィス北野ファンクラブ【2時間】

ですね。

マスカッツは単に出張ってあるので、

「マスカットナイト」出張SP【2時間】

現在、テレビ東京ほかにて放送中のセクシーアイドルグループ「恵比寿★マスカッツ」の冠番組「マスカットナイト」の出張スペシャル。

川上奈々美/スーブー/夏目花実/湊莉久/他

トークのみとかではなく企画をきちんと
たてて演出したものを楽しめるんじゃないかと
思います。

あとあいうえお順で出演者リストが書いてなくて
川上、スーブー、夏目、湊とあって、
笑いに本気なメンバーばかり選出されているので期待できそうです。

時間帯も深夜で、ネット放送で、スポンサーも
特にないので、BSスカパーレベルの危ないものが
楽しめるんじゃないかといろいろ楽しみです。

オフィス北野ファンクラブ【2時間】

“馬鹿よ貴方は”が事務所を代表してニコ生に登場! 大尊敬するビートたけしさんのDVDを見ながら目指す芸人象を仲間たちと語り、最新ネタも披露! スペシャルゲストに大先輩グレート義太夫さん、吉田宏プロデューサーも登場!

馬鹿よ貴方は/マッハスピード豪速球/ランジャタイ/
《スペシャルゲスト》グレート義太夫/
吉田宏プロデューサー(イースト・エンタテインメント)

これは馬鹿よ貴方はの新道さんとマッハスピード豪速球の坂巻さんは
ネットラジオをやっているので、その延長のものが楽しめるんじゃないかと思います。

実際の内容:

マスカッツは

ネット配信で良くある、
この四人で他のメンバーを呼び出す企画でした。

やっぱりネット配信てこういうことしかできないんですね。

ももクロさんの24時間もまあ製作費が無いのでトーク中心に
なるのは当たり前なんですよね。。。

最後はなんだかんだでスーブーのパワーでなんとか盛り上がって終了
することができた感じでしたねw

オフィス北野は

2人じゃなくてフルメンバーで出てMCがファラオさんで
義太夫さんが中心にビートたけしを語る番組でしたので、
想像していたものとは別物でした。。

でもスーパーJOCKYの水着着替えルーレットは完全にヤラセ
でプロデューサーがSだったとかいう話とか裏話が面白かったですね。

失礼しました

Rio、そして、希志あいのがAV女優引退。

標準

Rio引退作

希志あいの引退作.png

私はデビュー当時は結構お世話になってましたが、
もう二人が演技に慣れてきてからはなにも感じなく
なってたのと、

普通にきっしーの場合はかすみ果穂という絶対的な仲間が出現してから
というもの、かすみレディオ等で普通のエロトークが
面白くなってきていたのもあって、

またRioさんの場合はもうマスカッツでの活躍で
AVよりもっと活躍できるフィールドがあるんじゃないかと
確信させたところがあったんで、二人とも勿体ないから
AVなんていう狭い世界からは抜け出して欲しいと思って
いましたんで、嬉しく思っています。

特にマスカッツに入りマッコイ氏と出会ったときは
2人とも衝撃的な出来事だったんじゃないかと思います。

マッコイさんは仲間を大事にする人ですから
なにかあったら相談すれば絶対助けて
くれると思いますから、繋がりを大切に
して一人でなにかやろうとせずに支えて
もらいながら生き抜いていって下さいね。

かすみレディオwiki

2人ともみひろさんやかすみさんと肩を並べるAV以外の才能に恵まれた
実力者だと感じておりますので、引退したことでより演技や笑い、
バラエティでの活躍でファンを笑顔にしてほしいと思っています。

しかし悲しいお知らせ。。

AVあるある

「引退作は駄作w」

2015.10.07 恵比寿★マスカッツ再始動。テレビ東京でマスカットナイト放送決定。

標準

恵比寿★マスカッツ、マスカットナイト1

いやいやデカデカと本人の趣向とは裏腹に
マッコイ斉藤の名がびしっと打たれる時代
になってしまいましたね。

マッコイ氏は自分の笑いのセンスは自分にしか
表現不可能だと思っていて、
それを額面通りに表現してくれる人が
いないからか、仕方なくしゃべりでは自らが
表に出るんですが、
以外と姿は現さないんですね。

このあたりは佐々木敦規さんも同様です。

片岡飛鳥氏は初期に殿様のフェロモンで
自分の車をいたずらされる企画で
実家で母親と一緒に出演して以来、
表に出たことはたぶんないと思います。

他のスタッフはMCに振られて返す程度で
笑いを取りに行くことはしないですね。

話が反れました。。

恵比寿★マスカッツ、マスカットナイト

そして制作がマッコイ・安西氏所属の笑軍様・ロードトゥシャングリラから
EBISU★MUSCATS PROJECTと、踊る大走査線規模になって
しまいましたねw

テレビ東京にとってはフジテレビの神原P主導のTIFを基軸にしたTIP、
東京アイドルプロジェクト規模扱いなんでしょうねw

ちなみにマッコイ氏、常日頃から佐々木敦規さんに
ももクロに携わっているのがうらやましいと言っている
んで、みなさんの落とし穴で落としたんじゃないか
って思ってるんですがw
そういう意味でもマスカッツ関係は期待していいんじゃないかと
思います。

あとMC陣もスタッフ陣をめったに変更しない情が厚いとんねるず
の精神を継承してか、マッコイ氏もおぎやはぎと大久保さん
を続投してきましたね。素晴らしいです。。

とにかく明るい安村さんは
芸人受けが良い芸人さんで、マッコイ氏の旧友でもある
有吉さんも自分の番組の仮想ブッキングで名前をあげて
ましたよね。裸の芸人が好きだと。

でもそしたら小島よしおちゃんとかハブさんはどうなっちゃう
んだって感じですが、

まあベテランだから良い意味で変な世界観が
なくてアドリブでいろいろ自由に笑いに持って行って
くれて使いやすいってことだと思いますね。

私はルミネのRGと安村氏のあるあるイベントの現場に行った
ことあるんですが、その時どんな状況でも落ち着いていて
ネタやトークで場を繋げてくれて安定していましたからね。

スタッフ陣は詳しくはわかりませんが、、

安西さんや小林岳夫PとSHO-GUNのスタッフ陣で
まとめられると思いますね。

最近ごりごりのくだらないマッコイバラエティがなくなっていた
んで楽しみです。