カテゴリー別アーカイブ: 島田晴香

ハロプロ、スタダ、AKB、プロレスのマルチヲタによるアイドルとプロレスの歴史。

標準

女子プロレスからですね。
しかし当時は宝塚の流れで女子プロレスという
男子禁制の世界のスターが女性のあこがれの的
になる例が多かったです。
男性ファンは少数派でした。
私の周りにもいませんでしたね。

そして時代が流れ、1998年ハロプロが誕生。

基礎知識として、つんく、秋元康、川上アキラは
熱烈なプロレスマニアだということを頭に入れておいて下さい。

しかしプロレスとの関係は社会体験企画のひとつで
数時間笑いながら楽しく体験入団しただけにとどまりました。

AKB48が2005年に誕生。

ももいろクローバーが2008年に誕生。

最初に行動に移したのはももクロチームでした。

最初は
佐々木敦規というプロレスヲタクスタッフと川上アキラ
という超攻撃的マネージャーを双肩に置いたももクロ
チームはライブ時にレスラーの名言をメンバーに
ささやいて怒鳴らせたりしていました。

ちなみに佐々木氏は格闘技関連の番組に多数
関わっていたこともあるので知り合いの選手が
多数おりました。

また衣装のシューズもアイドルとしてはありえない
レスラーシューズで、擦り切れてもそれをテープで
補修させてコストを切り詰めていました。

そして次に楽曲に元新日の武藤選手の両手を中央から
斜め上にイヤーっと言いながら掲げるプロレスラブ
ポーズを楽曲の最後の決めポーズに取り入れます。

そしてお約束の流れとしてコンサートに本人が
出演しちゃいます。

次にこれまた新日本プロレスの有名な企画の
番勝負企画をももクロにぶっこんできました。

まずは当時時期エースの有力候補だった東京女子流と

 女子流×ももクロ白熱の直接対決「5番勝負」

様々なジャンルの人と対談技術習得に挑戦する

 ももクロ試練の七番勝負 2011

ここで武藤選手と対決しました。

 ももクロ試練の七番勝負・番外編 2015

ここでリング上で女子プロの皆さんとスパーリングみたいな
ことをしました。

 ももクロ試練の七番勝負 2017(ここでレスリング吉田選手)

という企画を行いました。

番勝負以外では全日の

2011 プロレスLOVE in 両国 vol.13

でグレートクローバーという名称できちんと
衣装もつくって反則攻撃を行ったり助けたりという
ヒールなセコンドワークを行いました。

そして日産スタジアムで行われている夏のコンサートでは
プロレスの団体を呼んで開演前に無料で観戦
できる試合を行っている。

また佐々木敦規はK-1やprideといった格闘技の演出に憧れていたが仕事は
任されずに終わった男だったため、
ももクロでそれを実現しようといろいろパクリ仕事を行うようになった。

選手紹介の時試合当日までの裏話を映像で紹介する
演出をももクロに導入したり、

試合前にインタビュアーを楽屋に行かせて選手を怒らせる
質問をさせて張り手をくらわせる演出、

コンサートの時、アイドルのコンサートではいままではあり得なかった
実況解説者ブースを設け、実況解説者を配置し、コンサート中に
台本でセリフを用意して佐々木のタイミングでトークを入れさせたり、

あらゆるキーポイントとなる場面でそれらのプロレスの演出を
入れることでそれがももクロらしさになるまでに
なってきました。

そして今回の島田へのオファーの話から静かだったAKB界隈に
突如としてぶっこまれた秋元康によるプロレスドラマ。

最初に発表されたのは2016年のいたって普通のAKB紅白で金髪の
島田が何の説明もなく出演してはけた後でした。

遂に島田あたまがおかしくなったかと呆れていたら、
予告VTRで顔面をペイントして金髪に染め上げた島田
が暴れまわっていて、それが豆腐プロレスという
プロレスドラマのためだと知り、地獄から
天国へ突き上げられた瞬間でした。

悔しいが2016年のAKB紅白は全て島田に持っていかれた
紅白でした。

そしてその後ドラマが始まると、よくありがちな格闘シーン
は専門の人、ドラマシーンは本人と入れ替えるような動きはなく、
全てメンバー本人が演技しているのが確認できて
より深く入り込むようになる。

そして、出演者の繰り出す技にも、実際の様々な団体の
様々な選手に尊敬を込めてきちんと練習して
使用していることもわかってきて、AKBのすばらしさ
を感じていると数か月で終了した。

同時に実際に後楽園ホールで興行を行うことが発表される。

とまあここまでが昨日までの流れだと思います。

で大きなももクロとAKBで違うところは、

規模が違うので企画を実際に現実にする時の考え方
の基本が違うから内容も異なってくるんじゃないかと思うんですよね。

AKBはメンバーが多いので、まず自分たちの枠組みを
作って自由にその中で絵を描いていくというイメージだと思います。

ももクロは5人しかいないので、どこかに一緒に参加して
つくりあげていくイメージだと思います。

広告

豆腐プロレスWIPCLIMAX動画で紐解く、ミラノコレクションA.T.氏と島田。

標準

心霊ビデオ風に。

まず、この画面を見ていただこう。

ミラノさんと豆腐プロレス1

ミラノさんの記念すべき俳優デビューの画像である。

今回はこれはどうでもよい。。

次、観ていただこう。

ミラノさんと豆腐プロレス2

これは泥棒ミラノがヒーローさくらたんに捕まってしまうシーン
なんだが、おわかりいただけるだろうか。

自分から形状記憶合金のようにコブラツイストの形に
身体を変形させているのがおわかりいただけるだろうか。

これを観ると、初めての人はさくらたんが無能でコブラツイスト
が下手だから、練習不足だから仕方ないと思うに違いない。

しかし、実は私は真逆だと考える。

さくらたんは仕事に必要な練習は絶対怠らない
性格の持ち主で、この時もコブラツイストの
入り方は完璧にマスターしているだろうと思われる。

ならなぜミラノさんが自分から身体を変形させたのか。

もしミラノさんが抵抗した場合、さくらたんは俳優志望
というプライドがあるので、なりふり構わずコブラツイストに
持っていこうとする結果、いろんな個所が接触することになって
ファンからの攻撃を恐れて、接触を最小限に抑えるために
そうすることにしたんだと思いますねw

ミラノさんと豆腐プロレス3

では次のシーンをご覧いただこう。

島田と豆腐プロレス1

これは島田が豆腐プロレスチームで新日本プロレスに観戦
しにきたときの映像である。

メンバーが初めて来たと感激していたが、
島田はすげえと言って初めてとは言わなかった。

多分以前プロレスの話をいただいたときに観戦したんだろう
と思われる。だから初めてじゃないんだと。

しかも、このあと、DDTプロレス(KAIENTAI DOJOだったかも知れません)
の現場で見かけることになることから、これをきっかけに結構通うくらいに
はまってしまったんじゃないかと思われる。

DDTの現場で観たときマジかよって思わず3度見しましたからねw
島田すげーって感じで。

次のシーンをみていただこう。

ミラノさんと豆腐プロレス4

遂に、ここでミラノさん連呼していたら有名になってしまって
ミラノさんていう字幕スーパーが出る事態になってしまって笑ってしまいました。

それも可愛いフォントでwww

って感じで最近豆腐プロレスをミラノさん基点で楽しんでいる
自分でした。

2017年8月29日に後楽園ホール
豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX

お楽しみに。

このミラノ着用の豆腐プロレスジャージ欲しいなあ。。。。。。

2017.06.20 AKBINGOに見た、島田に対する日テレAKBG班の毛利チームのやさしさ。

標準

今回のAKBINGOは島田特番で、

演出内容は、シーソーで体重が一番重いメンバーを
あぶりだす企画でした。

島田の話を聞いていると、スタッフと一緒に企画を
決めたようで、7年の間の成長と、業界内での信頼度の向上も
確認できて嬉しくなったんですが、

私にとってそんなことはどうでも良かったんです。

今回、最も感動的だったこと、

それは、

ひな壇の島田の席がど真ん中、
上下左右のど真ん中に確保されていたことなんですね。

2017-06-20島田AKBINGO

これは嬉しかった。

島田自身も座席に座るとき、端に座ろうとしたら
スタッフに中央に座れと指示されて、これに感動して
今回本当に最後なんだなと感じながら、
逆の悲しさを感じて収録に臨んだんじゃないかと思いますね。

島田、7年間お疲れ様でした!

立派な旅館の経営者になって旅人のアイドルになって下さいね。

私も近くに行くときはお世話になろうと思いますので
よろしくお願いします。

豆腐プロレス ユンボ島田の語源。

標準

女子プロレスのヒール役は

ダンプ松本(ダンプカー)

ブル中野(ブルドーザー)

と重機系が多いので、その流れで単純にユンボになったと思われます。

プロレスヲタならベタ中のベタですが全く知らない人が観ている
気がしたので書いておくことにしました。

AKB48翼はいらない。楽曲も映像も全く興味が無いのに欲しくなった理由。

標準

これですが、

翼はいらない

とくにさらっと流すつもりでしたが、中西ちょりがジャケットに写っているので

HKTの特典映像の圧倒的なサービスクオリティの高さを思い出して

まさかと思いつつ、特典映像の部分に目をやると、、、、

翼はいらない中西

え?なにこれ。思わず二度見w

翼はいらない中西2

AKBの特典映像の内容で「ブス」っていう二文字を初めて目のあたりにしました。

中西智代梨ブスシリーズ「ブスの想い出。」

他の楽曲や映像全て興味ないんですが、これだけ欲しくなりました。。

ブスシリーズってなんやねん。。やなシリーズだな、おいw

翼はいらない中西3

内容はさんまの恋のから騒ぎ風の構成です。

翼はいらない中西4

でもこれHKTのシングルの映像特典だと普通なところが恐ろしいっていうw

AKBだから目立つっていう。

もし好評だったら

島田晴香デブシリーズ「デブの想い出」

を続編として是非お願い致します!

 

ちなみに、、

握手会行くと、まるでスナックにいるような雰囲気を味わえますw

 

2016.01.31のさしきた合戦。番組開始1フレーム目で吐き気がした。

標準

私はHKTのプロフィールや番組の出演者リストにもある

さしきた指原ジャケ写詐欺

この写真の、仕事に真摯に向き合っている染髪してない人の作り出す
ハイセンスなちゃらくない笑いを期待して観ようとしたんであって、

こんな、

20160201さしきたOP指原茶髪

フェロモンを噴出させて男に猫なで声で擦り寄っている
茶髪のキモいアイドルは観たくなかったから

目のあたりにした瞬間、

再度あまりにも頭が悪い行動に出た指原に対する怒りと、
嫌悪感で目の前のことを現実として受け止めたくなかったんで
即削除しました。

 

バカリズムさんやバナナマンさんがゴッドタンで
チャラいワードで大喜利をするチャラギリッシュナイト
って企画をやった時、そういうやつらが嫌いな真逆の
人達なので全然面白い答えが思いつかないって
いってもう二度とやりたくないって吐き捨てて終わった
回があったんですけど、

指原氏もまさにそれと同じ状況で、

そういう奴らが嫌いな奴が無理やり茶髪になっても、行動や
生き方や人生の背景が黒髪なので、茶色にすればするほど
指原のプラス面がマイナスへと変化していき、ださくなっていくので、
良いことは全くないと思うんですよね。

簡単に言うといろいろネイルやらアクセサリーやら
香水やら、ちゃらちゃらと付けるのが大好きな
こじはるや島田みたいな人が茶髪の女だと思います。
ああいう生き方が苦手な人は茶髪は無理だと思います。

と言っても、島田は必死感が悲壮感としてこちらに
伝わってきちゃって余裕が無さ過ぎて金銀の金じゃなく
金属の錆びの色にしか見えないのであれも可哀想ですけどね。。

これなんか

島田晴香 - Google+

パフォーマンスでファンを満足させることを完全に忘れ、
それだけで完全にアウトなんだけど、、
茶髪にして派手にしてしたり顔で外見だけでモデルのように
仕事をしてる、ファンを満足させている感を出している
姿にほんとに腹が立ちます。

最近島田は時が経つごとにひどくなっているんでそろそろ潮時かもしれませんね。
「未だ光るものなし」なのに外見だけ派手にしくさって。そういうのいちばん嫌いなんだよね。
いろいろ言ってたらマジで島田どーでもよくなってきたw
今日で卒業します。。

私も高校時代にサーファーの茶髪に憧れて
数か月スプレーで茶髪にした時期がありましたが、
結局疲れてめんどくさくなってやめましたから、

いろいろやって悪いと思ったらやめる、
間違っていると思ったら謝る、反省する、、
それも指原氏の良いところだと思いますので、

指原もそういう状況に陥っている自分を認識し、
自問自答を繰り返し、染めても誰も得をしないという答えを
導き出し、自分の意志で辞めてくれることを
期待しています。

 

指原氏。他メンの悪口を言う指原ヲタを見たら即ブロックすると発言したが自分はどうなのよ。。。

標準

ライブでロリコンばかりの客だとか言ったり、
「お前らにばばあって言われたくないわ!!」とか
日本経済を支えてきたおじさんヲタに怒りながら言ったり、
谷とかちょりとか松村とかに笑いながらブスって言ったり、
島田にデブって笑いながら言ったり、

松村さゆりんごをいじったり、、

自分だって悪口言いまくってるじゃないのよ。

あと、

「指原氏って顔小さくて整っていて超かわいくて綺麗!!」

って言ったらこれの扱いは悪口?褒め言葉?
どういう扱いになるんだよ。

(ちなみにこれ言ってやろうと思ったんですがめんどいので止めましたw)

あとSっぽいヲタだとブロックされて大喜び
する奴も出てきそうなんだけど、そういう場合
どうすんのよ。。

ちなみに私はフォロー外したし、
最近@ツイートもやらないんで
関係ないですけどね。

最近、厚顔無恥の、茶髪や金髪が他人に嫌な思いをさせていることをわかっていないタレントが多すぎる。。

標準

最近、指原莉乃や島田晴香、手越、最近の若手のジャニタレ、、
節操なく安易に茶髪や金髪にしているが、、

なにか勘違いしている気がします。

女性はなんか明るくしたとかなんとか言って、
茶髪にしただけでどんな人間でもかわいく
みられるという、勘違いも甚だしい短絡的な考えで
茶髪にしている。

手越はffのキャラの真似をしているらしいが、
ティーダは外人だからな。日本人じゃねーからな。

黒髪の人、そして日本人、を否定して生きているわけだ
から、みさせられている方は気持ちが良い訳がないですよね。

全ての日本人の金髪茶髪野郎に一言言っておく。

世界のほとんどの人は、自分の生まれ持った髪を
茶髪や金髪にしている奴を目にするだけで
大変嫌な思いをしている。

ゴキブリやシラミなどといった害虫を
見ているのと同じ気分だ。
目を背けたくなる。

松本人志さんやビートたけしさんのように
白髪を隠す為に黒く染めるのが腹が立つというような、
ほんとは黒髪にしたいができないからという
理由の場合は仕方がないと思うが、

日本人に生まれたが、黒髪じゃない人も
いるというのに、正常な黒髪の遺伝子を貰ったのに、
自分の目標に到達する手段として、
内面を磨くことをあきらめ、ただ髪を染めるだけで
簡単に自分のクオリティが上がると勘違いして
あえてそれを否定して茶髪や金髪に
染めているような浅はかな考えをしている
奴ということを暗に主張している
ようなものなので、ほんとに
気持ち悪い、ダサい奴らだなあって
みかけるたびにつくづく思って笑ってしまいます。

茶髪や金髪にするならどうか日本から出て行って
下さい。お願いします。

お笑い好き視点でのまとめ ~2015.07.01 「AKB48のオールナイトニッポン 島田晴香 中西智代梨 大家志津香」

標準

トーク中の刺さったワード

AKBはバカが多い。島田

AKBINGOはまとめどり。島田

バラエティ番組を誇りをもってやってる。中西

さわやか系美少女、ハルゥテル天使、Wはるかに迷った
時期があった島田

しくじり先生パクリ企画でのトーク内容

大家

実はみんなと同じレベルなのに、
ファンが勝手に努力家キャラを盛大に煽ったことによって、
結果最近そのことでメッキがはがれて自分の首を絞めるような
感じになってきて困っている。

中西

HKTに入ってキャラも何もまったくつかない状態の時、
なにげなくものまねを楽屋でやっていたところ、
メンバーに好評だったので、それに応えてレパートリー
を増やして来て、自分自身でも結構活躍できている
感を感じ始めていたが、実際には握手会でさくらと
隣あわせに臨んでみると雲泥の差が出きて、
理由を自分に問いただした日々があった。
この時他人を笑わすことが人気の低下の原因に
なっていると考えて、どっちつかずで芸能生活を
送ってしまったが、普通に握手会人気も安定してきて、
ファンも増えてきた現在になって考え直してみると、
そのころに迷わずに自分の特徴である他人を笑わす
ことをもっと突き進んでいってたら、もっと人気が
でていたんじゃないかと思っている昨今である。

島田

デビュー当初、超絶かわいいはるぅww
さわやか系美少女
として渡辺板野前田小嶋大島島田と、すごい面子にまじって
AKSからプッシュされていた研究生時代の島田。
ぱるるも同時にWはるかとして美少女系として
売り出されていました。

しかし、自分でふと疑問がわき起こります。

私は全然さわやか系美少女じゃない。

でもこのAKSの期待に応えないといけないのか。。

雑誌ではさわやか系美少女として普通に
対応していた。

しかし、それとは裏腹にバラエティ番組等で、全力で必死に
演出に応えようと、先輩に悪口言ったり、歯に青のり
つけたり、

(ここから私の付けたしですが
ストッキングを被って自ら最高圧縮レベルで自分の顔
を変形させたり、ジャンボ島田として全日本プロレス
の過去のVTRを渡されて必死にものまねを覚えて
赤いパンツで陸上競技したり、総選挙のPRで
数分間食事するだけの映像を見せつけたり、
AKB夏祭りでモデルのオーディションを明日に控えている
のに、AKB支配人しのぶさんと大食い企画を全力で
遂行したり、、)

とやりすぎてしまったことで、
周りの空気が次第に変化していくのを感じ始めた。

しかし、自分のやりたいことはこの他人を笑わせたい、
盛り上げたいという一心でがんばっている現在の
姿。

また将来に目を向けると現時点での自分の一つの目標は
スポーツキャスターだが、
大食いキャラが先行しすぎてスポーツキャラが
それに食われる感じになってきてしまった。。

だからダイエットをがんばって最近は51キロに戻して
スポーツキャスターの夢に向かってがんばってます。

総評

回を追うごとに安定してきている中西大家島田、
最近は大家が小笠原の場合が多かったが、
3人が数年後ラジオの仕事を普通にやっているイメージをしながら
特にAKBという意識をすることなく楽しめました。

まず3人は気付いていないですが、この3人には大きな共通点がある。

サラリーマン家庭じゃなく、飲食店や旅館といった
いわゆるサービス業の家庭に生まれた女の子達なんですよね。

それを特徴づけることとして指原氏等とは180度違い、、
皆さん明るくてコミュニケーション力に長けている
人達です。

しかし、私は指原氏のような引きこもり系の性格なので、
結局この人たちには憧れのようなものを感じて
応援しているんですよね。

総選挙は圏外ですが、たぶんファンは
明るくオープンな性格だから投票しなくても
自分たちで切り開いていくだろうと思って
投票しないんですよね。

指原氏なんかはああ見えて順位が下がったら
落ち込んで卒業しそうですからね。。
強がって生きていますが精神的に弱そうですもんねww

この3人は私は島崎和歌子さんや井森さんみたいな
元気なタレントさんで普通に活躍していけると
思っていますので、いまのペースで自分の好きなことを
がんばって欲しいと思います。

ただし大きなスキャンダルだけは注意して下さいね。

それを気を付ければ大丈夫だと思います。

2015.06.21 島田晴香、念願の初主役番組はなんとドキュメンタリー。

標準

20150620島田晴香主演ドキュメンタリー詳細

「なぜ日本人はakb48に捕まったのか。」

というテーマで取材する対象になぜ島田と中村なのか理解に苦しむがw
まあテレビ向けにしっかり端的にまとめてコメントしてくれるし、
どこの派閥にも所属してない、外交的で本当のakbを知っている人
だからだと思いますよね。

多分秋元さんが聞かれて取材班に勧めたんだと思います。

さすが秋元さんですね。

これオススメですよ。

追記:

観て、なぜ島田かわかりました。
AKBの中で本当に中間所得層、
売れすぎても無く、売れなさすぎでもなく、
タレントとしてもずば抜けても無く、だめすぎでもなく、
標準的なメンバーなので選ばれたんだと感じました。