カテゴリー別アーカイブ: 小橋建太

木村響子氏がレスラーになるきっかけは小橋建太氏だった。

標準

仙台女子プロレスの解説をしていた小橋さんが、
水波&木村vsチサコ&KAORU
のハードコアタッグマッチ戦で
あまり凶器を使ったプロレスは
と言ったので実況がそれを引き留めようと
話を切り出しました。

実況
「まあなんでも木村は学生時代小橋選手に憧れていたという
話を聞いてますけども」

小橋
「僕も今日聞きましたよw」

実況
「あほんとですかw」

小橋
「はい。初めて聞きましたw」

「中学時代の卒業文集にオレンジクラッシュ
小橋建太と題名で書いてくれたそうです。」

実況
「おーーーーーーーっ!」

「うれしいですね!そりゃあねえっ。。」

小橋
「嬉しいですよね。。。。
はいっ。。」

ちなみにこの試合、凶器が許可されているハードコア
のルールっていう説明に小橋さんが

「私のハードコアっていう意味は肉体と肉体の
ぶつかり合いっていう定義なのでちょっと違うんですよね」

と。

ちなみに私もハードコアっていうのは暴力的
っていう意味だと理解しているんですが、
それと武器を使うはイコールにならないと
思うので、私も少しねじ曲がっていると思いますね。

だから本当のハードコアっていうのは2017年の
ケニーオメガと内藤のG1決勝なんかもれっきとした
ハードコアだと思いますね。

あと机とかパイプ椅子とかの攻撃なんかより
エプロンでのパイルドライバーとか場外での
タイガードライバーとかのほうが何百倍も
ハードコアだと思います。

という感じで花月のプロレス観を変えさせた
木村響子さんのことを調べていたらこの
ことは書いていなかったので書いときました。

大仁田さんも通常のプロレスができない障害を
負ったことでFMWのようなプロレスを
やるようになったんですが、
木村さんも同じみたいですね。

だからもし通常のプロレスを出来る場合は
こういう道に進むのは間違っていると思います。
逃げだと思います。

広告

2017.06.11 豆腐プロレス 「さすがの秋元康も日和ってしまったのか。」と感じた演出がありましたが、もしかしたらw

標準

三沢光晴ことチェリー宮脇と小橋建太ことロングスピーチ横山の一騎打ち。

ここまで観てきてWIP白金ジムの新日軍と錦糸町道場の旧三沢ノア軍という
設定を感じるようになってきて、三沢のエルボーと小橋の水平チョップ
の打ち合いの末に、横山が繰り出してきたのは、
師匠が娘の宮脇のために考案したエメラルドフロウジョン

ことサクラスペシャル。

しかし宮脇がこれを返して掟破りのサクラスペシャル返しでピンフォール勝ちという
内容でした。(以下エメラルドフロウジョンと言います)

ここで私は気になったことがありまして。。

そうです。

なぜタイガードライバーにしなかったのかというところですね。

三沢はどうしても負けられない同門対決(川田、小橋、ジャンボ、など)
の時は相手について鍛えられているから大丈夫だという信頼のもとで
タイガードライバー91という危険な技を渋々繰り出していました。

で、私はこのサクラスペシャルの打ち合いの時にずっと考えていたんですが、、
映像編集の時、ダミーを使っていることはまったくわからない感じで
、しっかりと演者の2人の顔がずっと残る見事な編集がされていたんで、

秋元さんはなるべく編集はしたくないんだな、、
できるだけさくらたんとゆいはんにリアルでやらせたいんだなって
いう秋元さんの熱い思いを感じたんですよね。

だから

そうするとタイガードライバー85や91

を本当は演出で使いたいけど、
コンプライアンス的な問題や女性だということを考慮して(
実際に女子プロでは一度も採用されてない)また、
危険すぎて編集で顔を残すのも無理だということから
断念して、エメラルドフロウジョンにしたんだろうと
思いました。

ちなみにエメラルドフロウジョンも決して危なくないわけじゃないです。

編集は苦労したんじゃないかと思いますね。

でもこれでオカダこと珠理奈のレインメーカー(リストロック式ラリアート)と
咲良のこれもしかしたらエメラルドフロウジョンではなく
最後にタイガードライバーが観れるのか。。

どこまで秋元さんがやってくれるのか、、
楽しみになってきましたね。

高山善廣「三沢さんは田上、川田、小橋と違い、底なし沼みたいで奥が深すぎた。」

標準

【三沢光晴をめぐる証言vol.5】高山善廣インタビュー
http://www.excite.co.jp/News/sports_g/20150104/Taishu_12959.html

旧ノアが破産手続きに入ったとのことで、久しぶりに三沢さんの映像を
見ていたんですが、馬場さんは三沢さんをどう思っていたのか
検索しようとしたら、この記事が検索されて見てみたら、
目から鱗でしたのでご紹介したいと思いました。

まあ三沢さんは亡くなっているのでリップサービスもあるとは
思いますが、言わんとしていることはわかりますよね。

最近だと棚橋も、相手の選手の全てを受けて、それの流れを生かしながら
自分の新しいものを出して、2人でしか表現できない面白い試合をしたい
というようなことを言いますよね。

猪木の風車の理論ですね。

馬場さんの弟子ですが、風車の理論。

旧全日本の馬場鶴田川田小橋は共に個性的です。

でもよく考えると新日のほうが三沢の考え方に近い選手が
多かった気がしますね。

まあ猪木さんの血が入っているから当然でしょうけどね。

今だと、丸藤、オカダも近いですね。

内藤と棚橋は足技が無いですからね。

%e4%b8%89%e6%b2%a2%e3%82%b3%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88

何をやってもいいのがプロレス

どんな格闘技とやっても勝つのがプロレス

三沢光晴