カテゴリー別アーカイブ: 大竹まこと

爆笑問題30周年記念単独ライブ『O2-T1』のテレビ放送のからくり

標準

爆笑問題30周年記念単独ライブ『O2-T1』

8月 31日 (金) 18:00 開場・19:00 開演
9月 1日 (土) 12:00 開場・13:00 開演
9月 1日 (土) 17:00 開場・18:00 開演

追加:8月30日

テレビ放送分は約1時間45分程度でした。

現場では2時間30分ありました。

考え方としては、現場に来た人だけなら大丈夫だけど、
テレビの放送に乗せたり、流通に乗せたりすると
その対象の人が笑いを理解してなかったり、
いじられたくない場合だったりすると、
勝手に一方的に名前を出したので、
めんどくさくなることと、
笑いがおこって、それにかぶせてさらに笑いを大きく
していた場合のそのかぶせの部分もカット
されてました。

例として、太田さんのウイルスに侵されて
田中さんのネタを連呼するシーンがあったんですが、
放送では静かでしたが現場では爆笑だったんで、
なんなんでしょうかね。カットされてたのか、
たぶん放送分は1日の2回目の分だと思いますが、
その回だけ重かったのか。。

あとジャッキーチェンのネタの時、現場では
河合奈保子からの柏原芳恵、さらに
空港でひっかかったまで行ってますからねw

テレビで紹介された雰囲気はシュールでクールな
感じでしたが、太田さんが息苦しくなるので、
適当にアドリブで泥臭く枝葉をつけていたので、
現場の雰囲気的にはシティボーイズに近い
感じでした。

太田さんがきたろうさんですかねw
田中さんが大竹さん。
斉木さんは2人で分担て感じですかね。

刺激系の芸人さんのライブは現場じゃないと
結局本質がわかりませんから、受ける印象も
映像のみの人と現場経験者では真っ二つに
なるので、本当に自分の印象を見極めたい
人は、好きな人も嫌いな人も是非
現場を体験してからにしてほしいと思います。

一通りチェックして「青春高校3年C組」はとてもじゃないが「夕やけニャンニャン」レベルではないと判断して見限ることにした。

標準

私は以前、青春高校3年C組は夕やけニャンニャンだと興奮気味にお伝えしました。

しかし、我慢していくら観続けても何も面白みを感じずイラつくばかりだった。

もう隔週MCも全て観たけどいまだに滑ってる雰囲気が充満
しているので、何が違うのか考えることにした。

私は常に夕ニャンはとんねるずと大竹まことと秋元康
が爆発させたと主張してきた。

そのとんねるずと大竹まことの大活躍していたコーナー
の番組内でのポジションを考えると自ずと答えが出た。

それは、番組の主人公であるおニャン子クラブ
とは無関係な視聴者ととんねるずや大竹まこと
がタイマンで対峙する企画のコーナーが
爆発していたのです。

夕ニャンは60分番組だったので、前半の30分を
おニャン子関係のコーナーに割り当てて、
後半の30分はおニャン子がほとんど関わらない
コーナーに割り当てられていて、
そのコーナーが跳ねていたんですね。

しかし、
今回始まった青春高校3年C組の構成は
30分番組なので、そんな余裕はなく、
30分全てをおニャン子と同じ役割の
素人のオーディション
企画に割り当てているので、
私が期待していた若い芸人による
ビッグバンは期待できるわけがない
わけです。

だから、

私はおニャン子に全く興味がなく、
とんねるずや大竹さんしか興味がなかったので、
今回の青春高校3年C組に全く面白みを
感じないのはいたって当然なんですよね。

しかし、もし60分あったら、
佐久間さんは30分を芸人さんの
単独コーナーにしていたのかと
いうとそれはわからないわけで、

そうすると、、今回の失敗は
テレ東の編成が全て悪いのか、
秋元康が悪いのか、
佐久間さんが悪いのか、

理由は特定できかねますが、
私は3週間観て全く光明を見出せずに
期待が回を重ねるとともに
萎えていくばかりなので、
もう見限ることにしました。

あとオーディションの素人の
煽り文句にイケメンとか美人とか
面白さよりルックスを重視
するようにした下品なセンスに
もがっかりしてきたのもありますね。。

多分、数字が落ちてきているので
そういう方向に走り出したんでしょうね。

色々なものに巻かれて大変でしたね。

1年間の辛抱です。
佐久間さんお疲れ様でした。。

たまったものはゴッドタンとキングちゃんで
発散して下さいね期待しておりますww

お笑いスタ誕ていうより、夕焼けニャンニャンの立役者って紹介しろよ。お笑いナタリーも大した事ねーなw

標準

木梨憲武(左)と大竹まこと(右)

お笑いスタ誕はネタ番組なので共演はなかったですが、
夕焼けニャンニャンはとんねるずと大竹まことが
自分以外の全ての人間を敵に回す覚悟で
自分のセンスを信じて暴れて、
秋元康がその感覚を共有してサポートした
おかげで成功したと言っても過言ではないです。

そしてその立役者だった秋元康、とんねるず、大竹まことが
未だに第一線で活躍していることで、
そのセンスに狂いが無かったということを
時代が証明しているんじゃないかと思います。

ちなみに攻撃性より自分の保守にまわって、
それに乗っかっていなかったその他の人たちは
第一線を退いているのも悲しいかな
センスに未来性が無かったということを
証明してしまっている気がします。。

とんねるずはみなさんの最終回近くを観ていても、
特に若い時と変わらず、新しい笑いを創り出すという
基本精神に則った笑いのセンスに狂いは感じないので、

数少ない番組しか出演してなくて、
関係者もそれ関係だけなので
スタッフが使い方をまだわかってないだけで、

みなさん以外の仕事を重ねて新たに関係者を増やして
経験値を蓄積していけば、若いスタッフが
使い方を理解してまた仕事が増えていくんじゃないかと
いう気がします。