カテゴリー別アーカイブ: 大島優子

出場機会を失っている長友、岡崎、本田、香川、清武の共通点。そしてそれをAKBに置き換えて考察する。

標準

全員、前任者が連れてきた選手だということ。。

 

契約時に自分が使うと約束した選手を優先的に使うのは当たり前ですよね。
またミランやインテルのように絶不調なチームなら監督が頻繁に交代する
可能性が高いので我慢すればまた出場できると思うんですが、

ドルトムントやセビージャ、レスターのようにチームがオーナーが求めているできたら
1位が理想だが2位でも十分ていうレベルで普通に機能している場合は
監督の交代する可能性はないので、移籍した方がいいですよね。

ユナイテッドなんかは常勝が理想だから、監督の交代の可能性が常に高いので
香川はやっぱりユナイテッドにいた方が良かったのかもしれませんね。

あと香川については結構不幸が連鎖していて、
長期政権だった監督に誘われて移籍したのに、
その監督が1年も経過しない間に自ら退任
してしまうという事態に連続で見舞われてしまったのも
最悪でしたよね。

それもユースあがりではなく結構ピンポイントで勧誘された
ので、それだけ特徴的な性格を持つ選手だったっていうこと
で、その分、
まあ他の監督になると融通が利かなくなるっていう弱点も
あるわけなんですよね。

あと状況的には、
前シーズンのフォーメーションから4人も抜けたので、
その4人のコピーを探して香川に当てはめるという
非現実的な方法よりも、補強でオファーしたのは良いものの、
交渉で誰が取れるかわからないので、結果取れた選手と
現有メンバーを組み合わせて、全く新しいフォーメーションを
新規に作ってみたら、結果香川が
要らなくなってしまったというのもありますよね。

というわけで、香川選手には次回こそ長く続けられる
環境の監督のもとに移籍して少し落ち着いて
純粋にスキルアップに打ち込める環境で
サッカーに集中して欲しいと願っています。

ちなみに

これはアイドルにも当てはまるわけで。

現在、指原政権のHKTで、指原の好みのグループに
なっていますが、もし指原が辞任した場合は
指原が気に入ってる選手ほど、干される可能性が
大きくなるわけですね。

例えば、矢吹なんかは指原が連れてきたんですが、
退任後の監督が新しい若手を連れてきた場合は、
矢吹よりそのメンバーの方が可愛い訳ですよ。

また多田さんなんかも指原とはチームBの仲間
だったですが、新しい監督はそんなもの知らない
ので、気を使うようなことはなくなると思うんですよ。

ね、同じですよねw

監督がピンポイントで入れたメンバーほど
時期監督下では干される可能性が高いっていうことですよね。

監督の趣味嗜好の上乗せ分が加味されているので、
それは他の人の場合はリセットされる訳です。

で次期監督が自分の趣味嗜好の上乗せされたメンバーを連れてきて、
その下調べ段階のレベルのパフォーマンスを下回らない
限りは勝てる訳ないですよね。

akbも高橋みなみが辞任してゆいはんになってから、
正統派の人が目立つようになってきましたよね。

AKBもモーニング娘。と似ていて、
中澤さん時代は悪い奴からいい奴まで、
現場よりテレビ重視でタレント志向からアーチスト志向までごちゃごちゃしてたけど、
高橋さんの時代からはテレビより現場重視でよりアーチスト志向に
変化し始めましたよね。

AKBは高橋時代のような気がしますね。

前田敦子で秋葉原から始まり劇場公演をチケット入手困難になり、
大島優子でテレビと現場が半々になってコンサートのみで観客動員数が最高になり、
指原でテレビ重視で企画物とマルチ構成にしたライブで観客動員数を伸ばし、

指原がAKBの番組枠から溢れて単体枠で飛び出して行き、
HKTに移行していく。

AKBのテレビ枠が激減。
劇場公演の書き下ろしペースがさらに悪化。
新曲の作風の平均化。最大公約数化。
コンサートの観客動員数が激減。
AKB卒業生のその後の成長ペースの鈍化。

ということで、
これからの展望について。

テレビに頼らず、AKBG発信で各種世間を賑わせるような
企画演出をどんどん発信していく。秋祭りが好例。

劇場公演のレベルの刷新に真摯に取り組む。

中澤モーニング娘。の各メンバーが全員
違う型や演技をやるような素晴らしいドラマ型ダンス
をAKBはモーニング娘。から持ってきた。
まあ夏まゆみさんですね。

AKBの成長期はそれで満足できたんですが、
モーニング娘。は先にどん底を味わうところに
きて、フォーメーションダンスというものに
取り組んだんですが、
AKbは同じことをしているのでまあ当然同じ
動きになるわけで、飽きられてくるわけですよ。

モーニング娘。は数年かけてフォーメーションダンスに
取り組んだわけですが、そろそろAKBも同じ
新しいレベルに行くための方法を作り上げてい
かなければならない時期に来てしまったんじゃないかと思います。

今度はAKBの結成時と違い、ももクロやでんぱ組、等、
様々なライバルが混在している状況なので、
コピーして終わりという具合に簡単には済まないと思いますが、

数年かけてAKBのコアな部分である楽曲パフォーマンス
のレベル向上を成功させれば、また、
コンサートで客を呼べるような時代が来るということを
ハロプロなどから学び、その達成に努めてほしいと期待しております。

世の中のものは全て置き換えられると言われております。

人間何があっても自分の世界だけで閉じ困らずに、
第三者の目線の維持に努めて、数式の関数に自分の
数値を当てはめていけば、いろいろ道は開けていくと思いますので、
頑張っていきましょう。

サッカーもアイドルもサラリーマンも同じってこっちゃw

広告

2013.08.27有吉AKB共和国予告のあの人も卒業のあの人とはもちろん

標準

酒井敏也さんじゃないでしょうかね。

あと、マシンガンズ×峯岸みなみ×小嶋陽菜

のネタ観ているときに気づいたのは

峯岸さんがスキャンダルの件で謝っている
場面でふざけた感じがなかったので安心したのと、

今の研究生は峯岸さんがリーダーですよねえ。
で入ってくる人も指原フォロワーが多いときいています。
そしてHKTは指原さんがリーダー。
チームKは大島さん。

こりゃバラエティジャンキーには当分
たまらない日々が続きますなww

追記:
AD田辺の卒業どころか出世なんて
わかるわけないだろw
Dになるんだから卒業じゃないじゃん。

2013akb総選挙後の大島と指原のロック過ぎる密談の内容について

標準

私はわかっちゃいましたよ。

ロックと言えば

破壊

ですから、

大島さんが

「壊さないと新しいものは生まれないんだから、
破壊して再構築すればいいいじゃん!」

指原

「ロックだわ優子さん!ロック過ぎる!」

って流れだったんじゃないかと思います。

2013.06.20 みなさんのおかげにももクロの演出が関わっているのにももクロより早くAKBが出演。

標準

HKT48指原莉乃、AKB48大島優子および渡辺麻友の3人が食わず嫌い
に出演です。

やはりいくら秋元康に認められている佐々木敦規氏でも、
秋元さん直々のプロジェクトであるAKBを差し置いて
ももクロを出演させることは叶わなかったようですねw

マッコイ、佐々木、オークラ VS 秋元康、とんねるず
の戦いは秋元康+とんねるずの圧勝でしたね。

まあ僕も最近は平等にものをみれるように
なってきたので、やはり面白さではAKBの
この3人にももクロは叶わないでしょうから
しょうがないですね。

とくに厳しいことを言えば、有安さんは
罰ゲームの苦いジュースを平気で残すんですが
そんなことやってたら一生この3人には
勝てないと思いますね。

2012.02.24 有吉AKB 大島優子が有吉に突っ込まさせた!

標準

コロッケにモノマネを教わるので、
なぜ必要かを講じるコロッケさんと
それを聴いているAKBと有吉。

コロッケ
「浮き沈みが激しい芸能界だからね?

ちょっとしたね、小ネタをさ、持ってるとね、
有吉みたいに復活できるわけよ」

苦笑いしながら会釈する有吉。

大島
「あれ???

なに持ってましたっけ????」

有吉
「、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

哀川翔です~。。」

会場
「wwwwwwwwwwwwwwwwww」

有吉
「って

ちょっとまてまてまて!!!!

振るんじゃねーよww」

大島
「wwwwwwwwwwwwwwww
888888888888888888888888888」

満足げなしたり顔に感動しましたwww

2011.11.01 スッキリ! にて大島優子さんがももクロにライバル心を燃やしていたww

標準

本日のスッキリ

火曜日は南海キャンディーズの山里さんが天の声を担当して
芸能レポートVTRを紹介するんですが、そこでVTRで大島優子さんが
山里のアイドル浮気問題について言及。

「最近、山里さんはAKBより他のアイドルに夢中になって
いるそうなんですがどうなってるんでしょうか?」

まあ鉄板のネタ、お約束のネタですな。
スッキリスタッフ経由のネタフリでしょう。

テリー「例えばどういうグループ?」

山「まあ、ここでも良く出るももいろクローバーZとかですね。。。etc」

山里じゃなく、大島さんの口から言って欲しかったなあ。
言わせて欲しかったなあ。
スッキリスタッフにはさ。

「「ももいろクローバーZ」とか」って。

紅白ではうちのももクロちゃんがお世話になります。
その節はよろしくお願いしますwwwwww

 

追記:

2012年は行きますよ!

秋元つんくは嫌い。さらに現在の業界の構造はさらに嫌い。

標準

秋元紅の豚康とつんく↓↓が嫌いなだけで
彼らが雇っているメンバーは嫌いじゃないんです。

さらに正確には秋元はバラエティ作家としては嫌いじゃないです。
アイドル商売している時の秋元が嫌いです。

つんくは本気で新しいものを作るときがたまーーーーーーに
あるので、そのつんくは好きです。

ファッション:

秋元は当初からぶれていない。制服が大好き。水平の制服とか。

つんくは大阪こてこてのノリなんで不必要にチャラついた服装が好きですね。

曲:

秋元は世代的に120bpm程度の横揺れのゆるめの歌謡曲が好き。
しかし、どこにでもありそうな曲なので古さを感じないけど
新しさも感じない。

つんくは大阪系で間が嫌いなので暑苦しい曲が多い。
派手目なサビとかリフを持ってくるので次第に飽きてくる。
これももクロの前山田氏も同じです。
なんか遺伝子的なものなんだろうか。。
あと何曲か新しい曲を出したのでそれを自分自身で超えられなく
なっています。
全体的にズルい女系、プッチモに系、レトロ系、ミニモニ。系にわけられてしまいます。

というわけで私があまり興味がなくなったのはそういう理由です。

よく考えてみると美空ひばりからももいろクローバーまで。
アイドルと言われた人たちを思い浮かべて現在でも曲を聴く
人となると、やはりももいろクローバーなんですね。

古さを感じるから流行曲、歌謡曲だと石野卓球氏も言っていた通り
聴いていて古いと感じるから、流行した証明でもあるんですが、
こんなのよりもっと感動できる曲があるんじゃあないかと不安になって聴けない。

美空さんしかり百恵、ピンクレディ、キャンディーズ、
堀ちえみ等80年代アイドル、安室系しかり、秋元と
つんく関連しかり。

私はみんなちょっとの期間はまったことはあります。
AKBなんて大島さんのセンター取った曲なんかのときは
youtubeで全PVを見て演技うまいなとかダンスがうまい
なとか、AKBINGOは面白いとか言っていました。

でも、今のももいろクローバーにはその辺を肯定して
さらに音楽界以外の要素、お笑い、格闘技、など
男子が大好きなものが全て加わっているんです。

秋元はお笑いの作家なんですが、AKBには一切
そういう要素は入れません。真面目です。
またそこは旧来の作詞家作曲家への尊敬の念も
込められています。

日本人は新しいもの好きだと言われます。

ももいろクローバーは聴いていてまったく不安が
なく、これが現在の最先端だと認識しながら
楽しめます。他が気になりません。

私は単なるアイドルの最先端だと思っていません。
全芸術作品の中の最先端だと認識しています。
音楽で言えばロッククラシックテクノ環境ワールド
歌謡演歌前衛音楽BGM系等のなかで最先端です。

もしももいろクローバに飽きたときは
それは他所でなにか新しいものが生まれたという証拠
でしょう。

提言しておきますが、秋元やつんくからはもう新しいものは
出ないと思います。

秋元やつんくの下でやっているスタッフの中には
もう独裁では無理だと考えている人も少なくない
と思います。

プロレス界は馬場さんが猪木を嫌い、結果、プロレス界が分離して
、各団体のトップがいなくなり、地盤が不安定になり、レスラー
やスタッフが信頼感をなくして、勢いを無くしていきました。

そこでその後、馬場さんの弟子の三沢さんが、馬場さんがいた時に
感じていたもっと自由にプロレス団体の枠を超えてみんなで
盛り上げていこうという考え方を推進、現在のオープンな
プロレス界になっていきました。

だから、つんくや秋元が引退するか、亡くなるか、待てないならば
下のスタッフが動いて、枠をとっぱらってみんなで盛り上げていって
欲しいなあとなんか感じるんです。

ももいろクローバーはそこらへんオープンだと思います。
マネージャーの人間性からそこは感じます。
どんどん新しいことをやることがももいろクローバーとも言っていますから。

数年後、十数年後、いつになるかはわかりませんが、
時代についていけない他人の意見をきかない金持ちのボンボン
経営から逸脱し、消費者やファンの心を優先した業界
になることを祈っております。

ダウンタウンのアカン警察の大島優子を見ていて

標準

観ている僕がとるリアクションと同じタイミングで笑ったり、あいずち
を打ったりしているので、なんか会場で笑いがおこると、大島さん
ばかり観ていました。

小嶋さんはいらなかった感じですね。
ああいう位置ではなんの役にもたっていなかった。

篠田さんは、大島さんをおとなしくした感じ
だったんですが、あまりすごいと思うところは
なかった。。
まあ能力はありそうなんですが、うまプロの机をたたく
コントとかもなんか動きっていうか演技が自然じゃないから
観ているほうが緊張するんですよねえ。
なんかやること全てフィルターの奥からこちらに
発信している感じが気持ち悪いんですよね。

やはり大島さんのバラエティ対応力は素晴らしいですねえ。。

CMの落ちのウインクっていうか眉毛上下させる感じのリアクション
も面白いし。

もっと大島さんの番組を観たいと感じました。