カテゴリー別アーカイブ: 外道

外道「オカダは型にはまってしまった。」その通りだった2019.1.4でした。

標準

オカダはチャンピオン時代の入場テーマ、コスチュームに戻して
挑んだが、プロレスの中身も悲しいかな昔のままだったので、
結局、進化中のジェイホワイトに負けた。

まあ外道さんの言う通りでしたね。

オカダは進化しないとこのまま落ちぶれ続けて
いくだけでしょうね。

反省するのはオカダのほうだったのかも知れません。

タイチ(石狩太一)選手のルーツはコスチュームのカラーリングで表現されています。

標準

タイチ 2018年3月10日

タイチ20180310

川田利明 2005年7月18日

2005川田

天龍源一郎 2000年10月28日

天龍川田20001028

川田は天龍同盟。

石狩太一は川田の付き人で下積み。

同期の中邑と田口が新リングネームを考案する際、
マリスミゼルとかガクトとか言ってビジュアル系
好きを晒した。入場曲のルーツはそこから。
ガクトがボーカルだったマリスミゼルの
元メンバーのバンドの楽曲です。

また外道クラッチは新日本参戦初期元外道邪道とトリオを組んでいたのがルーツ。

タイチの命名はミラノさん。
正規参戦後初めて遠征した時の相方がミラノさんだった。

ということで、、

2018年3月10日の棚橋戦の内容がなぜ感動したのか
と考えると、数十分の中にタイチ選手の全ての歴史が
表現されていて、それを視聴者はすごいスピードで走馬灯
のように脳裏に焼き付けられたからだと思います。