カテゴリー別アーカイブ: 千鳥

2019.11.21千鳥の大漫才2019。内容は厳しく抑制されているので状況を、可能な方法でお伝えします。

標準

今回は元渋谷公会堂、大悟さんが付き合いのある
志村さん繋がりでは、お化け番組、
8時だよ全員集合がつくられていた場所。

現在はLINE CUBE SHIBUYA

一時、CC LEMONホールなんていう呼称もありました。

私は1度子供の時に当選して行ったけど
いかりや長介が目の前に来て泣き出して
何も覚えてない、泣いたことした覚えてない
という悲しい場所ですw

ちなみに意外とももクロはおろか、
アイドル関連で行ったことは皆無で
楽しみでした。

行き方は、渋谷と原宿のちょうど中間地点なんですが、
渋谷は人混みが漏れなく進行の邪魔をしてきやがるので、
私は原宿発を選択しました。

結果、これが大正解でしたね。

南口から西に出て代々木体育館の東沿いに歩いていくんですが、、
数人とすれ違うだけで、ほぼストレスフリー。

行きも帰りも駅がすいています。(午後9時)

隣にセブンイレブンがあります。

入ると、1階席なのに、エスカレーターで2階分登って行き、
戸惑いました。
まあNHKの近くなので山の上なんでしょうね、
入り口が地下みたいな構造なんでしょう。

内容はいつもの漫才と合間のVTRを繰り返して前半60分
が終了。
そこから企画コーナーで、いつものやつですねw

私は2017年から2108年をスルーして2019年と相成った
んですが、

2017年の時、合間のVTRで東京進出に失敗して
仕事を失っているダイアンを
わざと風が強いふきっさらしのどっかのテラスに
呼び出して、千鳥の素晴らしさを語らせる、っていう
演出で、マニアには2組の強い友情を表現する
ことに成功した公演でしたんですが、

ここから次年度、そのダイアンがすこし東京で
ブレイクしはじめ、あるていど名前が響き
わったところで、それが認められ
本編に配役され、それが継続している
2019年でした。

2017年はダイアンがいろいろボケで真剣に
語ってても受けてなかったんですが、
今年は津田さんが出てくるだけで大声援
っていうところに感慨深くなりました。。

ユウスケさんもただハナ肇状態でセリフ無しで
仏像状態で出てきただけで大声援で。。

2年でこうも変わるもんなのかと。。

いやいや素晴らしかったです。

後半の大悟劇場は出演者をよく考えたら
大悟さんには関係なく、
ゴッドタンで披露したノブ軍団
でw

女性が出てきたのでまさか指原??
と期待したんですが、女性は
毎回変える意向みたいで違いました。

気が付けば2時間30分の長丁場っていうか、
衣装替え休憩の名を借りた大悟さんの
タバコ休憩wが20分あったので
実質な本編の時間は120分でした。

千鳥の大漫才2019の座席が前回の2017より良くなったこと等から推察するチケットよしもとの座席配分システム。

標準

千鳥の大漫才2019
11/21(木)18:00開場 / 19:00開演
LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)

千鳥の大漫才、最初に行ったのは2017年のよみうりホールでした。

FCに入ってるので、1階には最低でもなるだろうと思っていたんですが、
ふたを開けてみれば2階の後方でした。

行った時にも書いたんですが、まあこれが最悪でして、
表情が見えないのに、表情ネタが多くて、
遠距離対策のバックスクリーンモニターも
用意されてないためにストレスがたまりま
クリスティでした。

やはりお笑いは20列以上ある現場の最後方では
楽しめないという私の定理が確証に変わったイベントでした。

そして今回。
LINE CUBE SHIBUYA。

29列の大ホール。

さらに2階はその29列目から後方に10列。

今回は、そういうことで、モニターが置かれる
ことを期待してエントリーしました。

結局、当選して、座席は20列目になったんですが、

数年チケットよしもとの会員を継続していて、
わかってきたことは、
アーチスト別で初回は悪い席だが、回を重ねるごとに
次第に良い席になっていくようなきがしてきました。

だから例えば、千鳥の大漫才をもし2018年も
参加していたら、3回目なのでもっと良い席になっていた
んじゃなかろうかということですね。

ちなみに、これハロプロも同じ傾向があるんですが、
後日。

2018.09.10石橋貴明のたいむとんねる 貴明さんが現在の千鳥の力量を具体的にコメントしてました。

標準

一緒に銭湯に入湯後、ビールを飲みながら千鳥の将来について真剣に語り合う3人。

 

 

千鳥

「がんばったら我々はどの辺までいけますかね。。」

 

貴明

「小木は簡単に抜けるのは間違いないw

 

有吉は苦労してるから、、、、まあ抜くのは至難の業だと思うけど、

 

小木は簡単に追い越せる!!小木はw」

「千鳥の大漫才」は、チケットぴあの特別販売利用料514円を払ってまで行く必要があるのか?

標準

特別販売利用料514円はわかりやすく置き換えると

ライブハウスのドリンク代ですね。

しかし、先行で購入した場合、特別販売利用料514円をチケットぴあ
から取られて、さらにドリンク代500円を取られることになるので
見過ごせないなって思いました。

さらに、今千鳥の大漫才の先行なんですが、
チケットよしもとの会費も300円払っているので、
そうすると800円も余計に取られることになるので

全席指定 5,800円 × 1枚 5,800円
システム利用料: 216円 × 1枚 216円
発券手数料: 108円 × 1枚 108円
特別販売利用料: 514円 × 1枚 514円
料金 6,638円

7000円になるわけですが、チケットよしもとの先行
の場合は6400円程度になるわけでして。

座席については昨年はチケットよしもとの先行で
当選しましたが2階の中段という最悪な場所に
なってしまったので、先行でも一般でも
変わらない気がしますが。。

また内容は漫才が60分で、千鳥軍団の企画が60分なので、、

そうするとですよ、、

ルミネtheよしもとのトーク企画に行った方が
満足できるんじゃないかという気がするんですよね。

ルミネtheよしもとなら有料会員なら前列なので。

今年はチケットよしもとの先行に外れたんですが、
考え直す良いきっかけになった気がします。

高額で遠方の漫才より
低額で近方のトーク。

千鳥の魅力を感じるにはそちらの方が
有効的な気がしますから今回はスルーします。

千鳥の大漫才2018年が決定。激務なのに恐れ入ります。

標準

千鳥の大漫才2018

2017年はよみうりホールでやったんですが、
ダイアンへ執拗に繰り返して怒り出すさまが
面白かったVTRコメントを挟んだ形での漫才60分と、

志村魂に憧れた大悟さんが大悟魂をパクって
ノブファミリー総出演でなんとか大団円で
終演しました。

その様子を書いたんですが、

大型モニターが無いので表情をいじるネタは一切
わからなくて笑えなかったんですが、
今回は中野サンプラザだということで、
修正されていたらいいんですけどね。

■大悟
昨年は、まだ仕上がっていなかったので、
今年は僕が見ている景色をお客さんにも見てもらいたいです。

■ノブ
昨年は大漫才と銘打っていたのに、漫才が1時間で終わってしまい、
そこから変なことになったので、今年こそは2時間たっぷり”漫才”を見てもらいたいです。

そこから変なことになったというところが
大悟魂ですねw

昨年は仕上がっていなかったということは
今年もやるきだな大悟魂wwww

2018.10.11 中野サンプラザ
2018.11.8 広島
2018.11.15 大阪
2018.11.29 福岡

て感じですね。

福岡は博多座ですが、この場所は漫才だけだとできない
と思うので、大悟魂のおかげだと思いますw

今回もしかしたら仕上げに志村さんが来る空気を感じる
んですがどうなることやら。

第51回爆笑ヒットパレード2018 千鳥が最新バージョンの寿司屋ネタ、ハライチが新機軸を完成させて素晴らしかったです。

標準

千鳥は私が以前、
「イカ二貫」
のワードセンスに爆笑するひとは単独ライブがおすすめ
と言った
んですが、千鳥のノブさんがそれを自ら
公言してくれたのでさらに好きになりました。

上記の北野演芸館の寿司屋ネタと、その時同じことの
繰り返しに飽きてきて、松村さんの貴乃花ネタのように
単独ライブあたりから表情をどんどんひどくさせた顔芸をぶっこむようになり、
アメリカの刺し方のところもワードを更新して、
今回特に凄く感じた部分は、

だいご「、、、、そこにカレーをかけました。。。」
ノブ「、、、じゃあそれはもうカレーじゃ。。。」

っていうネタでしたね。。

いろいろなんだかんだやっても、最後にカレーをかけちゃうと
カレーになっちゃうっていう、哲学のような
ものに大笑いしました。

あと最後に志村さんがカウンターにいていじる下り
を、フィギュアスケートの選手のグッズを店内に飾って
それをいじるネタに変えていて、それも新しかったです。

ノブさんが好きなももクロさんならわかるけど、
なぜ2人とも一切話題にしたことないフィギュアなのか、、
不思議でしたw

それかそういう環境用に作ったネタをガッチャンコ
させたのか。。ゲストにフィギュアの選手がいて
みたいなね。

まあしかし、今までの寿司屋ネタのレベルを
軽く超えて来たのには、やはり何回も
上京を失敗してきた二人のこのヒットパレード
にかける意気込みを感じて感動しました。

そして、ハライチ。

以前はワードだけを澤部さんに言葉遊びのように
ぶっこむだけで表面上のその場限りの笑いだけでしたが、

それにストーリー性という二次的要素をもたせて、
より考えて岩井さんのイメージしている場面
ていうか、映像を共有しながら、考えて笑える
ような深みが出てきたことで、
岩井さんのポジションも以前より重要に
なって語り部的な立ち位置になって、

岩井と澤部でハライチなんだという
感じが以前より強く感じられるように
なってきたきがするので、

いろいろ岩井さんがゴッドタンでいじられた経験が
プラスに作用してるんじゃないかっていう
気がしました。

ワタナベエンタのふかわさんから、アンガールズから
ハライチという流れで私は構築しているんですが、
ふかわさん以外は素晴らしい芸人さんに成長
したなって思います。

アンガールズさんももてない男の深層心理に
訴えかけるようなネタで、キングオブコント
より何百倍も刺さりました。

ふかわさんもやりゃあできると思うし、
ふかわさんの場合、お笑いの方が音楽より社会に
衝撃を与えることが出来るきがするので、

あるあるネタをブラッシュアップさせて
もう一度復活して欲しいと思ってます。

最後の爆笑問題については、
先日の検索ちゃんの出来が嘘だったかのように
出来が悪かったですね。

あれがたまたまじゃなかったことを祈りたいです。
今回はウエストランドの方が面白かったですね。

あと間に挟み込んでいる中継はアキラ100%でしたが、
以前に担当していたザキヤマさんのほうが
何百倍も面白かったですね。。

2017.11.05 千鳥定期単独ライブ 大漫才2017 内容は最高だが現場が最悪でした。

標準

これ私は行かないといけないっていう意気込みが
凄かったのでエントリーして当選して公演日前日
に確認するまでルミネtheよしもとだと思っていた
んですが、よく確認したら有楽町のよみうりホール
で、参りました。。

で現場に着くと、ビックカメラ内のエレベーター
は長蛇の列なので、なんでみんな階段から行かないんだろう
とがら空きの階段で7階まで行こうとしたら、、

2階あたりからエレベーターより長蛇の列で、
このまえの後楽園ホールに近い感じで、
開演15分前なのに大丈夫なのかなって感じで
並びました。

案の定開演時間がおしてやっと開演。

舞台の演出や映像はルミネでやるまんまの
シンプルなやつでした。

まず漫才をやるんですが、
内容はこの単独用に書き起こしたものじゃなく、
十八番のネタを基本に内容を新しくしたもので
構成されていました。

あとこの日の冒頭で客席を眺めて坊主頭が多い、
おやじばかりって嘆いて始まったんですが、

それに安心したのか、

ネタもRGさんみたいに若い客が付いてこないのなんて
お構いなしにアラフォーネタをぶっこみまくって
私的には最高でした。
千鳥の世代ネタに撃ち抜かれているじじいたちだけ
、静まり返った会場で拍手して大笑いしていました。

だけど、私の周りの女性たちは言ってることが
わからなかったって嘆いていましたw

あと私は今回2階だったんですが、モニター画面
のサポートもなかったので、顔の表情で笑わす
ネタがあったんですが、そういったやつは
表情が確認不可能なのでついていけませんでした。

前半は漫才とVTRネタを交互にして1時間。
で幕が一度下りて10分の休憩を挟んで2部が開演。

2部はやりたいことを千鳥が自由に企画して
それを実行する時間でした。

昨年はゲームコーナーみたいのをやったんだけど、
今回は広い会場なので、それをいかしたものをやりたいと。

で最近大悟が毎晩共にしている志村けんさんの話を
出して、志村さんは志村魂という企画で日本中を
まわっていて素晴らしいことだといい、
自分も定番の企画をつくって日本中をまわりたいと
言い出して、それをやることに。

その内容がですね、

岡山の人たちなのに、あまり新喜劇とかよしもと系の
雰囲気はなく、くりぃむの有田さんとかおぎやはぎ
とかのセンスと似ていて驚きました。

なんか岡山って面白いですよね。
ウエストランドもそうですし、次長課長もそうですが、
大阪の雰囲気はないんですよね。

なんかごつごつした変幻自在のオリジナリティたっぷりの
変態的な笑いのセンスがあるんですよね。

千鳥って大阪ぽいイメージなんですが
実際は全く大阪じゃないんですよね。
非常に間違いやすいので注意です。

そして最後に漫才でしめて終演でした。

これ先ほど顔の表情を使うネタが遠すぎて確認不可能で
置いてけぼりになった話をしたんですが、

今回はよく会場規模を確認しないでエントリーしてしまった
んですが、
正直ルミネ規模より広くなったら行きたくないと
思いましたね。

漫才の演者が表現するものを額面通りに感じるには
最高でも縦が20列以内の現場が限界な気がしますね。

今年初めて大きな場所になったって言っていますから
私は最悪なときに当たってしまいました。。

今日の内容はルミネだったら何倍も面白かったと思いました。

今回は勉強になりました。

千鳥の大漫才2017

テレ東伊藤Pのにちようチャップリンと佐久間Pのキングちゃんが再始動。出川さんのレギュラーの経緯も明らかに。

標準

2017.04.09 日曜22時 放送開始

にちようチャップリン(伊藤P)

2017.04.10 月曜 放送開始

キングちゃん(佐久間P)

にちようチャップリンは土田さんと内村さんで変わりはない模様。

ただし、ふきだまりという、次期出演を狙う芸人がたまっている
部屋から中継する演出があるんですが、
その中継役は深夜では綾部と澤部だったのに対し、
予算が付いたことで、アンガールズ田中と 井戸田潤さん、
相内アナに入れ替わっていますね。
相内アナは舞台の仕切りでしたが控えにまわり、

舞台という現場の最前線の仕切りは
ハリセンボンと千鳥にパワーアップしましたね。

内村土田ゲストの女性で舞台の芸人について一般視聴者
との橋渡し役をして、
ハリセンボン千鳥でネタ以外の芸人の人間性を引き出しっていう
感じですね。

先日囲み取材があり、

経緯の説明を土田さんがしていて
興味深かったので取り上げます。

「チャップリンシリーズ?」と初耳の単語だったようですが、
『そうだ旅(どっか)に行こう。』で、旅ロケに出る若手を決めるため
のネタ番組が出発点で、
「そこで優勝したのが横澤夏子です。

で、その回が意外に好評だったというので、
旅番組やめてネタ番組になっちゃったっていうね。。」

テレ東はやんちゃなパンキッシュなピストルズ系佐久間Pと
ダラダラしたブルース系のストーンズ系伊藤Pって感じで
バランスよくコンテンツが制作されていていい感じです。

これに最近はゴッドタンの双津ディレクターが単独で活躍し始めてますね。

しかし、澤部さんは売れっ子のイメージですが、業界的にはまだ若手なんですね。。
入れ替わるとは思いませんでした。綾部さんもしかり。

あとそうだ旅に行こうについては、結構起点になって新しい流れが
できているのが面白いですね。
今回のにちようチャップリンもそうですが、出川さんも初MCレギュラー
番組が始まりますしね。

「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」

あ!そうか。
あなたもわかりましたかw

そうだ旅に行こうの旅の部分はこちらに凝縮された
んですねきっと。そうだ!

土田さんはまだ気づいていないようですが、我々はわかっちゃいましたね。

2017.02.25 ENGEIグランドスラム 勝手にMVP

標準

千鳥の完璧版というか、

これまでの自己ベストだった

北野演芸館の構成と演出

をベースに

時間の都合で割愛されていたストーリーも追加して

完全版に仕上げた寿司屋ネタですね。

だんとつでした。

イカ2貫でエンディングに向かわず、

さらに未見の
ストーリーに突入したのは感動ものでした。

ちなみにこのネタのポイントは

「あらじゃい」
「スパム」
ねじり
「顔を先に上げてくるな」
「アメリカの刺し方」
「いかにかん」

北野演芸館以外ではこれが揃う寿司屋ネタは劇場以外
ではみたことありませんでした。

たぶん千鳥は動画サイトで見て評判が良くて自分たちも
好きないじりかただったので、いままでふわふわしていた
けど、いろいろ考えてこの構成に決めた気がします。

暴露乱打戦で最終的に番組にもたらされたものとは?2016.07.25 キングちゃん 

標準

今回は悪口合戦をトーナメント方式でお送り。

大悟、村本、鈴木、田中と強者揃い。

鈴木は初戦で不倫ネタを繰り出されてあえなく撃沈。

残りの3人で第2戦。

田中に対する悪口は全て笑いに変換されてしまうということでスルーを決め込み逆に撃沈w

よしもと勢が決勝戦。

村本が大阪芸人に嫌われていると言われたが、それを逆手にとって、
東京に出てこれない烏合の衆で一生引きこもってな的なことを言って
見事にカウンターを返して大悟の番。

試合を決めたのは、大悟が収録前にコツをアドバイスをしたとき
のことを取り上げて、

村本

「あの時は大人しく聞いていたが、ホントはこいつ先輩面しやがって
っていう気持ちで聞いていたんだよ。あんたのことなんかこれっぽっちも
尊敬なんかしてないからな!」

大悟

「!!!
お前のあの時の態度は全部嘘だったんか!!!」

「今日一番ショック。。。」

頭を抱えながら
「お前はほっんとうにだいっきらい!!!!!!!!」

ノブに
「やさしいおかゆを出すとこ知りませんかw」

で終了でした。

ここで普通の人は
「村本さん性格ひねくれてるな。」
とか
「言いたい放題だな村本」

という感じで終わると思うんですが、私は違いました。

村本さんて千鳥の番組に全力で盛り上げて貢献してくれて、
本当に優しい人だなああ。。

ていうことでした。

何事も局所ばかりみていないで、大局的に俯瞰してみることで、
実際にもたらされた真実の部分が明らかになってきます。

それは小さい部分から経験を重ねていき、そのいろんな種類の
小さい部分を繋げていき、それらをまとめ上げるところまで
経験していかないと見えてこない気がします。

まあ至って普通のことですけどねw

この辺、有吉さんなんか観ているとほんとうに
しみじみわかりますよね。
いわゆる番組の歯車として扱われてデビューして、
仕事を選ばずに様々な現場を経験し、
いまは土屋Pとかと対等にやりあい、
後輩や先輩を問わずに番組全体が盛り上がるために
最適な処置をほどこしていけるまでに至っています。

今回、村本さんはそこまで考えないで自分が悪口要因で
呼ばれたからその役割を全うしたまでだと思いますが、
もしそうだとしたら若いのに凄い人だなと思います。