カテゴリー別アーカイブ: 中野たむ

岩谷麻優選手が自身の理想のプロレスラー像を一言でコメントしました。その流れで中野たむの弱点が判明したので愛を込めて説教します。

標準

スターダム
2018年3月4日 Grow up Stars2018

この日はメインイベントで花月率いる大江戸隊が
新造チームの岩谷麻優、ジャングル叫女、中野たむの

スターダムのダスト組という意味を込めて、

スターダストプロジェクト(私命名w)

を相手に鍛え上げてくれました。

(おいノブオ!

はやるといいなあ。。(アニキよりw))

試合の方は、この日も中野が黒星をつけられました。

で予想通り花月が中野を侮辱しまくって終幕。

バックステージでスタプロがインタビュー。

中野が電流爆破をやると言いコスチュームも専用のがある
から岩谷さんどうですかと。

しかし、電流爆破をやるならスターダムには来なかったわけなので、
やる人は一人もおらず。。
必死に説得する中野。

中野
「青いつなぎとかけっこうかわいいと思いますよ?」

岩谷
「かわいさは求めてない。。。
私はスポーティー系のほうがいいけど。
試合できないからさ。
それたぶんセコンドにもつけないと思う」

なにげないやりとりでしたが、

「かわいさは求めていない」

という発言はグッときました。
やっぱ岩谷カッコええわって。

私は岩谷はケニーオメガとか飯伏選手と同じ系統だと
感じているんですが、

かっこよさとかを求めている人と言えば
でかいサングラスが定番の棚橋とかだと思いますが、

ケニーや飯伏は方向性が違っていて、

ももクロみたいに普通に上下ジャージとか
アディダスとかスポーティー系なんですよね。

で岩谷もその流れだからこそ、同じ系統の
可愛さより機能性や面白さを優先させるももクロが好きだし、
だからこそプロレスのムーヴや技の構成も似ているんじゃないか
という気がします。

ちなみに、逆にこの発言で中野の弱点もわかりました。

可愛さと人間性で負けてアイドル業界辞めてプロレスラーになったんだから
かわいさに逃げずに勝つことに専念しろ。

とりあえず強くなれ。

話はそれからだ。

岩谷麻優という同じ間違いをしたテストケースが目の前にいるんだから、
生き様や人間性その他、あらゆるものを吸収しろ。