カテゴリー別アーカイブ: 三四郎

シリ魂が選ぶ、M-1グランプリ2018

標準

優勝:三四郎

準優勝:ウエストランド

理由は、双方とも独自のアルゴリズムで漫才を再構築し、いままで感じたことがない笑いを生み出し、それをひとりよがりにひけらかさず、現場の空気により自在に新旧をミックスさせて、あくまで現場に笑いを提供する目的を最優先させるという、漫才の未来を提示することに成功したが、

今回の内容については、三四郎はネタをブラッシュアップさせていたのに対し、
ウエストランドは既存のままだったから。

ウエストランドも「いないよ」って決め台詞を短くしてたけどあれは長くやらないと面白くないんだけど、そうするとテンポ悪いって言われるしっていう。審査員にすり寄ってさらに負けてさんざんでしたねw

最下位:霜降り明星

ありきたりで笑いの要求レベルも低く、構造も方程式通りで、
既存の枠から脱していないため、

そもそも前記の2組と肩を並べるレベルに至っていない。

霜降り明星と同世代ならロングコートダディの方が
ずば抜けて将来性があり挑戦的。

まあ数年後みといてくださいよ。
予言通りになっているからw

ゴッドタン「この若手知ってんのか」企画と佐久間宣行と曇天三男坊とパーパーと。

標準

この企画、1回目は三四郎を選び抜き結構強烈にデビュー、2回目は忘れるほど面白くないコンビ、3回目の2016年に曇天三男坊、2017年は誰でも知ってるゆにばーすが跳ねた。

2018年は誰でも知ってる宮下草薙が出た。

昨年のお笑いハーベスト大賞で佐久間さんはパーパーを選び抜いた。

だからパーパーでもおかしくなかったはずだが、宮下草薙。

でも少し考えると理解できた。

パーパーはすでに単独ライブを行い、メディアにも多々出演するように
なっているので、企画の意図にそぐわないので避けたんでしょうね。

2016年の時、曇天三男坊ことどんちゃんは児島さんに馬鹿にされて
事務所の先輩の小宮さんのように生意気キャラで出演して
おぎやはぎとひとりさんにバキバキに鼻っ柱を折られて
終演した。

小宮さんと同じ感じで盛り上がったので、ゴッドタン側も
小宮さん同様の盛り上がりを期待していたんだが、
私が考えるに、2016年は三四郎、売り出し中のパーパー、
再ブレイク中の出川、スキャンダル真っ最中の狩野英孝ちゃんと、
マセキの芸人が渋滞していることもあって事務所も営業も
あまりプッシュしなかったこともあって一切
他の番組の出演機会を得られなかった。

2017年、ゆにばーすの川瀬さんが盛り上がっていた。

しかし、佐久間さんは自分らが確信して売り出した
どんちゃんを見切ることができなくて最後の美味しいところで
ぶっこんだ。

この時は一切MC陣はいじることなく、どんちゃんの個の力で
跳ねた。

そして2018年。

前半を見る分では、一切面白くなかった。

期待を裏切られたので2016年と2017年の
どんちゃんを見返して期待で高まっていた
心の鼓動をなんとか収めて自分を納得させた。

ここで思いました。

結局、この若手知ってんのか企画で、2016年以降
どんちゃん以外記憶にの残ってないっていう現実。

冒頭で児島さんがディスるので面白くない芸人という
色眼鏡が入ってしまうので滑ってるイメージが
植えつけられてしまうんですが、
よーく後日に考えると、繰り返し見たくなるほど
曇天三男坊さんは魅力に溢れていて、
性格も面白いということに気づく。

佐久間さんの本心はパーパーが一推し、
2推しが曇天三男坊さんじゃないかという
気がしますね。

しかし、三四郎を含めて全てマセキ芸能社だというのが
面白いですよね。

なんかマセキ芸能社って人間的な魅力が溢れる人が
多いですよね。

曇天さんも出演するきっかけとして必ず
ネタというものは必要になるので、
川瀬さんがいうようにネタを磨き続け
ないとチャンスを得られる機会が減って
しまい、出川さんのようにゲストのみ
の不安定な生き方になってしまうので
みなさんがせっかく推してくれているうちに
チャンスを捕まえてほしいですね。

現在のチャンスを逃すと、次盛り上がるのは
いつになるのやらわかりませんから
ネタを早急に確立させるのがどんちゃんの
現時点における最優先事項だと思います。

2018.04.04青春高校3年C組三四郎は少し爆発する予兆を感じさせてくれました。

標準

三四郎の小宮さんは幸か不幸か
いじられキャラで、
小宮さん自身も自分から相手に
噛みついたりせず、
それを楽しんでどんどん来いよ
的な空気を出していたので、
それを感じて出演者と現場スタッフが
いじってきたので、

これで小宮さんや相田さんが次第に慣れてきて
相手に噛みついていったら爆発するんじゃないか
っていう気がしました。

青春高校3年C組が期待を大きく裏切る内容だったがこれでいいと思った。

標準

以前、夕焼けニャンニャンだと言ったんですが、

夕焼けニャンニャンもですね、5日間のうち、跳ねたのは
大竹まことととんねるずの曜日だけだったので、
まあ全曜日面白いことは無いと思います。

スタッフ陣はOPがアニメっぽかったので
シオプロだと思ったら違って残念に思いましたが、
まあオークラさんが特別枠で構成参加していた
ので安心しました。

月曜日担任 メイプル超合金

火曜日担任 バイきんぐ小峠(隔週担任)
火曜日担任 千鳥(隔週担任)

水曜日担任 三四郎

木曜日担任 おきやはぎ(隔週担任)
木曜日担任 バカリズム(隔週担任)

金曜日担任 日村勇紀(バナナマン)

副担任 中井りか(NGT48)
教育実習生(通しレギュラー)???ノブナガ

この中で1,2組が跳ねれば上等だと思います。

で、隔週だとちょっと勢いの維持が不可能だと
思うので、毎週出れる誰かでしょう。

そうすると、

メイプルさん、三四郎、日村さん、
大穴としてノブナガがスターになれる
可能性が高いでしょう。

夕ニャンの時は、

リーダータイプの視聴者に媚びずに、
スタッフや視聴者の思っている以上に
暴れた人が若者の心を捉えて成功したので、

小宮さんは子分タイプなのであり得ないので、

可能性があるのは、

カズレーザーさんや、
三四郎の相田さん、
日村さん、ノブナガがいままで見せたことが無い
ような暴れ方をしたとき、
熱い何かが生まれるんじゃないかって
いう気がしますね。

あとは隔週メンバーが跳ねて毎週に格上げ
される状況も可能性大でしょうね。

その場合は切れたら怖いバカリズムさんなんかが
あり得そうな気配がします。

他のメンバーは大人しい人なので
期待薄かと思います。

数週間は様子見です。

最近企画ものラッシュの小劇場B1、三四郎・小宮検定!は落選で、レイザーラモンRGのカルトイントロクイズ!は当選。

標準

■抽選結果
レイザーラモンRGのカルトイントロクイズ! -プロレス入場曲篇-〔東京〕
エントリー方式:希望順位エントリー
<第1希望> 当選

■三四郎・小宮検定!〔東京〕

残念ながらチケットをご用意することができませんでした。

スラッシュパイルの小劇場B1企画ラッシュ。

三四郎小宮さんは人気あるみたいですねw

プロレス企画に下手な有名人が
ブッキングされてなくて良かったw
オカダとか棚橋や内藤なら絶対落選してただろうから。
ってKUSHIDAさんすいません。

単独ライブ情報ラッシュ(シティボーイズ、三四郎、ウエストランド、西村ヒロチョ、モグライダー)

標準

シティボーイズ
「仕事の前にシンナーを吸うな、」演出:三木聡!!!!
 6/12(月)~6/14(水)@よみうり大手町ホール
5月14日発売

三四郎×ウエストランド 新ネタライブ「一九八三×1983」
2017年5月31日(水)19:00開演
シアターサンモール
4月28日よりタイタンハッピー発売
4月29日より一般発売

西村ヒロチョ第5回単独ライブ 「花~ほほえみ~」
2017年5月14日(日)
16:15開場 16:30開演
ヨシモト∞ホール(東京都)
発売中

モグライダー単独ライブ「大往生 パートⅡ」
2017年6月25日(日)
17:30開場 18:00開演
5月6日発売

双津D以外にも、芸人さんもライブで面白くないと漏らしていた三四郎のオールナイトニッポン。

標準

ここでは実名を避けるが、ある芸人さんのライブにて、
小宮がいつもネタで

「僕はあまり制されたくないってのがあるから
ボケは無理」

と言っていると思ったら、ラジオではマジで
相方の相田につっこませない、いじらせない
亭主関白ぶりを全開にしていたんだが、
双津D(双津大地郎ディレクター)が言っていたように、
それでトークが面白ければ良いんだが、
トークだけでは笑いに持っていくことが
できないので、聴いている方が苦虫をかんだような
感じになってしまって、ストレスが溜まるような
感じになってしまっているからつまらないと言っていた。

私もこれは双津Dだけじゃなく、同じような
感覚に陥っている人が多くいらっしゃると思います。

でそういう人たちの代表として双津Dの発言が
ゴッドタンスタッフたちの手によって表に
発弾されたんだと思いますね。

双津Dだけの意見ではさすがに、
ゴッドタンという番組は一人で作られている
わけじゃないから、放送は不可能なので、
ゴッドタンスタッフの総意の下で放送
されたんだと思いますね。

という訳で、三四郎のオールナイトはつまらないという
双津Dからの意見は、三四郎側がありがとうと言わなければ
ならないわけで、双津Dは一切悪くなかったという
ことをここで説明させていただきます。

相田さん、三四郎の笑いの為、小宮さんには
どんどん突っ込んで困らせてやってください。
そして小宮さん自身に、いじられていやがるよりも、
それを楽しんで笑わせることの方が気持ちが良い
ことを理解させてやって欲しいと思います。

そうしたらもっと面白くなれると思います。

笑いの為にへんなプライドは捨てて下さい。

期待しております。

2015.09.17 ゴッドタンマジ歌ライブ 初当選しました。

標準

20150917ゴッドタンマジ歌ライブ告知

2015年2月のウレロのライブに友人の連れが急きょ行けなくなって
行けることになって、
今回は真面目に一つのアカウントで第一希望S席、
第二希望A席でエントリーし、見事S席に当選しました。

20150917ゴッドタン当選メール

これで21世紀テレビ界の代表的なお笑いバラエティ製作者の
佐久間宣行プロデューサーの舞台は全て体験できることに
なりました。

会場は、今までの中野サンプラザから、今をときめく
東京国際フォーラムAホールにレベルアップです。

私は46番台の列ですから最後方から2列目ですが、
体験できるだけでうれしいです。。

お笑い関係は、昨年あたりから通い始めましたが、
テレビで観るより舞台で生で観る方が結局全て
もれなく素晴らしかったので、
今回も今から非常に興奮しております。

お笑いでもアイドルと同じ感覚が得られるんですね。

標準

2015.04.19、下北沢大興行の三四郎寄席に参戦しました。

私はオムニバス系のライブは行かないんですが今回は
三四郎目的で初めて行きました。

三四郎寄席20150419

その時、

-あっぱれ!
-ANZEN 漫才
S×L
-ぐりんぴーす
笑撃戦隊
-ソフトアタッチメント
-ドドん
-ドリーマーズ
-浜口浜村
-フルパワーズ
三日月マンハッタン
モグライダー

12組中8組初体験だったんですが、三四郎さんが推している人たちで、
私を含めて100人程度の客だけに向けてパフォーマンスしていること、
芸人さんに良い気持ちでパフォーマンスして欲しいから現場でみんなで
盛り上げようと壁を無くしていることもあって、
全ての芸人さんに大笑いさせていただいたんですよね。

で最後に告知とかあったらどうぞってMCの三四郎が振ると
何人かの芸人さんがテレビに出ましたので観てください
って言ってお客さんがそれを拍手で喜びを共有する
シーンがあったんです。

でその番組を観ていると出演者はだれもその芸人さんを
知らないと言うんですよね。

それも当然です。地上波初出演なんですから。

ネタを披露すると、案の定スタジオが現場と同じ大笑いの状態に
なったんです。同じ場所で盛り上がり、同じ場所を突っ込まれて
いるんです。

テレビの有名人より先に知っていてお前らみたかっていう
優越感に浸れる。

この時の状態って、もうアイドルがテレビ番組を始めるとか出演が決まる
とライブで告知して、それを自分たちとアイドルたち本人が共有
する状態にそっくりなんですよね。

そこで喜びを感じた私は、
アイドルに楽曲とかわいさだけを求めていたんじゃなくて、
自分たちと共に時代を生き抜いていく仮想同期成長体験も
求めていたということに気付いた訳です。

こうなってくるとほんとに大会場ライブに行くのが
バカバカしくなってきました。。

お笑いの現場は中小規模でアイドルのライブより安いので
一度是非体験してほしいと思います。

初めての人は新宿角座やルミネTHEよしもとというような
設備が整っている場所から始めて、慣れてきたら新宿の
バティオス界隈や下北沢界隈に繰り出すといいと思います。