カテゴリー別アーカイブ: ロッカジャポニカ

ロッカジャポニカ「最the高」ニュージャックスイングを舐めるなよ。

標準

ジャネットジャクソンのcontrolに端を発した
ジャム&ルイスによる16分音符の5と9、13と17の間隔を
狭めて極端に揺れる感覚を得ることに成功した
R&Bの進化形。

私は当時レコード屋に勤務していてほとんどの
楽曲を聴いていましたが、ニュージャックスイング
とは?という問いに一言で答えられるのは
この楽曲しかないと考えています。

他に腐るほどリリースされていましたが、
大金をはたいて音色、音響、イコライジング、残響、音圧、
全てを文字通りコントロールして制作された
トラックはこれに尽きると思います。

最近、DA PUNPのUSAに端を発したAVEXが成り上がるきっかけにも
なった80年代後半のサウンドが再評価されていますが、
良いものと悪いものがあるので、
初めて体験するひとは、安易に作られたまがいものに
満足せず、本物をきちんと体験して
自分の人生の糧にして欲しいと思います。

今回取り上げた「最the高」は大変質が悪いので
ジャネットジャクソンのcontrolだけでも聞いて
自分をレベルアップして欲しいと思いますね。

一回聞けばよほどの無感覚なひとじゃないかぎり
はっきりと違いを体感できると思います。

もし興味を持たれたらリズムネイションだけお勧めします。

2018.07.17
追記:

最初はJBを基本にしたリズム主体の骨太な感じで、
徐々に遊びが入れられて聴きやすくなってますよね。

あとサウンド的にはrhythmnationが
ニュージャックスイングの完成系のような気がしますね。

当時は12インチを買った時controlのインパクトが
強かったんですが、いま振り返ると
controlやnastyはまだそんなにスイング感がなく、
残響処理的にも甘いところがあった感じですが、
rhythmnation1がとびぬけてる感じですね。
これで完成したっぽい。

スペースシャワーTVの「まるっと10時間アイドル漬け!至福のアイドル名曲マラソン!」で見つけた前衛的なガールズアイドル楽曲

標準

そろそろTIFで最終出演者は7月終盤に決定しますが、
一応現時点でほとんど決定している感じですので、
無料のスマイルガーデンで楽しむために
名前で選ばず楽曲とパフォーマンスで刺さるグループを
探す時期になったんですが、その練習に探してみました。

hamidasumo
ゆるめるモ!

これは聴けばすぐ感じますがポリシックスのテクノ部分凝縮楽曲で
バンドのポリシックスでは不可能な作品ですねw
ハヤシヒロユキさんはひとりでやるとこういう尖ったものつくるんですよね。

くらっちゅサマー
夢見るアドレセンス

矢野博康

これはブラス音色っていうか、ブシューっていう、わかりますかねw
それで空間を埋める方法でつくられていて、808state
のpacificを思い出しますね。

海の中にいるようで気持ちよいです。

だけどユメ見る
ロッカジャポニカ

作詞:前田たかひろ、作曲:滝澤俊輔、編曲:R・O・N

これと今聴いても聴けるくらい凄いのが

オンナのコ♡オトコのコ
小倉優子

これは基本小西さんてすぐわかるサウンドですが、
時代に合わせて進化しているから聴けますよね。
小西さんは以前ほど露出はないですが、隠れて
ももクロ・メガ盛りとかやってて現役です。

声量が無い細い声のアイドルを生かす楽曲としてフランスギャル
が代表的ですが、それを石野卓球さんが細川ふみえに
流用したり、その後は小西さんが様々な人に広く
この方法論を広めて、つんくさんと道重さゆみ
の流れに行きつくんですよね。

道重さんはゆうこりんを神推ししてますから
ハロ楽曲だけじゃなく、ゆうこりんの
楽曲もいつかやってほしいですね。。

追記:

重要なものを忘れていました。
NARASAKI氏ももクロデビュー作のミライボウルを
忘れちゃいけません。