カテゴリー別アーカイブ: ロッカジャポニカ

スペースシャワーTVの「まるっと10時間アイドル漬け!至福のアイドル名曲マラソン!」で見つけた前衛的なガールズアイドル楽曲

標準

そろそろTIFで最終出演者は7月終盤に決定しますが、
一応現時点でほとんど決定している感じですので、
無料のスマイルガーデンで楽しむために
名前で選ばず楽曲とパフォーマンスで刺さるグループを
探す時期になったんですが、その練習に探してみました。

hamidasumo
ゆるめるモ!

これは聴けばすぐ感じますがポリシックスのテクノ部分凝縮楽曲で
バンドのポリシックスでは不可能な作品ですねw
ハヤシヒロユキさんはひとりでやるとこういう尖ったものつくるんですよね。

くらっちゅサマー
夢見るアドレセンス

矢野博康

これはブラス音色っていうか、ブシューっていう、わかりますかねw
それで空間を埋める方法でつくられていて、808state
のpacificを思い出しますね。

海の中にいるようで気持ちよいです。

だけどユメ見る
ロッカジャポニカ

作詞:前田たかひろ、作曲:滝澤俊輔、編曲:R・O・N

これと今聴いても聴けるくらい凄いのが

オンナのコ♡オトコのコ
小倉優子

これは基本小西さんてすぐわかるサウンドですが、
時代に合わせて進化しているから聴けますよね。
小西さんは以前ほど露出はないですが、隠れて
ももクロ・メガ盛りとかやってて現役です。

声量が無い細い声のアイドルを生かす楽曲としてフランスギャル
が代表的ですが、それを石野卓球さんが細川ふみえに
流用したり、その後は小西さんが様々な人に広く
この方法論を広めて、つんくさんと道重さゆみ
の流れに行きつくんですよね。

道重さんはゆうこりんを神推ししてますから
ハロ楽曲だけじゃなく、ゆうこりんの
楽曲もいつかやってほしいですね。。

追記:

重要なものを忘れていました。
NARASAKI氏ももクロデビュー作のミライボウルを
忘れちゃいけません。

広告