カテゴリー別アーカイブ: レイザーラモンRG

RGファミリーのシリーズ企画ですねw 2019.9.2 RGが90分あるある歌い続けどぶろっくが90分もしかしてだけどを歌い続ける会をどぶろっくファンの芸人が見守る会!そういうことだろっ!現場詳解

標準

以前に同じ感じで、どぶろっくをクールポコで
やった企画。

RGさんのあるあるネタをチュートリアル福田さんや大吉さんや
安村さんといったRGファミリーがフリップで予想して
ネタを披露後に答え合わせして、競い合うクイズ企画。

そのシンキングタイム中にゲストさんがネタを披露して
繋いでいく。

RGさんのあるあるは、今回、結構新曲ていうか、
いままであまり使ったことない曲が多くて
新鮮でした。

でも過半数はチャゲアスとかあのへんのバカっぽい
軽いいつも通りの選曲の楽曲でしたけどw

ていうか、

こんかい驚いたのは、どぶろっくさんの作品の質。

みなさん、テレビで3分程度のものしか
観たことないひとがほとんどだと思いますが、
リアルなどぶろっくは化け物でした。。

まあいろんなジャンルのサンバとか、ロックとか、
しまいには、ミュージカルとか、、
といったバックグラウンドミュージックを
ネタとして引き出しにしまってあって、
まあまず最初にもしかしてだけどをやると
するじゃないですか。

で、客がそれを予想して待っていると、
裏切ってサンバをぶち込んできます。
で、途中までまじめな歌詞で愛してるとか
適当に仕込んでおいて、さびに突入
するやいなや、おっぱいをもむとか、
股間がもっこりだとか、ちんこが勃起だとか、
連打して一気に笑いをピークに持っていきます。

その空間の中で、
その途中まで真剣に聴いていた自分に
ばかばかしくなってきて爆笑しちゃうんですよね。

愛してるからぼっきするとか、まあそれはそうなんだけどっていうw
それをいかに遠回りに表現するかで楽曲が
売れるのに、それを無視して笑いという別の目標
の為に言ってしまうどぶろっくに最後には
凄みを感じて客も出演者も大拍手でしたねww

単独ライブあったら行きたいと思いました。

 

 

ちなみに浅井企画あるあるとして、どぶろっくの
マネージャーが言ったあるある。

 

 

「ほとんどの所属タレントは欽ちゃんに会ったことがない。」

2019.7.1 RGがあるある歌い続けクールポコ。がモチつき続ける会をクールポコ。ファンの芸人が見守る会の現場詳解

標準

RGがあるある歌い続けクールポコ。がモチつき続ける会をクールポコ。ファンの芸人が見守る会

出演:
レイザーラモンRG/クールポコ。(ワタナベエンターテインメント)

クールポコ。ファン:
とにかく明るい安村/フルーツポンチ村上/チュートリアル福田/ジャングルポケット

MC:
キクチウソツカナイ

これ当初はレイザーラモンとして予定していたイベントだったらしい。
私はRGで検索して購入したので知らなかった。

舞台には杵とうすとあるあるのカラオケ選曲システム。

上記のメンバーがクールポコユニフォームに着替えて入場。

クールポコが会場後方から入場。

雑談で、クールさんがルミネtheよしもとに来るのは約10年ぶりだと
いうこと。

つかみのネタをいっぱつ全力で披露。

これですね、音声レベルが平均化され、
映像内容が放送媒体の意向のアングルに強制され、
平面化されるテレビじゃ全く伝わらないんですが、

現場だと小野さんの叫びの迫力と、
こんな真剣にこんなくだらないことを
人生をかけて全力でやる人が目の前にいるっていうことを
感じただけで、内容以前に笑いと感動が
こみあげてしまいました。

このまえのザコシさんの全力で自分が信じるままに
自分が面白いと思うのはこれなんだと、人生をかけて
うんこちんこと叫んでいる姿と似ているかなと。

サラリーマンがえらいさんを前にプレゼンしている
場面と同じです。

ジョブズのiphoneがザコシさんのうんこであり、
クールポコのやっちまったななわけですよ。

すいません、場面を舞台に移します。

パイプ椅子がクールポコファンのメンバー分だけ用意され、
左右の端に5脚づつ設置されます。

右、村上、ジャンポケ
左、RGかクールポコ、福田、安村

でサトウの切り餅をチップに見立てて
自由に賭けていきます。

RGの場合はあるあるの内容となんの楽曲を使うか。
クールポコの場合は千ちゃんの前振りだけ
教えて、それの返しとせんちゃんの後説明
を予想します。

で、流れは、NHKのクイズ番組のようなものではなく、
淳や有吉さんがMCのクイズ番組みたいな
ゆるい現場のノリが最優先された感じです。

ここは今回はやはり百戦錬磨の人たちばかり
だったので、常にぐつぐつと60度くらいに
お湯をあたためた状態で維持していて、
たまにそれが盛り上がるとあぶくをたてたりするような
感じだと言えばわかるでしょうかね。

飽きて他のことを考えたりしないで楽しめました。

クールポコやRGのやったことにたいして、
いろいろまじめに出演者が考察していくのが楽しかったですね。
だからファンじゃないと楽しめないかなとも思いました。

あとRGさんの曲名を福田さんがニアミスしたときがあって、
布袋って予想して曲名が外れたんですが、
RGで布袋って書けば当たるだろうとも思いましたねw

私は夏とRGってことで、チューブのああ夏休み
と予想して密かに1曲的中しましたw
思わずひとりで拳を掲げてしまいました。

あと、途中で、なにかのワードつながりでももち
というワードが出てきて、当然私は嗣永桃子を
ぱっとフラッシュバックさせていたんですが、
だれかももちネタ言ってくんねーかなと思っていたらすかさず、
キクチウソツカナイさんがももちのラストコンサートの
最後に舞台から自分が下に消えていくと同時に小指を
しまう演出のことをド真剣に語っていた姿に、
自分のもやもやがスーッと引いていく場面が
あったんですが、
いま調べたらキクチさんはアイドル評論家だったんですね。
全く知りませんでした。

逮捕されない範囲内で、前回やりたりなかったことをやってくれました。2019.4.30RGが90分あるあるを歌い続け浅越ゴエがそれを実況解説する会

標準

前回

ザコシショウを語れるのは現場体験者のみです。2018.1.8RGがあるある、ザコシショウが誇張モノマネでプロレス対決する様子を浅越が実況解説するライブ。

と同じく、浅越ゴエさんが実況解説になり、
あるプロレスラーに扮したRGさんのあるあると、
ザコシさんのテレビサイズではない、
フルスロットルのフル尺のネタを交互に披露しあう大会
で、

その合間にRGさんとザコシさんの、プロレスの
あるシーンをいじるようなプロレスごっこを
挟みこんで、それをわかる範囲内でゴエさん
が解説するっていう進行でした。

で、45分程度経過したらザコシさんが
作りこんできたCM映像コーナーです。

これは単独のたけしさん系の深さの刺激を、
猛毒の皮で包み込んだような
映像ネタで、

この現場にいないと死ぬまで感じることは不可能
だと思うような感情が入り混じった会場の笑いの渦でした。

もうお客さんの本気の笑いで、
これは舞台という場所でしか
不可能な揺れ方でしたね。

放送だと規制が入ったり、
芸人さんの本気の笑いの魂が感じ取れず、
さらに、テレビ慣れした上から目線の
ダウンタウン等がえらそうに
制限されたネタだけをみて、
芸人をこばかにするようなコメントを
吐き出してバカにして、
ストレスがたまるんですが、

舞台は芸人も客もストレスフリーで、
間にフィルターがなにも入っていないので、
ダイレクトに魂をやりとりできるので、
いいことばかりですね。

方向性は前回と同じでした。

後半はザコシさんがさらに乗ってきて、
用意してきたネタ以外の引き出しを
だして、さらに盛り上げてきたので、
ザコシさんの芸人として、
プロの笑いを提供する仕事人の凄さ
をまざまざと見せつけられましたね。

プロレス、ビートたけし、電気グルーヴ、猛毒、RG、ハリウッドザコシショウ

この辺は繋がっています。
今回確信しました。

2018.11.29「RGが90分あるある歌い続ける会を見守るのは…ミスターメタリック!」現場詳解

標準

RGが90分あるある歌い続ける会を見守るのは…ミスターメタリック!」

ルミネtheよしもと

 RGさんのライフワーク公演です。
ゲストを迎えて、その人のネタを絡ませながらRGさんが
客からお題を募ってあるあるを披露していく。

以前は時間を決めて、開演時にその間にあるあるを
何個いえるか宣言して、電光ストップウオッチ
を表示させながら実行する内容だったんですが、

やっぱ何個いえるかとか意味がないことにようやく気付いたのかw
最近は時間を決めずにやるようになりました。

ちなみにあるあるの個数を宣言するときは最後の方で
ノルマを達成できないとみるやいなや
一曲で複数のあるあるを織り込んでいくという荒業
が楽しめたんですが、
それはなくなって寂しくもありますけどね。

今回は、モンスターエンジンの西森さんの実家の鉄工所から派生させた
ミスターメタリックというキャラクターを絡ませて、
大林さんが仮面ライダーポジション、西森さんがミスターメタリックという
ヒールのボス、RGさんがそのヒールの手下で大林さんを
いろんなあるあるで痛めつけるという演出でした。

今回はそういう具合で設定がもう出来上がっていたので、
あるあるのお題は大林さんやモンスターエンジンの
黒歴史的ワードをぶっこんで、それをRGさんが
ぶれずに80年-90年代歌謡であるあるで昇華させて
数回繰り返した後ミスターメタリックが出てきて
また元に戻る適な感じで進行していきました。

で、一通り終わって挨拶の前にモンスターエンジンが
神様コントを披露してくれてうれしかったですね。

夜はあまり行けないので、渋谷の無限大ホール
のあるあるは21時からだから行けないし、
25日のはももクリだから行けない、
31日は行けないってことで、
次は来年になりそうです。

2018年はRGさんが地方公演に積極的
だったんですが、2019年はぜひルミネ
を増やしてほしいですね。

時間も場所もベストなんですよね。
よろしくお願いしますRGさん。

あと今思いついたんですが、、

はなわさんみたいにベースのみで
演奏してあるあるをやると面白そう
なんですがいかがでしょうか。

現場では客の拍手があるので
ベースのみでも大丈夫なんじゃないかと
思いますよ。

それもぜひ実現お願いします。

勉強になったライブでした。2018.04.07 RGが90分あるあるを歌えそうにない…って弱気だから、村上と池田が90分励まし続ける学園コント…アルアルかよ。

標準

RGが90分あるあるを歌えそうにない...って弱気だから、村上と池田が90分励まし続ける学園コント...アルアルかよ。.jpg

RGさんのあるあるライブで初めてあまり笑えない現場に
遭遇してしまいました。

RGさんのあるあるだというだけで購入したものの、
現場で内容を体験したら、あるあると学園コントが
別で展開されると思っていたんですが、
しずるの学園コントにあるあるを組み込む、
RGさんが3人目のキャラクターになって
普通のしずるの学園コントをする構成
になっただけだったので、

学園コントに興味ない私は結局
入り込むことができずあるある現場で初めて
チケットを購入したことを後悔
しました。

逆に今回の現場はしずるのファンだったら
はまったんじゃないかって強く思いました。

あるあるも、闇雲になんでも行けばはまる
わけじゃなく、
共演者によって当たりはずれがあるということを
知らしめられた今回の現場でした。

しずるさんも学園コント以外なら好きなんですが、
今回は学園コントとタイトルにハッキリ謳っていた
ので私のミスでしたね。。

2018.04.05レイザーラモンRGのカルトイントロクイズ!小劇場B1 レイザーラモンのプロレスネタは鉄板。

標準

2018.04.05レイザーラモンRGのカルトイントロクイズ!

2018年4月5日
レイザーラモンRGのカルトイントロクイズ!~プロレス入場曲篇~

開演前はAKB劇場方式で整理番号の20番ずつ
分けたプレートが並んだ場所の後ろに並びます。

呼び出された番号順に入場していきます。

舞台は3角形で左右に分かれて座席が並んでいて
真ん中はなしって感じでしたので、
中央に近い場所に陣取りました。

前過ぎると全体が見えないので
数列後方に行きました。

RGとHGの他、ザコシショウ、KUSHIDA、清野アナ
が出演しました。

開演前は普通のイントロクイズ大会だと思っていたんですが、
RGさんがMCとして登場、ゲスト陣が回答者席に着席し、
概要を説明すると、クイズがメインじゃないということが判明。

イントロを流し、回答するまでは普通ですが、
その楽曲や関連したレスラーや試合についての
面白いエピソードを話して内容によりRGさんが
独断で得点を与えていくという内容でした。

RGさんが問題作りに参加したみたいで、
サービス問題はあまりなく、
ひとひねりした問題ばかりでそれが
功を奏して盛り上がりました。

ジャンボ鶴田の曲もイントロで答えると
ブーっとなって間違えで、
さらに聴いてみるとジャンボと天龍の
タッグ用の曲で両方の曲がミックスされた
曲で、見事に清野さんがご回答とか、

1回だけ使用した楽曲とか、
武藤さんは金がもうかるから楽曲を頻繁に変えた
エピソード、
チョコボール向井の楽曲と、新日の道場を逃げ出して
AV男優になったエピソードとか、

一部はVTRを混ぜながらみんなで鑑賞したりしました。

結局、
ほぼ幼少時代からレコードコレクションを
していた清野さんが回答して、
それにまつわるエピソードはKUSHIDAさんや清野
さんやRGさんが流出禁止ネタを話してくれて、
ハッスルの話をたまにHGさんがやって、
たまに細かすぎて伝わらないものまねを
ザコシショウさんが披露してって感じで
進行していきました。

今日が初回で、だんだん大きくしていければ理想だ
と言っていました。

RGさんのプロレス企画は絶対面白いですね。。

最近企画ものラッシュの小劇場B1、三四郎・小宮検定!は落選で、レイザーラモンRGのカルトイントロクイズ!は当選。

標準

■抽選結果
レイザーラモンRGのカルトイントロクイズ! -プロレス入場曲篇-〔東京〕
エントリー方式:希望順位エントリー
<第1希望> 当選

■三四郎・小宮検定!〔東京〕

残念ながらチケットをご用意することができませんでした。

スラッシュパイルの小劇場B1企画ラッシュ。

三四郎小宮さんは人気あるみたいですねw

プロレス企画に下手な有名人が
ブッキングされてなくて良かったw
オカダとか棚橋や内藤なら絶対落選してただろうから。
ってKUSHIDAさんすいません。

ザコシショウを語れるのは現場体験者のみです。2018.1.8RGがあるある、ザコシショウが誇張モノマネでプロレス対決する様子を浅越が実況解説するライブ。

標準

2018/1/8
RGが120分あるあるを歌い続け、ハリウッドザコシショウが
120分誇張モノマネし続けるのを
浅越ゴエが120分実況解説する会

2018.1.8RGあるある

開演前、延々とプロレスのテーマ曲がループされて空気がプロレスで
充満されていく場内。

RGさんの最近リミッターで制御していたプロレス魂が
昨今の新日のブームの再来と有田さんの週プロ解説
のコンテンツの評判、AKBとシンクロしたプロレス女子の波、

それらの相乗効果でプロレスネタが通用するようになったことで、
完全に解除された今回。

まず後方からRGさんがある仁田厚で入場!
右手には有刺鉄線がまかれた木製バット。

続いて後方からザコシショウが入場。

舞台の左にはあるある用のカラオケ機、
そこから右に浅越さんの実況席、
さらに右に有刺鉄線電流爆破ロープ、
右端には色紙が山積みされた学習机。

左側がある仁田のコーナー。
右側がザコシショウのコーナー。

早速、2人が組み合って客席に行ったりしながら
笑いながらいろいろな技の攻防をしていきます。

まずザコシがフリップって言っても画用紙にマジックで
書かれた誇張モノマネや有名人のあるあるネタを
次々に繰り出していきます。

終わると、ある仁田(以下RG)があるあるネタを客席から
公募してそれを題材にしたあるあるをうたいます。

今回はザコシさんが昔在籍していたよしもとに恩返し
するかのようにこれでもかと放送禁止ネタを連弾
させていきました。

私はザコシさんについては初期のあらびき団デビューで、
まあ言っても放送できる程度の現代的な危ないネタな人っていう
イメージで初舞台を体験したんですが、

そんな思惑は見事に裏切られ、、

初期のたけしさん、超初期の爆笑問題、立川談志、ブラック、
殺害塩化ビニール、新宿ロフトの永野、最近では
野性爆弾の川島さん等を彷彿させるぞくぞくするような、
奇人変人を全て同じ目線で捉えて、特徴がある人間の
面白さ、良いか悪いかは抜きでインパクトの大きさ
と、あらゆることをやったり、あらゆる変化をしたりする
人間の面白さをこれでもかと聴衆にうったえかける
ような表現内容でした。

誇張モノマネを基軸に、あらゆる有名なCMを排泄物うんこしょんべんや
精神破綻者、経済的困窮者に置き換えて、
アンディウオーホルやヒップホップのようにサンプリングを活用
して笑いに転嫁させた見事なアート作品のを数分繋いだ映像を
あいだに挟んで空間を笑いで包んでくれました。

今回はYEさんとスカトロのネタを冒頭に持ってきていたので
そこから発展させた感じでした。
一本満足!一本満足糞。

RGさんがあるあるの曲を絞り出してカラオケに打ち込んでいる時間はひまなので、
浅越さんがカウントを取ると起き上がり、ザコシさんのセンスで
選んだ面白い特殊なファミコンの状況再現ネタや、
終盤には私と数人程度だったけどwどんなゲームやプロレスネタにも
付いてきてくれているのがわかって安心したのか、
よりマニアックなネタをやってくれるようになって
信頼してもらえた感を感じて嬉しくなって大拍手したら
恥ずかしそうにしていましたw

中盤以降、RGさんがザコシさんの勢いに負けちゃって、
影響されちゃっていたのは面白かったです。

後半だったかな、、

あれ客が後半疲れた時向けに刺激が強いネタを用意してくれていたのかと思うんですが、

アキラ100%の誇張ネタで、股間に明らかにわかる大きさの
ポコチンをかたどったつくりものを付けて、お盆をわざと失敗して
落としたとたんにひげダンスのイントロがかかって
それと同時に腰を突き上げて踊るネタが何回もリピート
されて大爆笑だったんですが、あれは見事だったですね。

わたしもあの辺はだらっとしかけていたので
あれで目が覚めましたからね。

それと、先ほど言ったうんこちんこを連弾した映像ネタ
に圧されて、RGさんが遂にリミッターが外れて
うんこちんこを言うようになっちゃうっていうw

ザコシさんのあまりにも純粋に面白いの一存で
頭を空っぽにしてネタをつくっている澄んだ精神に、
まあ、ドルヲタなんで例えると、デビュー当時の広末とか
最近だと広瀬すずとかと同じです、

うんこちんこ、、、

人間が生きるために必要なものなのに、
綺麗も汚いもないじゃないか、、

なんて綺麗な言葉なんだってなっちゃうっていう。

あと十数年ぶりに聴きましたよ浅原しょうこうのテーマw
それも映像で。。ポアして見事に浮いてましたよ。
ってポアは飛ぶって意味じゃなく消すって意味ですからね。。

最後の方はプロレスネタもWWE系まで入れてくる
ようになって、私も一部追いつけない状況に陥りましたがw

クリスジェリコなんかは浅越さんが誰も知らないって言ってたけど、
私は1.4は結構な視聴率があり、今の時代そこまで
無名じゃないと思いますから、知っている前提でもいい気がします。

今回は大満足だったんですが、
回を追うごとにマニアックになって濃厚になってきているので、
今度は女子プロにも手を拡げて欲しいですね。

なんかジャンルが違いますが、
今回のライブの濃厚さは、思い返すと、、
ももクロの初期のライブハウスのライブのような
感じでしたね。息つく暇もない感じ。
ずっと圧がかかっていて。

これRGさんと浅越さんだけでザコシさんがいないと全く異なるゆるい空気なんですが、
今回ザコシさんが1人いるだけで全く異なる空気になりました。

でも現場でザコシさん見てると、テレビのスタッフはオーディションではすごいのに、
テレビに出せないので歯がゆい思いをしているんだろうなって
いうものは感じますね。

ポテンシャルは凄いのに、テレビサイズじゃないっていうね。。
昔のコント55号みたいに、テレビの枠に収まり切れないっていうね。。

1月15日たけし単独
1月18日指原単独
1月28日馬鹿よ貴方は

濃い現場が連続するから害基地にならないように気を付けます。

最先端のお笑いのイベントでした。2017.12.17RGが90分あるあるを歌い続け、それを浅越ゴエが90分実況し、博多大吉が90分解説する会

標準

RGが90分あるあるを歌い続け、それを浅越ゴエが90分実況し、博多大吉が90分解説する会

RGが90分あるあるを歌い続け、それを浅越ゴエが90分実況し、博多大吉が90分解説する会

RGさんのあるある企画の本筋は何種類かあるんですが、ざっくり分けると
旬のものを取り入れた球技や格闘技関連ネタが多いと思います。

まあスピンアウト的なものは省きます。

まあRGさんが元々やっていたからだと思います。

しかし、最近、ここ1年くらいで、元々の現場の選手たちが
手を抜かずにやっていたところに、有田と週刊プロレスと
というコンテンツで情熱的な解説が提供されて、
その影響で興味を抱いた人たちが現場に来て、
有田さんの熱さに負けない雰囲気を感じて
ファンになる人が増えてそれがリピート
されてシーンが大きくなってきているんじゃないかと
いう気がします。

プロレスファンは常にマイナーだという被害妄想を
抱きながら生活しています。

人物名出しても誰も知らないんじゃないか。
団体のことを話してもわからないんじゃないか。

しかし、プロレス総選挙とか、AKBのWIPという企画、
以前の馬場さんのようなポジションでの天龍さんのメディアでの活躍。

その空気を感じてRGさんや有田さん等が次第に
反響が大きくなってきているのを感じたのか
被害妄想のレベルを下げてプロレスネタを
取り上げるようになってきた。

その一端が、前回のRGさんのあるある企画だったと思います。

内容も数年前までは猪木や高田、馬場といった
ネタで、それも誇張された表現のネタが多かったんですが、

RGさんのはいままであまり取り上げた人がいない大仁田と真壁アナの
やりとりネタ、今回は、天龍さんの普段のトーク
を真似るだけっていう最先端の内容にブラッシュアップ
されています。

これ普通は天龍さんのネタだとチョップとかやるじゃないですか、

RGさんはそういうベタじゃなくて、

話が盛り上がってきて早口になる時に
なにいってるかわかんなくなるときが笑える
という感性を客と共有できると信じてぶっこんでくる、
それについてくる客がいるとわかると嬉しくなって、
さらにマニアックなポイントをぶちこんでくる、
それにも人数が少なくはなるが拍手が起こることがわかる、
すると、さらにって感じで、

私みたいなヘビーなやつにはたまらないわけですよw

魂でキャッチボールやっている気がしてね。。

そして合間にバブル期の歌謡曲の軽い何も考えてない
感じのインチキ臭い空気で充満させた空間にあるあるを
ぶっこむと。

感性がガッチリ合う人にとっては
この時のこの人のこのイベントでしか味わえない
世界で唯一の笑いなので他で代用できないわけですよ。

ネタではなく新しいなにかで楽しみたい人に
おすすめの現場です。

レイザーラモンRGのあるあるイベントが東京国際フォーラムへ進出!

標準

数年前から追い続けていたRG氏のあるあるイベント、

ルミネtheよしもとを拠点に沖縄や浅草に進出してまいりましたが、
単独って言っても博多大吉さんの力を借りてとなりますが、
国際フォーラムのホールCに進出です。

ももクロさんが日本青年館に進出する時の興奮が
再びですよw

くだらないことほど大きく大げさにとりあげると
面白くなるんですが、たとえば、
激烈バカを日産スタジアムのモニターで映し出すとか、
ウンチの絵を映し出すとかね。

これはいつものままカラオケを鳴らしてRGさんが
あるあるを熱唱してくれたら盛り上がりそうですね。

余計なことは一切付け加えずにね。
まんま。

なんならいつもよりもっとくだらなくしてくれたら
より盛り上がる気がします。

ちなみに今回の正式タイトルは

RGが90分あるあるを歌い続け、それを浅越ゴエが90分実況し、博多大吉が90分解説する会
2017年12月17日(日) 19時30分 東京国際フォーラム ホールC

前回の

2017.09.18 RGが90分あるある歌いつづけ、それを浅越ゴエが90分実況解説する会

これの延長戦となっておりまして、
マニアな人ならピンと来ていることでしょうw

そう!
共通ネタとしてプロレスがあるので、
期待したいなあ。

でもこの前のくりぃむさんもRGさんも、
プロレス好きな人は、プロレスネタ
やるときあまり有名じゃなくて知らない客の方が多い
という被害妄想的な感じが自分たちに植え付けられて
しまってる人たちが多いので、
やらない可能性が高いっていうのを薄々感じてきている
ので、やってくれそうで意外とやってくれない、、

そこが唯一不安なところです。

浅越さんは前回大仁田ネタ全開のRGに対し、
真鍋アナに扮して軽快なやりとりをアドリブで
やりとげたこちらはプロレスの実況側スタッフの
マニアです。

イメージとしてはなにかレスラーに扮するRG、
そのレスラーに対応したネタを駆使して
RGとコントを展開する浅越、
その全体図を矢部浩之のように
客観的に解説する大吉みたいな
展開になると思います。

ちなみにRGさんは練り歩いてくれるので
後方の席になっても心配しなくていいと思います。

なんなら客席全てを徘徊して
一人一人に会いに来ることも辞さない人なのでw

価格は3000円ていういつもの据え置きの値段なので
いつもと同じことをやってくれる気がします。