カテゴリー別アーカイブ: ヨーロッパ企画

muro式の初期作がつまらなくて、muro式9.5がたまたま面白かっただけだったのかと寂しくなったことについて。

標準

muro式.10「 シキ 」のDMが事務所から届いた。

しかし、私は事前にチェックして開催を知っていたが
たまたまよみうりランドという疲れる場所なので
スルーしていた。

2月4日。
WOWOWから2週間無料視聴の知らせが届いたので
翌日のでんぱ組のライブ3連発を目的に入会した。

無事録画終了したので退会忘れて継続されるのもいやなので
早々と退会しようと思ったらmuro式の初期の映像が
放送されるとのことで退会は2週間ぎりぎりの17日まで
待つことにした。

初期の映像を観たら、アッシュ&ディーが記録用に録画した
映像だとテロップに表示されている固定アングルの映像で
それを観ることにしたんだけど、、

ムロさんの他にヨーロッパ企画という、舞台は見たことないが、
スタッフロールでよくみかける劇団の人が2人参加していて、
ほんとはこの3人の形式がmuro式の標準様式だということを知って、
まじめな演劇は興味ないのですがmuro式を知ろうと思い
我慢して観ていたんだけど、やはり冒頭の数分で全く笑いの感情が
湧き上がらなかったので我慢できずに削除したんです。

その時理由を自分なりに導き出そうと努力した結果、、

まず、私がムロさんにはまったのはアッシュ&ディーの
タレント総出演の年末歌謡祭という舞台でMCとしてひとりでしゃべり倒していた
時でした。

先輩たちにいくらつっこまれてもそれをのらりくらり
斉木しげるさんの名作、ひょろりひょうべいのように
ひょろりとゴムのように受け流しながらしゃべり続ける
ムロさんに、衝撃を覚えました。
だってシティボーイズとかラブレターズとかが観たくて
来たのに、その時はそれを食うぐらいの勢いでムロさんが蝶ネクタイ
とタキシードでしゃべり続けている様の方が面白かったんだからねw

まあそれからは、ヨシヒコという作品をムロさん経由で初めて知ったり、
山田孝之も初めて知ったり、福田監督はサタデーナイトチャイルドマシーン
で知ってたから違うけど。
佐藤二朗さんも衝撃覚えたりね。

話を戻して、

ということは、私にとってのムロツヨシのツボは、
1人でしゃべり続けるところと、福田+ムロツヨシの作品だったんだなと。

私はムロさんのマジなドラマは興味ないし、NHKのウッチャン関係
の重たいやつも疲れるから観ないし。

それを今回の初期muro式がつまらない理由に当てはめると、
たまたま天変地異で出来上がってしまったイレギュラーな
エラー切手のような福田監督とムロツヨシだけの9.5に
初めて行ってはまったと勘違いした私が場違いだっただけ
なんだということですねwww

だからmuro式.という公演は、ヨーロッパ企画とムロツヨシが
好きな人がはまる舞台だということですね。

普通の演劇に興味がない人が行くべきものじゃないっていうことです。

演劇が好きな人なら、ムロさんとヨーロッパ企画の人と
同じ意識を共有して心の底から楽しめるんじゃないかという気がします。

私は福田雄一とムロツヨシと笑いというキーワードが組み合わさった
時だけにしようと思います。